モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2007年7月

アセロラといえば・・・



ニチレイのアセロラ・ドリンク?
アセロラ・チェリーと書かれた苗木が売ってたので買ってきた。
1m弱の苗木なのにピンク色の花は咲いてるわ、実はなってるわ…で育てやすそうなんだよね。
アセロラについていろいろ調べてみたら、アセロラを最初に日本に導入したのはハワイの苗木という事ですわ。
この苗木の親戚が沖縄にいるかも…。
≪アセロラといえば、ミセスんち≫と言われるように実らせるわよ。
アセロラ食べてシミ防止。ビタミンC摂って美肌作り・・・もう遅いかっ!

次男、8歳。



身長はまだまだ幼稚園児並みだけど、母ちゃんはキミの成長が嬉しい。

犬が欲しいとまた言われたので、息子には癒し系よりボールやディスクを銜えまくるような犬の方がお似合いなのは分かってるけど、トイ(ティーカップ)プードルなら可愛いから飼ってもいいかなーっと思えるようになったのでペットショップを覗いてみた。プードル系はおろか、可愛いワンコが一匹もいないハワイのペット・ショップってどういう事よ?!

次男が興味を持ったのは、シェパードの子犬だった。
おっかなくて私が家に入れなくなるっちゅ〜の!

禁断のテッズパイ



ものすごくテッズ・ベーカリーのパイが食べたかったけど、子供の誕生日がこれから相次いであるので、我慢してた。
でもその我慢の糸がプチって切れちゃって、パイを買う為だけに車を飛ばしてスーパーに行っちゃった。嬉しい事にテッズ・ベーカリーのパイはポキのように今ほとんどのスーパーマーケットで売られているから助かるわ〜。
甘いもの好きなので、一人で1ホール、いや2ホールは簡単に食べれる。ホットドッグの早食い世界大会があるのなら、いつかはこのテッズパイの早食いハワイ大会を…と本気で思うのであります。
ワタシが王者になる!!(←くっだらない自信)
美味しいから何でも食べるんだけど、強いて言う私のテッズ3は・・・
1位 チョコレート・ハウピア
2位 ピーチ
3位 ブルーベリー  かなー。

ミリオンどっさり



フロリダに住んでいた時にいちばん親しかったアメリカ人家族が来年、ハワイ移住を考えてるそうで、旦那さんがハワイ出張がてらオープンハウスを見学中。
ハワイの住宅価格に驚いてた。土地が広いなら分かるけど、米本土に比べてハワイの住宅なんて“ねずみさんのお家”なのに高い!って。
≪只今オープンハウス中≫のお家が載ってるフリーペーパーを見て、私もビックリさ。ミリオンハウスのてんこ盛りやんけぇ!そういう高い住宅しか扱っていないフリーペーパーかもしれないけど。

5ミリオンハウスなんてどうすりゃ買えるんやー?
どんな商売をしたらそんなに儲かるんやー?
・・・負け組の遠吠え。そして深いため息。

子宝に恵まれて5人の子供がいるその夫婦。ハワイ移住はかなり厳しいなーと言ってた。
厳しいのは住宅価格ばかりじゃなく、食品もだよね。どの商品も値上がりしててありゃま〜と思う。ガソリン価格もそうだけどさ。
物価はメッチャ上がってるけど、家の旦那の給料も上がってんのかなぁ…
未だ旦那の給料を知らない妻

皆さんもこのフリーペーパーを見つけて覗いてみてね。マジにため息の連続よ。

恥ずかしがりやさんの産卵



グロです。虫嫌いの人はこのエントリーを流しちゃってください。でもなかなかお目にかかれない画像だと思います。
植木鉢の片づけをしていたら、ナメクジがおりました。丸まってるなんて珍しいわ…と思ったら、30個ほどの卵を抱えてました。髪の毛のように細いくりんくりんの針金のようなもので卵がバラバラにならないように包み込まれていました。
我が家にはいて欲しくないナメクジヤロー。ワタクシの目を盗んで産卵してるなんてどういう事よ!?・・・っちゅうことで、その後は、ア〜して、コ〜しましたとさ。(←言えない)

家の中にムカデもゲコもいるんだよなぁ。昨夜見つけたんだけど、どっちも逃がしちゃったよ。
虫との共存、ヤんなっちゃいます。

画像右が卵を抱えている母ちゃんナメクジ。
左下には子ナメクジがウジャウジャ。キャ〜〜ッ!

ミニサイズの知恵袋



暑い夏、プールや海へ出かける人も多いでしょう。
スノーケルのマスクやゴーグルの<くもり止め>、どうしてますか?
手軽でお金も掛けないくもり止め方法は【歯磨き粉】をくもる部分にヌリヌリして、マスクやゴーグルを使用する寸前に洗い流すだけよん。
前までは家で塗ってから出掛けてたんだけど、やっぱり忘れる時があって、今は海用のバッグに日焼け止めと共に常備してます。旅行の時に使ってたコンパクトサイズの歯磨き粉を今は使ってるわ。
是非、お試しください。
もう粉(こな)の時代じゃないのに歯磨き粉と言ってしまう(あぁ…)

はわい記念日



ハワイに住み始めて8年目を迎えた。
節目みたいなものなので、やはりいろいろ考えてしまう。

ハワイに到着した日の事は、今でも鮮明に覚えている。

ハワイに住んでいてもハワイの事はまだまだ知らない事ばかり。
これからも好奇心を持ちながら生活していきたい。

今、この瞬間が生きてて一番楽しい、幸せと思う日もあれば、
辛くて辛くて、このまま夜が明けなきゃいいのに…と涙しながら就寝する日もある。

これが私の7年間。

でも必ず夜は明けるし、光りは射し込む。

どんなにツライ事があっても、ずっと暗闇の中じゃない。
そう信じて、一日一歩ずつこれからも歩いていく。
家族と共に・・・

◆わたしの流行り(画像)
波打ち際で小説を読むこと。実に気持ちがいいんだな、これが。
今は石田衣良の短篇小説を読んでる。
あんな恋愛してみたいなぁ〜なんて思いながらさ。
波打ち際で横になって砂に埋もれていくのは、ミセスかハワイアン・モンクシールか!?って感じかな(笑)
時々、予想外の波に襲われるもんで本が濡れちゃってバリバリっす。

いちばん好きな果物



この頃、化粧もせず、人と会うこともせず、引きこもり気味。
こりゃイカン!と思って、お化粧をしたら、息子に「今日は何かイイ事あるの?」と言われた。息子に言われるくらいだから、相当ダラダラしてんだなぁ、私。
息子を連れて、園芸ショップや子供の新年度の学用品の買い物に出掛けた。
へーデン(Haden)マンゴーを見つけたよ。人気の高いマンゴーなのに、どこの園芸店を回っても見つけ難いのがこのマンゴーの木。
47ドルと安くはなかったし、いつまでハワイに住めるのかわかんないけど、買っちゃった。
私さ、ハワイに住むまではマンゴーというものをちっとも知らずに食べてた。大好きなので今でも食えりゃあ何でもいいってのがありますが、ハワイに住んでからマンゴーにはこんなにたくさん種類があるんかい!ってビックリしたものです。
購入時、あなたのおうちのマンゴーを植えるスペースは広いの?と、今まで園芸担当の方に何度か聞かれた事があるんだけど、種類によってはものすごく大きな樹木になっちゃうから下調べをちゃんとしてからが植えた方がいい。
家は植えるスペースはあるのにこれまでずっと水不足で枯らし続けてきた。この度、旦那が重い腰をようやくあげ、果実専用のスプリンクラーを設置してくれた。(遅いよっ!)
水不足ながら必死に生き残ってたライムやタンジェリン、カラマンシー(シークワーサーと同じもの?)はイキイキしはじめ、旦那は私が日本に帰った5月にピーリー(Pirie)という種類のマンゴーを1本植えてくれてた。これからは本格的な果樹園になり。
ちなみに我が家にたくさんあったパパイヤは食べ飽きたので全て引っこ抜き、イチジクも鳥に食べられるだけだったのでそれも引っこ抜き、捨てました。

サモアン・クラブをくれた2軒先の日系のおばあちゃんに、裏庭のマンゴーの木を見せてもらった。若い木(4年もの)だけど、10コほどマンゴーがなっていた。
おばあちゃん家にはこの他、3本のヤングなマンゴーの木があった。
う ら や ま すぃ〜!

日本は今、マンゴーブームのようだから、私もマンゴー好きさんに羨ましがられるように頑張ってマンゴーを育てるぞ!
※植えるスペースもっとあります。誰かミセス家の裏庭に植樹しませんか?(笑)

クールなシグナチャー



食品の買い出しに行き、カードで支払った。私の今のカードの署名は、漢字とカタカナとアルファベットを組み合わせたもの。
キャッシャーのおネエちゃんに「クールな署名ね!」と言われた。
人生ってどこで褒められるかわかんないもんだな…と一瞬ホクホクした。

アメリカ人って基本的に褒め上手だよね。女性同士のショッピングに遭遇した時の会話って、日本人の私にしてみれば、TVショッピングに出てくるタレントさん以上のウソ臭い褒めっぷりだよなーと思う時もあるんだけど、それくらいの方が関係が上手くいくのかもしれないね。

買い物を済ませ、カートを押しながらレシートを眺めていたら・・・

庶民の食材ローカル大根が、$4.72で計算されていた。1本でその値段はありえないし(怒)
キャッシャーのおネエちゃんは、<ヤマトイモ>としてレジ打ちしてたのである。
セレブじゃないので、もちろんお店に引き返した。

大根もヤマトイモも区別がつかないおネエちゃんに褒められた私って…(ビミョ〜)

サモアン・クラブってヤツ



2軒隣りに住む日系二世のおばあちゃんから「孫が獲って来たんだけど、食べる?」と言われた。バケツを覗くとデカくて力強いカニちゃんが2杯入ってた。見るからに美味そうだ!(ジュル〜っ)
「美味しそうだね。これはなんていうカニなの?」
「サモアン・クラブって言うんだよ。結構美味しいのよ♪」
「へぇ〜」
「昔はね、ハワイの海がものすごくキレイで、このサモアン・クラブやクラム、オイスターを自分達で獲ってよく食べたのよー。でも今は水質が悪くなっちゃって汚れてるでしょう。だから私は食べないわ…」

えっ、えええーーーーっ!
今、なんつった?そういうカニをミセス家にくれるのですか?

っと思ったけど、何度もカニちゃんを洗い、茹でて子供と3人で食べてみた。
おいおいおいおい、イケルじゃねぇ〜か、サモアン・クラブ。
すごウマだった。