モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2007年3月24日



ちょっとした夫婦の揉め事に舅が口を出してきた。旦那は英語、そして私は日本語で話しをしているのだから舅は私達の会話を100%理解していない。なのに、舅は一方的に私を攻撃してきた。言葉の暴力ってやつです。
折角の旅行。口答えはしたくないので、心を落ち着かせる為にキッチンに行き、食器を黙々と洗っていたら「なんで黙るんだ?こっちに来て話をしろ!」と言われた。悔しいの一言。顔も見たくなければ、どこかへ連れて行ってあげよう!美味しいものを作ってあげよう!というお世話する気を失ってしまった。

土足で家の中に入ろうとするし、裸足のまま外に行っちゃって足の裏がメチャ汚いのに平気で家に入ってくるし、味噌も糞も一緒です。
でももう何も言わないよ、私。その方が丸く納まるんだったらさー。

義父母達と同居している人達ってスゴイね。
自分の意見やこれは違うぞ、っちゅ〜事をストレートに言ってるのでしょうか?言えなかったら、ストレス溜まっちゃうよね?
私には同居はムリそう。胃がスポンジ状態になっちゃいそうだ。
現に悔しい思いをした日の夜には胃が痛み、息苦しくなってしまったし…。

いずれにせよ、今回の夫婦の揉め事に口は挟んで欲しくはなかったし、子供達が見ている目の前での言葉の暴力はやめて欲しかった。
ちっちゃい揉め事が大紛争になってしまって、すごく残念だ。

友達は自分が悪くないと思っても「ゴメンなさい」と謝ればいいよ。女優になったつもりでね…なんて言ってくれた。
どこの嫁もそういうことを言いながら、いい嫁をやっているんすか?

次男とお食事デート



いろいろありまして、ミセス株は見事に暴落、そしてお泊りに置いてけぼりを食らった次男坊と2人でKAIに食事をしに行ってきた。
昨夜のKAI、予約をしようと電話をしたら混んでるとの事。ならば、別のレストランにしようと息子に話したら「1時間でも2時間でも待つからKAIに行きたい!」という事で待つことを覚悟でKAIに向かった。
車の中では「今日は○○と△△を食べようかな…」とKAIのメニューを並べる。大好きなKAIだけあって息子はメニューをよく知っている。
梅ジュースに始まり、焼きおにぎり、里芋の唐揚げ、和風ステーキ…、〆のデザートはタロのパンケーキにしてみた。ふんわりホクホクでウンマァ〜
今回は次男と2人っきりということもあって、何度も私にア〜ンしてくれた。たまには1対1で食事ってのもいいなぁ。恋人気分で母ちゃんはとっても嬉しかったぞ。
帰り際、「マミー、今年の僕の誕生日もKAIでお願い!」っと言って来た。
・・・前向きに検討させていただきます。