ハワイは連日三桁のCOVID-19新規感染者が出て、オアフ島ではまた厳しい規制が始まることになりました


HI08ホノルル市長は、8月7日午前0時よりオアフ島内の州立公園、ビーチパーク、植物園、ハイキングトレイル、テニスコート、ボーリング場、プールなどを9月5日まで閉鎖を発表しました。(ジムはオープンするけれど、クラスレッスンはナシ)

そして、ハワイ州知事は8月11日より、インターアイランド間の移動の14日間の強制自己隔離を再開すると発表しました。(ただし、これはオアフ島を覗くすべての島に飛行機で到着する場合、という部分的再開)
渡航者プログラムの一環として9月1日から開始予定(既に8月1日開始予定からより延期済み)太平洋横断検疫制限の解除計画を延期するかどうかについての発表はありませんでした。

COVID19-20                             (写真はサイトよりお借りました)
今日の新規感染者は152名(オアフ148/ハワイ1/マウイ3)で、新たに2名の方が亡くなってハワイ州ではトータル29名の死者が出ています。
このままで行くと、今月末にはハワイ州のICUベッドが8月末には満床になるという予測も出され、医療崩壊がそう遠くないうちに起きてしまいそうな勢いです。
今日はホノルル市警察局長も記者会見に出席して、オアフ島でのCovid-19対策として日曜日から強化チームとホットラインを実施することを発表し、160人の警官を増員して違反者に対する取り締まりの強化をすることを発表しました。

個人的には、集団で集まる事(今現在10人以上の集まりは禁止)とマスクをきちんとつけない事(公共の場では着用義務)に対する罰則を設けて欲しいと思っています。
マスクをしていても、お店に入った途端に下にずらして顎にかけてる人達、本当に多いんです。

3月25日に発令された”STAY HOME”から、皆が3ヵ月以上も我慢してココまで頑張って来たのに、一部のアホ(言葉悪いけれど…薬もワクチンもまだ出来ていないウイルスの脅威を3ヵ月でコロッと忘れて、パーティしたり集まったり、マスクやソーシャルディスタンスを守らず、自粛してきた事を台無しにしてくれた自己中の人達)のせいでこんなことになってしまうなんて・・・
まぁ、これはハワイだけじゃなく世界中で言えることだと思うのですが。。。。

”Act with Care, DO NOT GATHER”(配慮しながら行動し、集団にならない) Byホノルル市長
まさにその通り有効なワクチンや薬がない今、気を付けて過ごすしかないんですよねぇ…