モーハワイ☆コム

お昼のダイビングはカメづくし♪ Sep/2011


Post-1732前回の続き)
今日も今日とて、朝6時に起床。今日のダイビングはお昼出航だし、時間もあるから走ってこよう! トレーニング用のシャツに着替えて、トレーニング用のスニーカーを履いて、出発!

ジョギングコースはフォート・デ・ルッシ-1周コース。まずはサラトガRd.を北上。エッグスンの前は相変わらず混んでいるなぁ。カラカウア大通りを左折してフォート・デ・ルッシーの中に入って、西へ向かう。今のところは膝に痛みはでないな。そのまま反時計回りに道を進み、南下する。うん、順調順調。
さらに進んでカリアRd.を左折。そのままカリアRd.沿いに東へ。カリアRd.は結構散歩したり走ってたりする人がいる。が・・・やっぱり日本人は少ない。というかほとんどいない。私だけなのかなぁ、こんな日本人観光客って。
ハレ・コア・ホテルのところでカリアRd.を横切って、さらに進む。で、海側に公園が見えたところで、そちらに進路を変更。ビーチへ向かう。ビーチ沿いの道は・・・朝だというのに暑い(涙)。日差しが強いよ~。そのままちょっとだけ走って、アコモに戻る。

アコモに戻ってからシャワーを浴びて朝食。朝食後は、ちょっとのんびり。うーん、今日もいい天気。

で、時間になったので、出発。トランプタワーのところでキコさんのバンを待つ。まもなくバンが到着したので、乗り込んで、ケワロボートベイスンへ出発。本日のお客さんは4人で、1人は体験ダイビングとのこと。十数分後ケワロボートベイスンに到着。荷物を全部降ろして、ボートに積み込む。今日もボートは“Kahala Kai”号。

まもなく他のお客さんたちも乗り込んでくる。でも午前中より混んでないんだよねぇ。荷物やタンクの置き場に苦労することもないから、ホントいいわ。
で・・・お客さんの器材をセッティングしたりしていると、どっかで聞いた大阪弁が・・・。あ~Taizo師匠じゃないっすかぁ。
ボートはまもなく出航。出航して10分ちょっとで目的地に到着。ウェットスーツを着て、器材を装着してエントリー!

1本目はWaikiki Canyons。サンゴのリーフが渓谷のようになっていることから、この名が付いたポイント。エントリーしたのだが・・・うーん、濁ってるなぁ。いくらシャローでも、これは濁りすぎってくらい。南から潮でも入り込んだかな。でも、魚影は相変わらず濃いのが素敵。

で、根をしばらく進むと・・・いました、いました。ここのポイントといえば、これ。ウミガメ~!! まずは息継ぎをしに水面浮上しているカメ。

悠然と泳いでいるカメ。

このコも悠然と泳いでいたなぁ。

先に進むと、砂地で休んでいるカメがいる。眠そうだなぁ。

頭隠して尻隠さず・・・(涙)。

みんなで撮影していたら、起きちゃったらしい。ごめんね。

ふと根を見たら、ハワイアンスポテッドトビーがいた。かわいいよね、これ。

カメに後ろ髪を引かれながら、先に進む。砂地に来ると、さすがに透明度がいいなぁ。

ゆっくりとまた根に沿って進んでいく。お、ブルーストライプバタフライフィッシュだ。

戻る途中、またまたカメに遭遇。寝ているのかな。

お、まもなくエキジット時間だ。少しずつ水深を上げていこう・・・と思ったら、カメも一緒にやってきた。(トップ写真)
どこに行くのかな? 気をつけてね。

安全停止後、エキジット。ダイブタイムは41分。

水面休憩中、タンクを交換しながらお客さんたちとお話。体験ダイビングの方はキコさんと体験ダイビングの限定水域講習。うーん、やっぱりいい天気の下でのダイビングっていいよなぁ。
30分後、器材を装着して、エントリー!

2本目はHorseshoe Reef。お、1本目よりは透明度がいいぞ。ブイのある根の下を見ると、お、アカマツカサだ。

魚が結構いたので、キコさんが手を擦り合わせるだけで魚を呼び集める技を見せて、体験の方の周りに魚を集めていた。これ、私がやると少しは集まるけど、キコさんほどじゃないんだよなぁ。やっぱすごい技だわ、これ。

ゆっくりといろいろと見ながら進んでいく。ハワイアンスイミングクラブも見たし、ハワイアンクリーナーラスもハワイアングリーンライオンフィッシュも、ウミガメも見た。が・・・デジカメの記録メディアの調子が悪くて撮れなかった(涙)。
で、撮れたのが、これ。ハワイアンドミノダムゼルフィッシュ。

時間になったので、浮上をしようとすると、キコさんが後はよろしく、とハンドサイン。どうやら下で探したい生物がいるらしい。お客さん4人の浮上のコントロールをして、5mで安全停止3分。安全停止後、順次ボートに行ってもらって、フィンを私が脱がしてボートに上がってもらう。・・・結局仕事しちゃったな。そんなわけでダイブタイムは39分。

ボートに上がってから、大急ぎでお片付け。器材やウェットスーツをゴム製の籠に入れる。10分ちょっとでボートは港に到着。到着後、水の出るところまで器材の籠を運んで、キコさんが水洗い。私はタンクを運んだり、いろんな荷物を全部運んで、洗い終わったのを運んで干すお仕事。あ、お客さんにも手伝ってもらいました。ありがとうございます。
その後、水着から着替えて、ログ付けタイム♪

ログ付け後、お客さんたちとお話をして、フローズンヨーグルトを食べにいくことに。で、その前に申し訳ないんだけど・・・ということで、タンクにエアの充填をお願いしているショップに先に寄って、今日使ったタンクを預けて明日使うタンクをピックアップ。
で、続いてワードウェアハウスへ。行き先はMenchie’s Frozen Yogurt♪ キコさんのお薦めだそうである。早速味見をして・・・うん、こんな感じかな、とてきとーに作ってみる。意外に多かったかも、これ(笑)。

食べ終わった後はキコさんに送ってもらってワイキキへ。皆様お疲れ様でした~。またハワイで潜って下さいね。キコさん、ありがとうございました。

夕陽と夜景とジェフさんたちと夕食(2日目) Sep/2011


Post-1731前回の続き)
バスから降りて、早速その辺を撮影。さすがに16時過ぎ。空の色が微妙にくすんできた。でも、きれいだけどね。

荷物の整理とネットサーフィンをして、しばらく休んでいたら、お、もう夕方。海に沈む夕陽がきれいだなぁ。

ふと海を見ると、夕陽に向かってパドルサーフィンを漕いでいる人もいる。なんかかっこいいんですけど。

廊下から東側を見ると、ダイヤモンドヘッドも夕陽を浴びて、オレンジ色になっている。きれい!

もうこうなったら、部屋の中じゃなくって、ビーチから見ないとね。エレベータで降りたら、そこがビーチなんだし。ということで、早速ビーチへ。うん、いかにもな写真が撮れたぞ。

で、しばらく夕陽が沈むのを見ていると(トップ写真)・・・あ~まもなく沈む・・・。

沈んだところで、ちょっとお散歩。ぷらぷら歩いて、また部屋に戻って、しばらくネットサーフィン。で・・・時間になったので、ロビーに降りてジェフさんを待つ。はい、今日もまたジェフさん&党首殿と夕食です(笑)。

ジェフさんの車に乗り、党首殿の宿泊先で党首殿をピックアップして、クヒオ通りを東へ向かう。で・・・カパフル通りに近いところに差し掛かったとき・・・。
「あ、あれ、sXXXさんたち(自粛・笑)じゃない」
「あ、ホントだ。拾う?」
「あれ、サンライズで飲んできた帰りかな。かなり酔っぱらってるし」
「あ~ちょっとちょっと・・・」
(若干嘘あり・笑)

まぁそんなわけで、カパフル通りを左折して向かった先は「李朝」。元Kai&KAIWAの鉄板マン・辻くんが働いているので、来たのだった。
で、早速オーダー。まぁてきとーに食べたいものを注文。
お約束のサムギョプサル。
私が食べたかった水豆腐。

他にも何品か頼んで、がっちり食べて満足。美味しい。食後に辻くんとお話。がんばってね、辻くん。ちなみに明後日、また会うんだけど、このときはそんなことになるとはつゆ知らず。

食後、ジェフさんに送ってもらってアコモへ。さて今日は夜景を撮影しよう。
まずは廊下から東側を撮影。うーん、まぁまぁかな。

今度はラナイから。まずはフォート・デ・ルッシ-越えに町並みを。うーん・・・オレンジが強く出るなぁ。夜景モードのホワイトバランスがあんまりよくないのかな。

続いてヒルトン&EWA方面。あ、これはダメだ。完全にオレンジが強すぎる(涙)。

しばらく試行錯誤しないと、いい写真にならないなぁ。

カヘカ~ケアモク~ワードをぶらぶら Sep/2011


Post-1730前回の続き)
パレードを後にしてクヒオ通りへ。TheBusに乗ってご飯を食べて、お買い物をしようっていう寸法。クヒオ通りでちょっと待つと、バスがやってきたので乗り込む。
アラワイ運河を越えてカピオラニBlvd.を過ぎたところで、下車。空の青と街路樹の緑がホントにきれい。

カラカウアを超えてマカロアSt.を歩く。うわぁ青空がすごくきれい。吸い込まれそうとはこういうのをいうんだよね。

で、ちょっと歩いたところが目的地。もちろんココ。Tae’s!

あまりに有名なこのTae’s。なのに、どういうわけか今まで一回も行ったことがなかったんだよねぇ。まぁ毎回毎回ダイビングしたり何かしたりしてるから、行く機会がなかったのはしょうがないかな。
中に入って、注文。どれをチョイスしようかな。

で・・・あまり悩まずに・・・これを注文。ワサビステーキ。ワサビが多すぎな気がするが(笑)。

がっつり食べて満足。うん、やっぱり有名なだけはあるよね。値段は若干お高いけど。

食べ終わってから再びマカロアSt.をぶらぶら。ケアモクへ向かう。
いやぁホントにいい天気。どこで写真を撮っても、絵になるほど。

ぶらぶら歩いていると、どっかで見たような看板が。は? いやす夢って、ここにもお店を出してたの? びっくり。

ケアモクSt.を右折してまずはウォルマートへ。ウォルマートの前の歩道に花が咲いていたので、撮影。きれいな色。

ウォルマートではお土産と私向けに風邪薬などを購入。で・・・ワイン売り場を見たら・・・なんだこれは(笑)。ドレッシングは知ってたけど、まさかワインも出しているとは思わなんだ(涙)

ウォルマートで買った後は、ワードへ移動。バスでトランスファーをもらってるので、それを使おうかな。というかワードからの帰りだとトランスファーの有効期限が時間的に微妙だし。ということで、アラモアナセンターを抜けて海側のバス停へ。またいい景色だなぁ、これ。

バスに乗ってワードへ。ワードセンターとワードウェアハウスの間にヤシの木があるんだけど、これがまたフォトジェニック。もちろん撮影。

ワードセンターの中に入る。ホノルル・チョコレート・カンパニーのディスプレイを見たら、ちょっと早いけどハロウィン仕様になっていた。ここのディスプレイはいつもいつも凝ってるよねぇ。

で、向かった先は・・・rainbowtiqueハワイ大学のロググッズのショップである。AGLIOの川ちゃんから、UHのスタジャンを買ってきて欲しい、とのリクエストがあったのだ。
中に入って、探す。うーんっと・・・お、あったあった。ということで、お買い上げ~。

買い終わったし、とりあえずワイキキに戻ろうかな。アラモアナBlvd.に出ると・・・やっぱりこの景色はいいなぁ。青空と木々の緑がホントにきれい。

さてワイキキに戻ろう。

Aloha Festivals♪ Sep/2011


Post-1729前回の続き)
7時前に起床。どうしても早く起きちゃうなぁ。習慣って恐ろしいわ。
シャワーを浴びてから、とりあえずのパッキング。うちの両親が今日一足早く帰国するので、部屋を移るからなんだけど。一通り終わったところで、ご飯を食べてしばしまったり。ホント、ここから見る景色ってきれいだなぁ。

で、サラトガRd.の方を見ると、何やら警察官がごそごそと動いている。あ、そうか今日はAloha Festivalsのパレードでカラカウアが閉鎖されるんだった。ちなみにこういう交通整理の警察官っていうのは、その日は非番の警官がアルバイトでやっているらしい(苦笑)。

そうこうしているうちにチェックアウト時間になったので、ひとまずフロントでチェックアウト。で、私は再度チェックイン。部屋は既に用意されているとのこと。ラッキー。鍵を受け取って、両親を見送る。んじゃ、また数日後に日本でね~。

鍵を持って用意された部屋に向かう。部屋番号を見ると高層階の海側。お、ラッキーかも。鍵を開けて入ると・・・、うん、結構いい感じ。

ラナイから見る風景はこんな感じ(トップ写真)。雲がちょうど太陽を隠しちゃってるので若干暗いけど、いい感じだなぁ。
で、廊下に出て東側を見ると、こんな風景がどーん。これも雲のせいでちょっと暗いのが残念。

さて、それではそろそろパレードを見に行こうかな。もう始まってるみたいだし。
外に出てサラトガRd.を北上。フォート・デ・ルッシ-の木々と空のコントラストがホントにきれい。あ、道の赤いコーンはご愛敬(笑)。

カラカウア大通りについたので、早速パレード観賞。お、馬がやってきたぞ。
なかなかいい雰囲気を醸し出してますねぇ。

続いては車のパレード。まずはフォルクスワーゲン。おーい、両手をハンドルから離さないように(涙)。
もいっしょフォルクスワーゲン。昔のビートルですね。かっこいい。
裸足のハワイアンの方が徒歩で行進してきて・・・(足の裏、熱くないのかなぁ)
今度は新型ビートルですね、たぶん。やっぱり旧型の方が好きだなぁ、私は。
続いてはオープンカー。素敵な女性が乗っていますねぇ。
お次はこれ。これ、運転してる時は疲れるだろうなぁ。

ここから先はまたまた騎馬のパレード。黒と黄色い衣装が素敵ですね。



ちなみに騎馬のパレードの後ろには必ずほうきとちりとりを持った方々がおりますねぇ。もちろんその理由は・・・いや、ここで書くのは野暮ってもんでしょ(爆)。

さて、パレードも堪能したことだし、ご飯とお買い物をしにお出かけするかな。

ジェフさんたちと夕食(初日) Sep/2011


Post-1728前回の続き)
アコモに戻ってからジェフさんに電話。今、ハワイ入りしている方々と夕食に行くよ~とのこと。で、8時ちょっと前に迎えに来て下さるとのことなので、それまでの間は暇。んじゃ、ちょっと写真撮影に行きましょか。

まずはロイヤルハワイアンセンター。トーチの火がゆらゆらと揺らめいているのがきれい。やっぱりいいよね、ここ。

ロイヤルハワイアンセンターのセンターステージのあるあたりに行くと、夜のステージが開演されていた。音楽とこの夜景、うーんリゾートの雰囲気がたまらないなぁ(トップ写真)。

そのままぷらぷらと撮影をしながら歩いて、ワイキキビーチウォークへ。ここも灯りがきれいなんだよねぇ。ということで、撮影。


ぷらぷらしていたら時間になったので、アコモの入り口へ。しばらく待つとジェフさんがジェフカー2号とともに到着。中には日本愛猫党・党首殿もいらっしゃった。いつぞやの恵比寿以来ですね、お久しぶりで~す。ジェフカーは一路アラモアナ方面へ出発し、10分後に目的地の「新羅園」に到着。そう、今日の夕食は焼肉食べ放題である。
我々が到着した後、続々と銃関係者(笑)やsunoナンシー夫妻も到着。さて焼肉宴会の開始~!!

焼肉なので、何はともあれ、
肉!
肉~!!
あ、もちろんサンチュもね。

いやぁ食べ過ぎてしまいました。お腹いっぱいでございます。皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました~。

ワイキキをお散歩(その1) Sep/2011


Post-1727前回の続き)
アコモに戻って、ちょっと休んでからお昼ご飯を食べにいくついでに写真撮影を兼ねたお散歩へ。ルワーズst.を通って、カラカウアへ。まずはちょっと顔を出そうかなぁ・・・ということで、カラカウアを渡ってDFSのオフィス棟に行く。中に入ると・・・リエさんがいらっしゃったので、ご挨拶。が、編集長たちは留守。ありゃりゃ。んじゃ、また来ま~す。

DFSを出てから、ご飯を食べにロイヤルハワイアンセンターへ向かう。うん、やっぱりここは写真を撮りたくなっちゃうな。

2Fのフードコートでご飯を食べてから、上へ。うーん、空の青さがたまらなくきれい。


さてと、またぶらぶらと散歩しよっと。ということで、カラカウア通りを西へ。お、そうだ。フォート・デ・ルッシ-を1周してみるかな。ということで、サラトガRd.を南下する。うーん、並木と空のコントラストがいいなぁ。

カリアRd.にぶつかって西へ。うーん、やっぱりこののんびりした空気がたまらないなぁ。

公園の中に入ると、プルメリアなどいくつもの花が咲いている。その中には私が好きな極楽鳥花も。単に名前が好きなだけなんだけどね。

公園の中に散歩しているのは、人だけでなく、犬もいる。たとえば、こんな子とか・・・

こんな子も。この子は他の通行人に可愛がられていたりして。

そんなこんなで、お昼の散歩は終了。とりあえずアコモに戻ろうっと。

レックダイブは楽しい♪ Sep/2011


Post-1726(前回の続き)
朝5時過ぎに起床。うーむ、やっぱり眠い。シャワーを浴びて、昨日セブンイレブンで買ってきたスパむすびなどを食べて準備完了。器材一式を持ってコンドの入口に降りる。
しばらくまったりと待っていると、やがてきこさんのバンが到着。おはようございま~す。よろしくお願いいたします。器材をバンの後ろにしまって、バンに乗り込んでGo! 十数分後、ケワロ・ボートベイスンに到着。
到着後、荷物を全部降ろして、お客さんにちょっと待っててもらってタンクを急いで取りに行く。タンクを受け取ったらすぐに引き返して、港に到着。タンクや先ほど降ろした機材をダイビングボート“Kahala Kai号”に運び込み、タンクに器材を設置するなどの準備。オアフ島はポイントまでがすぐなので、とにかく慌ただしい。ちなみに今日のお客さんは2名。私は・・・仕事しないよ、と宣言していたので、お客さんなのかな。だとしたら3名だ。

ボートはまもなく出航。私はとっとと着替えてウェットスーツ姿に。お客さんの器材をセッティングしたりしながら(ってやっぱり仕事してるし)、海の景色を楽しむ。
そんなことをしているうちにボートは最初のポイントに到着。器材を装着して、きこさん、お客さんの順にエントリーして、最後に私。潜降ロープにつかまって速やかに潜降開始。

1本目はSea Tiger。沈船のポイントである。

ここの楽しみ方は何と言っても、沈船の中に入ってのちょっとした探検。さて、では探検してみましょうか。

まずは甲板の横の通路のようなところを進む。
するとそこに下に向けて空いた穴があるので、そこに入る。
中をちょっと進むとすぐのところの上にハッチがあるので、そこを上がる。
するとそこは艦橋。光がまぶしいなぁ。
最後に横の扉から出ましょう。


探検が終わったら、フィッシュウォッチング。まずは、オオモンカエルアンコウ。こいつは結構擬態がうまいなぁ。

ウミウシ。誰か名前を教えて下さい。

人気者、ハワイアングリーンシータートル。かわいいよね、この顔。

深いポイントなので、あっと言う間に浮上時間。潜降ロープをつかんでゆっくり浮上する。5mで安全停止をしていると・・・、おお、泡と光がきれい。

安全停止後、エキジット。ダイブタイムは23分。透明度は50mくらいかな。すごく良かった。

エキジット後、全員のタンクを交換して、しばし休憩。お客さんとお話をしたりね。ボートはその間、ゆっくりと次のポイントへ移動。時間になったので、器材を装着してエントリー。

2本目はHorseshoe Reef。名前の通り、リーフが馬のひずめの形をしているポイント。シャローポイントなので、ゆっくりまったりのダイビングが楽しめるのが素敵。
まずは砂地の上に・・・ウミウシ。ずいぶんでかい。

リーフの方に行ってみると、ムスメハギが悠然と泳いでいる。この辺、ムスメハギが多いんだよね。

ハワイアンスポッテッドトビー。その名の通り固有種。かわいい。

サンゴをよーく見てみると、お、やっぱりいた、オトヒメエビ。

私ときこさんはリーフに行くと、まずはリーフの下の根を見てみる。サメとかがいるからである。で、見てみたら・・・、お、いましたいました、アオウミガメが。カメは他の場所にもいて、結局5匹いたな(うち1匹はトップ写真)。

他にもイルカがいたんだけど、写真が撮れずに残念。
最後の〆は、この子。ピンぼけで申し訳ないけど・・・石の下に隠れているカニ。ハワイアン・ポンポン・クラブ。

そんなわけでまったりダイビングをして、安全停止をしてエキジット。ダイブタイムは49分。透明度は30m弱くらい。こちらもシャローとは思えないほどの透明度。

ボートに上がってから、急いで片付け。だいたいこういう時、私が最後にウェットスーツを脱ぐことになるんだが(笑)。片付けをしているうちにボートはケワロに到着。
港に到着後、荷物を急いで運び出して、水が使える場所へ移動。手早く器材を洗って、その辺に干す。干している間に着替えて、ログ付けタイム♪

ログ付け後、機材をバンにしまってから、バンに乗り込む。バンは十数分後、アコモに到着。きこさん、今日はありがとうございました♪

オアフ島初日♪ Sep/2011


Post-1725前回の続き)
今日がチェックアウトの日。うーん・・・曇ってるな。ま、今日は10時半頃カパルア空港を出発する便に乗るので、別にいいけどね。

ということで、8時半過ぎに部屋を出る。はぁ、いい部屋だったなぁ。
ラハイナヴィラの駐車場から車に乗って、フロントのあるラナイウィングへ。ラハイナヴィラだけが他の建物とちょっと離れているので、ここだけが不便かな。フロントでチェックアウトをしてから、ホノコワイにあるダラーの営業所へ向かう。
ダラーの営業所で車を返却し、送迎車に乗ってカパルア・ウェスト・マウイ空港へ向かう。道中は・・・小雨。ホノコワイからナピリの間は時々午前中に雨が降るんだよねぇ。まもなく空港に到着。

空港でチェックインをしてから、保安検査が開始するまでの間、しばらく写真撮影などで時間潰し。しかし曇ってるとあまり面白くないよねぇ。一昨年もその前もきれいな青空が良かったのに。

つまらないので、早々に空港の中へ。ふと見たら、おや、メネフネウォーターのウォーターディスペンサーが。一杯いただきま~す。

そうこうしているうちに保安検査が開始。はい、一番最初に並びましたとも、ええ。それにしても、日本人比率が高いなぁ。メインランドの人はカフルイ空港を使う人が多いんだろうし、ロコも価格面からカフルイ空港を使う人が多いんだろうなぁ。
ゲート前の待合室で待っていると、まもなく飛行機が着陸。やがてアナウンスがあって、飛行機に搭乗。席は右側の後ろ。もちろんモロカイ島とオアフ島を見るためである。

乗客が全員乗ったところで、まもなく離陸。飛行機は離陸して北上。やがてカパルア付近で西に旋回して、オアフ島を目指す。窓から見ると・・・おお、一昨日潜ったMokuho’Oniki Rockが見えるじゃないですか。

しばらくモロカイ島沿いに進み、更に西北西に進むと・・・お、オアフ島が見えてきた。お、ワイキキだぁ。どうやらこっちは晴れているみたいだな。

まもなく飛行機はホノルル空港に着陸。コミューターターミナルで降りる。うーん、いい天気だぁ。

ちなみに今回の飛行機の尾翼はアイランドビューティ。

バゲージクレームで荷物を受け取ってから、表に出る。ここでうちの両親の友人であるFさん夫妻のお迎えを待つことに。いやぁそれにしてもホントに天気がいいなぁ。

まもなくFさん夫妻の車が到着。まずはチェックインをして身軽になった方がいいので、先にアコモへ。今回もアコモはWaikiki Shore。チェックインの時間前だったので、荷物を預けて車に乗ってお出かけ。

まずはお昼を食べましょうということで、ユチャンへ。カルビプレートに、
プルコギプレートに、
黒冷麺。

食べ終わってから、うちの長男くんのものの買い物をしにいきたいということで、ベビーザらスへGo。車は一路西へ。しばらく走って着いたところは、パールハイランド・ショッピングセンター。
ベビーザらスは予想はしていたが、やはり広かった。なんちゅう広さだってくらい(トップ写真)。服のコーナーは手前にあったので、ここでいろいろとあーでもないこーでもないと言いながら(うちの両親が)購入。私は私で日本に戻ってきたKaiにいた川上くんのところの長女のためにお土産を購入。

その後はサムズクラブをぶらぶらしてから、パールハイランドを離れてアラモアナへ。もちろんここでもBaby Gapなどでお買い物。まぁ普通はこうなるよね。
お買い物が終わってからコンドに戻る。Fさん、ありがとうございました。荷物を片付けて、ラナイから外を見ると、ちょうど日没。はぁきれいだなぁ。

明日も私は早いので、さっさと就寝。お休みなさい。

カアナパリをお散歩


Post-1724前回の続き)
ダイビングが終了後、ショップの方でお支払い。その後、Akiyoさんにお電話。今回もお世話になりました。またマウイ島に伺った際にはお世話になりま~す。
その後、車に器材をしまって、Old Lahaina Centerへ。行き先はNAGASAKO Okazuya。名前の通り日系人のナガサコさんがやっているプレートランチ屋さん。さて何にしようかなぁ・・・あ、ビーフシチューがあるから、これにしようっと。
早速外のベンチで食べる。お、お肉が柔らかく煮込まれていて美味しいぞ。うん、これは当たりだなぁ。次回もここで食べよう。
続いてフロントストリートを北上して、向かう先はラハイナ浄土院。マウイ島に来たからにはご挨拶をしなくては。ご住職様は・・・あ、いらっしゃった。裏のビーチに面したテラスでお茶をいただく。今度は時間をじっくりいただいて、講話をお願いしたいなぁ。

コンドに戻ってから、器材を干す。マウイの日差しは強いからねぇ、乾くな、たぶん。

さて、時間があるからお散歩でもしてくるか。ということで、ここから先は写真メインってことで。
マリオットのラハイナヴィラを出たところにあるトーチジンジャー。きれい。

青い空とラハイナヴィラの近くのヤシの木。青と緑のコントラストがきれい。

ラナイウィングの横あたり。緑の芝生がきれいだなぁ。

マリオットの子供用プール。楽しそうな感じ。うちの長男くんを連れてきたら、ここで遊ばせよう♪

草木が鬱蒼としているのが素敵。先に見える緑色の屋根の建物はモロカイウィングにあるグロッサリー。

ふと上を見上げると、青い空と白い筋状の雲とヤシの木が。西マウイって、ホントに空がきれいだと思う。

一昨年の新婚旅行で泊まったカアナパリ・アリイ。また泊まりたいなぁ。

ラナイ島。太陽光の加減でこんな写真になっちゃった。

モロカイ島。こうやって見ると、やっぱり近いよね。

ウェスティンのあたり。やっぱり青空がきれい。ホテルの白い壁がよく映えてるなぁ。

ホエラーズビレッジに到着。

ここから北を見ると、ブラックロックがくっきりと。

ホエラーズビレッジの2Fから撮影。のどかだなぁ。

ん、キミはどこを見ているのかな?

ホエラーズビレッジの正面と裏にはホエラーズビレッジの旗が掲揚されている。クジラの尾びれをデザインしたのかな。

さて帰りはカアナパリ・パークウェイ沿いに帰ろうっと。

ホテルやホエラーズビレッジと道路を挟んだ向こう側はカアナパリのゴルフコース。フェアウェイの緑がきれい。

Nohea Kai Dr. を右折するところに、ヒストリックトレイルのプレートがあった。が・・・その上に置いてあるイルカのぬいぐるみは一体・・・(爆)

フェアウェイが広くてきれいだなぁ。次はマウイでゴルフをやりたいな。

サギの一種だと思うんだけど・・・早く渡らないと危ないよぉ。

マリオットに到着。

ここがモロカイウィング&ラナイウィング。

こっちがナピリヴィラの入り口。


そんなわけで、ぷらぷらと夕方近くまで。その後は夕ご飯を食べて、荷造り。あ~もう明日にはマウイを離れるのかぁ、悲しいなぁ。

水中遊泳@モロキニ島バックウォール♪ Sep/2011


Post-1723前回の続き)
今日も今日とて5時過ぎに起床。シャワーを浴びてご飯を食べて、出発。いつものようにラハイナの例の無料駐車場に駐車をして、ラハイナダイバーズのショップへ。ショップでチェックインをしてボートを確認。今日もDominion号。今日のボートキャプテンは誰かなぁ。
ラハイナハーバーへ行き、ラハイナダイバーズの桟橋へ。お、今日のキャプテンはダンだ。Morning Dan! 隣からは声で分かったらしく、キャプテン・エリオットがHi Masa! と声を掛けてきた。ボートに乗り込んで、荷物を置き場においてからまたまたまったり。朝の港はいいなぁ、ホントに。
まもなくモロキニ島バックウォールに行くお客さんが続々とやってきた。半分以上昨日と同じお客さんだったので、Morning と互いに挨拶。スタッフも全員揃ったところでブリーフィング開始。ブリーフィング後、出港。

出航後はしばらく船旅を楽しむ。が、マアラエア沖に来るとジェットコースターの運転開始(苦笑)。まぁ朝だからそんなに大したことないんだよねぇ。ちょっと油断すると波をかぶる程度だし。で、揺れ始めた頃にポイントのブリーフィング開始。1本目はバックウォールの真ん中くらいから壁を右に見て進んでいき、2本目はインサイドのリーフエンドから流していき、壁を左に見てバックウォールの真ん中付近まで進むコース、とのこと。またエントリー方法は昨日のモロカイ島と同じく次々とエントリーをしていくスタイルでやるとのこと。了解~。
ブリーフィング後、準備をして器材を装着。やがてボートはモロキニ島のバックウォールの真ん中付近に到着。全員船尾に集合して、次々とエントリー!

1本目はモロキニ・バックウォール。モロキニ島のインサイドは深くてもせいぜい30m弱だが、こっちはそれこそ底なし。下を見るとこんな感じ。

で、上を見るとこんな感じ。波が壁にぶつかって、泡を作ってるのがよくわかる。

壁沿いにゆっくり進みながら、フィッシュウォッチング。チョウチョウウオとかが結構いるんだよねぇ。これはトゲチョウチョウウオ。他にチョウハンとか、コガネチョウチョウウオとかもいたり。

ウミウシもいた。Blue Dragon Nudibranchじゃないかな、これ。

お、面白いなぁ、これ。似ている魚がすぐそばに2匹もいるなんて。さて問題。どっちがオヤビッチャでどっちがハワイアン・サージェントでしょう。

しばらく進んで上を見上げると、お、オニハタタテダイとムレハタタテダイがいるぞ。きれいだなぁ。

もう少し進んだところでエキジット。ダイブタイムは40分。

全員がエキジット後、ボートはモロキニ島のインサイドへ行き、そこで停泊。水面休息中、サンドウィッチとフルーツを食べながら、まったり休憩。はぁバックウォールは面白いなぁ。
1時間ほど休憩したら、準備をしてエントリー。

2本目はReefs End Drift。エントリー後しばらく進んで下を見ると、ミレットシードバタフライフィッシュとカスミチョウチョウウオが群れている。青い海の色に映えているのをみると、改めてチョウチョウウオはきれいだわ。

さっきと同じように壁にはチョウチョウウオなどが泳いでいる。しばらく行くと、いい感じの緩い流れに乗って水中遊泳。気持ちいいわ、これ。ガイドのリーバイは、こんなことをしているし(笑)。

流れがなくなったあたりで壁を見ると、お、美味しそうなのがいるじゃないですか。その名もスリッパ・ロブスター。まぁここでは採取は法律で一切できないんだけどね。

またしばらく進むと、下の方にカスミアジが数匹群れでやってきた。なんか偉そうな感じで泳いでいるのがおかしい。

で、今回のダイビングの最後はこいつらで締め。まずはゴマウツボ(たぶん)の子供。指と比較すると、その小ささがよくわかる。

で、ハナビラウツボ。口の中が白いのがチャームポイント(笑)。

安全停止をしてからエキジット。ダイブタイムは39分。

エキジット後、ダイビング器材を全部片づける。今日がラストなので、自分の器材は全部メッシュバッグにしまわないとね。ボートはまもなく出航。ラハイナへ向かう。しばらく進むと、またまたマアラエア沖で海が荒れる(涙)。当然のように朝よりひどい。まぁしょうがないけどねぇ。
そこを抜けると、まもなくラハイナ。あぁ、これで今回のマウイ島でのダイビングは終わりかぁ。寂しいなぁ。ボートはラハイナハーバーに到着。荷物を持って、ボートを下りて、スタッフに挨拶。ありがとうね。また来ま~す。