第50回ウクレレフェスティバル・ハワイの特別番組が、
ハワイローカルテレビ局KHNL&オンライン&Facebookで放送決定




1971年から毎年7月にカピオラニ公園にて開催されているウクレレフェスティバル・ハワイ。今年はフェスティバルの第50回目を迎える記念の年でしたが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症パンデミックの影響で中止となっておりました。
しかし、このほど地元企業トニーグループオートプレックスの協賛を得て特別番組を制作、ハワイ時間の2020年7月19日(日)午後6時から(日本時間の2020年7月20日午後1時から)、地元大手テレビ局KHNL(NBC)及びHawaiiNewsNow.com/K5、そして同局のフェイスブック(https://www.facebook.com/K5Hawaii/)におけるライブストリームで放送されることが発表されました。

「ウクレレフェスティバル・ハワイ50周年記念:世界をつなぐウクレレの弦」と銘打ったこの特別番組は、本フェスティバルの共同創始者であるロイ・サクマ氏とキャシー夫人が進行役となり、ハワイを代表する小さな楽器ウクレレを通して満ち溢れた、愛と笑顔と希望の50年を振り返ります。



サクマ夫妻は「記念すべき50回目のウクレレフェスティバルをキャンセルするという決断は、本当に辛く悲しいものでしたが、その代わりにトークや音楽満載の特別テレビ番組が放送されることを、私たちは心からうれしく思っています。どうか皆さんもこの番組を見ながら、世界初であり世界最大でもあるウクレレフェスティバルの歴史を、一緒に遡ってみてください」とコメントしています。



1時間にまとめられた特別番組には、ロイ・サクマの生徒でもあったハワイが誇るウクレレスター、ジェイク・シマブクロのインタビューとパフォーマンスも収録されているほか、これまでウクレレ・フェスティバルに参加してきたジャック・ジョンソン、ライアテア・ヘルム、ホオケナ、ハーブ・オオタ・ジュニア、ブライアン・トレンティーノら数々の栄誉ある賞を受けたハワイのミュージシャンたちが出演します。



同番組は、ハワイ時間の7月21日(火)午後7時からK5での再放送も決定しています。

日本からの視聴は下記のリンクからお楽しみください。
HawaiiNewsNow.com/K5
K5Facebook

ウクレレフェスティバル・ハワイ
https://www.ukulelefestivalhawaii.org/jp/index.htm
https://www.facebook.com/ukulelefestivalhawaii/