モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年3月

仙台&山形で見たおもろいモノ


Post-14863月の3連休の時に仙台と山形で見かけたおもろいモノを一気にどーん。

まずは仙台駅近くの飲み屋の看板。
メニューにご注目。「ドミグラスホルモン」。
味が想像できません(笑)。というか、看板になるほどの名物メニューなのか、これ(涙)。


続いては山形のおみやげ「さくらんぼカレーら・ふらんすカレー」。
#写真がないのでリンクで我慢してね。
秘密のケンミンSHOWで紹介されたそうで、結構売れているらしいんだけど・・・はっきりいって、食べたいと思わない(涙)。

お次も山形みやげ。「玉こんにゃく風ドロップス&いも煮風ドロップス」。これって、マジで作ったのかジョークで作ったのか・・・たぶん後者だろう(涙)。
つうか、なんでもドロップスにすりゃいいってもんじゃねーぞ!!


でもやっぱりこいつが一番でしょう。「チェリーボーイドロップス」(爆)。#トップ写真参照。
なぜ「チェリー」じゃなくって、「チェリーボーイ」(笑)。これをネーミングした担当者は一体何を考えて作ったんだか。これを考えた人には一回会ってみたいよね(笑)。ホント、おもろすぎです。見つけたときは、相方と一緒にゲラゲラ笑っちゃった。

これで仙台編はおしまい。またハワイ新婚旅行に戻ります♪

仙台に行ってきた その3 ~温泉編~


Post-1484さてお酒も堪能したところで、次に堪能するのはもちろん(?)温泉。美味しい食事に美味しい酒に温泉。ああ、これぞ国内旅行の王道。
そんなわけでぷうさんの運転で更に西進。数分後、作並温泉にある「ゆづくしの宿 一の坊」に到着。ここでぷうさんとお別れ。本日はありがとうございました。また4月にお会いしましょう。

宿に入ると、スタッフの方にロビーの長椅子まで案内していただく。お茶と温泉まんじゅうをいただきながら、チェックイン。温泉まんじゅうは色がピンクとの2つ。残念ながらむらさき茶色赤色はもちろん、どどめ色のものはなかった模様(笑)。この温泉まんじゅうが蒸かしたてで美味しい。
予約の時に夕ご飯の予約はしていなかったので、スタッフの方にアラカルト料理が食べられるお食事処「かまど家」の予約をお願いする。ちなみにこの宿にはお食事処が3つと喫茶店が1つ、飲み屋が1つとバーが1つある。あ、宿の外には茶屋もあったな。いやはや、どんだけ大きいんだか、ここ。

チェックイン後、スタッフの方に部屋まで案内していただく。今回泊まったお部屋は「温泉倶楽部」。お茶の間とベッド付きの和洋室である。ベッドはこんな感じ。


一休みしたら、早速温泉♪ ちょうどいいことに雪も降ってきたので、露天風呂で雪見としゃれこむ。
この時間、男湯は「鹿のぞきの湯」と「自然風呂」。ということで、まずは「鹿のぞきの湯」へ。あ、さすがに温泉の写真はないので、宿のホームページを見て下さいな。
ここでゆっくりと寝湯につかる。雪が顔にかかるけど、身体が温かいので雪の冷たさを一切感じない。いやぁこれは風流だわ。
続いて「自然風呂」へ行く。ここはぬるめのお湯が下から湧き出ている温泉。うーん、まったりと暖まるなぁ。

露天風呂を出てから、大浴場内風呂入り口にあるアロマトリートメントに行き、足つぼとふくらはぎのコースの予約を行う。まだ予約時間まで間があるので、一旦部屋に帰ってから、今度は大浴場へ。
大浴場ももちろん温泉。結構広いし、寝湯もある。うーん・・・すごいわ、ここ。身体を洗ってさっぱりして、温泉でじっくり暖まってから、アロマトリートメントへ行く。

まずは右足。足つぼをやると・・・うわ、むちゃくちゃ痛いんですけど。そこはどうやら僧帽筋のツボらしい。うーん、ここがやられているのかぁ。参ったなぁ。そして更にごりごりと・・・、うわ、また痛いところが。どうやらそこは肝臓らしい(涙)。内蔵の機能が弱ってるのね、まずいなぁ。
続いてふくらはぎ。ここにいたっては、もう痛いのなんの。筋肉がごりごりしているのだ。筋肉をちゃんと柔らかくしないと怪我しちゃうよねぇ。
右足終了後は左足。やっぱり同じ結果(涙)。しかもふくらはぎは左の方がひどいらしい。筋肉量は半端じゃないんだけど、その固さも半端じゃないそうな(涙)。いやぁ、痛いよ~。

終わってから、部屋に戻ってまったり。というかふくらはぎの痛みがちょっと残ってるので、まったりするしかなかったという感じ(涙)。20分ほどまったりしていたら、内線電話でお席の用意ができました~との連絡が入る。んじゃ、ご飯を食べに行こう。

「かまど家」でいろいろと注文。山形だだちゃ豆の枝豆に、山形産大豆のお豆腐、牛タン焼、焼き鳥、たこわさ。うん、むちゃくちゃ満足。〆に相方はお蕎麦、私は峠の釜飯と山形芋煮。はぁ~満足。
満足したところで部屋に帰って、まったり。まったりしてから就寝。

翌朝は5時半前に起きて、ひとっ風呂浴びに行く。この時間は男性用露天風呂は「広瀬川源流露天風呂」。さすがに朝早いので、人はほとんどいない。貸し切りだ~。
ここの露天風呂は4つの風呂で構成されている。いずれも熱さや深さが違うので、全部に入る。空は雪がちらちらと舞い、眼下には広瀬川の上流が見える。うーん、すごく贅沢な景色だぞ、これ。
露天風呂を堪能した後は大浴場へ。大浴場で身体を洗ってさっぱり。こっちはさすがに人が何人かいらっしゃったけど、空いているのでゆっくりまったり。はぁ気持ちいいわ~。

入浴後、部屋に帰ってから朝食へ。朝食会場の「なべ茶屋」に行き、まずはにんじんジュースを貰ってから中に入る。朝食は地のもののバイキング。油麩の煮浸しや山形の漬け物、地元産野菜の蒸し野菜などが並ぶ。ご飯はひとめぼれの白米と山形のおかゆ。味噌汁は山形味噌と仙台味噌の2種類。うーん・・・贅沢だろ、これ。ということで、いろいろと食べ過ぎてしまうことに。だって美味しいんだもん。

朝食後、部屋に戻って慌ただしく用意をしてチェックアウト。チェックアウト後、送迎バスで作並駅まで送ってもらう。


いや~、この宿は良かったわ~。温泉もいいし、お部屋もくつろげるし、ご飯も美味しいし。そんなわけで、温泉も堪能したのでした♪

仙台に行ってきた その2 ~お酒編~


Post-1482閖上港で美味しい海鮮料理を食べた後、仙台に戻る。仙台駅近くでこの後所用のあるぷうさんの奥様とお別れしてから、国道48号線「作並街道」に入って西進する。

作並街道に入ってしばらくすると廻りの風景は一変。住宅街があっという間に森林地帯になる。しばらく進んでいくと、目的地のニッカウヰスキー宮城峡蒸留所に到着♪


駐車場に駐めて車から降りると、係員の人が「強風で枝が落ちてきて危険なので、今日の見学は中止です」と教えてくれた。あらら残念。でもゲストホールは開いているとのことなので、試飲&ウイスキーの購入はできる。ということで、ゲストホールへ向かう。
ゲストホールに入って試飲コーナーの受付。ほどなく試飲コーナーに案内されたので、早速試飲。

まずは「宮城峡10年」。氷を入れてロックにして飲む。美~味~し~。マジでこれは美味しいわ。この「宮城峡10年」はもちろんここで作られたシングルモルト。


続いて「鶴17年」。これはブレンデッドウイスキー。これも氷を入れてロックにする。これを飲む前に相方がおつまみがあった方がいいよね、と言ってチーズと牛タンスモークを購入したので、それをアテにして飲む。美~味~し~。


最後にアップルワイン。カクテルみたいな甘いワイン。これも美味しい。


ちなみに私と相方が飲んでいる時、ぷうさんはソフトドリンク。すいませんm(_ _)m。もっとも彼は何回もここに来ていて飲んでいるそうな。しかもここに樽も持っているらしい。それはむちゃくちゃ羨ましいぞ。
その後売店でお酒とおつまみをいくつか購入してから、奥のバーコーナーへ。ここはいろんなウイスキーを飲むことのできるバー。さて何にしようかな・・・あ、これにしよう。

ということで、飲んだのはこれ。「シングルカスク宮城峡25年」。ショットグラスについでいただいたのを飲む。美~味~し~。さすがシングルカスクの25年もの。すごいよ、これ。これは確かにストレートで飲まないと、というような味。至福の時じゃ~。


そんなわけで食べ物に続いてお酒まで堪能。仙台はやっぱりいいなぁ。

仙台に行ってきた その1 ~食べ物編~


Post-1480うちの祖母の百箇日法要が22日に行われた。3連休だし、そのためだけに出かけるのはちょっともったいないよね、ということで、その前日に仙台に行ってきた。

朝8時台の新幹線で出発。乗ったのは「はやて」・・・ではなく「こまち」。なにせ3連休なので、チケットがあるにはあるんだけど、2人掛けの席が「はやて」では空いてなかったのだ。
そんなわけで10時過ぎに仙台着。1時間40分で仙台に着いちゃうんだもんなぁ。ホント、新幹線って速いよね。駅の改札口で相方の大学時代の友人「くまのぷうたろう」さんとその奥様と合流。初めまして~。早速車で移動する。

この日は強風が北日本を吹き荒れた日。東北本線も仙山線も常磐線もぜ~んぶ運転見合わせ。そんなわけで4号線は渋滞中(涙)。強風と渋滞を何とか通過して、車は一直線に目的地へ。
目的地は名取市にある閖上港。伊達藩の港として栄えたところとのこと。そして今も漁港として、朝市として、釣りの名所として知られるそうな。ということで、美味しい海鮮物を食べにここに来たのだった。

古い町並みを抜けて、漁港へ。漁港と運河をちょっと見てから、海産物の美味しいことで有名なお店「漁亭 浜や」へ行く。
開店ちょっと前に入って、さっそく注文。ということで、ここから先はダイエット中の人には目に毒かも・・・。

赤貝丼。赤貝は資源保護のために獲る数が限られているそうで、この丼は1日限定10食程度らしい。なんて贅沢な。


浜刺定食。お刺身がぷりぷりしている~。うーん、これも贅沢だなぁ。


海鮮ちらし。大トロ・白身魚2品・閖上の赤貝・ボタン海老・ホッキ貝・ホタテ貝・ずわい蟹・しゃこえび・生うに・かに身・ネギトロと12品が上に乗っかってる。これもまた贅沢!


あら汁。魚のあらじゃなくって、カニが入っている。しかも丼より器が大きいときてる。マジですかぁ、これ。


そんなわけで、美味しい昼食をがっちり食べちゃった。ぷうさん、ありがとうございます♪

プールでお昼寝~夕食 Nov/2009


Post-1478コンドに戻ってから、ちょっとお休み。お休みしてから水着に着替えて、お昼寝をしにお外へGo!

コンドを出ると、ビーチへ向かうこんな小道へ。


小道を抜けるとカアナパリビーチ。ビーチ沿いの道をちょっと北に歩くと、そこはウェスティン・マウイ。コンドのフロントで貰ったチケットを見せて、ビーチタオルを借りて、適当なデッキチェアでごろん♪ プールがものすごく大きくって、ホント、リゾートに来たって感じだよね。


ここでしばしまったり。まったりして、ちょっとうたた寝してから、アダルト・オンリーのプールへ。しまった、最初っからこっちに来ておけば良かった。ジャグジーもバーもあるんだもん。
そんなわけでジャグジーへ。さすがに夕方近いと若干冷えるもんね。この暖かさはたまらんわ。そんなわけで、ジャグジーで更にまったりしてから、部屋に戻る。

部屋に戻ってシャワーを浴びてから、夕食のお買い物をしに出発。行き先はラハイナ・キャナリー・モールにあるSAFEWAY。車をちょっと走らせれば、すぐ到着。


SAFEWAYで一通り見て廻る。いろいろと見て今日は肉ではなく魚にしようか、ということで、アヒの切り身とリゾットの素とスープの缶を購入。ちなみに前日既にTimes Supermarketsで野菜とかビールなどは買ってあったので、今日はこれだけ。
SAFEWAYを出てから、Longs Drugsに行く。手持ちのアスピリンが無くなりそうだったので、購入。購入後、ちょっとモール内を歩いてから車でコンドに戻る。

コンドに到着後、アヒをソテーにして、リゾットとスープとサラダを(相方が)作って、夕食の出来上がり。うん、このまったり感がたまらない。ホント、リゾートに来たって感じ。その後、ビールを飲みながら、まったりして一日が終了。はぁ今日は長かったなぁ。でも明日も早起きしないといけないぞ~。

サンライズ@ ハレアカラ♪ Nov/2010


Post-1476夜中の2時、仮眠から起床。若干・・・いや、かなり眠い。でもこれからハレアカラの日の出を見ると思うと、眠くても身体はきびきび動く。ちなみにハレアカラは3000mオーバー。だいたい地表より20℃は低いので、夜明け前は0℃近くになる。そんなわけでインナーとアウターを着込んで準備完了。カメラとビデオカメラを持ってフロントまで向かう。

フロントに行ってちょっと待つと、1台のバンがやってきて、「ハレアカラ山頂スター&サンライズトレック」のツアーガイドのヨッシー木暮さんが登場。今日はよろしくお願いいたします。
乗り込むと、既に他のお客さんが何組かとなぜかうちの家族もいる。我々が参加するって聞いたら、ちゃっかり自分たちも参加する~って相乗りするんだもんなぁ。おかげで全部私がツアーの申し込みをする羽目になるし・・・(涙)。
バンはその後、もう1軒別のホテルに寄ってお客さんをピックアップしてから、一路ハレアカラへ向かう。

途中の夜道は真っ暗。前にも書いたが、マウイ島には街灯がほとんどない。なので、夜道は本当に何も見えない。なので、どんなに興奮していても睡魔には勝てないことになる。そんなわけで、途中の記憶は飛び飛び(涙)。いつの間にかバンは山道に入り、ビジターセンターに到着。

ここで高所に行く前の身体慣らしとトイレ休憩となる。外に出ると・・・う、やっぱり寒いぞ。トイレを出てから山の麓方向を見ると、カフルイ・ワイルクの街の明かりがきれい。よく見ると、飛行場らしき場所も見える。うーん、やっぱりきれいだなぁ。


ビジターセンターの前には銀剣草がある。が、今、きれいに咲いている銀剣草があまりないらしく、ここの銀剣草も小さいのがいくつかしかなかった(涙)。


休憩後、バンはハレアカラを登っていく。で、かなり登ってまもなく山頂というところで、星の観察タイムとなり、途中の駐車場に入る。
夜明け近くの夜空は冬の星座が多数見える。オリオン、おおいぬ、こいぬ、おうし・・・。一通りいろいろと見てから、雲がだいぶ麓から登ってきたこともあって再び山頂へ出発。数分後に山頂の駐車場に到着。

駐車場に着くと、既に多数の観光客がいる。道をよく見ると、次々と車がやってくる。もう少ししたら、これはすごいことになりそう。が、このツアーではサンライズをもっといいところで見るために、ここからショートトレック。懐中電灯を持って、駐車場の横にあるホワイトヒルを登る。

ホワイトヒルを登って、その頂上に到着。まだ夜明け前なので、若干暗い。が、だんだんと明るくなってくる。まもなく夜明け。太陽の昇る方向からちょっと南を見ると、マウナケアがくっきりと見える。うん、いいな、この景色。


そしていよいよ日の出。相方にビデオカメラをお願いして、私はデジ一で撮影。うーん、きれいだなぁ。むちゃくちゃ寒いけど(涙)。でもね、すごくきれいなので、寒くても来て良かったと思う。なんかすごいものを見たな、そんな感じ(トップの画像です)

で、ここでヨッシー木暮さんからの指示で火口の縁へ行くことに。風が下から吹き上げるので、落ちることはまずないのだが、なかなか怖いぞ、これ。で、こんな写真を何枚も撮っていただく。撮影の後、見ると・・・うわ、すごくいい写真。構図がいいんだもん。脱帽。


そんなわけで、日の出を堪能したところで、ホワイトヒルを降りる。今日は風が強いので、火口の中のトレックは難しいらしく、別の場所から火口の観察をしますとのこと。降りる途中、地面を見ると・・・あ、氷だ。霜柱もあるし、なんか得した気持ち。


駐車場のところでトイレに入って、山頂に来た証明書(タダ)を貰って、しばし休憩。あ~外は寒いなぁ。休憩後、バンに乗ってカラハク展望台へ向かう。
展望台から火口を見ると、噴火口や火丘、溶岩の流れた後などがくっきり。うーん、これはすごいわ。


駐車場に降りて、観察場所を反対側に行ってみる。ん?なんか動いているぞ。よーく見ると、ネネのつがいがいた。ネネってハワイ全部で数百羽しかいなくって、そのほとんどがハレアカラの火口の奥に住んでいるらしい。なので、ここで2羽も見られるなんて、ものすごくラッキーかも。


その後バンに乗って下山。下山途中は当然のように記憶喪失状態。すっかり眠ってしまった。で、ふと起きたらもう中央マウイのサトウキビ畑の真ん中。その数分後“Dunes at Maui Lani”に到着。ここのクラブハウスで朝食を食べるのである。
既に用意してあるテラス席に座る。すると、うちの親父がクラブショップで買い物をしたいなどと言う。しかもなぜか財布を持ってきてないらしく、私に貸してくれ、と(涙)。かくして、クラブショップで一緒に買い物を付き合わされる羽目に。
買い物後、戻ったところでちょうど朝食が運ばれてきた。ゴルフ場のきれいな緑とマウイのきれいな青空を見ながらの朝食って、ちょっとした贅沢かも。朝食後、ゴルフ場をちょっと見てからバンに戻る。


バンはまた一路西マウイへ。マアラエラから山道に入ると・・・おお、風景がきれいだなぁ。自分が運転してないので、思う存分景色を楽しむことに。海の風景って、きれいだよね。
そんな訳で昼前にコンドミニアムに到着。はぁ疲れた~。でも楽しかった~。ヨッシー小暮さん、ありがとうございました。

皇居ジョギングやりませんか~


いきなりの告知ですが・・・。

3月28日(日)の昼に皇居ジョギングをやりませんか。というお誘いです。ちょうど時期的に桜がきれいなようですので、桜を見ながらのジョギングという、かなり風情のあるジョギングになるかな。

皇居を走ってみたい方、お時間のある方は是非是非参加を~。あ、沿道で桜を見てるだけ、とか花見をやりますってのも、ありにしましょうか(笑)。だって終わったら合流したいし(爆)。
ちなみに今のところ参加メンバーは、海波海波のえちゅと私です。

そんなわけで参加希望者はコメントかメールを下さいまし♪

KAI Waileaに行ってきた! Nov/2009


Post-1473ここんとこ仕事がホントに忙しくって、ブログの更新している時間がほとんど取れなかった。今日はようやく時間ができたので、やっと更新です・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コンドにチェックインをして、荷物を片付けたりしてから、ちょっと休憩。今日の夜に備えて、ビデオやカメラの用意をしておく。夕方近くになったので、ワイレアへ向かって出発。

1ヶ月ほど前。Agooに行ったときに、高野店長から私の結婚式の前にマウイ島のお店がオープンするよって話を聞く。おお、マジっすかぁ。おーし、行くぞぉと思ってたところ、一昨日の結婚式のこと。出席をしてくださった方々の中に、海晴亭の大将もいた。で、大将曰く、明日から数日ほどワイレアにいるけど、お店の方に来ます? とお誘いいただいたのだ。そりゃ、行かないわけにはいかないでしょ。そんなわけで本日、グランドオープン前のKAI Waileaに行くことにしたのだ。

カアナパリを出て、Honoapiilani Hwyを南下。ラハイナを過ぎて、右手に海岸線を見ながら進む。うーん、やっぱり景色がいいよなぁ。オロワルを過ぎてもうちょっと行くと、いよいよ山道。この山道から見る海の景色がいいんだよねぇ。運転していなかったら、ずっと見ていたいほど。途中、旧道(カメハメハⅠ世が作った道らしい)を右に左に見ながら進んでいく。しばらくすると下りに入って、まもなくマアラエア。
マアラエアにあるMaui Ocean Centerを過ぎて、しばらく進んで右折。N Kihei Rdに入る。ここに入ってしばらく行くと左右にサトウキビ畑とシュガーケイン工場が見えてくる。中央マウイに来たなぁ、と実感。で、しばらく行ったところで右折して、Piilani Hwyに入る。
さっきとは打って変わって、左右はキヘイの住宅やショッピングセンターが建ち並ぶ。そんな道をずっとまっすぐ進み、途中で右折。海沿いのS Kihei Rdに入って、また南下。目的地のThe Shops at Waileaに到着。

ホリデーシーズンの前のため、The Shops at Waileaの駐車場はかなり空いている。おかげで建物のすぐ近くに車を駐めることができた。こりゃ、帰りも楽だな。
The Shops at Waileaに入ると・・・うーん、やっぱり人が少ないなぁ。Waileaは本土の人が多く来るリゾートだから、ホリデーシーズン前はこんな感じらしい。で、ちょっとお店を見てから(トップの写真参照)、KAI Waileaへ行く。お店はすぐ見つかった。のれんがあるお店なんて、The Shops at Waileaではここだけだもんね。


KAI Waileaに入って、席に案内される。お、大将がいらっしゃる。ということで、大将と改めてご挨拶。一昨日はどうもありがとうございました。結婚式もレセプションも良かったです。あとは店長の勝山くんとも挨拶。お久しぶり~。
そんなわけでメニューを見て、いろいろと注文。

まずは酢の物。ハワイで酢の物が食べられるとは・・・。


で、お味噌汁。串焼きも食べたんだけど、写真を取り忘れちゃったのだ。


ブラウンライスのカリフォルニアロール。アメリカ人は健康のためブラウンライス(玄米)しか食べない人もいるんだそうで、そのために作ったのだとか。ちなみに私、玄米大好きです。


デザートのパン・デ・アイス。いや、これを食べたのは久々かも。日本の店舗では、既になくなったメニューだもんなぁ。ちなみにこのパンはウィート。スイーツにも健康志向ってのがアメリカ人向けらしいかな(苦笑)。


美味しいものばっかりで二人して満足。

ちなみにこのお店でもまた偶然な出会いが。マークさんという店員さんがいるのだが、この方、日本語ぺらぺら。というか、話し方も接客などもまんま日本人。それもそのはず、この方なんと横浜育ちだったのだ。で、マークさんとラハイナダイバースのAkiyoさんの旦那さんが、インターナショナルスクールの同級生だったのだ。いやぁ、またどうしてこう世の中って狭いんだろうなぁ。

大将と勝山くん、マークさんにお礼を言って、お店を出る。いや、ホントに美味しかったです。来年もマウイに来た時に、食べに来ますね。

The Shops at Waileaのお店をちょっと見てから、帰ることに。帰るときにはすっかり暗くなっていたので、慎重に運転をする。なにせマウイ島にはほとんど街灯がないからねぇ。しかも夜になると、マウイ軍警察のパトカーが網を張っているので(昔、見たことあり)、スピードの出し過ぎは要注意。そんなわけで1時間弱後に、無事カアナパリに到着。さぁとりあえずは仮眠しよう。