モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2012年7月

Fish Jun Mini Plate at Yammy Korean BBQ



アラモアナでBlack Friday!の買い物を終えて最後に立ち寄ったのはマカイフードコート
ヤミーでFish Junのミニプレートご飯なしを買いました。
通常ミニプレートはおかずは2種類しか選べないのですが、ご飯なしだと3種類も選べるのです。
レギュラーなら5種類。
キャベツ、ホウレンソウのナムルと韓国風じゃがいも煮を選びました。
でも、ヤミーのFish Junってこんなにしっかりもっちりしてたっけ?
ちょっとチヂミっぽいかなって印象でした。
ヤミーを食べるのは久々ですが、まぁ結構美味しいですね。
買い物戦争でお腹が空いて少し食べてから写真を撮ることを思い出したのです。
だから、もうちょっと入ってますよ。

茄子とマグロの完熟トマト煮



今ドキの完熟トマトは甘味もコクもあって美味しい。
茄子もしっかり味が濃いし。
病院食でお母さんが食べてたのを見て、うちにはファーマーズのお野菜もあるし、トマト煮にしよう。

トマト1ヶ、茄子1本、パプリカ各半分、びんちょうマグロ150g、にんにく1片、コンソメ顆粒小さじ1/2、クレイジーソルト適宜
トマトは湯剥きして種を取り2cmザク切り、パプリカも2cmザク切り、にんにくはみじん切り、びんちょうマグロは2cm角切り、茄子はピーラーで縦に皮を剥いてから1cm幅に輪切りします。
フライパンにオリーブオイルを入れてからにんにくを入れ、火をつけて香りが出たらびんちょうマグロを入れて炒め、表面が白くなったらトマトを加えて炒めます。
クレイジーソルト、コンソメを入れてびんちょうマグロに火が通ったらパプリカ、茄子を加えてしんなりするまで煮込みます。
OVOで作った目玉に添えてリッチな朝食。

翌日はコチラをリメイク(そちらはまたのお楽しみに)

ハワイアンジュエリー プルメリア



3年前にワイキキで買ったプルメリアのヘッド
チェーンがなかったので、身に着ける機会がなかったのですが、ようやくチェーン買いました。
そしてのせられてパワーストーンまで買っちゃった〜

鶏の生姜焼き



生姜焼きって豚肉だよね。
夏は豚肉を食べた方がスタミナがつくって言うし。
最近は何でも食べるので豚肉で作るべきですが、たまたま鶏の胸肉しかないので今回は鶏の生姜焼きにしました。

これはお弁当にピッタリの一品です。

鶏むね肉130g、塩麹少々
漬けだれ:砂糖大さじ1/2、酒大さじ1/2、醤油大さじ1、生姜すりおろし大さじ1
漬けだれのうち大さじ1を別の容器に取っておきます。
鶏肉を繊維に沿って薄切りしてコップにラップを巻いてから鶏肉を叩いて薄く延ばします。
塩麹を薄く塗り、5分置いたら、キッチンペーパーなどで拭き取り漬けダレを入れて揉みます。
あとはフライパンで両面をこんがり焼いて、残しておいた漬けダレを絡めます。
マンナンを炊き込んだご飯と一緒にお弁当にしました。

あんなに素敵な環境〜
って見えても震災以来お湯も出ないし、冷房も殆どききません。
お湯が出ないのでお弁当にはラップを敷いてます。
夏もきっついけど冬場は朝の20分しか暖房が入らないし。

ヒルトン花火クライマックス



花火って始まるまでながーく待って、いざ打ちあがるとあっという間に終わってしまう。
美しく、そして儚い。
クライマックスはどれも激しく燃えつきます。
また見たいなヒルトンの花火

イタリアンチキンサラダ



パン屋さんでイタリアンチキンピタという商品があったのですが、例のごとくそれを見た時に、
「自分で作れるんじゃね?」
ファーマーズで買ったお野菜など家にある野菜で似たように出来るって思いました。
塩麹と鶏のむね肉の組み合わせは最高らしいですから、イタリアンだけど塩麹を使用。

 −レシピ−
鶏むね肉130g、塩麹小さじ1
パプリカ赤黄それぞれ10g、枝豆50g(さやから取り出したもの)
◆EXバージンオリーブオイル大さじ1、洋からし小さじ1/4、白ワインビネガー小さじ2、クレイジーソルト小さじ1/4、ドライバジル、ドライオレガノ適宜

鶏肉に塩麹を揉み込み5分置いたらスチームロースターに入れて500W のレンジで3分加熱、1分そのまま予熱します。
粗熱が取れたら薄く切り、パプリカは千切り、枝豆は茹でてさやから取り出します
◆のドレッシングをよく混ぜておき、鶏肉、パプリカ、枝豆と一緒に混ぜます。

バタバタと大変だけど食事はちゃんと作って食べてます。
お昼は食堂にも行くけど、普段はファーマーズで買ったお野菜を自分で調理した方が断然いいですからね。

ヒルトン花火?



この写真からしても、日本の花火師が作る花火とはスケールが違いますが、ハワイではこれが精一杯。
華やかさはないけど、見入っちゃうんです。
花火の音で飛び出した母の姿が今でも焼き付いてます。

今日、先生から診断されました。
腫瘍マーカーからすると扁平性皮癌の可能性があり、間質性肺炎に合併しやすい肺癌のタイプだそうです。
骨への転移は皮下注射で治療を始めてるそうです。
極度の貧血なので輸血も行っており、細胞検査をして抗癌治療が出来るかだそうです。
但し、その治療を行うことで急性肺炎をおこして命への危険性もある・・・
治療を行うか、又は傷みだけ抑えて尽きるのを待つかも問われました。
癌の進行が早いので、この先は、呼吸困難で酸素呼吸を付けるようになれば、植物状態にも成り得るので、その場合の判断も問われました。
やはり実際に言われると涙があふれました。
先生と話した後は急いで涙を拭いて病室のお母さんのもとへ、平然とした態度を演じる。
今後何が起こり得るかわからないけど、自分に負けずに乗り切るしかないよアタシ。
勿論、覚悟も胸にしながら。
それでも普段は元気です。
演じてる訳じゃなく、前を向かないとならないからね。
Hey!Say!JUMPの曲を聴いて元気と勇気を与えてくれる彼らに感謝です。

夏野菜とツナのパスタ



ファーマーズでは、本格的に夏野菜ラッシュ
私が行くファーマーズでは珍しいお野菜が多いので、早く行かないとなくなってしまうのです。
大好きなアイコ、パプリカなど数少ないものをゲットしてきました。
夏野菜はツナとの相性がいいのでパスタにしても美味しい。

スパゲッティ1.6mm(太さは好みで)、アイコ赤・黄(プチトマトでも)、パプリカ赤・黄それぞれ10g、鷹の爪1本、にんにく1片、ツナ缶1/2、塩ひとつまみ、ドライオレガノ、ドライバジルそれぞれひとつまみ、スパゲッティの茹で汁大さじ1
トマトは4等分に乱切り、パプリカは1cmに切り、にんにくはみじん切り、鷹の爪は手でほぐしておきます。
フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れてにんにくを入れてから火をつけて香りが出たら鷹の爪、ツナ、パプリカを入れて1分炒めます。
トマト、ドライバジル、ドライオレガノ、塩を入れて更に1分炒めて、表示より30秒短く茹でたスパゲッティを加えて茹で汁も入れて30秒フライパンで絡めます。

お昼休みはアノ場所を散策



昨日はプチ熱中症になりそうになりました。
頭があっつくてクラクラ〜
炎天下で帽子も被らなかったので、さすがに今日は被りました。
そしてお昼休みは散歩でも。
実はココだってこと昨日知りました。


このセンターの新人くんに話したら案内してくれるって言うので見比べながら写真撮ってきた。


ああ、セットは作ったのね





昨日もここを歩いて資料届けに行ったよー



It’s OVER.  Love is OVER.

干し貝柱の中華粥



お母さんが入院前に作ってあげたのは雑炊やお粥です。
お粥を米から鍋で煮ると時間はかかるし、熱くて涼みたくなる。
レンジだとたったの9分。
だったらレンジの方を取ります。
冷凍庫にお母さんのお取り寄せした干し貝柱があるので朝は中華粥にしよう。

レシピ
干し貝柱5〜6ヶ、米0.5合、中華スープカップ1.75、鶏ガラスープの素ひとつまみ、醤油小さじ1/2、青葱少々
前日夜の仕込み:干し貝柱を水に漬けておき、研いだ米は水に浸しておきます。
米はざるにあげて水を切り、貝柱をほぐします。
米、ほぐした貝柱、中華スープをOGYAに入れて500Wのレンジで2分加熱します。
鶏ガラスープの素、醤油を加えて7分加熱、2分蒸らして青葱をのせます。

病院の食事は不味いらしい。
見た目が、すげえ不味そうだもん。
私が作ってたご飯の方が断然美味しいと言ってた。