モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2017年3月

行方野菜詰め合わせとレンコン4kg


P1180967
行方レンコンレシピコンテストで最優秀賞をいただき、賞品が届きました。
茨城野菜の詰め合わせ、紅こがね焼酎、トマト塩麹、レンコン4kgなど
大好きなイチゴも入っていたのでテンションMAX
先日、畑の掘りたて人参をいただいたご近所の方にもレンコンをお裾分けしました。
暫くレンコン料理続くこと間違いなし。
イチゴ旨っ。

豆腐生姜焼きサラダ


P1180939
豚肉で作るのが主流の生姜焼きですが、今回は堅豆腐を生姜焼きしてお肉のように美味しく仕上げました。
堅豆腐がなければ島豆腐でもいいです。

★★★レシピ★★★
堅豆腐110g、はちみつ小さじ1、めんつゆ大さじ1、粗切り生しょうが小さじ2、フリルレタス5枚、人参30g、ブラックペパー少々
堅豆腐はペーパーに包み軽く水切りします。
ジッパーにはちみつ、めんつゆ、粗切り生しょうがを入れて混ぜ、薄切りした堅豆腐を入れて一晩漬けこみます。
スペースパンにオリーブオイルとごま油を入れて豆腐を並べて両面グリルで8分焼き、途中4分で反します。
漬けだれを入れて1分焼き、お皿にレタスを敷いた上にのせます。
フリルピーラーで引いた人参を飾り、ブラックペパーをふりかけます。



春の和食料理レシピ
春の和食料理レシピ  スパイスレシピ検索

糸島サラダほうれん草スムージー


サラダ3.17
伊都菜彩で買って来たサラダほうれん草はみずみずしくってこのままサラダでもぜってー美味しいけど、私は朝ごはんスムージーにしました。
アンコールとは、タンゴールと地中海マンダリンを交配して育成した品種で、主に九州地方で出回るようです。
一度食べると、また食べたくなるというところからネーミングをつけられたとPOPに書かれていました。

★★★レシピ★★★
糸島サラダほうれん草4房、糸島アンコール1個、パイナップル4切れ、ふじ林檎1/3個、水130ml
サラダほうれん草は50℃洗いして4cmに切り、アンコールは外の皮を剥いて種を取ります。
ふじ林檎は皮つきのまま、芯を取り、ザックリ切ります。
材料全てblendtecに入れてSmoothieボタンを押します。

姪浜でお茶


DSC_0058
2017年3月博多の女
伊都菜彩で買い物を終えて博多方面へ戻る時に途中下車したのは姪浜
料理研究家の友人、久保ゆりかさんと再会です。
九州初のシニア野菜ソムリエで、料理研究家で大活躍されていて、忙しい中でお時間を割いてくださいました。
以前、ルクエのお仕事を一緒にして、今では手の届かない存在になってしまった。
でもお会いすると可愛らしさは健在で野菜トークで盛り上がりました。
DSC_0060

タコとわかめのわさび和え


P1180979
マダコとわかめでレシピブログさんモニターでいただいた粗切りわさびを和えました。
粗切りわさびの香りと辛さがシャキシャキわかめに合います。

★★★レシピ★★★
刺身用マダコ100g、刺身用わかめ100g、胡瓜1/2本、粗切りわさび小さじ1.5、めんつゆ大さじ1/2、減塩醤油小さじ1、エゴマ油ひとたらし
生わかめに熱湯をかけて軽く混ぜ、冷水でしめてから良く水気を絞ります。
わかめを食べやすく切り、胡瓜はフリルピーラーで格子状にスライス、刺身用マダコは薄切りします。
ボウルに粗切りわさびとめんつゆ、減塩醤油を入れて混ぜ、わかめ、胡瓜、刺身用マダコを和えてからエゴマ油をひとかけして混ぜます。



春の和食料理レシピ
春の和食料理レシピ  スパイスレシピ検索

味噌汁にひとかけオリーブオイル


P1180978
キャベツの芯や葱の青い部分って美味しくないのでついポイしちゃいます。
サラダ用に切った人参の端っこなど、これらの食材で野菜のお味噌汁。
オリーブオイルをひとかけしたら、めっちゃ旨い。

★★★レシピ★★★
キャベツの芯4枚分、葱の青い部分1本分、人参の端切れ20g、水300ml、麦味噌大さじ1、粉末だしの素小さじ1、エキストラバージンオリーブオイルひとかけ
キャベツの芯と付近の固い部分を薄切り、葱の青い部分を斜め切りします。
鍋に水を入れて沸騰したら粉末だしの素、キャベツの芯と人参の端切れを入れて3分程煮ます。
芯付近の固いキャベツと葱を入れて軽く煮たら一旦火を止めて麦味噌を溶かし入れます。
再度火をつけて周りが軽く沸騰したら火を止め、お椀に入れ、エキストラバージンオリーブオイルをひとかけします。

伊都物語 苺みるくソフト


DSC_0055
伊都菜彩内の伊都物語ミルクプラント
ソフトやアイス、ジュース、牛乳などがいただけます。
ソフト好きの私が選んだのは、苺みるくソフト
外のベンチに座っていただきました。
すっごい、超、美味しい!!
さっぱりした苺味のミルクソフトには、ちゃんと苺の果肉がたっぷり。
今まで食べたソフトクリームの中でNo.1に輝きました。

ブリの生姜照り煮


P1180885
鯖の生姜煮が食べたかったのですが、売っていなかった。
この日は天然ブリが目玉商品だったのでブリにしました。
レシピブログさんモニターでいただいた粗切り生しょうがを使って生姜照り煮です。

★★★レシピ★★★
ブリの切り身3枚、粗切り生しょうが小さじ2、ベジブロスキューブ(野菜くずを煮込んだスープを凍らせたもの)15個、めんつゆ大さじ2、酒大さじ1、みりん大さじ2、はちみつ小さじ2
ブリの切り身は半分に切り熱湯をかけてペーパーで水気をかるく拭きます。
鍋にベジブロスキューブを入れて沸騰したら酒、みりん、はちみつ、めんつゆを加え、ブリを入れて5分程煮ます。
一旦、ブリを取り出し煮汁に粗切り生しょうがを加えて煮詰めます。
煮汁が半量になったら再度ブリを入れて2分程絡めながら煮て、ブリをお皿に盛ります。
煮汁をとろりとするまで煮詰めてブリにかけます。


春の和食料理レシピ
春の和食料理レシピ  スパイスレシピ検索

糸島グリーンスムージー


糸島3.16
伊都菜彩で買った糸島産のお野菜と果物で作ったグリーンスムージー
みずみずしくってとても美味しい

★★★レシピ★★★
糸島サラダほうれん草4房、糸島パッションフルーツ1個、糸島アンコール1個、ふじ林檎1/3個、水30ml
サラダほうれん草は50℃洗いして4cmに切り、アンコールは外の皮を剥いて種を取ります。
ふじ林檎は皮つきのまま、芯を取り、ザックリ切ります。
パッションフルーツは種と果汁ごと、材料全てblendtecに入れてSmoothieボタンを押します。

伊都菜彩


DSC_0057
2017年3月博多の女
博多旅行の目的は、イチゴを食べに行く!ことでした。
旅行前に予め、博多ファームステーションに電話して博多から近いところで採れたてイチゴが欲しい旨を話したら伊都菜彩を紹介してくれました。
博多から福岡市地下鉄空港線・筑前前原行に乗り、波多江駅で降ります。
Google Mapでは徒歩13分ということですが、前日に地元の人に聞いたら、ぜってータクった方がいいと教えてもらい、その通りタクりました。
確かに歩くと20分以上かかるのし、福岡はタクシー代が安いので乗りました。
すっごい楽しい!!!
地元、糸島のお野菜は勿論、スイーツに魚、肉、花、乳製品など欲しいもの全てが手に入る。
店内は撮影禁止なので、買い物したものを写メりました。
目的のイチゴは、あまおう、おいCベリー、紅ほっぺ、レディアなど4パックも買っちゃった。
1パックだけ持ち帰り、あとはクール便で送ると翌日に届きます。
旅の目的をしっかり果たした。