モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年11月

Big Island Jelly



コナコーヒーを寒天で固めてみました。
トッピングのホイップクリームにはハマクアマナダミアナッツのKona Coffee Macadamia Nutsを砕いてのせました。
ちょっと寒天が固かったのですが、このクラッシュしたコナコーヒーキャラメルがかかったマカダミアのシャリシャリでカバーしちゃいました。


オリジナル

レンタカー保険対象外



ハワイ島でレンタカー保険対象外のロードがあります。
ここサウスポイントもそのうちのひとつ。
とにかく道が狭い。
道がガヂャガヂャ
坂道の見通しがきかない。
野生の動物がいきなり現れる
こんなロードなので大半の人が譲り合いでマナーも良いのですが、中にはそうでない人もいらっしゃるのかも。
対向車をキャッチ出来たら速度を落として路肩に反れないといけないのですが、対向車が見えない道もあるから、そりゃもう大変。
帰りは仔馬が柵から出てきてた。
動物接触注意場所でもあります。
KAPUに行くには簡単には行けないってことね。

ビッグアイランドグリル



ガイドブックを見て気になってたのがココナッツシュリンプサラダ
ようやく食べれました。
スイートチリソースがかかったエビフライのサラダですが、ドレッシングがクリーミーセサミかランチドレッシングから選べますので、クリーミーセサミにしました。
さっぱり美味しい。
母さんのご飯は、ポークチョップ
塩コショーの味付けにマッシュルームがのってて付け合せには野菜ソテー
ポークが臭みなかったです。
でも、ちょっと味が薄いかも。
ファミレスだけど、ここはそこそこ美味しいお店だなって思います。
作る人によって変わる場合もありますけどね。

赤い帽子の鳥さん



ハワイ島でよく見掛ける赤い帽子の鳥さん。
ちっちゃくて、ご飯を食べてるとこに寄ってきます。
かわいいからあげたいけど、イカンイカン
野生には野生なりに生きるすべがあるのだ。

Big Saimin in Big Island Grill



朝にヒロを出て南回りをしてようやくコナに到着です。
気がつけば3時、腹減った〜
荷物も車に積んだままだし、車の止めやすさなど考えてロコに人気なファミレスのビッグアイランドグリルしよう。
前にこちらで食事をした時はミックスプレートをいただきました。
今回はBig Island Grillで有名なを食べてみよう。
Big Saiminというメニュー名はBig Island Grillの屋号からとったんでしょう。
赤々の食紅をたっぷり使ったチャーシューが入ったサイミン、見てくれはちょっと・・・
でも、これがマジで美味しかったんです!
腹減ってたからかもしれんが。
スープも美味しいし麺もいい感じでした。
麺にうるさい母さんも美味しいと絶賛。
だけど、母さんはサイミンというのをなかなか覚えてくれなかった。
「あれ美味しかったね、ソーキソバ」
「あれはね、サイミンというのよ」と教えてあげる。
そしてまた「また食べたいね、ソーミン」
だからー、サイミンだってば。
と言い返してもすぐに忘れるので、そのままにしときました。

青くないサウスポイント



一度行ったらまた行きたくなるSouth Point
これは晴れの日に限りですね。
曇ってる時はお薦め出来ませんわ。
前回がこーんなに綺麗だったから
また行きたくなったが、サウスポイントに到着するまで時間がかかるので、天候次第でここへ寄るかは決めようっと。

South Point



曇りがちだったので綺麗ぢゃなかったわよ。
一度行ったらまた行きたくなる説はどこぢゃ?
晴れてたら本当に最高な場所ですが、曇りだとこんなんで・・・
せっかくがじゃがじゃの道を時間かけてきたのに残念です。
取り敢えず、アメリカ最南端に来たぞー!

プロバンス風オーブン焼き



高原ソーセージをいただきました。
焼いて食べるチーズとお野菜でプロバンス風のオーブン焼きなんていいんじゃない。
じゃが芋とカボチャをスチームケースに入れてレンジでチン。
ほっくほくに蒸しあがります。
このまま塩コショーでいただきたいところ、我慢して、と、
ソーセージと焼いて食べるチーズを散らしてオリーブオイル、塩、コショー、ローズマリーガーリックのハーブをふりかけてオーブンで焼きました。
チーズのもっちもち、表面カリッとした野菜は先に蒸してあるのでホクホク、ローズマリーガーリックの香りでソーセージも引き立ちます。
ハワイで買ってきたあの4種類のSPICEハーブ入りからローズマリーガーリックを使用しました。


オリジナル

ALBERT BICHOT Beaujolais Nouveau 2010



10年以上も前からBeaujolais Nouveau はALBERT BICHOTを好んで飲むようになりました。
ボージョレって軽いのでワイン愛好家にはあまり好まれませんが、私は軽いワインが好きなので、ボージョレヌーボーが好きです。
軽さの中にそれぞれの持つ個性を楽しんでますが、ALBERT BICHOTは軽さの中にバナナの香りとほんのり酸味が絶妙に邪魔しない感じです。
毎年これが好きで本命にしてます。
そして今年度、フランスのリヨンにて開催された「第10回トロフィー・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォーワインコンクール」で「Grande Medaille d'Or(大金賞)」を受賞したようです。
やっぱりな〜という納得です。
ボージョレも毎年味が変わり、出来栄えも違うのですが唯一の楽しみとなってます。

最南端方面は曇り



ナアレフの町を抜けてビッグアイランド最南端へと向かいます。
何だか曇ってるけどー
でもサウスポイントならいつでも綺麗だよ、きっと。
そう思い込んで向かいました。