モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2009年5月

New Summer Orange Chicken



PANDA EXPRESS風のオレンジチキンは以前に作ったことはありますが今度は人気上昇中のニューサマーオレンジで作ってみました。

作り方はいたって簡単です。
鶏むね肉(皮は取り除く)、ビール少々、塩、コショー、ニューサマーオレンジの皮少々
ニューサマーオレンジソース■ニューサマーオレンジ2ヶ分の搾り汁、醤油大さじ1、オイスターソース小さじ2、ハチミツ大さじ1、赤唐辛子少々、水溶き片栗粉大さじ1
ニューサマーオレンジの皮とビールに数時間漬けたら汁気を切って片栗粉をまぶし、リセッタオイル少々をふりかけて手で揉みオーブンで30分焼いてから、温めたニューサマーオレンジソースに絡めました。

我が家の揚げ物は、お惣菜を買い、作るなら揚げずに油を絡めてオーブンで焼く
キッチンは汚れないし、油の量も少なくてすみますから。

The Master



ドイツの味わいを日本で製造とのことで昨夜、早速飲んでみました。
結構味が濃いのかな?と想像しながら缶を開けて冷やしたグラスに注ぐと
う〜ん、麦の苦みとピリ辛さがきます。
苦味といえば、通常はホップを感じるのですが、このビールは麦本来の旨みを楽しむビール。
そしてこのビールはかけつけでグイグイいくタイプというより、1缶をじっくりと味わいながら飲めます。


実はアタクシ、金曜に職場の飲み会でまたしても顔が青く。。。
危険信号を感じ、そそくさに退出しました。
途中の公園で休んでやっとこさ駅に着き、長い道のりを電車に揺られて家路についたのです。
早めの行動が良かったようです。
翌日はけろっとしてご飯もいっぱい食べ、夜はこうしてビールを堪能。
忙しくて疲れがたまってる時はやっぱり家でこうしてじっくり飲むのがいいね

ハワイの日差し



透き通るような青空にギラギラまぶしい光が射し込むところ
Trade Windに揺れる椰子の木にハワイの日差し
見上げても素敵なハワイ
やっぱ青いね〜

石焼きビビンパ



石焼鍋を100均で買いました。
これがあればビビンパも美味しくなるよね〜
お肉は鶏むね肉と冷凍蒟蒻入り。
鶏挽肉をビールに一晩漬けておいてから炒ったので柔らかくなりました。
そして、細かく刻んで冷凍した蒟蒻を解凍して水気を絞ってからお肉に加えて味付け。
お肉の食感だし、お肉の量も増えるし。
この日は、おかきをガリガリ食べたのでビビンパは少しヘルシーにしました。
いーっぱい食べたい時、素材をヘルシーにすればお腹いっぱい食べれますから〜

オートグラフ(サインの木)



以前紹介したこの不思議な木 
ぷるぷるさん情報によりますとオートグラフ(サインの木)だそうです。
まだこの季節は花は咲いてません。
眠ってます。
夏には目覚めるでしょう。

ラナイ朝食



チョコハウスでお持ち帰りしたドレッシングがシーアスパラガスにかけてみました。
ちょっと甘めのドレッシングにはシーアスパラの塩気がマッチして良かった。
ハワイのドレッシングって甘めなものが多いのでシーアスパラもよく合うようにできてるのか。
そしてKAHALA MOLLのWHOLE FOODSで買ったジャガイモレンジをMozzarella BUFALAちーさんからもらったバターをのせてチンしてすれば即席ジャガバターチーズ
アロハ醤油をたらして食べました。
このスチームポテトにモッツァレラチーズは要らなかったかな。
ラナイ朝食、景色が何よりのスパイスでありました。

鯉多すぎ



最終日(?)なのでせっかくのヒルトン滞在ですからホテル敷地内を楽しもうかな。
ヒルトンワイキキの庭園内の池には鯉がいるんだけど、その数が半端じゃなく多い。
こんなにひしめきあって大丈夫なんかな・・・

Mango Jelly



日本もマンゴーの時期がやってきました。
ハワイではローカル旬のマンゴーが食べられるのは7月ですね。
今、日本で食べれるのはメヒコマンゴー
マンゴーの効能についてはかつて述べてますから、普段はそのまま食べてますが、今回はちょっとヘルシーにアレンジ。
マンゴーの果肉、白ワイン、オリゴ糖を加えて寒天で固めてみました。
繊維もそのまんま残っていてマンゴーっぽく見えるけど、これはゼリーでございます。
ハワイ島のマンゴーにまた出会える旅まで頑張ろうっか。

溶岩にはノニがいっぱい



Big Island溶岩の真っ黒い中で黄緑色したノニが目立ってあちこちに生えてます。
ノニに含まれる多糖類は、体内において免疫強化する物質を増加させるなどさまざまな効能がうたわれております。
激マズなものほど、体にいいんですよね。
罰ゲームでノニジュースが振る舞われるなど、噂が凄いので、体にいいこと判っちゃいるけど試せない。
以前、硫酸マグネシウムを飲んでこの世のものとは思えないくらいに激マズで飲み込めなかったことがあります。
ハワイ島溶岩のミネラルをたっぷり吸った植物ですもの、さまざまな栄養成分が含まれますよね。
それにしても、この実はどう見てもグロ〜い

プールサイドグリル



オンザビーチホテルのプールサイドでは、シェフが実演グリルでお料理を作ってますね。
ここヒルトンでもシェフがステーキセットらしきのを作ってました。
下手なお店で高いお金を払って食べるよりも美味しかったりするんですよね。
人の味覚は視野的感覚が80%占めてるので、こんな見晴らしの良いオンザビーチでの食事は絶対に美味しいよ。
景色が何よりのスパイスですね!
と見るだけでありました。