Post-22さて、記念すべき初Surfingを終えてBeachに戻ると…
そこにはチェアーに横たりバスタオルをかけられて苦しそうにしているお友達がいました。海に出て行く前とはうって変わって、水泳の授業で具合悪くなっちゃった子のようです
でも、なんとかBeachに辿り着いたら、Beach Boy達がチェアー、パラソル、バスタオルを持ってきてくれてこのように休めていたとのこと。良かった、良かった。。。

ロコの先生が「ここで休んでていいよ」、と私にもチェアーとバスタオルを持ってきてくれました。
“Thank you.”
暫く休んでいると、「コーヒー飲む?」とロコの先生がコーヒーを持ってきてくれました。
“Thank you.”
また暫くすると、「これ食べる?」と今度はチョコマフィンをロコの先生は持ってきてくれました。
“Thank you.”

変にベタベタしないけど、その後もスゴク気を遣ってくれています。
が、あまりにも至れり尽くせりなその対応に、私の中で、”コレって、後で『はい、$○●ね』とかいって後で請求されるんじゃない、もしかして?!”という思いがよぎり不安になってきました。

と、そこへ今度は一人の女性を連れてやってきました。
「彼女は友達でSumana。日本人で言葉通じるから話できるよ」
そこで紹介された彼女は、こちらで(マウイかカウアイ島)ヒーリングマッサージをしているとのことで、ロコの先生のことを「Tommyは本当に親切で優しい人なのよ」と教えてくれました。
色々お喋りしていると、Tommyが「お昼食べられそう?」と聞きに来ました。
「ウン」とお友達が答えると、「じゃ、行こう」と足を洗ってそのまま素足(!)でDukesへ。
テーブルを囲んでいると、お店のお姉さん、お客さん皆がTommyに声をかけてきます。どうやら皆常連さんでお友達のようです。

そのうちの一人が、「Hey! Tommy,そのgirlsは誰なんだい?!」

「My first wife & second wife!」
アッハッハァ~~~!!!
(アッハッハ~て…お、親父ギャグやん

とっても美味しくて楽しいLunch timeでした。(しかもご馳走になってしまった
ご馳走になっちゃうなんてすごく申し訳ないと思い、Sumanaにどうしたら良いか相談すると、「彼は本当に皆に楽しんでもらってまたココに来て欲しい、って心から思っている人だから、心から『ありがとう』とお礼を言いなさい」とのこと。
二人でTommyのところへ行き”Thank you.”とお礼をいうと、いいよいいよ、と笑って、「で、君達はいつ日本に帰るの?」と聞かれたので「明日の早朝」と答えると、「え~~~!!明日?!じゃ、今日はここでゆっくり過ごしていきなさい!!!」と言われ、この後ロミロミだけだし、今日はココで過ごす事にしました。

その後、Tommyがまたやって来て「ロミロミしたい?Kanoe乗りたい?」と聞かれ、「ウン」と答えます。
まずロイヤルハワイアンのプールサイドに連れて行かれ、「彼、友達だからフリーでマッサージやってくれるから」と言われて私はマッサージ台に横になります。
「じゃ、Kanoe行ってくるから、後で交代ね。」とお友達を連れて行きます。
宿泊者の人たちを横目にマッサージしてもらいましたが、気持ちいぃ~~~

ふと気づくとお友達が迎えに来ました。
そういえば、元はといえば波酔いしたんじゃ…と不安が過ぎりました。
「最初チョットヤバイかも…って思ったけど、漕いだりやること沢山あって色々と忙しくてさ、大丈夫だった。面白かったよ~」とのこと。
良かった!海に嫌なイメージ残らなかったね

おっと、ソロソロabasa spaでのロミロミの予約の時間です!

Tommyに予約をしてある事を言うと「行っておいで。荷物あずかっててあげるから、終わったらまた戻っておいで」と送り出してくれます。
そして、初体験のロミロミ(ん?もう私は経験しちゃった?!)へと向かったのでした。

チョット長くなってしまったので、今回はココまで。。。

                                                               ……to be continued