Post-1330(前回の続き)結婚式の日程と式場は決まった。しかし実は大事なことを後回しにして、日程を決めていたのであった。それは・・・双方の親への挨拶&報告だったりする(笑)。

普通は双方の親に挨拶と結婚の報告をして、それから式場&日程を決めるものだが、決断がとにかく早い我々のこと、その大事なステップを見事にすっ飛ばしていたのであった(自爆)。

そんなわけでまずは相方のご両親に会うことに。が、相方の母がとにかく心配性らしく、いきなり伝えていきなり会うと、どうなることやら・・・とのこと。「お父さんは心配症」・・・もとい、「お母さんは心配症」なのね。(このネタ、わかるかなぁ!?)
でも、それってオーバーじゃないの。とは思うものの、まぁご両親のことは娘が一番良く知っているわけで、相方の考えに従い、まずはお父様と会うことにした。

で、当日。相方がその前に髪を切りたいとのことで、原宿へ。その前にお昼ご飯を食べるために、表参道のBambooへ行く。なんでも予備校時代によくランチを食べに行っていたらしい。なんか羨ましい予備校生活だなぁ。私の予備校の時のランチなんて、お弁当やのお弁当とかコンビニでおにぎりだもんなぁ。
Bambooに入ったところ、お店が変わってる、と相方が一言。昔はサンドイッチのお店だったらしいが、今はフレンチ系のお店。お店の人に聞いたらどうやら業態を変更したらしい。なるほどねぇ。メニューを見ると、サンドイッチのランチもあったので、それを注文。これがまた美味しい。うん、ここのお店、なかなかいいかも。外観も内装もいいしね。金額もそれなりだけど。

その後、表参道ヒルズKIDDY LANDを見てから、相方の御用達の美容室へ。相方が髪の毛を切ってもらってる間、私はTVを見る。30分ほどで終了。美容師さんに挨拶をして、いよいよお父上のところへ向かうことに。

明治通りをちょっと北上して北参道駅から副都心線に乗り、雑司が谷駅まで。そこで都電荒川線に乗り換えて飛鳥山へ行く。私は都電はそこそこ乗っているのだが、相方は始めて乗るとのこと。乗ってみたら、のんびりした雰囲気がいいね、と結構気に入ったらしい。

飛鳥山公園に入って、階段を登る。登ってちょっと進むと目的地。今日は相方のお父上がここにいらっしゃるそうな。中に入ると、いきなりお父上がいらっしゃった。まずはご挨拶。いやぁやっぱり結構緊張するよねぇ。端から見たら、そうは見えなかっただろうけど(笑)。いくら図太い私でもさすがに緊張はしてるんだよ(笑)。
だってねぇ、お嬢さんとお付き合いさせていただいてます。なんてのを、面と向かって言うわけだよ。そりゃ緊張もするってばぁ。こればっかりはこの年齢になってもどうしようもないよね(苦笑)。

ご挨拶をした後は、少しお話をさせていただく。なんだかんだで30分ほど。結構緊張したなぁ。絶対に周りからはそう見えなかっただろうけど(涙)。

ご挨拶をして、帰ることに。ふ~、まずは最初の関門を通過したのかな。次はいよいよお母上へのご挨拶か・・・。ということで、第5話に続く。