ロック・ア・フラの新作ショーラインナップに
ローカルアーティスト&NEWトリビュートアーティストが仲間入り





ワイキキ最大のエンターテイメントショー、ロック・ア・フラに、ハワイ発のアーティスト「ハイリー」が2018年4月1日より期間限定で出演することが決定しました。



世界を舞台に活躍するバンド「HIRIE(ハイリー)」のフロントパーソンであるハイリーは、幼少期をフィリピンとイタリアで過ごした後、ハワイに移住。ハワイのライフスタイルに影響を受け、現地でも著名なシンガーソングライターとして活躍。2017年、ハイリー2枚目のアルバム「ワンダリング・ソウル」がサンディエゴのベスト・ワールド・ミュージック・アルバム・アワードを受賞し、iTunesやAmazonのレゲエチャートで1位を獲得。またたく間にビルボード・レゲエチャートでも1位を獲得しました。ハイリーはオリジナル楽曲だけでなく、多くの方に愛されるハワイアンクラシックの楽曲もカバーしています。ハイリーだけでなく、才能あふれる他のハワイのアーティストも今後ロック・ア・フラでフィーチャーキャストとして登場する予定です。

さらに4月1日、ジェイソン・ジャレットもマイケル・ジャクソンとしてスリリングなデビューを果たしました。ショービズの世界で活躍し続けてきたジェイソンは、高校卒業後、兄と一緒に始めたオリジナルのパフォーマンスが注目され、アメリカ西海岸での活動で自身のファンを魅了、その他多くの主要都市でもパフォーマンスを続けてきました。彼のパフォーマーとしての経歴において“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソンによる影響は大きく、ジェイソンは世界各地で展開し人気を博すエンターテイメントショー「レジェンド・イン・コンサート」のオーディションを受け見事合格。マイケル・ジャクソンのトリビュートアーティストとして世界で活躍しています。

ジェイソンとハイリーがロック・ア・フラで共演するのは、ジョニー・フォーテューノ演じるエルビス・プレスリーと、ワイキキ最大のキャスト数を誇るダンサーやミュージシャンたちが出演する「ロック・ア・フラ」。
1920年代から現代までのハワイを表現した「ハワイアン・ジャーニー」をテーマに、ハワイアンダンスやファイヤーナイフダンス、才能あふれるトリビュートアーティストたちのエネルギッシュなパフォーマンス、クリエイティブな振り付けに細部までこだわった美しい衣装や特殊効果を織り交ぜ、優美なロック・ア・フラワールドを楽しめます。

また、新しくなったラインナップを記念して、ロック・ア・フラではハワイ在住者限定の特別キャンペーンも実施中。5月13日までの間、土日限定のショーのみの「ロッキンショー」チケット(小売価格$69)が、一枚購入するともう一枚無料となります。チケット購入時に有効なハワイ州IDを提示してください。

詳細&予約は・・・
http://www.rockahulahawaii.com/jp
808-629-7469