モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2012年5月

今更ながら



めっちゃめちゃ鍵付いてる裏ブログを作っときゃよかったと思ってる。

うまい事っていかないもんだねぇ。


フードスタンプに続き、
息子の学校のランチ代も収入によって金額が違うから改めて申請したら
ランチ代がタダになりました。
ランチ代がタダの家庭だけがスクールバス代もタダになるそうです。
それはもう前払いしてあるので変わりませんが、いろいろ学べますね。

きちんと片付くまでの間、お世話になります。

SNAP(フードスタンプ)その後



月曜日に無事にフードスタンプのEBTカードがもらえて、翌日には4月分のが使えるよーって言われてたけど、使う前に残高を確認したくて1-888のフリーダイヤルに電話してみた。
誕生日、ソーシャルセキュリティー番号を伝えたら、システムのインフォメーションが間違ってるみたい。残高はないよーって言われた。
ナヌ?
それが昨日の出来事で、今日はまたオフィス訪ねて聞いてみた。
ケースがオープンになってるからこっちの番号に電話して!って言われ、渡された紙に電話してみるも…出ない。何度電話しても繋がらない。
これがたらい回しってヤツなのね、って思った。
私、今日の午後は電話の機械とばかり喋ってたわ。
あれって本当にウザったいねー。
その後、州のケースマネージャーに電話して聞いてみたら、登録時の私の誕生日が間違ってるという事。明日またフードスタンプのオフィスに行く羽目に。涙


明日、双方の弁護士とジャッジの話し合いがあるんです。
うちの弁護士、頑張ってくれないかなーって思ってる。頑張れる材料は今豊富にある訳だし。
弁護士には
「当日、私の誕生日なんですよ。42歳はいい事なかったから、43歳のスタートの日、いい報告待ってますね!」って言っといた。かなりのプレッシャーなはず。

一人目の弁ちゃんに華麗に騙され、人間不信になった。
ドロボーに入られ、人間不信に拍車が掛かった。
42歳は丸っと忘れたい年になってしまったよ(^_^;)

義兄夫婦



義兄からメールが来ました(元義兄かな)
義兄夫婦だけはしょっちゅうメールくれるし、子供達の事を心配してくれる。義父母からは離婚の話が出てから一切連絡がありません。私は憎くてもいいから、唯一の孫である息子とは連絡取って欲しいなぁと思ってるんだけど、誕生日、クリスマスも一切無視です。そんなもんなのかなぁ…

今回は、彼らが住んでいるシカゴのマクドナルドハウスのニュースレターを添付して来たんだけど、義兄夫婦、甥がお世話になったからーって自分達の家の近くにあるマクドナルドハウスのボランティア活動をしていて、ハウスのメンテナンスを手伝っているという記事が取り上げられていました。ウルっときましたよ。

長男が病気になった事で、何かが動いてるんです。
上手く言えないけど、今まで気付かなかった事がたくさんある事に、今気付いてます。
息子が繋いでくれている縁、巡り合わせてくれている人との出会いが一番だけど、全てが私の中での勉強になってるし、感謝している。

私もお世話になったマクドナルドハウスにポップタブ(ジュース缶の上蓋)とクリスマスには、チョコレート、コーヒー、ハワイのカレンダーを送っています。私が協力出来るのはこれ位しかないけど。
マクドナルドハウスはポップタブを集めてからポップタブだけで$800,000を得ているそうです。塵も積もればなんとやら…ですね。

義兄夫婦が心ある人たちでほんと嬉しい。

SNAP



今朝はSNAP(フードスタンプ)のオフィスに行って来ました。
申請書に、通訳をお願いするっという項目があったので迷わず、YES!のところにチェックマークをしたのですが、通訳さんはいませんでした。
いなくても全然平気で、担当の方と2時間も喋り続けてたという…

SNAPには、食品が買えるEBTカードの支給と現金の支給があるんですが、お金の方は私の貯蓄額が引っ掛かってしまったので支給はされないとの事。でもEBTカードは貰えました。
毎月5日にカードの方に振り込まれ、そのカードでお買い物が出来るというものです。食品のみ。

もちろんいろんな事を聞かれました。なんで養育費が入って来ないのか?っても。
アメリカは養育費を取りまとめる組織があって、養育費を払わず逃げるって事が基本出来ないようになっています。中には収入がないから養育費は払えないと言って逃げる馬鹿者もいるようですが、社会保障番号(ソーシャルセキュリティーナンバー)があるので永遠に追い掛けられるとは言われています。
私は弁護士に、そっちの組織を通して養育費をもらえないか?って前に聞いたんですが、離婚が成立していないから無理ですって言われました。

担当の人に、このカードで使えるものは食品だけ。サプリ、ビタミン、レッドブルなどは買えないよ。あったかい食品も買えませんって言われた。
なんのこっちゃって思ったら、フリフリチキン、BBQポーク、お弁当とかの事らしい。お惣菜コーナーにあるお寿司は買えるらしいですが、自分で実際確かめて来ます。

あと私がアメリカに住み始めた時期を聞かれて、99年と言ったら、97年より前に住み始めた人は支給があるそうです。なので私はカウントされず、息子二人分だけの額になりました。それでも十分有難いです。

日本の生活保護と大きく違うのが、車を所持してる。持ち家がある。銀行に口座があってももらえるという事でした。馬鹿正直なほど申請書に書いてしまいましたが(^_^;)
現金支給は、弁護士費用を支払って口座がスッカラカンになったら出直して来なさいと言われました。なんだかなぁ。

私はこの立場になってよく分かった。
日本もアメリカの養育費制度を導入した方がいいんじゃないかな?ってね。
あと今、盛んに言われている生活保護も見直しが必要ですね。アルコール、タバコ、ギャンブルには少なくとも消えていかない訳だし。

っつか、元旦那がきちんと養育費を払ってくれれば、私はこういう事をしなくてもよかったのよね。
またいろいろと学ばせてもらったけど…