昨日の続きです。
簡単なライフガードの説明とソフトドリンクをもらって
酔い止めの薬なんていうのも配布され
逆に不安になりましたが
リラックスしている間にスルスルとボートは出港しました。

しばらくしても下を見ると海底が見えます。
ホントに手付かずの自然の美しさなんでしょうね。

イルカがどこにいるか(シャレ?)
出港時から急務というか、真剣に探しているようです。
自然相手でイルカが見れなかったら無料乗船券配布
この約束はクルーの人たちにとってプレッシャーだと思います。
でも短い旅行中にもう1度なんてあるのかな?

最初は西に向かってゆっくりでしたが
ド〜ンと西側の山脈が見えてキレイです。
また戻るように南東に向かって進みだしました。
意外にもナナクリ近辺のビ〜チ近くで写真のイルカはいました。
イルカと泳ぐツアーの人たちも近くにいます。
イルカは逃げるけど人はひいちゃいそうで危ないんだそうです。

きっと誘ってるんだろうな?という操船でしたが
船にジャレついてくるっていうのは今回はありませんでした。
餌付けをするワケにはいかないでしょうし台本もありません。
イルカも毎日機嫌がいいってことは無いでしょうし。
でもスピンジャンプ(サービス?)を1回見ることが出来ました。

イルカから離れて終わりかな〜と思ってたら
今度は冬限定のクジラ探索だということです。
え〜それこそウマクいくか〜?と思いながら
BBQバーガーをほおばって、意外に美味しかったです。
息子はこのバーガーが今回1番の印象的だったそうです。

食べてるのに「ホエール!」の声が起こりダッシュ!
いきなり結構近くで潮を噴き上げてるのを見ました。
エンジンを切って惰性で近づくと小さなクジラでした。
背中しか見れませんでしたが・・・残念ながらそれで終わり。
港に帰りバスに乗り込み帰りは爆睡してしまいました。

ワイキキ解散が午後1時
部屋から見た景色もまだまだこんな感じです。

それからシャワーを浴び、またまたアラモアナへ。
夕飯の予約をマリポサで取っていたからです。
頼んでいたのはサンセットの時間で
席に着くと注文する前にサンセットの時間になりました。