モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2007年12月

マジック・サンド・ビーチ



ハプナに行って砂浜で遊ぶのが面白かったので、翌日はマジック・サンド・ビーチに行きました。ここは季節によりこのきれいなビーチが完全になくなってしまうため、このように呼ばれているそうです。
しかし、波がすごく高くて、膝丈のところがいきなり背丈以上になるのです。腰くらいの深さまで行くと波は穏やかで、子供たちも浮き輪で波に揺られて遊べますが、この膝丈の浅いところから腰の深さまで行くのに、波を読まなければいけません。下手をすると、この波にのみこまれます。
私は泳ぎには割りと自信があるのですが、波にもまれて立っている事は全然できません。おまけに波を上手に読むこともできません。それで、最初、ダディがJJを連れて深いところに行きました。私はエリーと砂遊びをしながらその様子を見ていました。途中でダディと私がバトンタッチをしました。このとき、JJとダディのいるところまで私一人が行ったので、良かったのですが、問題は帰りでした・・・。

私がJJを連れて浅瀬に引き返していたとき、大きな波がぶわーっとやってきました。あっと思ったときにはもちろん遅かった。。。
私は必死でJJの浮き輪をつかんだのですが、JJ,浮き輪、私、皆、大波にのまれ流されました。ざーっと浅瀬まで。その距離は本当に1メートルくらいなものなんです。目の前にビーチに寝そべっている人が見えるくらい。なのに、おぼれそうなくらいの波の高さに圧倒され、しかもパニック。
JJがしていた買ったばかりのシュノーケルキットを私の腕にかけていたのですが、それもどこかへ流されました。やっと立って、JJの浮き輪をぎゅっと握り締めたと思ったらまたジャブーン
ダディが目の前に見えました。でも遠い・・・。無我夢中でJJを離すまいと、しっかり握っているのだけれど、私も一緒に流されるので意味ないです。2回も波にのまれ、何とか生還しました。
JJは幸いけがもなく、いっぱい塩水のんで、可哀想な思いをさせました。私は浅瀬に流れては砂にこすられ、砂でこすったようなかすり傷が太ももにできていました。
大切な我が子を危険な目にあわせたことで、私がショックで涙でした。JJは驚いていたけれど泣くこともなく、その後もけろっとして遊びました。また海や水を怖がることもありませんでした。
私はJJに申し訳なくて「ごめんね。マミーが悪かった。」とそればかりでした。
皆さん、くれぐれも波には気をつけましょう。

ここの砂もハプナに劣らずきれいでした。波にひきずられたため私の水着の中は砂だらけでした。
ここのシャワーはすっごく冷たくて、海水の方が温かかったです。

我が家のハイビスカス2号



我が家にはプロフィールで使っているピンクのハイビスカスのほかに、この黄色のハイビスカスがあります。12月になった今も時折花が咲きます。
寒くなってからリビングルームに移したため毎日20度あるため(家にいなくても室温は寒くて17度くらいです)季節感がないというか、喜んで咲いているみたいです。
でも、癒されます。ハイビスカスは大きくなるので、場所をとり、結構大変なので、あまり数を増やすことができず残念です。以前オレンジを枯らしたことがありますが、この黄色は今のところ元気です。

ハプナビーチ



ヒルトンワイコロアリゾートのモデルルームを見せてもらった後、せっかくワイコロアまでケアウホウからやってきたのだからと、ハプナ・ビーチで遊ぶことにしました。
ここの砂は本当にきめが細かくて、はだしで歩くのが気持ちよかったです。子供の砂遊びにも最適でした。ただ一つの問題は、あまりにも砂が細かいために、この砂が水着の中に入ってくるのです。後で水着を洗濯するのが大変でした。
夕方近くに行ったにも関わらず、割と人がいました。水温もそんなに冷たくなく、気持ちよかったです。
日暮れまで遊びました。さすがに日が暮れると夏とは言え寒くなってきました。ビーチにあるシャワーの水が温水のように暖かく、よかったー。
また行きたいビーチの一つです。

ヒルトンワイコロアリゾートのモデルルーム



今回、家族で初めての3週間以上の長期旅行
我が家はサラリーマン家庭ではないため、その間は無収入です。
そのため、少しでも滞在中の足しになれば、と、ダディにタイムシェアの説明会に行くことを
提案しました。
すると、彼は時間の無駄!と反対。(どうせ買えないのに行ってどうする!と彼は合理的)
しかし、ハワイ滞在中はお金は使うばかりでかせぐことができないので、ヒルトンからもらえる
100ドル分のギフトで一食分浮くと、あきらめず説得

よくあるパターンですよね。ヒルトンマジック・・・ですかね。
100ドルギフト目当てに行って、結果大きな買い物をして帰ってくる人っていますよね。
我が家もこの魔術にかかってしまいましたぁ

素敵なモデルルームに案内され、うっとりです。
こんなところに泊まれるなら、ハワイ滞在も更に快適!と思いました。

以前は寝れさえすれば、清潔であれば、少々古くても全然OKだったのですよ。
ところが、小さな子供がいると、ある程度はきれいでないと、いやだ。
古臭いところはいやだ。。。フルキッチンで、洗濯機があって・・・などと、
毎年アコモの要望は高くなるのに、予算がそれに合っていないんです。
でも、ハワイのホテル事情ときたら、毎年値段が上がることはあっても下がることはない
のです。しかし、我が家の予算はあまり上げられないー

そんな我が家のニーズをセールスの方はお見通し、という感じでした。さすがプロ
しかし、実際のお値段を聞いてみて、これまたひゃー・・・・
タイムシェアのお値段は「高級車一台分くらい」って聞いたことあったけれど、
普通の庶民の私たちにはやはりぜいたく品です。欲しいけれど、買えないよー。
と、説明会では泣く泣くお断りして帰りました。

そして、我が家が調べたのはリセールオフィスの電話番号。
結局リセールにてタイムシェア購入です。
これも、今思ってみれば、現地にいたから思い切って買ってしまったのだと思います。
あとで分かったのですが、ネットでもリセールなど買おうと思えば買えるのですよ。
いつでも買えると思うと、「じゃ、いっか」となって保留にしてしまい
買わないままってことが多いのですが、このときは、ハワイ島にいる間にできる
手続きをやってしまえ!!って感じで、本当に勢いで
買ってしまいました・・・。