第50回ウクレレフェスティバル・ハワイ、中止を発表


2020年7月19日(日)にカピオラニ公園で開催が予定されていた第50回ウクレレフェスティバル・ハワイは、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症パンデミック収束の目処が未だ立たない状況を考慮し、中止となることが発表されました。



今年はウクレレフェスティバル・ハワイの50周年という大きな節目を記念して、実際のフェスティバルに代わるドキュメンタリー番組がテレビとオンラインで同時配信される予定となっています。その詳細及び放映の日時は、後日改めて発表される予定です。

ウクレレフェスティバル・ハワイの共同創立者であるロイとキャシー・サクマ夫妻は、「これは私達にとっても本当に悲しく難しい判断でしたが、高齢者、生徒、出演者を含むハワイの人々の安全と健康を優先しました。来年きっとまた皆様と一緒にこの素晴らしいウクレレ音楽の祭典を通して、笑顔と愛と希望をシェアできることを楽しみにしています。ウクレレフェスティバル・ハワイのゴールデンアニバーサリーは、当初企画していたものとは異なりますが、全く新しい方法でお祝いできることも、エキサイティングだと私達は思っています。それまでどうか皆様、引き続き安全と健康を心がけ、お互いを思いやり合い、ウクレレをたくさんの人達のために弾き続けてください」とコメントしています。

ウクレレフェスティバルを無料イベントとして維持すると同時に、成績有秀なハワイの学生たちに給付される奨学金の基金調達目的で毎年開催されてきたガラパーティーも、今年は中止となりました。しかし、学生の選出と奨学金支給は継続して行われる予定となっており、その情報も後日発表される予定です。


ウクレレフェスティバル・ハワイの共同創立者ロイとキャシー・サクマ夫妻からのメッセージ

ウクレレフェスティバル・ハワイ
https://www.ukulelefestivalhawaii.org/jp