モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年7月

渡ハ決定~!


Post-1565今月の頭にはほぼ決まっていたんだけど、次の渡ハが正式に決定!

10月の後半におよそ1週間。今回はスケジュールの都合上、マウイはなし(涙)。3年ぶりのオアフのみ、になっちゃいました。

そんなわけで、あんなことやこんなことをする予定。なんかアヤシイ企みもあるらしい???

ということで、皆様、よろしくお願いいたします。あ、今回はもちろん相方と一緒に行きますよ~。

帰国日もいい天気(涙) Jul/2010


Post-1564朝6時半頃に起床。まだ室内で干しているダイビング器材をパッキングしないとなぁ。
とりあえずシャワーを浴びて身支度をしてから、ダイビング器材をパッキング。ウェットスーツがまだちょこっと濡れているよぉ(涙)。
外を見ると・・・今日もいい天気。普通ならうれしいのだが・・・初日と2日目に晴れて欲しかったなぁ。今日は曇りでもいいんだから(涙)。

パッキングが終わったので、とりあえず朝食を買いに外に出撃。エスプラネードをぷらぷら歩く。既にいろんなお店が朝食営業をやっている。どこにしようかなぁ・・・お、ここにしよう。ということで、ナイトマーケットのフードコートにあるお店でBLTサンドを注文。数分後、できたてのBLTサンドを受け取って、海岸沿いをぷらぷらと歩いてホテルへ戻る。

天気がいいので、海岸沿いの道を歩くのが実にいい感じ。散歩している人や走っている人がいるのがわかるなぁ。私も走りたい・・・。今度は絶対に走ろうっと。

海を見ると、浅瀬に海鳥がいた。シギの仲間かな? ほとんど動かずにぼーっとした感じで立っている。何してるんだろ。

ホテルに戻って朝食を食べて、ちょっとまったり。が・・・早くにパッキングも終わったので、時間がもてあまし気味。じゃあさっさと空港に行くか、とZから提案。よっしゃそうするかということで、荷物を持って部屋を出る。チェックアウトをして、タクシーで空港へ。この判断が20分後には吉だと判明するのだが・・・。

空港に着いたのは9時15分頃。チェックイン・カウンターへ向かうと9時25分頃にチェックイン開始とのこと。まぁいいタイミングだったかな。ちなみに帰りも私はCクラス。ZはYクラスで並んでいたのだが・・・数分後、女子高生軍団が登場。そう3日前にグリーン島であった、あの修学旅行の女子高生たちである。人数は軽く百名は超えている。早く来て大正解。チェックインに待たされずに済むからねぇ(特にZは)。
私の方はというと、私の後ろにいた女性とお話。彼女はワーホリがこっちに来ていて2年経ったので日本に戻るのだそうな。で、この女子高生軍団を見て、びっくりしていた。

チェックイン・カウンターが開いたので、チェックイン。チケットを受け取って荷物を預けて、チェックイン終了。終了後、2Fに上がって出国審査へ。
出国審査は空いていた。女子高生たちのあとにチェックインしていたら、間違いなくここもものすごい混雑になっていたわけで・・・。早めに来て正解だったなぁ。
出国審査後、保安検査。靴を脱いでPCを出して・・・いつものことながらめんどくさいなぁ。まぁ空いていたから、スムーズに終わったのでいいけどね。

出国ロビーで一通りお店を覗く。ニューススタンドでダイビング雑誌を2冊購入。購入後、しばらく暇なのでラウンジへ。ラウンジで飲み物を飲みながらネットに繋いで、ネットサーフィン。ただでネットができるのっていいよねぇ。ホテルのネットって何であんなに高いんだろ(涙)。
搭乗の30分前になったのでラウンジを出て出国ロビーに戻る。

ロビーは予想通りにぎやか。でもうるさいって感じじゃない。もちろんにぎやかなのは女子高生たち。
Zをお店で見つけて再合流。女子高生たちで混んでいるお店で豪州産の日本酒を買っていた。早めに買えばさくっと買えただろうに・・・。Y子さんもいたので、ご挨拶。
搭乗時間になったので、搭乗ゲートへ向かう。女子高生たちは点呼を取って、きっちりと並んでいた。学校がしっかりと指導している感じ。「班長、点呼を取れ~」って20年ぶりに聞いたなぁ。

搭乗して手荷物をしまって、座席につく。早速ウェルカムドリンクのサービス。もちろんスパークリングワインをもらう。はぁ美味しい。
やがて出発時間。飛行機は滑走路に向かい離陸。あ~ケアンズともお別れだよ~。

飛行機は40分後に安定飛行へ。ここで機内食。ちょっと悩んでチキンカレーを選ぶ。これは無難な選択だったかな。デザートはアイスクリーム。私はチョコを選択。

その後は昼間なのでそのまま寝ないでゲーム(笑)。そのためにPSP買ったわけだしぃ :emojiface_bee:
着陸1時間半前に軽い食事としてパン。ホントに軽いなぁ。

そしていよいよ着陸。ジェットスターのゲートは第2ターミナルのサテライト。シャトルに乗って本館に行くわけである。ということは・・・そう、さくっと行かないとあの集団に巻き込まれるのだ(涙)。そんなわけで、急いで前へ進む。ダッシュ。シャトルに乗って本館の入国審査に到着。入国審査は空いていたのでスムーズに通過。バゲージクレームに行って、しばし待つと、荷物がやってきた。荷物を受け取って税関を通過して、到着ロビー。時間を見ると・・・おお、NEXが15分後に出るじゃないですか。急いで地下に降りてJRへ。あ~最後はドタバタになっちゃったなぁ。今度は日程も含めてゆっくりと行こうっと。

栗山先生の個展に行ってきました


Post-1562本日午前中(ほとんどお昼だけど)、栗山先生の個展を見に、中目黒まで行ってきました。

マンションの1室をギャラリーとして使っているところでの個展だったのですが・・・玄関から既にギャラリーが始まってて、トイレの中も展示があったり、食器棚にもさりげなく飾ってあったり、油断のならないっていうと変だけど、そんな感じの個展ですね。

メインの展示場には原画と大きなミニチュアがどーんと展示。イラストだけでなく、こういうミニチュアも製作しちゃうところがすごいです。しかもネオンサインまでちゃんと光るという芸の細かさまで。

もうね、見ていたらハワイに行きたくなっちゃいました。

栗山先生とは昨日海波海波での変態大会議でお会いしたので、その辺のお話から始まって、私の本職関係のお話やら写真の話とか記憶色の話、さらにはなぜか小笠原諸島の話まで、なんだかいろんなお話をしました。いや、ホントに楽しい時間でした。

そんなわけで皆様、是非是非行ってみて下さいな。ハワイに行きたくなること、間違いなしです!!

シーフードとおみやげと Jul/2010


Post-1561ホテルに戻って、再チェックイン。今度は最上階の7階。が・・・部屋番号を見ると、またまたラナイのない部屋っぽい。ま、しゃーないか。昨日&今日とダイビングで一緒だったY子さんもなぜか同じホテルだったので、夕食を3人で食べに行こうってことになり、18時にロビーで集合ということにした。

部屋に入って、早速器材を乾かすことに。タオルと水着とラッシュガード、それにブーツは洗濯機→乾燥機の方がいいだろうってことで、ホテル内のコインランドリーで洗濯機にかける。
洗濯をしている間に、メッシュバッグやウェットスーツ、BCDとレギュなどをその辺に置いて、乾かす。こういう時、ラナイがあれば、一番いいんだけどねぇ。
で、シャワーを浴びてから、コインランドリーに行って水着類を乾燥機に移す。うーん終わりは18時5分頃かぁ・・・んじゃ、Zに先にロビーに行ってもらおう。
18時過ぎにコインランドリーに行って、乾燥機から全部回収。よっしゃ、全部乾いたぞ。部屋に全部持って行ってから、急いでロビーへ向かう。

ロビーでZとY子さんと合流。どこに行く? って聞いたら、18時半までに行けば15%オフだからRaw Prawnを第1候補にしよう、とのこと。さすが大阪の女性!? そういうところに敏感だなぁ・・・。
ということで、エスプラネードをぷらぷら。うーん、やっぱりこの道はいいなぁ。海岸沿いで景色はいいし、お洒落なレストランがたくさん並んでいるしね。そんなわけで歩いて数分後、Raw Prawnに到着。お店は通りに面したテラス席もあるエスプラネードではよくあるスタイルのお店。メニューを見ると、シーフードも一通り揃っている。うん、これでいいんでないの、ということで早速中に入る。

お店には日本人スタッフがかなりいる。たぶんほとんどワーホリかな。一昨日のグリーン島行きのボートにいた多数の日本人スタッフもたぶんそうだろう。雇用側からすれば日本語ができるアルバイトを雇うことができるわけだし、被雇用側からすれば日本人ということで雇ってくれるわけだから、ワーホリって観光地であるケアンズにとってはいい制度なんだろうなぁ。
そんなわけで全部日本語で注文。なんかここ数日で思ったんだけど、ケアンズってハワイより日本語が通じる率が高い気がする・・・。
シーフードのプレートとシーザーサラダとパスタを注文。飲み物はもちろんビールとワイン。シーフードはやっぱり美味しいなぁ。カラマリも美味しいし、生がきも美味しい。さすがにいいという評判があるお店だけある。パスタもなかなか。あまりのかきの美味しさに追加でかきのホワイトソースのオーブン焼きを追加。これもまた美味しかった。うん、むちゃくちゃ満足。

食後、Y子さんと別れて、お土産を買いに行く。明日空港で会いましょう。
まずはナイトマーケット。チョコレートとかコーヒーとかぬいぐるみとか、実にいろんなお土産物が多数、それも結構安く売っている。でもって、やっぱりというか何というか、日本人の店員さんがいる店が多い。というか日本人の店員さんだけって店もあるし。
会社へのお土産のチョコレートや実家への土産のコーヒー。それに相方へのお土産も忘れずに購入。一通り買ったところで、QUIKSILVERへ行く。オーストラリアに来たんだから、やはりここは外せないでしょ。ここでも実家へのお土産を購入。
その後、なぜかアイスを食べようってことになり、RawPrawnの隣にあるMovenPickへ。あ、oはウムライト付きね。スイス生まれのアイスクリーム屋さんだそう。チョコを食べてみたのだが、濃厚なくせに甘み控えめで美味しい。これはいいかも。

食べながらホテルへと戻る。ホテルに戻ったところで、パッキングの準備をしてから就寝。あ~明日は帰国かぁ。短かったなぁ。

おまけ。
ナイトマーケットの中にあるTシャツ屋さん。コアラのTシャツとか、オーストラリアらしい標識(Koala next 5kmみたいなのね)のTシャツもある中、こんなバカバカしいのも(笑)。その写真は :emojion: をクリックして下さいな。あ、よい子はクリックしないようにね。
真ん中一番上のヤツは買おうかどうしようか真剣に悩んでしまったぞ。あと、一番右下のを着る勇気はさすがにないな(笑)。

やっとニモに会えた~ Jul/2010


Post-1559リーフの内側とはいえ、揺れることは揺れる。特に昨晩は風が強かったので・・・寝つくまでに結構時間がかかったぞ(涙)。でも朝6時前には目が覚めてしまう。まだ夜明け前で外は暗い。ということで、しばらくベッドでうだうだ。しかしさすがに6時半過ぎには起床。

クルーは既に起きていたので、朝の挨拶。キャビンに上がると、ちょうど夜明け。おお、今日は晴れだぁ。これはこれでうれしいけど・・・なぜ昨日は晴れなかったのだ(涙)。
ま、そんなことを嘆いてもしょうがない。ダイビングの準備をして、本日1本目のエントリー!

1本目は昨日に引き続き360。夜と違う朝を見に行こうということで、夜と同じく壁を攻める。夜はそこまで気付かなかったけど、エダサンゴがびっしり。すごいわぁ。
潜ってちょっと行くと、ハマフエフキがぴったりとついてきた。目を見るとぬぼーっとしていて、ちょっとかわいいかも。でもしばらくしたら、離れていった。
もう少し進んでいくと、カニハゼがいた。結構大きいなぁ、こいつ。その先にはブダイの粘膜もあった。どうやらブダイはここで寝ていたらしい。
ボートの近くまで戻ってきたら、先ほどのハマフエフキがまたやってきた。面白いなぁ、こいつ。
40分後にエキジット。

エキジット後、着替えたところで、朝食。今日は午後にケアンズに戻るのだが、途中でまた相当揺れる気がするので昼はあまり食べない方がよさそう。ということで、朝食はがっちり食べておこう。
朝食後に外を見ると・・・虹だぁ。きちんと半円を描いている立派な虹。しかもよーく見ると、なんとダブルどころかトリプル。トリプルは初めて見た。

まったりしてお腹がこなれたところで、最後のダイビングポイント「キャニオン」へ。場所はリーフの一番端。つまり・・・波が結構高くて、揺れまくり(涙)。おーい、キャプテン、最後がここでいいのかぁ。
10時半になったので、準備をしてエントリー!

2本目は上に書いた通り「キャニオン」。根と根の間にあるチャネルが谷のようになっているポイント。ここはリーフの端っこにあることもあって、スズメダイなどがたくさん群れている(トップ写真)。どこを見ても、たくさんの魚の群れ。すげぇ。
ちょっと行くとコブシメがいたり、タイワンカマスの群れがいたりする。さすが外洋に近いポイント。しかも晴れているので透明度も20m以上。いやぁ気持ちいい。
そして・・・ついに「ニモ」とご対面。正式名はクラウンアネモネフィッシュ。シャイなヤツなので、イソギンチャクの中に隠れちゃってるのはご勘弁。
更に進んでボートの近くまで戻ってきたら、カンムリブダイが4匹でやってきた。出現の仕方が真打ち登場って感じ。いやぁ興奮するわぁ。しかもそこにロウニンアジまで現れて、興奮は最高潮。最後に大物に会ったぞぉ。
ボートの下に戻って、中層で安全停止。安全停止後、さぁボートに戻ろうと思ったら・・・ボートがいない。は、どこ行ったの? とりあえずブイの先のロープ沿いに水面に上がると、ブイのところにマサさんがいた。なんと、ボートがブイから離れちゃったそうで、再度繋ぐことになったのだ。そんなわけでブイから離れて水面で待つ。結構水面が荒れているので、なかなか繋げなかったがようやくブイに繋留。さてエキジットしよう。

エキジット後、器材をメッシュバッグにしまって、着替える。着替えたところで昼食。が・・・帰りの船酔いが怖いので、パンを1枚だけ貰う。あとはお水を飲みながらごまかすとするか。

いよいよボートはケアンズに向けて出発。リーフを出た瞬間、ボートは大揺れ(涙)。キャビンで半分寝ながら、揺れに耐える。しばらくすると、スピナードルフィンがやってきた。船足が遅いので、しばらくの間一緒に泳いでくれた。イルカってやっぱりかわいいなぁ。

2時間ちょっと後、ボートは外洋から内海に戻ってきた。と同時に揺れがほぼ無くなる。ここでキャプテンとクルーからの挨拶。皆様ありがとうございました。
内海に戻って1時間弱でケアンズのヨットハーバーに到着。荷物を運び出して、クルーたちや他のお客さんたちとお別れ。さよなら、ありがとね。さてホテルに戻ろう。

クマノミだらけな1日 Jul/2010


Post-1557朝5時に起床。今日から明日までオーバーナイトトリップでのダイビングに参加するのだが、集合が朝6時40分にリーフフリートターミナル。なので、こんなに早起きになったのだ。まぁダイビングは朝早いからねぇ。
起床してからシャワーを浴びて、チェックアウトの準備。準備ができたので、部屋を出てチェックアウト。
チェックアウト後、荷物を持ってリーフフリートターミナルへ。途中マクドナルドで朝食を買って、それも持って歩いていく。しかし今日は天気が悪いなぁ(涙)。思いっきり曇ってるよ。せっかくのGBRでのダイビングだってのに・・・。

リーフフリートターミナルに到着してしばらく待ってると、今回もダイビングをお願いしたダイブセブンシーズの幸人さんがいらっしゃった。今回もよろしくお願いいたします。今回のオーバーナイトトリップでは他にもう一人Y子さんも参加。よろしくです。
早速ボートへ向かう。今回乗るボートは”Rum Runner号“。全長17mの帆船である。早速荷物を中に積み込んで搭乗。
ちなみにこのボート、メインデッキの前方がダイビングデッキで後方がキャビン。キャビンにある階段を下りると、ギャレーとダイニングとベッドのある船室、という作りになっていて実にコンパクトな作りになっている。これは面白いなぁ。またクルーはキャプテンとインストラクターのマサさん、DMが3名にボートホストが1名の6名。よろしくお願いしま~す。

7時半にボートは出港。アウターリーフへ向けて出発する。今日は天気が悪く海も荒れている模様なので、行き先はやや内側のテッドフォードリーフとのこと。最東端のミルンリーフでないのが残念。
ボートはゆっくりとアウターリーフへ向かう。1時間弱で大陸を離れると、途端に風が強くなり波が高くなり、ボートは揺れまくり(涙)。慣れちゃって船酔いしにくいはずの私が船酔いしたくらい。うー、きついわぁ。
10時過ぎにボートは目的地のテッドフォードリーフに到着。早速ブリーフィングをして、準備をしてエントリー。

1本目はコーラルガーデン。潜降すると・・・ポイント名通り、サンゴがびっしり。さすがグレートバリアーリーフ! エダサンゴなどのハードコーラルがびっしりと生えていて、スズメダイやチョウチョウウオが無数に泳いでいる。最東端じゃないのと曇っているのとで、透明度は15mほどとそんなに良くないけど、そんなの全然気にならない。
しばらく泳いでいると、固有種レインフォーズバタフライフィッシュが出現(トップ写真)。きれいな模様だなぁ。もうちょっと泳ぐと・・・イソギンチャクのところにスパインチークバタフライフィッシュがいた。初めて見たけど、濃い赤色がきれい。いや、いいものを見たなぁ。
40分後、エキジット。


エキジット後、身体の水気を取って着替えると、ちょうどランチタイム。ダイニングにランチを取りに行って、メインデッキのキャビンで食べる。ちなみに今回のスケジュールはこんな感じ。

ランチ終了後、しばらくまったり。リーフの内側なので、揺れがあまりないのがいいなぁ。でも曇ってるのが・・・(涙)。
お腹がこなれてきた14時頃、準備をして2本目のエントリー。

2本目はリーフミステリー。ここもサンゴがびっちり。そこを魚たちが群れている。なんて贅沢な。GBRってホントにすごいわ。
しばらく進んでリーフとリーフの間のチャネルに行くと、向こうからトビエイがこっちに向かって泳いできた。じっと見ていると、トビエイがこっちに気付いたらしく逃げた(涙)。あ~残念。
もう少し進むと、イソギンチャクがあった。ということは・・・いましたいました、ハナビラクマノミ。これも初めて見るので、かなり興奮。上品な色をしていて、きれいだわ。そんなこんなで40分後エキジット。ちなみに透明度は15m程度。

エキジット後、着替えてお茶の時間。コーヒーを飲みながらまったり。まったりしたところで17時になったので、3本目のエントリー!

3本目は360。いくつものリーフがぐるっと1周しているので、その名がついたポイント。ここもハードコーラルがびっちり。おまけにウミウチワなどのソフトコーラルも大きく育っている。
泳いでいるとブダイが縦になって停止していた。よーく見ると、ホンソメワケベラがクリーニング中。道理で気持ちよさそうな目をしているわけだ。
もう少し泳ぐとイソギンチャクを発見。ここにはバリアリーフアネモネフィッシュ。これでクマノミは3種類め!
更に進むと、チャネルの奥に大きな魚のシルエットが・・・。ナポレオンフィッシュだ!ところがこいつ、なかなかこっちにやってこない。やがて向こうに姿を消してしまった。じらすだけじらして、もう(涙)。
そんなこんなで40分後にエキジット。透明度は同じく15mくらい。

エキジット後、着替えて夕飯。ダイニングに夕飯を取りに行って、キャビンで食べる。しかしホントに潜って食べて寝て、の生活だなぁ。体重増加、間違いなしだよ(涙)。
夕飯後、お腹がこなれたところで、オーバーナイトトリップの楽しみであるナイトダイブ。準備をしてエントリー!

4本目も360。今回はぐるっと囲んでいるリーフのうち、壁のようになっているリーフをゆっくりと探索していく。じっくりとサンゴの中を見てみると、キンギョハナダイとかが中でお休み中。そこかしこを見るとエビがうろちょろ。さすが夜だなぁ。
あるサンゴの中を見ると、カニもごそごそと動いている。岩の下にはアカマツカサが何匹も泳いでいた。ホントに夜って感じだなぁ。ただまだ時間が早いので、ブダイはまだお休みじゃなかったのが残念。またイカもタコも見つからなかったのも残念。
35分後、エキジット。

エキジット後、シャワーを浴びて着替える。はぁさっぱりした。さっぱりしたところで、キャビンで少しまったり。まったりしていたら、眠くなったのでそのままベッドへ。明日も朝からダイビングだ~。

ケアンズ初日の夜 Jul/2010


Post-1555ホテルに戻ってフロントでキーを受け取る。5階かぁ。エレベータで上って部屋に入ると・・・隣のコンドミニアム側のお部屋。あらら、ラナイもないのね、ここ。ま、安いカテゴリーの部屋だから、しゃーないかな。

とりあえず荷物を持ってまずは両替をしに出撃。ちなみにオーストラリアは日本よりも現地の方がレートはいい。もっともお店ごとにレートが違うからね(それもかなりの差)、きちんと見ておかないと。ということで、街の中心地までぷらぷら。うーん、やっぱり面白い街だよなぁ。こんな素敵な図書館もあるし。
ちなみに夜はトップ写真のようなライトアップがされる。素敵だなぁ。

美術館もこんな素敵な建物。

中心地でいくつかの両替屋を見てから、オーキッドプラザにあるTOBEXへ。ネットで見てもここが一番レートがいいらしい。実際に見ても、確かにここが一番良かった。ということで、ここで両替をする。
両替後はぷらぷらと歩いて、またホテルに戻る。

ホテルに戻ってから、夜までしばしまったり。さすがにちょっと疲れたかなぁ。ネットに繋いで、ぼーっとネットを見て過ごす。で、夜になったので、夕飯を食べに出撃。
今日の出撃先はオーキッドプラザにある焼肉屋「焼肉烤屋」。食べ放題メニューを注文すると、美味しいオージービーフが食べ放題なのだ。ということで、まずはビールを注文してから、肉を注文。

タン塩。普通に美味しい。

カルビ&ロース。肉を食べた~って感じがするお肉。

それ以外にもサーロインとかハラミも注文。ふぅ、満足じゃ。ちなみに酒も飲んで、Tax込みで一人50AUDくらい。やっぱ安いわぁ、ここ。
帰りがけにナイトマーケットをちょっと覗いて、ドラッグストアで水を買ってホテルに戻る。ホテルに戻ったら、ちょっとまったりしてから就寝。明日は早いし。明日から2日間は船の上だからね。体力を使いそうだもん。

おまけ。
街のど真ん中にある謎のお店(爆)。ここまで堂々と看板を出しているのがすごいわ。
ちなみにここ、昨年1月にとんでもない事件の被害にあった模様・・・(笑)。そのニュースのリンクは :emojion: 。犯人はすぐに捕まったらしいよ。あ、よい子は見ないでね(爆)。

グリーン島でのんびり Jul/2010


Post-1554ケアンズ国際空港に到着して、飛行機を降りる。ケアンズは冬で乾期、しかも夜明け前。暑くないのがいいなぁ。入国審査場に行くと、がらがら。入国審査はさくっと完了。
バゲージクレームにはまだ荷物が来る気配がないので、ターンテーブルの横にある両替屋さんでまずは当面必要な現金を両替。両替してターンテーブルに行くと、荷物が順次出てきた。ちょっと待つと私の荷物が出てきたので、受領。ちなみに友人Zのはなぜか隣のターンテーブルから出てきた。どうやらこの時間、着陸する飛行機が少ないので2つ使った模様。わかりにくいってばぁ(涙)。
荷物を持って、税関審査。何も持ち込んではいないので、そのまま素通りして到着ロビーに行く。
到着ロビーに行くと、シャトルバスの受付カウンターがあったので、申し込む。10分ほどで出発とのこと。ロビーでちょっと待ってるとシャトルバスが来たので玄関に出て、バスに乗り込む。

バスはケアンズ市内の各ホテルを廻りながら進む。進んでいるうちに夜が明けたらしい。でも・・・曇り(涙)。晴れて欲しいなぁ。やがてバスは我々が今回泊まるホテル”ホリデイ・イン・ケアンズ“に到着。早速荷物を持ってチェックイン。まだ部屋は用意されてないとのことなので、ロビー横のトイレで着替えて、荷物を預けてから、早速出発。

海岸沿いの通り「エスプラネード」を港に向かって進む。海岸沿いの遊歩道を散歩したりジョギングしたりする人が結構いる。今回は時間がなさそうなので、ジョギングの用意はしてなかったんだけど・・・次回はケアンズでも走ろうかなぁ。気持ちよさそうだし。

5分ちょっと歩いて、リーフフリートターミナルに到着。中に入って、QuickSilverのカウンターへ行き、グリーン島ツアーのチェックイン。今回は朝8時半にケアンズを出発して14時半にグリーン島を出発するスケジュールで、グリーン島でグラスボート乗船券が無料でついてくるツアーにした。
チェックイン後、リーフフリートターミナルにあるカフェで朝食。サンドイッチとオレンジジュース。はぁようやくお腹が落ち着いたぁ。

朝食後、乗船場へと向かう。まだ乗船手続きは始まってないので、列に並んでしばし待つ。やがて時間になったので、乗船開始。乗船したのは”Reef King”号。かなり大きめのカタマラン。さすがQuickSilverグループ。

乗船してコーヒーを受け取ってから、3層のサンデッキへ。曇っているのがちょっとアレだけど、気持ちいいなぁ、やっぱり。するとまもなくスタッフがやってきて、グリーン島でのアクティビティの説明をしてくれた。どうやら、全てのお客さんたちにスタッフが説明をしているらしい。QuickSilverグループ、おそるべし。

定刻通り、船はケアンズを出発。グリーン島へと向かう。グリーン島までは約50分。のんびりとした船旅だったのだが・・・オーストラリア大陸を出た辺りで波が高くなっていて、船が揺れる(涙)。大型高速カタマランでもこれですか(涙)。そんなわけで20分ほどは揺れる中のクルーズ。しかも相変わらず曇ってるし。そんな中グリーン島に無事到着。

到着後は早速グラスボート。乗船場で待ってるとすぐにグラスボートがやってきたので乗り込む。ボートの真ん中にある海底鑑賞のガラスを見下ろしていると、すぐに出発。
最初は砂地だったのが、すぐにサンゴのまっただ中に。スズメダイやハナダイなどがいっぱい群れている。うーん、きれいだなぁ。後半になると大物が出現。ロウニンアジやカスミアジ、さらにはウミガメまで登場。おお、すごいぞ、これは。20分後にグラスボートは終了。いや、結構楽しかったぞ。

その後はグリーン島の中を散策。このグリーン島、サンゴでできたコーラルケイなのだが、そこに熱帯雨林が繁殖した島。なので、熱帯雨林を散策。うーん緑の中って涼しいなぁ。

ところどころ、ビーチにつながる道があるので、こんな光景が見られたりする。

散策をし終わったところで、プールバーに移動してビールを飲みながら、ランチ♪ ビールを飲みながらまったりしていると・・・んんん? 日本人の女子高生と思わしき集団がぞろぞろと出没。どうやら修学旅行らしい。実に賑やか。

その後、私はワニを見に行き、Zは昼寝をしにビーチへ。ここのワニ、どいつもこいつもでかい。ひたすらでかい。しかもフィーディングショーもやっていたのだが、これがまた大迫力。いやぁすごいわぁ。

ワニを見ている間に、お外はいつの間にか晴れになった。うん、ようやくリゾートっぽい感じになったぞ。そんなわけで、ビーチを散策。いやぁ海もきれいだし、ビーチもいい感じ。リゾートだなぁ。

時間になったのでZと合流してジェッティへ行き、船に乗り込む。帰りは2層の船室の中に乗って、そのまま爆睡。気付いてみたら、ケアンズに到着。うーん、なかなかいいところだったぞ。でも、ちょっと退屈かな。次に行くとしたら、グリーン島で滞在かなぁ。

ケアンズへ。 Jul/2010


Post-15526月のハワイに引き続き、今月も海外へ。今回はオーストラリア・ケアンズに、友人のイントラ・Zと同行のダイビングメインの旅行である。

会社を定時過ぎに出て、タクシーに乗って日暮里へ。会社の位置的に電車よりタクシーの方が早いんだよねぇ。予定通りにイブニングライナー51号の15分前に日暮里駅に到着。ちなみにタクシーの運転手さんはちょうど上がるところで、しかも会社の場所が三河島にあるらしく、いや今日はラッキーでしたよと言っていた。
日暮里駅東口の階段を上がって、京成の改札口へ。工事はほぼ終わったらしく、改札口も含めて京成の駅はかなりきれいになっていた。改札口の中のコンビニで水を買って、スカイライナー専用ホームへと上がる。改修後の下りホームに来たのは初めて。ほほぉ、ずいぶんときれいになったのね。これならばホームも混雑しないし、便利だわ。

定刻通り、イブニングライナー51号がやってきたので乗り込む。事前にチケットを購入していたので、4号車に乗る。どうやらイブニングライナーは前売りと当日売り、更に出発駅で乗れる車両を指定しているらしく、しかも当日売り車両は思いっきり混んでいるが、前売りは混んでいないらしい。事前に購入していて良かった~。イブニングライナーは一路成田空港へと向かう。

空港第2ビルで降りて、出発ロビーへ急ぐ。出発ロビーで事前に送っておいた荷物を受け取って、ジェットスター航空のカウンターでチェックイン。実は今回、ジェットスターからの連絡が事前にあって、格安でCクラスにアップグレードしてもらったのだ。ということで、あっさりと優先チェックイン完了。チェックイン後、急いでauのカウンターへ行き、レンタル携帯電話を受領。受領したところで、Zと合流。

搭乗時間まであまり時間はないので、すぐさま保安検査場へ向かう。検査場はあまり混んでいなかったので、さくさくっと検査は終了。と言っても、めんどくさいのは変わらないんだけどね(涙)。検査の次は出国審査。こちらも混んでいないので、あっさりと通過。
ジェットスターの搭乗ゲートは第2ターミナルのサテライト。ということで、さっさとサテライト行きのシャトルに乗ってサテライトへ。サテライトにある味噌の専門店でとりあえず軽い食事。ちなみに私は仕事の都合上、お昼を一切食べていなかったりする。何時間ぶりの食事だろ・・・。
食事を食べてから、私はラウンジへ。ここでネットに接続して、ブログの更新とメールのチェックをする。そんなこんなをしているうちにあっという間に搭乗時間になったので、搭乗ゲートへ急ぐ。搭乗ゲートに着いたところで、ちょうど搭乗開始。そのまま搭乗する。

飛行機はがらがら。Cクラスは半分以下しか埋まってない。あとでZに聞いたらYクラスもがらがらだったらしい。そんなわけで隣には誰もいないので、ゆったりと座れる。ラッキーだなぁ、ホント。
ウェルカムドリンクのシャンパンを飲んで、しばらくしたら離陸。

離陸後しばらくしたら、夕食。だがさすがジェットスター、機内食はYクラスのものと同じような感じだった(もっともYクラスの食事はオプションだけど)。

唯一Cクラスらしいのは、その後にケーキが出てきたこと、くらいかな。

夕食後、速攻で就寝。深夜便なので、ここで寝ておかないと明日がきついからね。

4時間半後に起床。あと1時間半ほどでケアンズ到着。コーヒーだけ貰って、しばらくぼーっとする。やがて飛行機はゆっくりと降下を開始してケアンズに到着。さてこれから3日間、めいっぱい楽しもう!

成田空港なう


ただいま、成田空港におります。

6月のハワイに引き続き、今日からオーストラリア・ケアンズに行ってきます。
GBRでダイブクルーズに乗ってのダイビングだ~!!

ちなみに相方は今回も留守番です(涙)。

それでは、行ってきます。