モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2008年1月

おっきな朝日



いつもは9時過ぎに病院の最上階にあるカフェテリアに朝食を買いに行くんだけど、今朝は用事があったので7時半過ぎに行った。
澄み切った青空に、おっきなオレンジ色のとても強い朝日が私を照らしてくれた。
息子の病室は西向きなので今まで朝日を見たことがなかったの。
今日はいい事ある!って思った。

・・・あったよ。

長男の笑顔が見れた。
朝日よりも眩しく輝いている笑顔に感じた。

あまりにも嬉しくて、
ポロポロ、ポロポロと涙をこぼしながら、

世界でいちばん可愛い笑顔してくださ〜い!

って何度もお願いしてしまった。

まーたんのニコニコした顔を見てると
マミーは嬉しい。
マミーはまーたんを守っていくからね、
いっぱいケアしていくからね、
しつこいって思うくらい、マミーのラブをあげるからね・・・
って言ったら、息子も泣き始めた。

ああ、ごめん。
まーたんを泣かせるつもりはないんだよ。
って言いながら、自分もまた泣いた。

今日はもうボロボロだった。。。

でもね、これは息子に見せていい涙だと思ってる。
母ちゃんの涙と愛が、“特効薬”になるような気がしてるし、今は。

そして息子の笑顔は私の生きるエナジーサプリになる。


画像:
昨夜、病室に入ったら、息子の様子を見守るカメラが設置されていたの。
息子のベッドの奥には私のベッドがある。
いや〜ん、ナマ着替えになっちゃうじゃん!
ライブでミセスをお届けは勘弁してぇ〜!でした。
朝には片付けられたけど、とってもミョ〜な気分でしたわ。

おっぱいネエちゃんは只今、息子の部屋の四方八方におりますよ。
旦那に剥がされて、7枚→4枚になっちゃったけど…。
このおネエちゃん達の事をEyeセラピーと名付けております。

回復という道



昨夜、病院に行ったら、息子の病棟の階のエレベーターのところで、
先日退院しハウスで療養していた子のお母さんが携帯を持ち、座っていた。
子供の体調が悪くなり、また再入院したんだ。
すごくすごく悲しい顔をしていたので、「大丈夫?」と声を掛けた。

大丈夫じゃないから、悲しい顔をしてるんだ。
悲しい顔を子供に見せられないから、一人でいるんだ。
私も通ってきている道、経験してるから知ってる。

けど、声を掛けずにはいられなかった。

私、ここに来て、どれだけの人にハグをしてもらったか分からない。
肩を撫でてもらったか分からない。
息子の病室を掃除しに来てくれるおばさんにもハグしてもらった事がある。

私も今までたくさんの人に助けられてもらった。
気持ちをシェアする事ってどれだけ大切な事か、
人は一人では生きてはいけない、
支え合いながら生きるっていうのはこの事なのか…と
分かるようになった。

何も喋らなくてもいい。
ただそばにいて、肩を並べているだけでもいいんだ。


さっき、お父さんが
「コンディションがよくなくて、子供が一晩中、痛みと闘ってた…」と話してた。
(イコール、家族も寝ずに闘っていた事になる。)

ハウスの子供はみんな私の子。
なんで、こんな清い心を持つ子供達が
苦しい病気と闘わなきゃいけないの・・・?と思ったら、
辛くなって泣いてしまった。

病気と闘っている全ての子供達が、回復という道を歩いていけますように。
時間は掛かってもいい。
その道を歩いていければ。。。

Chipotleった



メキシカン・グリルのChipotle。チポレとナース達が言っているように私には聞こえるけど、本当の発音が分からないからChipotleと書いときます。
時々食べるんだけど、美味しいし、ハンバーガーを食べるよりもこっちがいい。
あれもこれも…と自分好みの具を入れてもらって、別料金のワカモレも入れて、これで7ドル61セント。
これ一つで$7.61ならちょっと高いなぁ…って気もするけど、でもね、画像左下の私の手首が細く見えるほどのボリュームなのよ。

なんでハワイに登場しないのかな。
ワイキキ辺りにあったら、ビーチでシェアしながら食べられるのにねぇ、日本人も絶対に好きな味なのに!なんて思いながらパクついてます。
デカい口の私にはぴったりフードですわ〜。

いやしかし、包みものの画像を撮るのは難しいね。
トルティーヤをぺろりんと剥いただけなのに、ちょっと汚く見えちゃう。ごめん。

これが、それかぁ…



先週、ハウスのビンゴ大会でハイスクール・ミュージカルのDVDをもらったので、病院で長男と鑑賞した。
子供達がハマッた意味がようやくわかりましたわ〜。(遅いよっ!)
観始めた頃、主演のお兄さんがイモ兄ちゃんに感じたんだけど、観終えた時には大好きになっちゃったし、なんとも言えない爽快感があった。
よろしいよ、この若者達。合格印
息子と観てたら、「2より、こっちの方が面白いよねぇ〜」ってナースが言ってきた。
どうやらこのハイスクール・ミュージカルにハマったのは、子供達だけじゃないらしい。
私もその一人になりましたがな。
2も観てみたい。。。

似合うか?



ドクターやナースにスウェット姿が一番似合うと言われます。
ビミョ〜な中年心。
この歳にして、こんなスウェットが似合うと言われてもねぇ…..

バスケット観戦



昨夜、次男坊を連れてバスケットボールを観に行って来たよ。
私は全盛期のシカゴブルズのマイケル・ジョーダン、デニス・ロッドマンの試合を観て以来のNBA観戦になりました。
ここからは次男のリポート。

人生最初の・・・



今日ね、ハウスでヘア・カットが行われたの。てっきり美容師のタマゴちゃんの実験台かと思っていたら、ちゃんとした美容師さんが3人も来てました。
わたしの(もうすぐ39年の)人生の中で初のアメリカ人によるヘア・カットだ〜!って事でワクワクしてたのね。
いつもは自分で自分の髪の毛を切ってるから、どう説明していいのやら、
どんな髪型にしていいのやら分かんなかったから、『おまかせ〜♪』にしたの。
そしたら・・・・・

大昔の聖子ちゃんカットにされちゃったよ。

タダだし、髪型をおまかせしたのはこの私。
なので文句も言えるワケがなく、
二コリと聖子ちゃんスマイルを美容師さんにあげときました。

−26度を歩く女



ここ3日間、本当に寒い。寒いを通り越して痛ぇ〜っ!
こんだけ寒いんなら、オーロラ見せやがれ!と思いながら、毎日歩いとります。

昨夜、病院へ向かう途中、寒さに耐えてる女を自分撮りしてやろうと思った。
けど、立ち止まるだけで自虐行為だったよ。
撮れたのは自虐で泣いている森進一バリの顔。

こんな寒さの中、外でたばこを吸う人はすごいと思う。
吸いたいが為にイチイチ着込んで、
冷凍庫より冷えている屋外に出て、たばこを吸う。
たばこの価格だってどんどん値上がりして、
今や本当に高級なお吸いものよ。
ある意味、ここでたばこを吸っている人達は
最強の根性の持ち主さまかと勝手に想像してみました。
はい。

週末の笑顔



次男が週末だけ病院に迎えに来てくれる。

次男とハウスへのたった5分の帰り道、

どれだけ寒くても心の中がポッカポカになる。

それは、息子のとびっきりの“週末限定の笑顔”が見られるから。

氷になってるところをわざと歩いたり、

リスを静かに観察したり…。

ハワイじゃ味わえない極寒を、2人で肌で感じる時間が好き。

息子の笑顔・・・、私が今いちばん穏やかになれる場所。

さて、行くかな。



只今の気温は−26℃で体感気温が−31℃。バナナで釘が打てるかも…です。

昨夜、スパイクTVでアメリカのプロレス団体のTNAがお正月に日本(東京ドーム)で行われた新日本プロレスとの興行を放送していました。
アメプロ好きの私としましては、日本人との抗争に大興奮。
最後まで観ちゃったから、息子の病室に行くのが遅れちゃった。
(旦那と息子、ゴメン…)

今夜はズボン下を穿いて、ものすごい厚着して、早めに病院に向かいます。

外は寒くても、息子の病室は約23℃くらいに設定してるのね。
しかーし、悪いバイキン達防止の為、湿度が8%に保たれているので、
身体がカイカイ。乾燥しててカイカイ。
健康管理が大変です。。。
ハワイのラクさが身に沁みて分かるよ。

画像:息子のベッドの下からバケモノが出てきたよ。
こういう事に一生懸命になれる母ちゃんって・・・?!