モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2007年9月

大変遅ればせながら…


Post-18先日、多くの方がアップしておりましたが、9月1日は白生Agoomercy-kさんのLiveがあり、ゲストでLANI~んも出演、多くのブロガーさん達にお会いする機会に恵まれました

初めてお会いする方たちばかりで、人見知りな私はかなりのドキドキモード!!!

モーハブログでいつも思うのは、本当に皆さん素敵な方たちばかりということ。

Liveでは、mercy-kさんのMaui Xaphoonの音色に癒されLANI~んから捧げられた一曲に涙し、ゲストの激しいパフォーマンスに盛り上がり、また癒され、そして美味しいビールに酔いしれ…
沢山のブロガーさん達とお会いすることが出来て、本当に楽しく素敵なひと時でした。

さて、実はPCの調子がずっと悪く、その晩からあきひこさんにPCをお預けしていました。。。(あきひこさん、ホントにホントにlots of MAHALO!!!です)
で、戻ってきてもPCに疎い私はモタモタしてしまい、こんな時期はずれなご挨拶になってしまったのでした。

でも、どうしても皆さんにお会いできたことに感謝したくて、blogにアップしてしまいました

モー娘。第三期生になれて、本当に良かった~~~

こんな機会を与えてくれたモーハに感謝
皆さんと素敵なひと時を過ごせたことに感謝

ありがとうございました!そして、これからもよろしくお願いいたします

                    ALO~HA!!!

My First Hawaii 4 ~The Bus Trip~


Post-16 目。今日のやりたいことは、Hawaiiの有名なbeachNorth Shoreへ行く事リスト4でした。
前日の友人とのディナーの時、Ala Moana SCの1階にThe Busの案内所があるので、そこで時刻表の入ったマップを貰うように教えて貰っていました。
山側のバス停からThe Busに乗り、いざ出発!
「暗くなると危ないからね、早めに帰るんだよ!」という注意を受けていたので、帰りのバスの時間もチェックオッケーです。
ノンビリとBusにゆられながら、いざNorth Shoreへ!!!

またも友人が微妙な顔になります
あの有名な看板を見過ごしたようで、降りる場所が分からなくなったようです。
「もうさ、降りちゃおうよ」と車内の紐を引いて次のバス停で下車します。
「ちょっと歩けばNorth Shoreに戻れりかも」という友人の言葉に、一抹の不安を感じた私は(前科があるので)「ここのビーチもきれいじゃない?!せっかくだから行ってみようよ」とビーチに誘います。
白い砂浜、そして前方の岩からは海へダイブする若者たちが…
         
そう、Waimea Beachまで来てしまっていました(↑)

でも、とってもキレイな海と砂浜。これは間違っていなかったら来なかったであろう場所なので、行き当たりバッタリもまんざら悪くなかったかも
しばらくしてNorth ShoreへThe Busで戻ることにしましたが…二人とも$20札しかない!!(ど、ど、どうしよう…お釣でないし) 
と、そこに唯一の日本人のファミリーを見つけて両替出来るか聞いたところ、快くしていただけました。そして、North Shoreへと戻ります。

お昼もとうに過ぎてしまっていたのでKUA’AINAへアボカドバーガーを食べにリスト5行きましたが、既にsold out…別のものをオーダーしto goでビーチへ。
       
                      かなりピンボケ…

ここはとっても穏やかなところで、赤ちゃんを連れたロコが何人かいました
ノンビリと暫く座っていましたが、その後ハレイワインターナショナルマーケット等をブラブラ見て、気付くと17:00近くになっていました。

「危ないから、暗くなる前に帰るんだよ」という前夜の友人のアドバイスを思い出し、いくつかチェックしていた中のThe Busがそろそろやってきそうだったので、バス停で待ちます。

。。。が、待てど暮らせど現れません。。。

Hawaiian Timeなんて当時知る由もなく、焦り始める友人
ま、そのうち来るよ…なんていいつつ、少々私も心配になってきました。
来るバス、来るバス、逆ばっかりです。
と、逆側からThe Busのドライバーが降りて、こちへやって来ます。

ドライバー「Hi,君達日本人?どうしたんだい?!」(と英語でおそらく言っている)
「Ala Moanaまで帰りたくてバスを待っているんだけど、もう随分時間が過ぎてるのにまだ来なくて」(と英語で言ってるつもり)
ドライバー「よし、大丈夫、オレに任せナ」(と多分言っている)
しばらく日本の何処から来たのか等等聞かれながら、待ちます。
と、急に彼は道の真ん中に飛び出して、大きく手を振りだしました。
乗りたかったThe Busがやってきて、それを止めてくれたのです。
ドライバー「さあ、コレに乗って帰りな」(と英語でカナリ自慢げに言っている)
私は「おいおい、おっさん(←おっさんでした)バス停なんだからそんな事せんでも止まるって!」と突っ込みたくなる気持ちを抑え、アリガトウを言って、The Busに乗り込みます。
だって、普通に待ってれば来るのに、ワザワザ自分のThe Busを止めて不安そうな私達と待っていてくれたこのドライバーの気持ちが嬉しくなって
(あとで思うと、こういう人がいるからThe Busも大幅に遅れるのか?!と思いましたが…)

ドライバー「あ、コレオレの電話番号。ガールズ達、今度来る時は連絡ちょうだい。一緒に遊ぼうぜ!待ってるよ~

・・・ナンパかよ!!! 

もちろん、このおっさんでHawaiiLoveにはなっておりません。。。

                                          ……to be continued.