ハワイ在住子育て世代注目の
ハワイ子育て応援サイト「パパハレ」開設


今年創業28年を迎えたハワイの広告・PR会社「メディアエトセトラ」が、ハワイの子育てを応援する日英バイリンガルのウェブサイト「パパハレ(www.papahale.org)」を立ち上げました。



新型コロナウイルスの影響でハワイがロックダウンされ、長期にわたる外出規制や学校の閉鎖、臨時解雇などで困窮するファミリーが急増した時期、「自分たちに何ができるか」の話し合いを続ける中、同様に子供がいる環境で在宅勤務を遂行しているママ社員たちのアイデアが結実して、「パパハレ」の誕生につながりました。パパハレ第1フェイズの英語ページオープンは、2020年6月4日(木)。第2フェイズの日本語ページ公開は、2020年6月中旬を予定しています。



ハワイ語で「PAPA(パパ)」は「クラスルーム・教室」、「HALE (ハレ)」は「家」を意味しており、「おうちで学ぶ」「おうちのクラスルーム」をイメージして、このウェブサイトは「PAPA HALE(パパハレ)」と名付けられました。

主にハワイで子育てをしている親たちにとって有益となる情報をまとめ、子供たちの生活のリズムを整えるアイデアや、親子で一緒にできるプロジェクト、素敵なライフスタイルの記事などを集めたポータルサイトです。
メンバー制のウェブサイトとなりますが、メンバー登録は無料。もちろん世界のどこからでも登録可能です。

登録済みのメンバーには、アロハを込めたメッセージや便利なハワイ情報満載のパパハレニュースレターが定期的に届くほか、メンバー限定の特典や企画、コンテンツが提供されます。
また、このウェブサイトを持続可能にするため、第3フェイズでは英語が苦手なママたちのための「ママ友サービス」や「家庭教師サービス」「オンラインレッスン」など、ユニークな有料コンテンツも用意されます。



このプロジェクトの中心となったメディアエトセトラのママ社員の一人であるサシャ幸喜さんは「パパハレは、メディアエトセトラがこれまで培ってきたクリエイティブなアイデアやデザインセンス、プロフェッショナルな人々との良好な関係を生かし、今困っているたくさんのママ(やパパ)たちを助けたいと願って始めたプロジェクトです。すばらしい教育者やクリエイターたちとの出会いによって、国際色豊かなコンテンツはこれから深みを増します。障がいを持つ子どもたちのご両親、シングルママやシングルパパ、孫を育てているグランマやグランパなど、モダンファミリーのニーズやウォンツに応えられるようなサイトにしていきます。“子供は地域が協力して育てるもの”という考えに基づき、コロナ効果で生まれたパパハレコミュニティを、これから大きく成長させたいと願っています」とコメントした。

パパハレ PAPAHALE
https://www.papahale.org
https://www.instagram.com/papa_hale/