モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年8月

ソラスズメダイの群れだ♪


Post-1584既にtwitterではつぶやいていたけど、一昨日、川奈に潜りに行ってきた。メンバーはS司氏とその師匠であるCMASのインストラクターSさん。

朝7時半。Sさんの愛車に乗り、Sさんの自宅から伊豆へ向けて出発。が・・・出た時間が遅かったため、東名の大渋滞に巻き込まれる(涙)。おーい、なんじゃこりゃ~。これはどう考えてもお昼くらいに到着かなぁ・・・。
東名町田ICを過ぎてからは順調に動くが、いかんせんそこまでがあまりにも時間がかかりすぎ。小田原から先も順調だったのにねぇ。そんなわけで川奈に到着したのは12時ちょっと前・・・。

早速今回もお願いしたショップ「ジェスター」でチェックイン。1本目は12:30~13:10で登録して、早速準備。着替えて、ダイビング器材を出して・・・準備ができたので、早速堤防に行ってセッティング。セッティング終了後、スロープからエントリー。

海に入ると・・・お、ホントに暖かいわ。海がかなり暖かい(浅瀬は27℃)と聞いたので、私はラッシュガード1枚で潜っていたんだけど、全然平気。ブイのところから潜降してガイドロープ沿いに沖へ向かう。ガイドロープ沿いにものすごくたくさんのソラスズメダイの群れがいる。青い色が実にきれい。いやぁすごい。
ガイドロープ沿いに砂地へ降りると、中層にはまたものすごい数の小魚の群れがいくつもある。ここまで魚影が濃いのは久々に見たかも。すごいわぁ、これ。ちなみに砂地へ行くと海が冷たい。しかも濁っている。どうやら冷水塊がここに入り込んでいる感じ。水温は24℃・・・さすがにラッシュ1枚じゃちょっと冷たい。砂地にはオジサンやエソがうろうろ。水深12mのところにはセミホウボウとオコゼがいた。他にもウミウチワの裏にムギワラエビがいたり、となかなか賑やか。
浅瀬に上がって陸へ戻る途中はもっと賑やか。イスズミはそこかしこに泳いでいるし、岩場にはソラスズメダイのコロニーが出来ている。トゲチョウチョウウオのygもいたりして、ホントに魚影の濃さを実感。しかも浅瀬は暖かいときている。ちょっとした温泉だよ、これ。かくして36分後にエキジット。

エキジット後、新しいタンクに交換をしてから、港の駐車場に戻る。ここのテントでしばらくまったり。はぁ気持ちいいなぁ。気持ちいいのは人間だけでなく、猫もそうらしい。ジェスターの看板猫・美海ちゃんがその辺をうろちょろとお散歩している。

1時間ちょっと休憩をしたところで、準備をして2本目へ向かう。堤防のところでタンクを背負って、スロープからエントリー。

2本目もコース取りは全く同じ。見える魚も同じだが・・・水深12mのあたりでSさんがタコを発見。砂に潜っていたのだが、見つかってしまったのだ。タコは急いで泳いでそのまま逃げていった。
岩陰を覗くと、ごそごそと動くのが見える。よーく見ると・・・サラサエビが何匹もいた。おお、これはかわいいかも。
浅瀬に戻ってからも見える魚はあまり変わらないが・・・おお、チョウハンのygまでいるじゃないの。ちょこまか動く様子がかわいいなぁ。ソラスズメダイは相変わらずいっぱいいる。ホントにきれいだなぁ。
そんなわけで38分後にエキジット。

エキジット後、器材を洗って干して、着替える。着替えてアイスを食べながらしばしまったり。そろそろ乾いたかなってことで、器材をしまう。器材をしまってから帰宅の途へ。さぁとりあえず、海の幸を食べよう。ということで、明日へ続く・・・予定(更新は明後日かも)。

日曜日は暑かった (その2)


Post-1582飯田橋から地下鉄で四谷三丁目まで移動。
行き先は、廃校になった四谷第四小学校の跡地「四谷ひろば」の中にある「ランプ坂ギャラリー」。ここで海中写真家・むらいさちさんの写真展「Earth Flowers」が開催されているので、見に行く。

四谷三丁目の駅を出ると・・・暑い。むちゃくちゃ暑い。なんだよ、この日差しは。たった数分の移動なのに、もう汗だらだら。参ったなぁ、もう。
汗だくのまま、四谷ひろばに到着。うーん、結構子供連れの人が多いなぁ、と思ったら、ここには「東京おもちゃ美術館」があるのだった。そりゃ子供連れで賑わうよね。
また体育館では創作ダンスのグループが練習を行っているなど、小学校の校舎を充分活用している感じ。なんかいいな、この感じ。

で、ランプ坂ギャラリーは地下。地下に降りると、途中で土足厳禁になっていたので、ここでスリッパに履き替える。スリッパを履いて更に下に降りるとギャラリーに到着。

ギャラリーにはきれいな幻想的な写真が展示されている。こうやってサンゴをアップで見ると、花みたいに見える。実際にはサンゴは動物なんだけどね。
そんなきれいな写真がいくつも展示されているので、幻想的な感じ。それが学校の教室を利用したギャラリーに飾られるというのが、なかなか面白いなぁ。

一通り見てから、ギャラリーを後にする。さてまた移動して、次の目的地へ行こう。

日曜日は暑かった(その1)


Post-1581この前の日曜日。東京は35℃を越える中、無謀にも真っ昼間の東京でうろうろと・・・。

まずはお昼。午前中、相方が九段下に用があったので、飯田橋でランチ。
お店はソリッソ。テレビにもよく出てくるカルミネさんの系列のお店。ちなみに知ってる人は知ってるだろうけど、カルミネさんの息子は、フォーミュラ・ニッポンのルーキードライバー、ケイ・コッツォリーノ

早めに入ったので、店は空いていた。メニューを見て早速注文。私は気まぐれサラダとトマトソースのパスタ。相方はカルパッチョとシーフードのパスタ。ドルチェは私がバナナのアイスケーキとエスプレッソで、相方がカボチャプリンとアイスピーチティー。

サラダもパスタも日本人好みの味で、美味しい。なんか安心して食べられる味だよね。人気があるのも当然。今度はディナーでゆっくりと行きたいかも。

ドルチェもさっぱりとして美味しい。相方も私も満足。ちなみに我々が食べている間、ひっきりなしにお客さんが入ってきて、出るときには満席で入り口に何組か待っていたほど。さすが。

そんなわけで、ランチを食べてから、次の目的地へ・・・。

ライオンズ電車


Post-1580今日乗った電車が、これ。ライオンズ電車。

西武池袋線には他にも999電車という、メーテルと鉄郎と車掌さんが描かれている電車もあって、そっちは何回も乗ったのだが、これに乗ったのは初めて。号車番号が野球のボールで描かれていたり、と、ちょっとマニアック。でも、どうせなら選手の名前とかが書かれていると面白いのになぁ。

さて・・・これで、金色の魚が釣れるかな? ちょっと期待(笑)。

“hikikomori”ですか・・・(涙)


会社の業務で講師をやる羽目になり、その準備をしながら、ニュースのチェック。すると、こんな面白い記事にぶつかった。

「ヒキコモリ」「ブブゼラ」 英オックスフォード辞書に

ブブゼラは辞書に載るのはわかるわなぁ。だいたい英語圏の南アフリカのものなんだし。が・・・なぜに「引きこもり」が英語認定されるのでしょ(涙)。
日本のサブカルチャーとイメージが重なるってのは、まぁわからんでもないけどね。でも、どうせだったら「自宅警備員」も一緒に英語認定すればいいのに(笑)。

個人的には「ステイケーション」とか「フレネミー」ってのが気になった。今度ハワイに行ったら、最新版のオックスフォード辞書を買おうかな。

オアフ島 「YO-257」 その2


Post-1578「YO-257」の楽しみは沈船探検やアトランティス潜水艦とのランデブーだけではない。
船が沈んでから年月が経っているので、大規模な魚礁になっているので、フィッシュウォッチングもここの楽しみだ。

黄色い身体に青い線がきれいなヨスジフエダイの群れ。白がかった黄色い身体に黒い点が入っているハワイの固有種・ミレットシードバタフライフィッシュ。虹色のボディがきれいな固有種・ハワイアンクリーナーラス。その他いろんな熱帯魚たち・・・。

そんな魚たち以上に楽しいのが、アオウミガメたちとの出会い。「YO-257」には多くのウミガメたちがやってくる。甲板で寝ているウミガメもいれば、船体の内部で寝ているウミガメもいる。また船体に出入りしているウミガメもいたりする。
何匹ものウミガメを間近で見ることができる。なんて贅沢なポイントだろう。

こんなにいろんな楽しみ方がある素敵なポイントがワイキキのすぐ沖にある。やっぱりハワイはパラダイスだ。

カメラ:FUJIFILM FinePix F30
ハウジング:FUJIFILM WP-FXF30
シャッター:1/120
ISO:200
絞り:f3.7
JPEG:ファイン

オアフ島 「YO-257」 その1


Post-15762年ほど前に時々(ネタ切れ時に)書いていた、ハワイのダイビングスポット(但し私が潜ったところだけ)を紹介する記事のシリーズ。ラナイ島×2、マウイ島×1、モロカイ島×1、オアフ島×1のみ書いて、そのまんまにしていたことにさっき気がついた(涙)。ついでに言うと、そんな記事のシリーズがあることすら、ついさっきまで思い出さなかったりする(嗚咽)。
でも思い出したらやはり続きを書かないと、ということで再開の1つめはオアフ島「YO-257」。

以前に書いた「Sea Tiger」と同じく、観光用に沈められた船「YO-257」を潜るレックダイブのポイント。ワイキキ沖にありポイントから陸を見ると、シェラトンハレクラニなどが真正面に見られ、視線を右に動かすとダイヤモンドヘッドも見られる。

水面から船体がはっきり見えるほど透明度がいいことが多く、潜り始めてすぐにわくわくするほど。青くきれいな海をゆっくりと潜降して20mほどすると後部デッキに到着。沈船探検を始めると更にアドレナリンが出てくる。ハッチをくぐったり、操舵室に入って操舵輪を握ったり、通路をくぐったり・・・これぞ、沈船探検の面白さ。

タイミングがいいと、ものすごいモーター音が聞こえてくることがある。モーター音の主は観光潜水艦「アトランティス」。アトランティスと水中でランデブーできるのも、このポイントの特徴であり、楽しみでもある。ただ本当にタイミングが良くないと・・・なのが玉にきず。だからこそランデブーの時は興奮してしまうのだろう。

カメラ:FUJIFILM FinePix F30
ハウジング:FUJIFILM WP-FXF30
シャッター:1/240
ISO:200
絞り:f2.8
JPEG:ファイン

はやぶさのカプセル♪


Post-1574本日から丸の内のオアゾの1Fで、はやぶさのカプセルの展示が始まった。相模原も筑波も行かなかったんだから、今回は行かないといけないでしょ、ということで、早起きしてGo!

朝4時に起床して準備をして5時にうちを出る。東京駅に到着したのは6時ちょっと前。オアゾに入ると・・・もう既に長蛇の列(涙)。でもまぁかろうじてオアゾの1Fで並ぶことができたのでヨシとしよう。なにせ、私が到着して5分くらい後に来た人たちはお外で並んで下さい、だったもんなぁ。


7時になって、整理券配布開始。私が整理券を受け取ったのは7時10分頃。整理券には7時50分~8時30分に再集合、と書いてあった。うん、これならば大して待たなくて済むな。良かった、早起きして。
整理券を貰ったので、とりあえず東京駅地下のコンビニでお茶を買って、飲んでおく。うちを出てからここまで、何も飲まなかったので、喉が渇いた~。

お茶を飲んでから、再びオアゾの1Fに行き、7時50分の列に並ぶ。30分ほど並んで8時ちょっと前。ようやく列が移動を開始。さぁ行くぞぉ・・・と進むものの、列はなかなか進まず(涙)。展示会場の入り口についたのは8時半。ここまで2時間半も並んでたのね・・・。で、中に入ったら、立ち止まらないで進んで下さ~い、という係員の指示のため・・・10分弱で見学終了(嗚咽)。

でもカプセルを見たら、やっぱり感動するね。これは見る価値あると思うよ。なんというか、日本の誇りみたいなものを感じるもんね。

展示会場を出るときに、JAXAからはやぶさのポストカードとNECからはやぶさのクリアファイルをお土産にいただく。ありがとうございま~す。いやぁ、早起きして見に来て良かったな。

いや、すごいわ、このCAさん(笑)


数日前からUSのニュースで話題になってた、ジェットブルー航空のCAさんの話題。私もCNN.comで読んでいたのだが、本日の朝日新聞が非常にわかりやすくまとめてくれたので、ちょっと紹介。

理不尽な客にうんざり 乗務員、脱出シュートで職場放棄


一応注釈を。飛行機はJFA空港の滑走路に着陸して、ゲートまでタキシング中だったらしい。当然客はまだシートベルト着用したまま座ってないといけない状況だったとのこと。その後、自宅にいるところを逮捕されたらしい。

まずはスティーブン・スレーターさんに拍手。なんていうか、ある種間違った方向ではあるんだけど、男らしいわ~(笑)。しかも缶ビールをつかんだってところも素敵。でも缶ビールにはどういう意味があったんだろう(笑)。
逮捕されたってのは、まぁ法律上そうなるんだろうけど、これ、明らかに被害者でしょ、彼。どういう判決が出るのやら。

でも私が一番ショックだったのは、彼が私より年下だったこと(涙)。顔、というか、頭を見ると・・・絶対に彼の方が老けてる!!

ピンクのスライムだ~


今日も今日とて、お仕事。外は夏~って感じの空が広がっていて・・・仕事なんてしないで、海に潜りに行きたいぞ~!!

さてそんなわけでITmediaで見つけた記事。

女性向けドラクエグッズ専門店 渋谷パルコにオープン

まぁ確かにドラクエをプレイしている女性って、結構いるけど(うちの妹もそうだ)・・・ドラクエグッズを買う女性って、少ないような気がする(笑)。
#でも買いそうな人間は一人は知ってるけど。自分のことだと思った人、手を挙げて~(笑)。

けど・・・ドラクエとファッションブランドのコラボってのは、なかなか斬新だし、ピンクのスライムはなかなかかわいいので、買う人はいそう。

さて、この企画。ニッチの更にニッチで終わるのか、それともそれなりの成果が出るのか、ちょっと結果が楽しみかも。