『クレイジーシャツ』
ザ・ショップス・アット・ククイウラ・ビレッジ内に、
カウアイ島で5軒目となる店舗をオープン


バラエティ豊かでクールなデザインとクオリティーの高さで世界中から愛され続けるハワイの老舗Tシャツブランド『クレイジーシャツ』では、この程、カウアイ島内で5軒目となる店舗をザ・ショップス・アット・ククイウラ・ビレッジ内にオープンしました。

Area1thru5_viewIntoStore

当施設内でのハワイアンアパレルブランドの オープンは、クレイジーシャツで5店目となります。
クレイジーシャツは、ザ・ショップス・アット・ククイウラ・ビレッジ内に店舗をオープンしたことにより、カウアイ島で計5店舗、全米で計35店舗を所有することになります。

クレイジーシャツの最高経営責任者:マーク・ホランダー氏は、今回の新店舗オープンについて次のように語ります。
「創業50周年を迎えたクレイジーシャツは、今もローカルから観光客まで幅広くご愛顧いただいております。そして今回の新店舗オープンにより、クレイジーシャツのオリジナル商品をリピーターの方はもちろん、まだクレイジーシャツを知らない方へもご紹介できることになりとても楽しみにしています。」

クレイジーシャツのククイウラの新店舗は、コーディネートされたトップスとボトムス、生地が濡れるとプリントが浮き上がる“ハイドロプリント”のボードショーツや小物までハイクオリティーなカジュアルアパレル商品を取り揃えました。また、オリジナルデザインでユニークなグラフィックを描いたTシャツと、ビール、ワイン、ヘンプ、チョコレートや火山灰などユニークな素材で染めたTシャツも人気です。

Screen Shot 2015-06-03 at 8.55.33 AM

店内は87ゼロの建築家サンフォード長谷川によるデザインでゆったりとした広さ(861スクエアーフィート)。
ショッピングセンターのクラシックなプランテーションスタイルにマッチしたレイアウトになっています。

クレイジーシャツは、ハワイでTシャツのデザイン・縫製・販売まで全てを担う初めての会社として1964年に創業し、現在は300人以上の社員が在籍。また、ハワイ最大のプリント工場を所有しています。

オアフ島ではアラモアナセンター店を始め、ロイヤルハワイアン・センター店、ワイキキビーチウォーク店など全9軒、マウイ島7軒、カウアイ島5軒。本土ではカリフォルニア州、コロラド州、ネバダ州、フロリダ州、サウスカロライナ州に店舗をもっています。

—-
■クレイジーシャツについて

1964年、カラカウア通りの藁葺き小屋で創業したクレイジーシャツは、そのクオリティーの高さとデザインの良さが人気を呼び、クールなハワイアンTシャツの代名詞として長年世界中で愛されて来た。厳選された素材を使っているため、「クレイジーシャツのTシャツは、何度着て何度洗ってものびたりよれたりせず、型崩れしにくい」と定評がある。商品のデザインは、とぼけた表情がなんともいえない愛され猫『クリバンキャット』をはじめ、オリジナルキャラクターのサメ『シャーカ』などユーモア溢れるキャラクターのほかにも、ハワイを感じさせるハイビスカスやプリメリアなどの花々、波やヤシの木、ホヌ(海カメ)、ペレ(ハワイに伝わる火山の女神)などさまざま。オリジナルの染めは種類も豊富で、火山灰やコナ•コーヒー、カクテルのブルーハワイやハワイでは厄よけにも使われるティリーフ、ハイビスカス、それに紙幣まで、ユニークで楽しいセレクション。また、リサイクルのペットボトルを再利用して作った生地を使用した、地球にやさしいエコフレンドリー商品や、紫外線から肌を守るラッシュガード、ビーチシックなアクセサリー、動物保護のためにハワイ・ヒュメイン・ソサエティーとコラボした商品など、幅広く取り揃えている。
URL: http://www.crazyshirts.com