モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2005年8月

朝の便で帰国~


Post-12草木も眠る丑三つ時。しーんとしたホテルの部屋で、リーンリーン。

HISからのモーニングコールっていうか、目覚ましコールでした(涙)。
まぁほとんど仮眠状態だったので、すぐ目が覚めましたよ。で、シャワーを浴びて残りの荷物もパッキングして、ロビーへ。
ホテルの中はしーんとしている(当たり前)。そんな中、スーツケースの転がる音がゴロゴロゴロゴロ・・・。ちっとも詩的じゃないなぁ。

3時30分にロビーに降りるとHISの小型バスが迎えに来た。乗り込むとすぐに出発。20分弱で空港に到着。
ここでチケットを貰い、チェックイン。チェックインしながら、コンチネンタル航空のお姉ちゃんと英語でいろいろお話。別にナンパしてたわけじゃないよ。
で、チェックイン終了後、荷物を預けて、検査場へ。
靴を脱いで、金属製品を外して・・・とお決まりの検査。もうね、なれちゃったよ。面倒なのは相変わらずだけど。

ターミナルの中に入ると・・・4時30分だってのに、もうお店がやってる。ここのGalleriaっていつ休んでるんだろう・・・。
とりあえず時間があるので、お店をいろいろと見てみると、Made in Guamのクッキーがあったので、購入。
M尾はクレイジーシャツのTシャツを何枚か買ったらしい。

買い物が終わってもまだ時間はたっぷり。しょうがないので、ぶらぶら歩く。フードコートも営業中。もしかして不眠不休ですかぁ?
食べる元気もないので、とりあえず水だけ買って席について、ぼ~。

搭乗時間近くになったので、ゲートまで移動。途中のニューススタンドで暇つぶし用の雑誌を探したが、いいのがない。しょうがないので、そのまま搭乗ゲートまで向かい、さっさと搭乗する。飛行機の中は意外にがらがら。空いてるじゃん。
ふと外を見ると、ちょうど夜明け。うわ、すごくきれいじゃないの。ということで、離陸までの時間、ひたすら窓越しに写真撮影。

写真撮影も終わった頃、離陸。うん、グアムは良かったな。潜りに行くには最適だわ。また行くよ~。
飛行機の中では音楽をずっと聞き続け。あまり眠れないので、まぁこればかりはしょうがない。
3時間30分後、成田に着陸。タラップで降りて、バスに乗り込むという最近ではあまり見られない降機スタイル。ちょっとうれしい。
がらがらの入国審査を通過して、荷物を受け取って、税関を通過して、荷物を宅配業者に預けて、スカイライナーに乗る。
全然違う風景に日本に帰ってきたことを実感。

1時間後、日暮里で降りてM尾と別れて、自宅に帰る。あ~面白い旅行だった。

ひたすらドライブ


Post-11今日は朝7時30分起き。昨日までと全然違うねぇ。眠くないってやっぱいいわ。
外を見ると、きれいな青空。あぁやっぱ南の島だなぁ。
またまた例によっての朝食。もう内容は書かない。っていうか書いたところで、同じ内容だもん。意味ないじゃん(涙)。

用意をして9時にロビーに降りる。ほどなくニッポンレンタカーさんの送迎バンが到着。今日はレンタカーを借りて島の南側をドライブして、午後からはお買い物、という予定。
バンに乗って、レンタカーの事務所に行く。ここで車を借りて、さぁドライブだ。

まずはマリンドライブ沿いにひたすら南下。まずはハガニアへ。
ここはグアム政庁があるグアムの政治の中心地。で、いろんな観光ポイントがあるので、ここでじっくり観光。ハガニア大聖堂パシリカやヨハネ・パウロ2世の像、スペイン広場などを歩いて回る。
スペイン統治時代からの歴史的遺物ってのはやはり風格があるね。

ハガニアを後にして、更に南下。ここから先は景色がいいところに出たら降りて写真撮影。こんな感じで順調に南に下っていく。ちょっと曇っているけど、景色は十分にいい。海はやっぱりいいよね。ホントに写真の被写体として面白いわ。

南に行くと山がちの景色になるが、各集落ごとに教会があって、結構撮影も楽しい。
スペイン人宣教師がカトリックの伝導をしてからグアムはカトリックの島になったため、古い教会などが結構あるのだ。

やがて最南端を越えて道は東海岸沿いを北上していく。山と海との風景はやはりいいね。ドライブ開始から2時間半でグアム大学の近くまでやってきた。グアム大学はミクロネシア唯一の総合大学だそうで、キャンパスは結構大きそうであった。

グアム大学を過ぎてから、西の方向に車を向けて空港の横を抜けて、タモンの方向へ車を進めた。
いよいよ今日の2つめのイベント、お買い物の開始である。

やっぱりショッピングでしょ。


Post-10車は12時半頃にグアム最大のショッピングモールであるマイクロネシアモール に到着。
まずは昼飯。ということで、車を駐車場に止めて2Fのフードコートへ。
さて何を・・・と思って一通りみる。イタリアン、飲茶、日本食、といろいろある。
やっぱりバーガーキングにはお客さんが多いな。あ、コリアンBBQのお店だ。コリアンBBQはハズレが少ないよな、ということでコリアンBBQのアリランでBBQカルビを買う。

注文してから肉を焼くので、出てくるまで数分ほど待つ。出てきたので、早速テーブルまで持っていって食べる。やはりコリアンBBQのプレートランチはハズレが少ないな。これはいける。
他にこのフードコートにはハンバーガーのチェーンであるCarls Jr.もあったので、後ほど食べに行こうっと。モーハのシンゴがモーハで書いていたけど(正確にはすがっちさんが言ってたらしい)Carls Jr.がチェーン展開しているハンバーガーショップの中では一番うまいんだそうだ。

さてがっちり食べたので、早速探索。まずは2Fから。
Bestsellerという本屋を発見。とりあえずいろいろ見て回る。M尾は9月にメキシコに行くそうで、メキシコのトラベルガイドを探していた。
次はお隣の雑貨系のおみやげものを扱っているお店。ついふらふらとボージョボー人形を買ってしまう。それサイパンのみやげだろって、つっこみはこの際なしね。
他はCDショップでマイルス・デイビスのCDを買って、1Fへ。
まずは99セントショップ。日本の100円ショップみたいなものである。まぁなんか掘り出し物でもあれば・・・と思ってみたら、うわ、WWEのバンドエイドがあるぞ。箱にはストーンコールドの写真が印刷されている。これは買いだわ。
次はFootLocker。サンダルとスニーカーを探す。うーん・・・スニーカーはいいのがないなぁ。サンダルは・・・お、ナイキの結構いいサンダルがあるぞ。サイズは問題なしだし、ということでサンダルを購入。今履いているのは捨てようっと。
クレイジーシャツ。ここのシャツのデザインが好きなんだよなぁ。ということで、いろいろと見てサメのデザインのTシャツを購入。M尾もいろいろと見たあげく1枚買ったらしい。
クイックシルバー。妹からTシャツを頼まれていたので、ロキシーのTシャツを購入。私はクイックシルバーのTシャツはもういいかな。結構持ってるし。

ここまで回ったら、あ、もう3時半じゃん。ということで、2FのフードコートのCarls Jr.でハンバーガーを食べる。うん、やはりうまいわ。バーガーキングより確実にうまい。え?アトキンス・ダイエットはどうなってるって?聞くな(涙)。

食べ終わったら、駐車場に行って、次のお店へ。
次のお店はKマート。2日目の夕方に行ったけど、今日は前回買わなかったおみやげを買うのが目的。さぁ早速巨大ショッピングカートを持ってGo!
まずはプリッツ・ココナッツシロップ味。キティちゃんと並んで、ある意味定番のおみやげ。他にはちょっとした食べ物を少々。
最後にファーストエイドキット。自宅にそういったキットが一つもないんで、欲しかったのだ。何種類かあったが、一番使いやすそうなタイプのものを購入。

この時点でもう4時半。時間が経つのは早いなぁ。でもまだまだ行くぜよ。
ということで、次はグアムプレミアムアウトレット(GPO)。目的はもちろんナイキのお店。
まずはスニーカーをもう一度見る。デザインも価格もいいよな、ということで試し履きさせてもらうが、今一つしっくりこない。うーん、今回はスニーカーはあきらめかな。でも他にもっと買いたいものがあるからいいか。ということで、前回惚れたナイキのフライトシャツとウィンドブレーカーを購入。フライトシャツはいつ見ても格好いいわ。もう最高。
お次はスポーツショップ。スポーツ用具が結構揃ってて、これはなかなかいいお店だな。スニーカーもあるしね。でも、欲しい感じのスニーカーはなし。残念。
その後、本屋に行ってみる。う、クーラーが寒い。この寒さはいったい何・・・。で、この寒さのせいか腹をこわす。むちゃくちゃ痛いわ。やばっ。
ということで、本屋を早々に後にして、トイレへ。とりあえず落ち着く。
最後はロス・ドレス・フォー・レス。服がメインのアウトレット店。サイズがあえば掘り出し物が見つかるかもしれないお店。ただしあると思っていくとがっかりすることが多いので、ないと思って探す方がいいかも。ということで見てみると、やはりいいのは見つからない。ま、しょうがない。

おお、もう6時過ぎじゃん。ということで、ホテルに戻る。

最後の晩餐


Post-9明日の明け方の便で帰国するため、今晩が最後の晩である。
しかし二人とも疲れていたので(特に胃腸が)、近場のファミレスですましてついでにレンタカーのガスもいれるか、ということで、適当に車を走らせる。
オンワード・ビーチ・リゾート を過ぎたところで、ふと右側を見るとシャーリーズコーヒーショップがあったので、よしここにしよう、ということで、中に入る。

その名の通り、カフェではない、いわゆるアメリカのコーヒーショップ。つまりファミレスみたいなお店である。うん、これなら、ちょっと軽めに食べられる。
ということで、ハンバーガー。こういうお店のハンバーガーは結構美味しいだろうと思ったからである。待つことしばし。出てきたのは、チェーンのハンバーガーとは違う、大きめの美味しそうなハンバーガー。う~ま~し~。これはうまいわ。
締めはコーヒー。これもいい感じのコーヒー。

最後の晩餐がアメリカンなコーヒーショップ。うん、満足だ。
さぁ車のガスを入れに行こうっと。ということでマリンドライブを北上。Kマートの向かい側にあるガソリンスタンドがまだやっていたので、そこに入る。
このGSはセルフではないタイプだったので、給油はGSのお兄ちゃんにまかせる。給油完了後、コンビニも兼ねているレジの方に向かう。ここで支払いついでに水を1本購入。
さぁこれですべて完了。マリンドライブを南下してホテルに戻る。
明日は夜中3時30分にロビーに集合なので、2時30分には起きなくてはならない。必然的に仮眠なんだけど、まぁしょうがない。さっさと仮眠をしようっと。

イルカさん


Post-8今日も朝は全く昨日と同じ。同じ時間に起きて、同じ時間に同じ場所にご飯を食べに行く。
食べたものも全く同じ・・・いいのか、それで。

7時35分にロビーに降りたら、ほどなくGentlyBlueの送迎のバンが到着。今日はパレスホテルから乗り込むお客さんがもう1組。彼らは今日からOW講習だそうだ。お互いにご挨拶をして、バンに乗り込む。バンはまっすぐにショップへ。

8時ちょっと前にショップのあるホリディ・プラザ・ホテルに到着。プールサイドでブリーフィング。今日は2ボートのファンダイブ。だけどそれだけでは面白くないので、PPBボートのSP講習も併せて実施してもらう。
ちなみにM尾はOW取得後の初ファンダイブということで、結構楽しみにしていた模様。
今日のイントラはIsaさん。で、ファンダイブのお客さんは・・・我々含めて5人だけ???(しかも1人は付き添いでシュノーケリングのみの小学生)
ブリーフィング後、バンに乗り込みアプラ湾のボートハーバーへ向かう。

20分ちょっと後、ハーバーに到着。かわいいネコがお出迎え。あまりにかわいいので、しばらくネコと遊ぶ。
今日のボートもダイブ専用ボート。だがお客さんが5人しかいないということで、小さなボート。一応屋根はあるけど、モーターボートより2回りほど大きくした程度。なのに、エンジンが2発搭載。これは速そうだ。
乗船後、ボートのブリーフィング。昨日とは違うタイプなので、細かく聞いておかないとね。

ブリーフィング後、出航。ボートは思っていた以上に速い。いや、これは楽しいわ。すぐにポイントに到着してしまうので、さっさと準備をする必要がある。慌ただしく準備。
ポイントに到着後、早速エントリー。今日はボートが小さいのでバックロール・シッティングでエントリー。このエントリーもなかなか楽しい。うん、ボートは楽しいな。
エントリー後、そのままフリー潜降。うわぁ、海の色がきれい。

1本目はThe Crevice。その名の通り、割れ目(クレバス)のあるポイント。
ここもすごくきれいな青色の海。ホントね、青ってホントに美しい。この青だけでも潜る価値があると思うな。
私は最大で25mくらいまで潜る。M尾はOWダイバーなので18mでストップ。クマノミとかを見ながら、ゆっくり泳ぐ。青色と魚のきれいな色のコントラストがきれい。
ちなみに透明度は25m。
50分後にエキジット。今日はドリフトではないので、そのままボートに上がる。
ちなみにSP講習はボートだったので、海中での講習はなし。

水面休息時にイルカウォッチング。今日のボートは小さいのでかなり小回りが利く。そのため泳いでいるイルカさんにかなり近づいていく。イルカさんが目の前にゆっくりと泳いでいる・・・。もうね、感動。すごく感動。いつかイルカさんとスキンダイビングをしたいな。

ボートは再びポイントへ向かう。しかしホントにこのボートは速いわ~。風も気持ちいい。
ポイントに到着してから器材を装着して、エントリー。
エントリー後、潜降する前にちょっと海の中を見てみたら、あ、バラクーダがいる。
1匹だけだったのだが、水深2mほどのところを泳いでいた。ラッキー。

2本目はHap’s Reef。透明度は1本目と同じで25m。
PPBのSP講習だったので、途中で海中で中性浮力の講習。無重力って面白いよね、ホントに。宇宙遊泳もこんな感じなのかなぁ・・・。
ここはクマノミがいっぱい。やっぱりきれいだし、かわいい。水深が最大で16mなので、ホントにのんびりとしたダイビングが楽しめた。
56分後エキジット。あ~面白かった。

ボートは帰りもまたものすごい速度で走る。波しぶきが豪快にあがって実に楽しい。
すぐにハーバーに到着。到着して器材をおろしたら、さっきのネコが待っていてくれた。撫でてあげるとうれしそうに目を細めるのがかわいい。

片付け終わった後、バンに乗って北上、ショップの方へと戻る。

腕がだるいっす。


Post-7今日は2ボート+ジェットスキーを申し込んでいたので、ショップに戻らずに途中のアルパン・ビーチ・クラブで降ろしてもらう。ここでジェットスキーを行うためである。
私の器材は後でショップに取りに行くことにして、お金と着替えだけを持って、アルパン・ビーチ・クラブへ。
ここはハガニア湾の北側にあるウォータースポーツを楽しむための施設。景色もよく、なかなか楽しめる場所・・・らしい。

ジェットスキーまでまだ時間があるので、まずは昼食。一応食べ放題なのだが、メニューがカレーに焼きビーフンに鳥の唐揚げにサラダじゃあ、私が食べられるのは鳥の唐揚げとサラダだけ・・・(涙)。食べていると、ココナッツシロップの飴を作るデモンストレーションをやっていたので、ちょっと味見をさせてもらう。さっぱりした甘さで美味しかった。

食後、時間になったので、ジェットスキーのブースへ。
ライフジャケットとマリンシューズを履いて、ブリーフィングを受ける。30分程度の時間、コースを何周もぐるぐる回ってくださいとのこと。ブリーフィング後、早速コースへ向かう。
コースまではカヌーで行ってください、ということなので、カヌーを借りてえっほえっほと漕いでいく。が・・・ただでさえ思いっきり浅瀬でしかも引き潮。こんなんに乗るより、歩いた方がよっぽど速い(涙)。かくしてカヌーを持って引っ張りながら、コースまで歩く羽目になった(嗚咽)。

コースに到着。ここでジェットスキーを借りて、さぁ出発。ここで借りることができる機体は初心者用にフロートが付いているので、まずひっくり返ることはないので安心。

まずは思いっきりエンジンを吹き上げる。すげぇスピード。楽しいぞ、これは。が・・・最初のうちはカーブがかなり難しい。競艇の選手ってやっぱすげえんだなぁ。
慣れてくるとスピードを出したまま、カーブも曲がれるようになるが・・・腕が・・・痛い!!
もうね、すごく腕の筋肉を使うんだわ。もう痛いのなんの。でもスピードの快感の方がいいので、腕の痛さは我慢できるかな。
更にスピードを上げると、M尾の引き波にはまる(涙)。ヤツはさっきからモンキーをやろうとしているし。私は私で全速ターンをやっているわけだから、ほとんど競艇みたいなノリである。バカ。

30分後、終了。ジェットスキーから降りると・・・腕が痛いわだるいわ(涙)。この状態でまたカヌーを引きずったり途中で漕いだりしながら、ビーチまで戻る。あうあうあう。
ビーチに戻ってからシャワーを浴びて着替える。帰りのシャトルバスの時間まで多少時間があるので、その辺をふらつく。ケージがあったので中を見るとチャモロオオトカゲがいた。なかなかグロテスクで面白いヤツ。かわいくはないけどね。

シャトルバスの時間になったので、シャトルバスに乗り込み、ホテルへと戻る。

タモンでの最後のお買い物。


Post-6シャワーを浴びて、GentlyBlueに器材を取りに行く。ホテルからバスでGPOへ行き、そこで別のバスに乗り換えてショップまで向かう。
しかし・・・ホテルのところにちっともバスが来ない。もともとパレスホテルはちょっと奥まったところにあるので、バスの便が極端に悪いのだが、それにしてもこれはないだろうって感じ。
待つこと20分以上。ようやくバスがやってくる。GPOまで行って、すぐに乗り換え。乗り換える先のバスはすぐに来た。GPOは便利だなぁ。

ショップに到着して、メッシュバッグと器材を受け取る。プールサイドで乾かしてくれていて、感謝感謝です。帰りはIsaさんがバンで送ってくれた。ありがとうございます~。いろいろと面白いお話が出来て楽しかった。

ホテルに戻ってから、再度出撃。行き先はタモンの中心部。またまたGPOまで行って、乗り換えてDFSGalleriaへ。まずは他のお店も見て行こうってことで、Galleriaの向かい側のThe Plazaへ。

まずはハワイでおなじみのABCストア。すごく混んでいる。うーむ、面白いのを見つけるのが一苦労かなぁ、と思ったけど、あっさり見つかる。
まずはリポビタンD。英語のラベルってのが泣かせる。
キティちゃんのデザインのカルピスウォーター。なぜにキティちゃんなのかわからん。しかもなぜにグアム&サイパン限定。謎ばっかり。
キティちゃんのグアム・サイパン限定の携帯ストラップ。お約束。
ちょっとここでは文字に出来ない「実用」グッズ。なぜ振動機能がついているんだ。意味がわからん。
まぁいろいろと面白いのが見つかったので、とりあえず次の店へ。

セブン・イレブン。セブン・イレブンのTシャツやトートバッグがあったりして、なかなか楽しい。淹れたてのセルフのコーヒー販売コーナーがあるのもアメリカ系のセブン・イレブンのお約束。ABCは混んでるけど、こっちは空いているのがいいな。
その後The Plazaの中に入って、サーフショップやフットロッカーを見て回る。うーん、今一つ食指が動かないなぁ。

一通り見たので、オハナ・オーシャンビュー・グアムにあるチャモロ亭へ。その名の通り、チャモロ料理の専門店。ついでに店の名前を見てわかる通り、完全に日本人向け。客は日本人しかいなかったし。
例によって私はダイエットコーク、M尾は一昨日のに味をしめたらしくチャモロパンチ。相変わらず色があざやか。うーむ、体に悪そう(涙)。
料理は適当に野菜系と肉系と魚貝系を選ぶ。すいません、何を頼んだか完全に忘れてるんで、詳細は聞かないで(涙)。
料理はなかなか美味しい。けど量が多い。かなり腹がきつくなる(そういう記憶はある)。

食べ終わった後、さぁ買い物開始。まずはマリーズヘルスへ。ワイキキに本店があるサプリのお店。ここでダイエット用のサプリとビタミンBを大量に購入。M尾はプロテインや整形外科関係で使うサプリを大量に購入。うーむ、かなりの荷物になってしまった。
その後、JPスーパーストアへ。一昨日見つけたクッキーとかフレーバー緑茶などのMade in Guamのばらまき用おみやげを購入する。うーむ、更に荷物が増えてしまった。

お次はABCストア。先ほど見つけた面白いものを購入しようっと。
まずはお約束のキティちゃんの携帯ストラップ。日焼けしたキティちゃんがよろしい。
あとはキティちゃんのカルピスウォーター。何故キティちゃんなのかの疑問はちっとも解けてないけど(涙)。

最後にDFSGalleria。一昨日目星をつけたMade in Guamの石鹸とバスソルトの詰め合わせを買う。詰め合わせを買ったからか、レジで石鹸を一つおまけしてもらう。ラッキー。他にMade in Guamのものを探すがいいのがあまり見つからない。ま、いいか。もう既に十分おみやげを買ったしね。
ショッピングバス乗り場に向かいがてら、免税店などを見て回る。買う気は全然ないけどね。で、またまたTUMIへ。M尾は一昨日見つけたディパックがかなり気に入ったらしく、店員さんといろいろと話をして結局購入。いい買い物をしたな。
その後ショッピングバス乗り場に向かい、ホテル行きの終バスで帰る。
明日はダイビングじゃないので、少しゆっくり眠れるかな?

初ボート


Post-5今日も朝は全く昨日と同じ。同じ時間に起きて、同じ時間に同じ場所にご飯を食べに行って・・・。あ、食べたものが少し違った。目玉焼きの代わりにオムレツを食べたってくらいだけど。

7時35分にロビーに降りたら、ほどなくGentlyBlueの送迎のバンが到着。ご挨拶をしてバンに乗り込む。バンはすぐに発車、まっすぐにショップへと向かう。

8時ちょっと前にショップのあるホリディ・プラザ・ホテルに到着。プールサイドでブリーフィング。今日はAOW講習の2日目。ファンダイブ組と同じボートに乗って、ボートダイブディープダイブを行う。昨日一緒に潜った方々も今日はファンダイブということで、今日もまた一緒に潜ることになり、お互いにご挨拶。

ブリーフィング後、M尾たちOW組はアヤさんのピックアップトラックでビーチダイブへ。我々ボートダイブ組は総勢で20名近くいたので3台のバンに分乗し、アプラ湾にあるボート乗り場まで向かう。
20分ちょっと後、バンはボートハーバーに到着。ボートはダイブ専用ボートであった。私にとってはこれが初のボートダイブ。わくわくどきどき。
ボートに乗船後、ボートについてのブリーフィング。消火器の場所、救命ボートや救命胴着場所、トイレの場所などの説明を受ける。
ブリーフィング後、いよいよ出航。ボートはアプラ湾外へ向かう。ボートがポイントに着くまでの間にタンクに重器材をセットし、軽器材をシートの下にしまう。
ポイントに着くちょっと前にウェットスーツを着て、ダイブポイントについてのブリーフィングを受ける。なんと今日は2本ともドリフトダイブとのこと。初ボートが初ドリフトとは!また1本目に私はディープダイブの講習を受けることに。イントラはノマさん。
いよいよポイントに到着。海はものすごくきれいな青色。この時点で気分はかなり高揚。慌ただしく重器材と軽器材を装着して、ジャイアント・ストライドでエントリー。海に飛び込んだ時の楽しさといったら・・・。もうね、この時点でイっちゃってたと思うよ、私の頭の中は。

1本目はBlue Hole。
ボートダイブポイントがグアムで一番有名なブルーホール。今から考えるとすごいことだよね、これ。この時はもう初ボートダイブの興奮状態だったから、そんな考えまで頭が回らなかったけど。
さすがにこの時は初めてのボートダイブなので、ロープに掴まりながら潜降。海面から見た海もきれいだったが、海中は更に美しい。青ってなんてきれいな色なんだろう・・・。この色を体験することができるのはダイバーだけの特権だよね。
たぶんね、このダイブが私の人生を変えてしまったような気がする。

ちなみにこの日の透明度は25m。これでもちょっと濁っているらしい。
潜降したところにあるのが、ブルーホールと呼ばれる洞窟。洞窟の中から見るとハート形の穴から光が差し込むという実に美しいところ・・・らしい。らしい、というのは、まだ経験本数が少ないので洞窟の中には潜らせてもらえなかったから。残念。洞窟の入り口から奥を見ただけになってしまった。
この洞窟の入り口付近がだいたい深度18mくらい。ここから少し沖のところに行ったあたりで早速ディープの講習。深いところでは赤色が吸収されて見えることや水圧の大きさを学ぶ。
講習後は流れに沿って、泳いでいく。クマノミを見たり、いろんな魚を見たり・・・。なんかあっという間の50分。最後は3分間の安全停止をしてからエキジット。ドリフトダイブなので、海面で浮かびながらボートが拾ってくれるのを待つ。

ボートに上がって、重器材と軽器材をはずして休憩。GentlyBlueでは水面休息中にイルカウォッチングをするとのことで、ボートは南の方向へ向かう。10分ほどでイルカさんがいる海に到着。おお、いるいる。何頭もいるぞ。彼らはゆっくりと海面と海中をいったりきたりしながら、泳いでいた。ボートはエンジンを切って、そっと彼らの近くに寄っていく。
イルカってやっぱりかわいいよねぇ。
20分ほどイルカさん見物をしてから、ボートはまた北上してポイントへと向かう。

2本目はBarracuda Rock。
2本目はボートダイブの講習だったので、海中での講習はなし。ということで、今度はデイブがガイドをする中級者組に入ることになった。
ここもすごくきれいな青色。透明度は15mくらいとちょっと悪かったけど、それでも十分にきれい。
潜降してからゆっくりと流れに沿って泳ぐ。デイブがいろんな魚を見せてくれたので、40分が短く感じた。しかもウミガメも見られたし、満足!
最後に安全停止をしてエキジット。今回も海面でぷかぷか浮きながらボートを待つ。これでAOWをGet!!

ボートに上がってから、お片付け。ボートが港に戻るまでの間に軽器材と重器材とウェットスーツをメッシュバッグにしまう。
ハーバーに到着して、メッシュバッグをピックアップトラックに乗せてから、バンに乗り込む。バンはショップへと向かう。
20分後にショップに到着。器材を洗った後、また器材を預ける。その後、お昼を食べながらログ付け。昨日と同じようなお弁当(涙)。おかずだけ食べて終わり。しくしく。
その後、デイブにホテルまで送ってもらう。バンの中でドッグレースを当てるコツを教えてもらう。今晩行く予定なので、是非とも参考にさせてもらいます。

ドッグレースで一儲け?


Post-4ホテルに戻ってからシャワーを浴びて、ちょっと休憩。今日の午後は夕方前にグアム・プレミアム・アウトレット(GPO) に行ってお買い物をしてから、ご飯を食べてその後にドッグレースへ行く予定。

ということで3時頃にバスに乗って、GPOへ。GPOはホテルの近くなので5分もかからず到着。まずは入ってすぐのナイキのお店へ。M尾は今日もバッグ探し。私はスニーカーが古くなったので、新しいスニーカーを探す。スニーカーは結構あったので色と形がいいのを探す。うん、いくつかいいのがあったな。明後日にまた来るつもりだから、その際に買おうかな?
他には何かないかな・・・と見たら、なんとUS Air Force仕様のナイキのフライトシャツがある。かっこよすぎ。一目惚れしてしまった。明後日は絶対に買うぞ。
ちなみにM尾はちょっとした巾着を見つけて、買っていた。

次にリーバイスへ行く。ジーンズの半ズボンが欲しかったので探すと、お、あったあった。早速いくつかを試着。ちょっとウェストが大きいけど、腿周りがちょうどいい大きさのがあったので、それを購入。
試着~購入まで店員さんたちと英語でいろいろ話していたのだが、お店を出るときに「あなたの英語はわかりやすいです。英語の勉強をされているのですか?」と言われた。英語の勉強をしているので、そう言われるとすごくうれしい。

次はフェイマス・フットウェアへ。M尾がサンダルを買いたいということなので、サンダルをいろいろと探す。私は私でスニーカーを見て回る。うーん、あまりいいのがないなぁ。M尾もいくつか履いてみたが、結局いいのが見つからず。

時間がだいぶいい時間になってきたので、外に出てコールド・ストーン・クリーマリーへ。ダイエット中だってのに、何を食べにいくのやら。でも、ここはおいしいからしょうがないよねぇ、と自己弁護。ヨーグルト系のアイスにストロベリーとマカデミアナッツのトッピング。う~ま~し~。でも量が多い。うーん、夕食前にこれはまずかったかなぁ・・・。
アイスを食べた後、PCアウトレットへ。何があるかな~と見てみたら、あまりいいのがない。がっくり。

その後、やっぱりいい肉を食べたいよねぇってことで、GPOの近くにあるLonestar Steakhouseへ。ここは全米チェーンのテキサススタイルのステーキハウス。GentlyBlueのアヤさんもここは美味しいよ、と言っていたのでかなり期待。
リブアイ・ステーキを注文。サラダとスープを食べながら待つことしばし。来たのはこちらの期待を上回る分厚さと大きさのステーキであった。
まずは写真に撮ってから、食べる。うまい。うますぎる。昨日のT.G.I.Fridaysよりはるかにうまい。これだったら観光客にも結構受けるだろうなぁと思って見てみると、アメリカ人はかなり多いけど、日本人観光客はほとんど見ない。英語しか通じないのと中心街から離れているからなのかな?もったいないよ、こんなに美味しいお肉を食べないなんて。ここはおすすめだわ。

Lonestarを出てから、食後の運動も兼ねてドッグレース場までの2kmほどを歩く。途中にHornetというスポーツショップがあったので、時間もあるし面白そうなので寄ってみる。サッカーの各国代表やクラブチームのレプリカがあったりして、なかなか面白そう。探してみると、なんとリーベルのレプリカまであった。M尾が早速それを購入。ここ結構あなどれないわ~。

お店を出て更に歩く。教会を過ぎてまもなくドッグレース場に到着。近くに来ると犬の臭いがちょっと臭い。まぁでもそれはしょうがないか。相手は犬だもんね。
早速入場。ちょうど第1レース開始の時刻であったので、早速犬券を買う。
さてデイブに言うところのドッグレースを当てるコツだが、割と簡単な方法である。レース前に犬を見せるのだが(競馬のパドックのような感じ)、その際に前の犬にちょっかい出したり、おしっこしたり糞をしたりする犬は興奮していることが多いので、その犬の犬券を買う、だそうである。
早速実践。すると・・・デイブの言う通り。当たるわホント。ただし連勝は難しい。オッズも結構低いし。興奮している犬の単勝を何点か買う方がオッズ面からもかなりいいようだ。
結局終わってみたら、私とM尾で数十ドルの儲け。うん、これはよかったぞ。帰りはお大尽にもタクシーに乗って帰る。って単にもうバスがないだけなんだけどね。
明日も早いのでさっさと寝ることにする。明日もボートだぁ!!

AOW講習初日


Post-3朝6時15分起床。夜中に到着したので結構眠い。ふわわわわ~。
眠いけどダイビングのためだ。布団から起きあがって、シャワーを浴びて用意をする。メッシュバックに軽器材が全部揃っていることも確認。よし、大丈夫。
ふと外を見たら、朝日をたっぷりと浴びたきれいな海の景色が見える。眠気が完全に吹っ飛ぶ。

7時に朝食を食べに部屋の外に出る。さすがに朝が早いのでホテル内は静か。
ロビーに奥にある「パームガーデン」というカフェレストランに向かう。ここはビュッフェスタイルの朝食が食べられるお店であった。アトキンス・ダイエッターの私としては、ビュッフェスタイルはありがたい限り。目玉焼きとベーコンとハムに大量のサラダをがっちり食べる。
ちなみに連れのM尾はしっかりパンを食べている(涙)。

朝食後、大急ぎで部屋に戻って水着に着替えて荷物を持って、ロビーに戻る。
チェックインカウンターでビーチタオルを借りて、ロビーで待っていると、すぐにダイブショップのお迎えのバンが到着。ご挨拶をして、バンに乗り込む。
バンはホテルロードへと向かい、ヒルトンで別のお客さんを乗せて、ショップのあるホリデイ・プラザ・ホテルに到着。

今回お世話になるショップは「GentlyBlue」というショップで、グアムで一番日本人インストラクターの数が多いショップだそうだ。私がここを選んだのはグアム観光局のホームページにリンクされているショップの中で一番良さそうだったからである。

ホテルのプールサイドで集合し、ブリーフィング。私は今日からAOW講習。今日の講習内容はPPBナビゲーションフォトグラファー。3本ともビーチダイブでOW講習の2日目の方々とともに潜るとのこと。ブリーフィング終了後、本日の担当イントラであるアヤさんの運転するピックアップトラックに乗り込み、アプラ湾へ。

ピックアップトラックはアプラ湾の北側にあるアウトハウスビーチに到着。ここはOWなどの講習でよく使われるビーチポイントだそうで、湾の内側ということもあり穏やかな海であった。
早速ウェットスーツを着て、器材をセッティングして、1本目。

1本目はPPB。
最大水深13m・透明度10mの海で、中性浮力を取る練習。膝をかかえた姿勢で中性浮力を取る練習や、砂地をまきあげないように浮力を取る練習を行う。うーん、うまくなったのかな?
でも中性浮力は基本のスキルだから、しっかりと練習しないとね。
25分後にエキジット。ビーチに上がる。

水面休息中に、コンパスを使って正四角形を描きながら歩くという練習を行う。OWでやったことだけど、ちょっと忘れちゃってるかもしれない。まずいまずい。忘れないようにしないと。

2本目はナビゲーション。
フィンキックの回数から距離を測る練習や先ほどビーチ上でやったコンパスを使って正四角形を描きながら潜る、という練習を行う。正四角形を描く練習では誤差が1mちょっとくらい出たが、まぁほぼ元の位置に戻れた。良かった良かった。とんでもないところに行ったらまずいもんね。
2本目も1本目と同様25分でエキジット。ビーチに上がる。
この2本でOW講習の方々は4本のOW講習完了。おめでとう、これでOWダイバーだね。

3本目は場所を移動して別の場所で潜るとのことで、全員でピックアップトラックの荷台に器材とともに乗り込む。陽差しが強いけど風が気持ちいい。これは結構いいかも。
10分くらいで次のポイントであるピティ・ボムホールに到着。ここは爆弾でえぐられたようにぽっかりとそこだけ丸く深くなってるという場所で、またここには海中展望台が設置されているので、展望台からは潜っているところを観察されるため、魚さんの気分になれる(?)というポイントである。

3本目はフォトグラファー。
講習といっても、いろんな対象をパチパチ撮っていくだけである。
海中展望台の手前付近から潜降。潜降してびっくり。すごい魚の数。そこかしこに魚がたくさん群れているのだ。これはすごい。何でも海中展望台の観光資源として、魚を餌付けしているためにこんなに魚がたくさん群れているのだそうだ。そう聞くと、ちょっとそれは・・・と思ってしまった。餌付けは世界的には禁止の方向だからねぇ。
潜っていくと海中展望台の窓が見えてきた。展望台の中の人たちにばっちりと観察される。中に小さな子供がいたので手を振ったら、子供も手を振ってきてくれた。ちょっとうれしい。
33分後にエキジット。透明度は8mほどだったけど、結構楽しかった。

陸に上がって、器材を片づけてウェットを脱いでピックアップトラックに乗り込み、ショップへ。
12時半頃にショップに到着。器材を水洗いして、ショップに預かってもらう。
M尾たちOW講習初日組はちょうど学科が終わって昼食も終わった頃だそうで、限定水域トレーニングとOW講習のため出発していった。

昼食のお弁当を食べながらログ付け。昼食のお弁当はちらし風の丼もの。上に乗っかってるおかずだけ食べて終了(涙)。ちともの足りないかも。
OW講習2日目の方々はこれで終了なので、ホテルまで帰っていく。でも私にはまだやることが残ってる(涙)。そう学科講習である。
PPBなど今回私が選択した5ダイブについてマニュアルを読み、ナレッジレビューを書いてくること、という自習をプールサイドで一人寂しくもくもくと行う(嗚咽)。
2時間くらいして2ダイブ分が終了したところで、午後のビーチ組が戻ってきたのでホテルまで送ってもらうことにした。

帰りのバンはリックの運転。彼は退役軍人で佐世保に長年勤務していたそうだ。そのため日本語もぺらぺらだし、日本のあちこちに旅行で結構行ったとのこと。そんなわけで、帰りのバンの中は日本語と英語のちゃんぽんでいろんな会話が弾んで楽しい一時だった。