「今、ここの渦中から(Middle of Now | Here)」と題したホノルル・ビエンナーレ2017が
2017年3月8日から5月8日に開催




ホノルル・ビエンナーレ財団(HBF)は、初めての国際芸術祭「ホノルル・ビエンナーレ2017」を2017年3月8日(水)から5月8日(月)までの61日間、ハワイ州ホノルル市内各所にて開催することを決定しました。
ハワイで初開催となる今回のビエンナーレは「今、ここの渦中から(Middle of Now | Here)」と題され、太平洋地域を繋ぐハワイでダイナミックなコンテンポラリーアートを通して人々に芸術や文化の拠点、またアイディアや美学のグローバルな交流の場を提供する予定。
森美術館館長の南條史生氏をキュレトリアル・ディレクターとして迎え、元オークランド・アートギャラリー・トイ・オ・タキのマオリアート部門先住民アートのキュレーターを20年以上務めたナヒラカ・メイソン氏もキュレーターとして南條氏をサポートされるそう。さらに、キュレトリアル・アドバイザリーボードとして、グレッグ・ドボルザーク、キャサリン・ヒギンズ、マルゴ・マチダが参加し、ドボルザーク博士は東京で南條氏のアドバイザーを務められます。

ホノルル・ビエンナーレではハワイ、太平洋諸島、アジア、北米、オーストラリア、ニュージーランドのコンテンポラリーアートをはじめ、太平洋に広がる様々な土地に住む人々のユニークな発想や多様な芸術の可能性を紹介。

現在発表されている参加アーティスト(一部)は以下の通り。
フィオナ・パーディントン(ニュージーランド)、モハメッド・カゼム(U.A.E.)、ユキ・キハラ(ニュージーランド・サモア)、レ・フィルター・フィーダース(ハワイ)、ブレット・グラハム(ニュージーランド)、草間彌生(日本)、チャールトン・クパアヘエ(ハワイ)、アンドリュー・ビンクリー(ハワイ)等。また、さまざまなイベント、VIPプログラム、ワークショップや教育プログラム、試写会、パフォーマンスなどを開催予定です。

主な会場として、ワード・ビレッジやIBMビルディング、ホノルル・ハレ(ホノルル市庁舎)、フォスター植物園、マッコイパビリオンなどを含む公共の歴史的建物が使用されます。
またホノルル郡や市長付文化芸術局および公園娯楽省の協力により、チャイナタウンのアーツ・アット・マークス・ガラージやペギー・ホッパー・ギャラリー、ハワイ大学マノア校のハミルトン図書館やジョン・ヤング美術館、ホノルル美術館、ドリス・デューク・イスラム美術財団の管理するシャングリ・ラ邸も会場となる予定です。その他の会場やパートナー、参加アーティストは今後発表予定。

南條史生およびナヒラカ・メイソンによるキュレーションテーマは以下の通りです。

【コンセプトの紹介】
初開催となるホノルル・ビエンナーレ2017(HB2017)は、ハワイ、太平洋諸島、アジア、北米、オーストラリア、ニュージーランドのコンテンポラリーアートをはじめ、太平洋によって繋がっているさまざまな場所に住む人々のユニークな発想や、多様な芸術の可能性を紹介します。この広大な地域のアートを展示することにより、ダイナミックな太平洋地域の独自の芸術表現と美学をアートの国際舞台に紹介することは、このビエンナーレが試みる大きな挑戦の一つです。

【ハワイについて】
ハワイは、決して「大海の孤島」ではありません。ホノルル・ビエンナーレ2017は、ハワイが「今」と「ここ」を繋ぐ中心とし、ハワイを文化とアートの交流の場として位置づけています。21世紀の今、私たちの環境や生活は日々変化を遂げています。そして、ここハワイは太平洋地域を結ぶ中心都市として、新しいアイデアや文化、アート、最新技術、商品が多く行き交っています。ハワイの人々にとってこのハワイ諸島は長年、生活拠点であり多くの人々が行き交う場でした。ハワイは太平洋地域の東西をつなぐ重要な橋であり、芸術や文化の拠点、またアイデアや美学のグローバルな交流の場です。

【太平洋地域について】
ホノルル・ビエンナーレ2017 では、太平洋諸島地域やその周辺地域で大きく発展しつつある多様な創造性を紹介します。太平洋の海は、地球の表面積の30%以上(大陸すべてを合わせたより広大)を占める地球上で最も大きなまとまった生活圏であり、25,000 を超える島々が海で繋がっています。トンガ人の先見の明を持つ学者のエペリ・ハウオファ氏は「海は我々の互いに通じ合う道であり、その他すべての者への道である。海は我々の終わりのない物語である。また海は我々の最も強力なメタファーであり、その海は我々の中にある」と書いています。このように太平洋地域の人々や土地は、もはや世界全体に及ぶ、繋がる現代世界のネットワーク化された複雑な広がりを思い起こさせてくれます。

春にハワイを訪れる予定の方は、ホノルル・ビエンナーレ2017で芸術に触れる時間も是非作ってみてくださいね。

ホノルル・ビエンナーレ 2017に関する詳細は・・・
http://www.HonoluluBiennial.org