夜中にスカパー!セルティックvsアバディーン戦が放送されたので見る。
火曜日に日本代表戦があったためか、俊輔はベンチスタート。セルティックの中盤はキーン、レノン、ペトロフ、マロニーの4人でスタート。
対戦相手のアバディーンはこの数試合負けがないという好調なチーム。なので、苦戦は予想されたが、その予想が的中。アバディーンは中盤からプレスを積極的にかけてくるし、最終ラインがきっちりとシュートコースを切ってくるので、パス回しで崩しても崩しきれない。結局前半は0-0のまま終了。

後半に入ってもなかなか崩せない。で、ついに後半18分に俊輔投入。しかもFWハートソンとの交代出場。
これによって、セルティックがサイド攻撃を意識するようになり、アバディーン守備陣を徐々に崩し始めて、ついに21分にペトロフのゴールで先制。そこから先は怒濤の攻撃。終わってみたら、マロニーとズラウスキーも得点を上げて3-0の快勝。しかも完封。
疲れからか俊輔の動きはそこそこなんだけど、やっぱりいるだけで違うんだろうなぁ。俊輔投入後、チームの動きが変わったからなぁ。やっぱり俊輔は日本最高の選手だと思う。