11月20日 ミリオンダラーベイビー 保険適用されず


生後11か月のカナダ人の赤ちゃんは、
昨年12月ホノルルにある、カピオラニ・メディカル・センターで
誕生しましたが、両親の元には保険が適用されない、
約95万ドルの請求が届いているということです。

カナダからマウイ島に旅行に来ていた夫妻は、
滞在中に破水し、ホノルルにヘリコプターで運ばれた後、
カピオラニ・メディカル・センターで6週間にわたる入院を余儀なくされ、
結果、帝王切開にて9週早い出産となりました。

夫妻はブルークロスの旅行保険に加入していたものの、
加入前に、膀胱感染症による少量の出血があったことを理由に
保険金が支払われないことが判明しました。

これに対し夫妻は、カピオラニ・メディカル・センターのドクターからの説明では、
膀胱感染症と破水にはっきりとした関連はないと伝えられたと話していますが、
ブルークロスでは、今回の救急医療は加入前の既往症により保険適用外と判断され、
また新生児への医療も保険適用外の旨が書かれた書類を
カピオラニ・メディカル・センターに提出しているということです。

これに関して、ブルークロス・ブルーシールド系列のハワイの最大手保険会社HMSA、
カピオラニ・メディカル・センター共にコメントは控える、と述べるにとどまっています。

20+b5+baby1+pix

Screen+shot+2014-11-19+at+9.36.39+PM
Photo: CROUTESY JENNIFER HUCULAK-KIMMEL


提供元:ホノルルスターアドバタイザー