モーハワイ☆コム

カテゴリー:Memories

My First Hawaii 9 ~so, I’m fall in LOVE~


Post-30spaでのロミロミ体験が終わってBeachに戻ると、カウンターはもうすっかり片付けられクローズしていて、その横でTommyが「遅いよ~~~!!」とひょうきんな顔をして待ってます。
で、おもむろに「ハイ」と紙袋に入った缶を渡されます。「ん?!」中を覗くと、なんと底にはグリーンの缶。。。Heinekenが!!Hawaii通の皆さんならご存知でしょうが、HawaiiはBeachではアルコール禁止です。
いいから、いいからと、悪戯っぽい笑顔を見せながら、Tommyが「カンパァ~イ」とBeerを飲み始め、じゃ、私も、とマッサージ後の乾いたノドにビールを流し込みます

当時、ホントに英語が殆ど話せなかった私と友人(彼女は同じグリーンの缶でもArizona Green Teaをチョイス)は、殆どTommyと言葉を交わさない(交わせない、といった方が正しいですね)まま、ゆっくりと沈んでいく夕日を見ながら、たまに笑顔を送ります。

Tommyの飲むペースを見ながら、『コレ飲んだら、行くだろうな…』と、残りのビールを飲み干し”Thank you“と缶をしまおうとすると、「ハイ!」と2本目を渡されます。『じゃ、せっかくだから』と、同じように、殆ど会話の無いまま2本目を飲みます。
Tommyが飲み終わり、日も暮れていたし、『私がこれ飲むの待って行くんだろうな』と慌てて飲み干すと、「ハイ!!」と3本目を渡されます。『せっかくだし』(オイ!!!)と、頂きます。
ユックリと時間が流れて行きます。会話もないのに、不思議とリラックスして、この時間の流れに心地よさを感じました
3本目を空けると、「暗くなったし、移ろうか」と、お昼を食べたDuke’sへ移動しました。
カウンターへ腰掛けて、飲み物(私とTommyはまたビール)を注文し、乾杯するとTommyが「チョット待ってて」と席を立ちます。
戻ってきた彼の手にはWhite GingerのLeiが。
それを笑顔で優しく私達の首にかけてくれた途端、私の目からは涙がこぼれ落ちて止まらなくなってしまいました。

常連さんたちでいっぱいのカウンター、突然私が泣き出したのを見て、皆でTommyを茶化します。
Tommyが慌てて、「ど、どうしたの???」と聞いてきます。

あんなに来たくなかったたHawaii、しかもここへ来る前、私は身も心もボロボロで人が信じられなくなっていました。でも、今日初めて会った観光で来ている日本人の女の子(?!)に、ここまで心から親切にしてくれるなんて!!!その気持ちが信じられない位に嬉しいのと今まで私が頑なな心でいた事が恥ずかしいのと…色々な思いが。。。

今の自分の思い、感謝の気持ちをTommyに言いたかったのに、後から後から溢れてくる涙と、語学力のなさとで、やっと出てきた言葉は”Thank you so much.”の一言だけ。あぁ…なんて情けない。。。
Tommyは優しくハグして「また帰っておいで」と言ってくれました。

「家までの通り道だから」と、私達をHotelまで送ってくれる途中、King’s Villageの横で路上パフォーマンスをやっていました。暫く立ち止まって一緒に演奏を聴き、それが終わると、「これ、入れてきて」とチップを渡してくれました。
そしてまた、Hotelへ向かって、無言で歩いて行きます。
とうとうHotelへ着いてしまいました。ここだから、とTommyに告げ、お礼を言うと、「で、次はいつ来るの?!」と聞かれ、友達が「X’mas頃かな」と答えます。(え?!私、仕事柄一番忙しい時期で無理だし!!)
「そ。じゃあ、またね」とTommyは歩き出し振り返らずに、後ろ向きのまま頭の上でバイバイと手を振って帰って行きます。
感動的なハグをして、別れを惜しむ…というよりも、日常のまた明日、みたいな別れでした。

私の中で、色々な感情が湧き上がる中、この素晴らしい経験の出来たHawaiiにまた絶対に帰ってこよう、そしてそう遠くない将来にここに住みたいという強い思いがこみ上げて来ました

そう、今までの人生で本気でやりたいと思ったことで出来なかったことは一つもないのです。
とりあえず、絶対に無理に近いX’masにHawaiiに帰ってきてTommyに会いに行くという目標が出来ました

長くなりましたが、この体験と出会いが私をHawaiiにFall in LOVEにさせてくれた出来事なのです。

写真を撮る事に抵抗のあった私は、この時の写真が殆どありません。(友人からもらったのもだけ)でも、この時の想い出は、私のの中に鮮明に残っています。
まだ、Hawaiiには住んでいませんが、勿論その年のX’masにTommyに会いに行くという約束は果たしましたよ

My First Hawaii 8 ~abasa spa~


Post-24The Royal Hawaiianの半地下?!のようなところにabhasa spaはあります。
(写真が全く無くて申し訳ないのですが…
Hawaiiではロミロミマッサージが有名だから、という友達の言葉に、疲れ切っていた私はやってみたいことリスト入りを決定。せっかくならリッチな気分で受けられるところで、と名の知れた所は一通り当たりましたが、いっぱいでした。
で、歩き疲れてふと立ち寄ったPink Palace~The Royal Hawaiian~ここはカラカウアからチョット入っただけなのに、歴史を感じる落ち着きのある空間が広がります
せっかくだからと中を散策していて、お手洗いに行ったついでに見つけたのが、このabhasa spaでした。
日本人Staffの方が「まだ出来たばかりなんですよ」と、色々と説明して下さりとても感じがよかったのでココに決定!ガーデンコートでのロミロミを予約しました。

さて、Tommyと別れてabhasa spaへ到着です。
キレイな受付で予約を伝えると、ロッカールームへ案内されました。
「こちらでこのバスローブ1枚にお着替え頂き、あちらのお部屋でお持ち下さい」
なぬ~!バスローブのみ~?!Spa初体験の私はドキドキです。
バスローブに着替えて言われたお部屋のソファに座って待っていると、とてもにこやかな女性(外人)が現れ、「Hi,私はあなたの担当の○●よ。ヨロシクね」(英語で)と私に握手をしてきました。とってもフレンドリーでイイ感じです。
と、彼女の後ろから「ハ~イ、マイクデス」(日本語で)と私のお友達に握手する男性が…

『マ、マイクですぅぅぅ~~~?!』

私と彼女は顔を見合わせて固まってしまいました。
今でこそ、ロミロミマッサージ師は男性も多い事を知っていますが、その時はそんなこと知らないし、だってバスローブ一枚だし…ガーデンコートに行くまで、
「ど、どうしよう」「チェンジ無理だよね?!」
と二人でゴニョゴニョいってましたが、どうする事も出来ず、そのままガーデンコートの場所に到着。
もうここまで来たらしょうがない!バスローブを脱いで台の上に横になり、シーツのような布一枚でマッサージしてもらいます。仰向けからうつ伏せになる瞬間だけ緊張したものの(相手は慣れてるっちゅーの!)気持ちの良いひと時でした。
あとで彼女に聞いたら、『男性だから力も強く、気持ち良かった』とのこと。
こうして、ドキドキなロミロミ体験は終わったのでした。。。

勿論、『マイクデ~ス』でHawaiiLoveになってないことは言うまでもありません。。。

                              to be continued……

My First Hawaii 7 ~After Surfing~


Post-22さて、記念すべき初Surfingを終えてBeachに戻ると…
そこにはチェアーに横たりバスタオルをかけられて苦しそうにしているお友達がいました。海に出て行く前とはうって変わって、水泳の授業で具合悪くなっちゃった子のようです
でも、なんとかBeachに辿り着いたら、Beach Boy達がチェアー、パラソル、バスタオルを持ってきてくれてこのように休めていたとのこと。良かった、良かった。。。

ロコの先生が「ここで休んでていいよ」、と私にもチェアーとバスタオルを持ってきてくれました。
“Thank you.”
暫く休んでいると、「コーヒー飲む?」とロコの先生がコーヒーを持ってきてくれました。
“Thank you.”
また暫くすると、「これ食べる?」と今度はチョコマフィンをロコの先生は持ってきてくれました。
“Thank you.”

変にベタベタしないけど、その後もスゴク気を遣ってくれています。
が、あまりにも至れり尽くせりなその対応に、私の中で、”コレって、後で『はい、$○●ね』とかいって後で請求されるんじゃない、もしかして?!”という思いがよぎり不安になってきました。

と、そこへ今度は一人の女性を連れてやってきました。
「彼女は友達でSumana。日本人で言葉通じるから話できるよ」
そこで紹介された彼女は、こちらで(マウイかカウアイ島)ヒーリングマッサージをしているとのことで、ロコの先生のことを「Tommyは本当に親切で優しい人なのよ」と教えてくれました。
色々お喋りしていると、Tommyが「お昼食べられそう?」と聞きに来ました。
「ウン」とお友達が答えると、「じゃ、行こう」と足を洗ってそのまま素足(!)でDukesへ。
テーブルを囲んでいると、お店のお姉さん、お客さん皆がTommyに声をかけてきます。どうやら皆常連さんでお友達のようです。

そのうちの一人が、「Hey! Tommy,そのgirlsは誰なんだい?!」

「My first wife & second wife!」
アッハッハァ~~~!!!
(アッハッハ~て…お、親父ギャグやん

とっても美味しくて楽しいLunch timeでした。(しかもご馳走になってしまった
ご馳走になっちゃうなんてすごく申し訳ないと思い、Sumanaにどうしたら良いか相談すると、「彼は本当に皆に楽しんでもらってまたココに来て欲しい、って心から思っている人だから、心から『ありがとう』とお礼を言いなさい」とのこと。
二人でTommyのところへ行き”Thank you.”とお礼をいうと、いいよいいよ、と笑って、「で、君達はいつ日本に帰るの?」と聞かれたので「明日の早朝」と答えると、「え~~~!!明日?!じゃ、今日はここでゆっくり過ごしていきなさい!!!」と言われ、この後ロミロミだけだし、今日はココで過ごす事にしました。

その後、Tommyがまたやって来て「ロミロミしたい?Kanoe乗りたい?」と聞かれ、「ウン」と答えます。
まずロイヤルハワイアンのプールサイドに連れて行かれ、「彼、友達だからフリーでマッサージやってくれるから」と言われて私はマッサージ台に横になります。
「じゃ、Kanoe行ってくるから、後で交代ね。」とお友達を連れて行きます。
宿泊者の人たちを横目にマッサージしてもらいましたが、気持ちいぃ~~~

ふと気づくとお友達が迎えに来ました。
そういえば、元はといえば波酔いしたんじゃ…と不安が過ぎりました。
「最初チョットヤバイかも…って思ったけど、漕いだりやること沢山あって色々と忙しくてさ、大丈夫だった。面白かったよ~」とのこと。
良かった!海に嫌なイメージ残らなかったね

おっと、ソロソロabasa spaでのロミロミの予約の時間です!

Tommyに予約をしてある事を言うと「行っておいで。荷物あずかっててあげるから、終わったらまた戻っておいで」と送り出してくれます。
そして、初体験のロミロミ(ん?もう私は経験しちゃった?!)へと向かったのでした。

チョット長くなってしまったので、今回はココまで。。。

                                                               ……to be continued

My First Hawaii 6 ~Surfing!~


Post-205日目。今日はやりたいことリストの中でも、メインの二本立て

朝8:40、Outrigger Waikiki On The Beachのロビーに集合!
まずはSurfingリスト6です。

私たちを含めて8人(J○Bのオプショナルだから勿論みんな日本人)で、そのままWaikiki Beachへ向かいます。
全員初心者ですが、私達だけ2日目にWAIKELEで購入したスタイルでバッチリキマッテいるため、見た目だけは上級者です。
先生は2人。よく喋る若いお兄ちゃんと無口なロコのおじさん。
まず、砂浜の上で先生がパドリングの仕方と、「イチ、ニ、サン、go!」と乗り方を教えてくれ、一人ずつみんなの前で2~3回練習します。
こんなんで大丈夫なのかね~?!なんて言ってたら、一人一人ボードをあてがわれて、”Let’s go!!”…「え?!」…いきなり海へ入って行きます

す、進まん…自分ではかなりいい感じでパドリングしているつもりですが、あきらかにみんなより遅れ気味…それでも何とか追いついて、先生一人に四人付き、波待ちをします。
先生が波を見て、良い波が来たらボードを押し、”Go!Go!タッテ!タッテ!!”と叫びます。
“おぉ~、残念!”"あ~、惜しい!!”と前の人のを見ながら、ドキドキして自分の順番を待ちます。
で、いよいよ、私の番。若先生が波が来たのを見て私のボードを押し出し、”Go!!Go!!タッテ!タッテェェェ~~~!”と叫びます。
『イチ、ニ、サン…』口に出しながら、練習の通りに・・・・・・立てたぁ~~~~~!
と、周りの景色を楽しむ間もなくドロップアウト!
でも気持ちイイ~~~!
また苦手なパドリングをしながらポイントまで戻り、順番を待ちます。待っている間に二人の先生を見ると、ロコのおじさんの方が若先生より、送り出すタイミングがよいのでそっちに移動。波を待っている間に、立つ位置と重心のかけ方のアドバイスをくれました。
で、2回目も大成功!!!今度は少し景色を楽しむ余裕が…と思った途端落っこちて、今度は波にグルグル揉まれます。『ンガボガボボォォォ・・・・うひゃぁ~』と思ったものの、目を開けていると、海の中はとても明るく、苦しくもなく、”怖い”という気持ちがまったくないのです。なんだかとっても心地よくて、時間にして何秒位沈んでたのかわかりませんが、結構海水も飲んだけど、海上に出た時はとっても気持ちよかった
若先生が血相変えてこっちに向かって来て「ダ、ダイジョウブ?!」と慌ててますが、私が「全然大丈夫!楽しい~!」と言ったら呆れてました
3回目、またロコのおじさんがイイ波に送り出してくれます。
今度はかなり余裕で乗って、景色を楽しんで…いたら、進行方向前方に子供の頭が!!ど、ど、どうしようこのままじゃサーフボードで打ち首じゃん!!と焦りましたが、ローラースケートみたいに体重移動してみたら…と咄嗟に思って、見事避けたのでした
もー私って天才ジャンと思いながら戻ると、ロコのおじさんが「きみの友達はsea sickになって陸に上がったよ」と言います。
そういえば彼女は乗り物酔いの激しいコだったのです。波待ちでプカプカしてたのに酔ってしまったみたいでした。
戻っても何も出来ないし、私はその後2時間のレッスンを満喫したのでした。

その後、「カラカウアのマグネット売ってるお店(今は無くなったみたい)でレっスンの証明書と写真を渡すので後で取りに来てね」と若先生に言われ、取りに行ったのでした。
    
      (友達はレッスン終了してないけど修了書は一緒

この日は一日フルに動ける最終日。
というわけで長い一日になるので今日はここまで。。。

                                         ……to be continued.

My first Hawaii 5 ~Live~


Post-19さて、初Hawaiiで大冒険をした翌日、4日目はチョット朝寝坊です。
前日のNorth ShoreのThe Bus tripでの遅めのLunchをとった後、実はあのピンボケ写真のビーチでマッタリとウトウト昼寝をしてしまったのでした。
日焼けをした身体は初日からの強行日程もあって、ダルく、お疲れモードが…

しかし、Hawaiiでやってみたいことリストは続きます。

Hawaiiへ来たなら、当然Surfing! リスト6
そして、この身も心もボロボロな私に、Hawaiiならではのロミロミエステ!! リスト7

せっかくだからね

と、二人でどこにするか吟味に吟味を重ねます
よし!ここ!!第一候補のSurfing Schoolはインストラクターが皆Fire Menいーんじゃない?!安心だよね、と多少の下心は隠してダイヤルしますが…予約はいっぱい その後、候補に2~3件電話しましたが、全部ダメ 前日予約は厳しすぎます。。。
あぁ、あの頃モーハがあったなら…(あった?!ないよね?!)
仕方がない、J○Bのツアーデスクで予約です。
ロミロミも各ホテルのSpaを歩いて回りますが、宿泊客優先だったり、予約いっぱいだったりとなかなか見つかりません
また足が棒に…と思った頃、Royal Hawaiianの中に出来たばかりのabasa spaを発見無事に予約が取れました。

一安心して、○LI○LI トロリーでKahala Mallへshopping & lunchに向かいます。
グルッと回ってホテルへ戻り、さあ本日のメインイベントです!

私をHawiiへ誘ってくれたお友達はHAPAの大ファン!…というわけで、到着して早々にDinner Liveの予約を入れていました。
Aloha TowerのCHAI’S ISLAND BISTROへ向かいます。
これが私の初Hawaiian Song&初HAPAでした。
といっても、もうすでに初代HAPAは解散し、Keli’i Kaneali’iが親戚と組んでいたバンド(HAPAって名乗ってました)です。
お料理は…イマイチでしたが、演奏は良かったです
で、お友達は大好きなKeli’iとパチリ

かなり脂ギッシュなKeli’iでした(笑)
が、この素敵な演奏と脂の乗ったKeli’iも、私をHawaiiLoveには出来なかったのです。

                                                                          ……to be continued.

My First Hawaii 4 ~The Bus Trip~


Post-16 目。今日のやりたいことは、Hawaiiの有名なbeachNorth Shoreへ行く事リスト4でした。
前日の友人とのディナーの時、Ala Moana SCの1階にThe Busの案内所があるので、そこで時刻表の入ったマップを貰うように教えて貰っていました。
山側のバス停からThe Busに乗り、いざ出発!
「暗くなると危ないからね、早めに帰るんだよ!」という注意を受けていたので、帰りのバスの時間もチェックオッケーです。
ノンビリとBusにゆられながら、いざNorth Shoreへ!!!

またも友人が微妙な顔になります
あの有名な看板を見過ごしたようで、降りる場所が分からなくなったようです。
「もうさ、降りちゃおうよ」と車内の紐を引いて次のバス停で下車します。
「ちょっと歩けばNorth Shoreに戻れりかも」という友人の言葉に、一抹の不安を感じた私は(前科があるので)「ここのビーチもきれいじゃない?!せっかくだから行ってみようよ」とビーチに誘います。
白い砂浜、そして前方の岩からは海へダイブする若者たちが…
         
そう、Waimea Beachまで来てしまっていました(↑)

でも、とってもキレイな海と砂浜。これは間違っていなかったら来なかったであろう場所なので、行き当たりバッタリもまんざら悪くなかったかも
しばらくしてNorth ShoreへThe Busで戻ることにしましたが…二人とも$20札しかない!!(ど、ど、どうしよう…お釣でないし) 
と、そこに唯一の日本人のファミリーを見つけて両替出来るか聞いたところ、快くしていただけました。そして、North Shoreへと戻ります。

お昼もとうに過ぎてしまっていたのでKUA’AINAへアボカドバーガーを食べにリスト5行きましたが、既にsold out…別のものをオーダーしto goでビーチへ。
       
                      かなりピンボケ…

ここはとっても穏やかなところで、赤ちゃんを連れたロコが何人かいました
ノンビリと暫く座っていましたが、その後ハレイワインターナショナルマーケット等をブラブラ見て、気付くと17:00近くになっていました。

「危ないから、暗くなる前に帰るんだよ」という前夜の友人のアドバイスを思い出し、いくつかチェックしていた中のThe Busがそろそろやってきそうだったので、バス停で待ちます。

。。。が、待てど暮らせど現れません。。。

Hawaiian Timeなんて当時知る由もなく、焦り始める友人
ま、そのうち来るよ…なんていいつつ、少々私も心配になってきました。
来るバス、来るバス、逆ばっかりです。
と、逆側からThe Busのドライバーが降りて、こちへやって来ます。

ドライバー「Hi,君達日本人?どうしたんだい?!」(と英語でおそらく言っている)
「Ala Moanaまで帰りたくてバスを待っているんだけど、もう随分時間が過ぎてるのにまだ来なくて」(と英語で言ってるつもり)
ドライバー「よし、大丈夫、オレに任せナ」(と多分言っている)
しばらく日本の何処から来たのか等等聞かれながら、待ちます。
と、急に彼は道の真ん中に飛び出して、大きく手を振りだしました。
乗りたかったThe Busがやってきて、それを止めてくれたのです。
ドライバー「さあ、コレに乗って帰りな」(と英語でカナリ自慢げに言っている)
私は「おいおい、おっさん(←おっさんでした)バス停なんだからそんな事せんでも止まるって!」と突っ込みたくなる気持ちを抑え、アリガトウを言って、The Busに乗り込みます。
だって、普通に待ってれば来るのに、ワザワザ自分のThe Busを止めて不安そうな私達と待っていてくれたこのドライバーの気持ちが嬉しくなって
(あとで思うと、こういう人がいるからThe Busも大幅に遅れるのか?!と思いましたが…)

ドライバー「あ、コレオレの電話番号。ガールズ達、今度来る時は連絡ちょうだい。一緒に遊ぼうぜ!待ってるよ~

・・・ナンパかよ!!! 

もちろん、このおっさんでHawaiiLoveにはなっておりません。。。

                                          ……to be continued.

My First Hawaii 3 ~second day~


Post-15さて、Hawaii到着早々、Hawaiiの日差しの命からがらAla Moana SCへたどり着いた初日でした。
その日はホテルの周りを軽く散策し、Hawaiiでの初ディナーも想い出せない位疲れて、ベッドへバッタリ…こときれました
せっかく来たのだから、やってみたいことリストを作って制覇しようと決め、リストを作りました。
2日目は…リスト1お買物天国HawaiiのアウトレットでShopping、ベタベタです。
フリーペーパーでみたアウトレットツアー往復$9に電話して申し込み、朝ホテルまでピックアップに来てくれ出発です。
まだテンションもそんなにしてないのでお買物魂には火はともってませんでした…(良かった
で、勝ったのがコチラ。

一旦ホテルへ戻り、今度は○LI ○LIトロリーでAla Moanaへ行きます。
楽チンです
お昼を少し過ぎていたので、Like Like Drive Innへ行き、リスト2ロコモコを食べました。(写真はありません

その後、Tower Record(今は無き…)へ寄って、Ala Moana SCのLiverty House(現Macy’s)へ向かいます。この時、私の身体にナンカ異変が。。。
お腹が激しく痛み、猛烈な吐き気に襲われたのですナンジャコリャ~では済まされない激痛にへ引きこもります。。。で、全てを出し尽くしたら(スイマセン)、ウソのようにスッキリとしてしまったんです。
原因は未だにわかりませんが、友人曰く“Hawaiiに来て、心身から毒が出た” …確かに、この日を境に少し心身ともに元気になった気がします。

この日の夜は、リスト3Hawaiiにプチ留学に来ている元同僚とババガンプでガッツリディナーをしました。(またまた写真はありません

しかし、モチロン当然ながら、この毒出し(?!)でHawaiiLoveになったわけでもありません。


                                                                              ……to be continued.

My First Hawaii 2 ~first day~


Post-11さて、そんなわけで初めてのHawaii旅行の手配はほとんど任せっきり、なげやりにやって来ました。
J○Bのフリープランツアーで、早朝6:40a.m.(多分、UA利用)Honolulu空港に到着しましたが、お友達が“あの香りの中で”またHawaiiへやって来た喜びをかみしめる中、私はまだ「ん?ナンカニオイがする?!かも?!」位でした。
ツアーバスに乗せられて、Aloha Towerのツアーデスクへ連行されて説明&お土産の斡旋を受けます。

開放されて時間を見ると、まだ9:00a.m.過ぎです。
お店も開いてないし、どうしようかと考えていると、お友達が『私は何度も来た事あるけど、Mieは初めてだからチョット歩いて名所を見せながらAla Moana S.C.に行こう。丁度オープンする頃に着くから、そしたらフードコートがあるから、軽く何か食べようよ。』と提案します。
おぉ~!頼もしい!!私、歩くの好きだし、歩きながら名所巡って目的地に着いちゃうなんて、スバラシイ
下調べも何もしていないので、なにがどこにあってどの位の距離なのか、全くわかりません。(あとで見たら、直線で約3kmでした
9:30a.m.Aloha Towerを出発
へぇぇ、ほぉぉ、ふぅぅん、と歩いていると、『カメハメハ大王の像は見なくちゃね!』と、どこかを曲がって、ひたすら歩きます。(この写真はホンモノ!!)
キレイに刈り込まれた芝生と、シャワーツリーがとってもキレイです
段々と日も昇り、ジリジリとHawaiiの日差しが照りつけてきました。

もうすぐかな?!
もうすぐだよね?ね??

『…』お友達の様子が変です。

『どうしたの?もうそろそろ着く?』
『うん、もうすぐこっちの方に見えて来るはずなんだけど…』
『地図出す?!』
『大丈夫!あってるハズ!』
『あ…そ、そう?!

Hawaiiの太陽はハンパじゃありません。
さすがの私も少し疲れてきました。。。(あ、あづい…
『おかしいなぁ、こっちに見えるはずなんだけど
グルグル歩きまわり、頭も少々グルグルしてきました。

と、前からおじさんが歩いてきます。しめた!!と、すかさずカタコトで
『ス、スミマセン、アラモアナショッピングセンターハドォコデェスカァ?(英語で)』
おじさん『ん?あ~ぁ、それなら、そこに見える建物がそうさぁ~(英語で)』と、満面の笑みですぐそばの建物を指差しました
おおおぉ~!それはまさに目と鼻の先!その周りを、何度もグルグルしていたのでした
(今年並みの猛暑なら間違いなく行きです)
『オオォ~ゥ!ドモアリガトォゴザイマァス!タスカリマシタァ(英語で)
おじさん『とういたしまして。良い旅をね!(英語で)

なんて素敵な(見た目ではなく)Aloha Spirits!

時刻は間もなく、11:00a.m.。。。

でも、HawaiiLoveになったのはこのおじさんのおかげ、でもありません。
まだまだ、Hawaiiにfall in loveしていません。

                                     ……to be continued

My First Hawaii 1 ~キッカケ~


Post-10profileのところにも書いてありますが、私はHawaiiに対して、「チャラチャラした日本人ばっかりいるところ」「買い物しかすることないところ」という先入観を持っていて、絶対に行きたくない海外NO.1なところでした。

2001年早々、友人が『今年の夏休み、一緒にHawaiiに行こうよ』といった言葉に、生返事で『あ、うん』と答えて、そんなことすっかり忘れていたG.W.明け、『そろそろ決めないと』と言われて、正直困った!!!覚えてたか…と思いました。
前の年に転職したばかりで仕事も忙しく、何回か行ってHawaiiに慣れている友人にほとんど任せっきりにしていよいよ旅行もあと数週間に近づいた7月上旬、仕事でもそしてプライベートでも信じられない事態が起こり、私は精神的に今までない位にどん底に陥ってしましました

こんな気持ちで旅行に行っても、楽しめないまして南国の島Hawaiiなんて!!!
でも、ここまで来てキャンセルなんて言えないし…

とうとう出発当日が来ました。

いまでこそ空港、いや前日からハイテンションな私ですが、当時の記憶が殆どありません。
気が付いたら・・・・・・Hawaiiでした。

来ちゃった…
もーしょうがない!来たからには、楽しもうお気楽B型、本領発揮です
そうとなったら、やってみたいことリストを作って制覇してやる

こうして私の初Hawaiiが始まりました。

でも、まだこの時点では、HawaiiLove、ではありません。

そういえば、この時もシャワーツリーが満開でした。。。

                                                                                    to be continued…