朝7時半過ぎにナースが我が家に出勤。
唇を押さえ、「今、犬に噛まれたから病院に行ってくる…」と一言残し、帰って行きました。
待てよ、イヴの朝になんて衝撃的な出来事だこと…。
私は眠かったせいもあって、何が何だか理解出来ませんでした。

2時間後に戻って来て、噛まれた事情説明をしてくれました。

ミセス家から4軒先に、誰もが恐れている大きな黒い犬がいます。
たまにフェンスを乗り越えては子供達に恐怖を与えてしまう犬。
大人の私でも近付こうとは思いませんし、
フェンスを乗り越えて来られちゃった時にゃあ、失禁しちゃうだろうなーと思う位、
怖い犬です。

ナースは大の犬好きで、
今朝、ピックアップトラックの荷台に乗せられていた黒犬に近付き、
「元気かぁ〜?」みたいに挨拶をしに行った時に、
突然、顔にカブっと食いついて来たそうです。

「自分が悪い、自分が悪い…」って彼女は言ってたけど、
ムツゴロウさん並みに無謀なことをする人だなぁ〜と思いましたわよ。
マジにあの誰もが恐れている犬に近付くんですもの。

上唇の傷口が深かったので縫ったそうです。


謝りにきた飼い主の話によると、
黒犬、今までも何度か“人を傷つける”という行為をして来たし、
自分達(飼い主)に来月、赤ちゃんが生まれる予定もあるので、
生まれてくる赤ちゃんに危険が及ぶ可能性も無きにしも非ず…なので、
メインランドに住む親戚の家に
昨日、黒犬を飛行機で送る予定だったそうなんです。
でも今、本土の一部では猛烈な大寒波。
飛行機が予定どおりに着陸しない場合もある…とかで、
アニマルの持ち込みは禁止になったそうなんですわ。

よりによってその翌日に噛まれるハプニング・・・。
気の毒な。

飼い主が「赤ちゃんが生まれる前までにもし本土に送れなかったら、
処分してもらうかもしれない…」ってナースに言ったそうです。
それだけはして欲しくない!って伝えたそうなんですが…。
今回は自分から黒犬に近付いて行ったナースにも問題があるけど、
実際の話、近所の男の子が
フェンスを乗り越えて道に出てきた黒犬に馬乗りされて、
腰の辺りを噛まれてたりもするんだよね…。

なんだかなー、犬のことを考えるイヴになっちゃったわ。
犬のせいなんかじゃないんだよね。
飼い主なんだよな…。

画像の蘭は、蘭好きのナースにクリスマス・ギフトであげたんだけど、
でも今日は(噛まれた)お見舞いみたいになっちゃったよ〜