マノア・チョコレートとのコラボレーションで
ハワイ産カカオ入り紅茶を限定販売




今年で創業24年を迎えるティーチェスト・ハワイでは、オアフ島カイルアのマノア・チョコレートとのコラボレーションでハワイ産カカオ入りの紅茶を開発し、現在ワイキキおよびダニエル・K・イノウエ国際空港のTギャラリア by DFSにて限定販売中です。



ハワイ州は、アメリカ合衆国で唯一のカカオ産地です。カカオの収穫後、カカオポッドと呼ばれるカカオの果実の中のカカオ豆を洗浄、発酵、乾燥させてから焙煎します。そして外皮を取り除き、内側のカカオニブを使ってチョコレートが製造されます。



ティーチェスト・ハワイでは、今までは使われることのなかった外皮の芳香に目をつけ、フレーバーティーとしての開発に取り組みました。 一年以上の試行錯誤の末、オーガニックの高級茶葉とシングル・オリジンのカカオの外皮を使った「カカオ・コラーダ」と「リリコイ・カカオ」の2種類のフレーバーティーを発表しました。



「カカオ・コラーダ」には、トロピカルドリンクのピニャ・コラーダ に欠かせないパイナップルとココナッツをブレンドしました。ナッツのフレーバー、そしてクリーミーなフィニッシュで、チョコレートの深い甘さを感じることのできる紅茶です。



そして「リリコイ・カカオ」は、パッションフルーツ(ハワイ語でリリコイ)を使用し、酸味の効いた繊細な甘さが特徴です。

ティーチェスト・ハワイのCEO兼ティーマスターのバイロン・グー氏は、「チョコレート製造過程での副産物であるカカオ豆の外皮を使っての紅茶開発は、楽しくやりがいのある仕事でした。マノア・チョコレートでは、チョコレートティーとして外皮を使った商品を販売していますが、紅茶やハワイのフルーツと一緒にブレンドすることによって、今までに誰も味わったことのないようなフレイーバーティーができないかと思い、マノア・チョコレート創業者のディラン・バターボーさんの協力を仰ぎました」とコメントしています。

ハワイ産カカオ入り紅茶の「カカオ・コラーダ」と「リリコイ・カカオ」は、ティーチェスト・ハワイのアイランド・エッセンス・リゾート・ティー・コレクションとして、Tギャラリア by DFSにて限定販売中。(茶葉70グラム入り缶、$19.00)

新発売となるハワイ産カカオ入り紅茶をDFSで購入してみてはいかがですか?

詳細は・・・
ティーチェスト・ハワイ
https://www.teachest.com/