Post-566スッカリ忘れてた去年のMaui旅行…今、ネタもないのでこのスキにupしちゃいます。(グタグタ書いてないで終わらせないと



Maui4日目は、行く前からココにだけは!と決めていた、Haleakalaへ
Sunriseにするか、Sunsetにするか悩んだけれど、日本人的感覚『日の出ってご利益ありそう』という単純な感覚で、Sunriseに決定

しかし、『真っ暗な中、初めての曲がりくねった道を早起きで朦朧とした頭で運転したくない』というHusband、『じゃ、ツアー探して申し込んでよね』とお任せした私。


    
さて、私たちの泊まったWailea Marriottへは、3:00a.m.にピックアップ・・・って、寝過ごしちゃうのが不安で殆ど寝られなかった気が・・・
待つ間、当然ながらホテルのロビーには人っ子一人いません・・・・


    
Husbandが申し込んだのは、オアフでもお馴染みのRoberts Hawaiiのツアーで、ホテルへのピックアップとHaleakalaに登った後のコーヒー&デニッシュのサービスがついてるシンプルなもの。(スミマセン、値段はHusbandが申し込んだので不明

Wailea・Kihei方面からのピックアップとKaanapali・Lahaina方面からのピックアップのお客さんをKahuluiのSCのパーキングで少し大きめのバスに乗り換えさせて、イザ出発!(…って、この時点でまだ4:30a.m.前です眠いぃ~!)


真っ暗な中、いろは坂のような道をひたすら登って行くと(でも、この道はこの時間で既に大渋滞)Sunriseを見るスポットのHaleakala Visitor Centerに到着です!


    
丁度、空の色はこんな感じに色づき始めていました・・神秘的です


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・が!  

   

    
フラッシュ使用で撮った写真
7月で夏とは言えど、Haleakalaの日の出前の山頂はメッチャ寒く、下から風が吹き上げてくるので余計に寒い!!!!
シッカリ防寒着着込んで完全防備で来ている人もいれば、ホテルのベッドカバーを持って来てくるまってる人(赤土だらけになってるし~!)、足元はスリッパー(ゴム草履)で来てしまってメッチャ寒そうな人も!!!

私は、『7月だし、寒いって言ってもこの位で大丈夫でしょ~』と、裏起毛のパーカーで行ったのですが・・・・山を舐めてました・・・メッチャ寒くて、歯がガチガチなるわ、手が震えてカメラのシャッターもチャント押せないわ、Husbandに話しかけようにも寒くて呂律が回らない+震えて話せない程でした


でも、そんな中・・・

    
    
    
    
着々と太陽が登り始めてくると、どこかのツアーでしょうか?!チャントを唱えているのが聞こえてきました雲海から太陽が出てくる神秘的な景色と共に、清々しい気持ちに

    
Haleakalaは標高10023ft(約3055m)ですが、このご来光を見た場所が9865ft(約3007m)・・・こんなところまで、車で来れちゃうんですねぇ・・


    
日もスッカリ昇って、この後は山頂に行く前にHaleakala Visitor Centerのお手洗いが故障だったため一旦Kalahaku Overlookまで下がって、Haleakalaの火口を見に。「2001年宇宙の旅」のロケにも使われたのが納得な、とっても神秘的な風景でした。

    
そして、Haleakala Summitに到着!山頂まで車で来れてしまうのは、ビックリです。まだ、7:00a.m.前なのに、『Haleakala~太陽の家~』の名前にふさわしく、太陽がギラギラでとっても眩しかったです

    
ここの駐車場には、沢山のSilversword(銀剣草)が見られました。バスの運転手兼ガイドさんが、私達を降ろす前に注意事項として『このSilverswordはここハレアカラとハワイ島のマウナケア、そしてヒマラヤにしか生息していない植物で絶滅危惧種指定になっている貴重な品種で、何十年に一回花を咲かせたら枯れてしまう、生態の良く解明されていない植物であること、そして手を触れたらそこから枯れてしまうので、絶対に触らないこと』と真剣に言っていました。


    
その中の幾つかは、花をつけていました。ちっちゃなひまわりが沢山付いてる感じ葉っぱに小さな産毛のようなものが生えていて、それが光に反射して銀色に輝いて見えます。葉っぱのカタチが剣のようで、それでSilversword(銀剣草)っていう名前になったとか


    
こんなに沢山見られて、本当に絶滅しちゃいそうなの?!と思いましたが、とってもデリケートで、葉に人が手を触れるとそこから低温やけどのようになって枯れてしまうので、人工で育てたり移動して保護したり出来ないようです。根っこも踏まれるとそこから枯れてしまうらしく、石で囲って保護されているのを見ました。


さて、7:00a.m.を回ったところで、このツアーも終了。ホテルに帰って寝るぞーーーーーーーーーーーーーーーと思ったのですが・・・・



Sunriseにパワー貰いました~~~~~~~~~~~~