ヒルトン・ハワイアン・ビレッジに新しいカタマランが登場


ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートに新しいカタマラン「スピリット・オブ・アロハ」号がデビューしました。



ホテルの目の前に位置するポート・ヒルトンから出航するポート・ワイキキ・クルーズ社所有のこの双胴船は、アメリカ領ヴァージン諸島セント・クロイ島に位置するゴールドコーストヨット社によりカスタムビルドされ、カリブ海からパナマ運河、コスタリカ、メキシコを通り38日間6,000マイル(約9,500キロ)の航海を経て2018年6月1日に最終目的地のワイキキへ到着しました。



本船は、既に6月11日よりワイキキビーチやワイキキの町並み、コオラウ山脈の山々を海から楽しめるセーリングツアーに使用されています。



新しいカタマランは、現在使用されているものに代わり「スピリット・オブ・アロハ」の船名を引き継ぎます。新スピリット・オブ・アロハ号は全長65フィート(約20メートル)、幅30フィート(約9メートル)、最大搭載人員80人となるワイキキにあるカタマランでも最大級のものとなり、以前より大きさも搭載人数もアップグレードされました。

本船は、シュノーケルアドベンチャーや金曜夜の花火&ディナークルーズなど様々なセーリングツアーに使用されます。また、カタマランを貸し切ってのプライベートセーリングなども楽しめます。

以前使用していた全長54フィート(約16メートル)、49人乗りのカタマランは、現在ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの姉妹ホテルであるハワイ島のヒルトン・ワイコロア・ビレッジに移動し、6月25日よりアナエホオマル湾より出航するハワイ・ノーティカル社催行の様々なクルーズツアーに使用される予定です。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジで体験できるツアーの詳細&予約・・・https://www.hhvtoursandactivities.com/activities/spirit_of_aloha_port_waikiki_cruises_2016