モーハワイ☆コム

カテゴリー:南の島

帰京日・・・(涙) Apr/2011@石垣島


Post-1691気付いてみたら、6月。石垣島旅行記は5月中には終わると思ってたんだけど・・・。これが最後です。

-----------------------------------
前回からの続き)
朝6時に起床。はぁ今日が最終日だよぉ。帰りたくないなぁ。しかも今日が一番いい天気だし(涙)。とりあえず支度をして、朝食。朝食をゆっくり、がっちり食べる。

食後は時間があるので、お庭をぷらぷら。
うーんいい天気だなぁ、ということで、写真を何枚も撮影。やっぱり青空がきれいだと写真も楽しいよね。

お庭をぷらぷら歩いてから、部屋に戻って荷物のパッキング。といってもそんなに荷物があるわけじゃないので、あっという間にパッキングも完了。
いよいよチェックアウトの時間になったので、お部屋を出る。また来たいなぁ、ここ。ホントにいい部屋だったわ。荷物を転がしながらロビーまで行き、カウンターでチェックアウト。
チェックアウト後、ダイビング器材の宅配をお願いして、いよいよホテルを後にする。

車に荷物を積み込んで出発。ゆっくりと車を走らせる。はぁ、今日はホントにいい天気だなぁ。こういう日に潜りたかったな。今度は天気のいい時に来るぞ~。
レンタカー屋さんで車を返して、空港まで送っていただく。数分後、空港に到着。ありがとうございました~。
空港でチェックインをして荷物を預ける。預けた後は時間がそこそこ余っているので、お店を見たりしてから、保安検査場を通過して出発ロビーに向かう。

コーヒーを飲んだりして待っていると、やがて搭乗時間になった。妊婦さんは優先搭乗なので、真っ先にバスに乗って飛行機へ。飛行機に乗り込むと、次々と乗客が乗り込んでくる。ほぼ満席な感じ。
飛行機は定刻通り離陸をして一路那覇へ。途中機長さんからアナウンスで宮古島を窓から見たりする。そうこうしているうちに那覇空港に到着。
飛行機が着陸してゲートまで進む間、右側に航空自衛隊の格納庫が見える。お、F-15Jが10機も格納庫から出ているぞ。もしかして・・・。

到着後、乗り換えまでの30分ちょっとの時間にロビーでお昼ご飯の空弁を購入。で、ちょっと待つとすぐに搭乗時間。こちらも優先搭乗で乗り込む。席は予め指定しておいたBulkheadの席。あ~足が伸ばせるのがいいわぁ。しかも後ろは誰もいないので、気兼ねなく席を後ろに倒さないで済むのもいいな。

飛行機は定刻通りに出発。滑走路へ向けて進む。ちなみに今度は左側に航空自衛隊の格納庫が見えるのだが・・・、あれ?さっきのF-15Jが4機しか残ってないぞ。ということは・・・。
滑走路の入り口近くまできて飛行機は一旦停止。順次前の飛行機から離陸をしていくので、その待ち。で・・・予想通り右側の滑走路からF-15Jが順次3機発進!! すごい爆音とともに飛び立つF-15Jはやはりかっこよかった。
まもなく飛行機は滑走路に進入し、離陸。

離陸後は空弁を食べたりしながらのんびり。でも2時間半のフライトはあっという間。まもなく羽田に到着。
羽田に到着後、荷物をバゲージクレームで受け取ってから到着ロビーへ。あ~東京に帰ってきちゃったよ~(涙)。

また絶対に行くぞ、石垣島~っ!!

お土産買って、ご飯を食べて Apr/2011@石垣島


Post-1690前回からの続き)
ホテルに戻って少し休憩。ラナイとお風呂場に干しておいたダイビング器材はほぼ乾いていたので、取り込む。そんなこんなをしているうちにもう夕刻。このホテルはロビーからばっちり夕陽が見られるらしいので、ロビーへ行ったが・・・西の空が曇っているために夕陽は見られず(涙)。まぁ雲の隙間から漏れる光がそれっぽいのは良かったけど(トップ写真)。

撮影後、車に乗って市内へ向かう。まずはお土産を買いに行こうってことで、730交差点を右折して離島ターミナルの前にある「海人工房」へ。ここでお菓子類とかTシャツのお土産を購入。私も「潜水魂」のTシャツが欲しかったのだが、売り切れていた(涙)。

続いてちょっと見てみようってことで、お隣の「お菓子のマルシェ」へ。ここは「石垣の塩ちんすこう」の宮城菓子店のお店。お菓子のいいにおいがして、なかなかいい感じ。買おうかどうしようか迷ったけど、結局買わず。

さていい時間になったのでご飯を食べに行こう、ということで車に乗って昨日に引き続き「まぐろ専門居酒屋 ひとし本店」に行く。
車を駐車場に駐めてお店へ向かうと・・・昨日とは違う島猫に遭遇。ホント猫が多いなぁ。

お店に入るとカウンター席に案内される。まずはお茶で乾杯。酒が飲みたいところだけど、そこはぐっと堪える。
で、今日の注文は・・・
マグロづくし寿司。相方が食べたいって言って注文。昨日食べたから違うモノを・・・とも思うけど、美味しいんだからしょうがないよねぇ。
で、海ぶどう寿司。海ぶどうの軍艦巻き。相方のリクエスト。かなり美味しかったそうな。

ソーミンチャンプルー。見た通りそうめんの炒め物。焼きうどんみたいな感じかな。野菜が入っているのかと思ったけど、ネギと塩・こしょうのみ。シンプルなのに、これまた美味しい。

エビの唐揚げ。大きなエビだったので食べであり。しかもぷりぷり。美味しいなぁ。

石垣牛の串焼き。じっくり焼いているので表面は堅めだけど、中はジューシー。美味し。

そんなこんなで結構食べてしまった。美味しいんだもん、しょうがないよね。
車に乗ってホテルに戻る。ホテルに着いて、ロビーの横にあるお土産物屋さんに入る。ここでもお菓子とかのお土産を購入。これでほぼお土産は買ったかな。

部屋に戻ってから、またまた大浴場でお風呂に入ってから就寝。はぁ明日で帰京かぁ。さみしいなぁ。

沖縄そばとマングローブ Apr/2011@石垣島


Post-1688前回からの続き)
国道390号線をひたすら南下。北部の風景とはちょっと異なって、集落と集落の間にも人家がある感じ。あと走っている車の数も増えてきたかな。
しばらく走るとまもなく道路の左側に大規模な工事現場が見えてきた。看板をよーく見ると「新石垣空港」って書いてある。あ、新しい空港ってここにできるんだぁ。市街からだいぶ離れているなぁ。車で20分以上はかかるよ、たぶん。

新石垣空港の工事現場を過ぎて、更に南下。この辺まで来ると人家がかなり多くなってきた。緩やかに右に曲がって白保の集落に到着。しばらく走って中学校の先の右側に目的地「白保食堂」が見えてきた。

白保食堂は小さな町の食堂って感じのお店。しかし2時近かったのに、10人くらいのお客さんがいた。結構賑わっているお店なのかな。私はソーキそば、相方は八重山そばを注文。しばらく待つとそばが運ばれてきた。

ソーキそば。ソーキのトロトロ感がたまらない。柔らかく煮込んであって、骨がぽろっととれるほど。おつゆもあっさりしていて、実に美味しい。

八重山そば。一口食べたのだが、沖縄そばと違って魚介系のダシの味がいい感じ。これもくせになりそうな味だなぁ。

そんなわけで食べたかった沖縄そばを食べて満足。ちょっと休んでから、市街方面へ向かう。

白保の集落を過ぎてしばらく走ると宮良の集落。そして更に西へ向かうと宮良川を橋で超える。この宮良川も天然記念物であるマングローブの1種であるヒルギ林で有名なのだが・・・お、橋のたもとに駐車場があるぞ。ということで、早速ここに車を駐める。駐車場のところに階段があって、宮良川の河原に降りられるようになっていたので、早速宮良川へ降りてみる。

河原に降りると、辺り一面ヒルギ林。こんな間近でマングローブが見られるなんて、贅沢だなぁ。今はちょうど干潮の時間なので水が引いているけど、満潮時はどんな感じになるんだろう。それを想像するのも楽しい。

マングローブを堪能したところで、またドライブ再開。しばらく走ると人家がかなり建ち並び、車も多くなってきた。市街に近づいたなぁ。平得の交差点を左折してちょっと走ったところで停車。
やってきたのはカフェレストラン“PUFFPUFF”。市街から一番近い海が見えるカフェ。ここでお茶を飲んで一休み。

私はアイスカフェラテ。相方は黒糖ブリュレ。海を見ながらのお茶っていいなぁ。ぼーっとしていても気持ちがいい。

お茶を飲み終わって、ドライブ再開。市街に入って、730交差点にほど近い駐車場に車を駐めて、石垣ペンギンへ行く。昨年末からあの有名な辺銀食堂の「石垣島ラー油」の販売方法が変わって予約制になったらしい。で、そのラー油を買いに来たのだ。
お店はなかなかお洒落なギャラリー兼雑貨屋さん。ここで予約していたラー油を購入。ふふふふふ、さてどうやって食べようかなぁ。

購入後、相方が疲れたので車でホテルへ戻る。これにてドライブは無事終了♪ いやぁ結構楽しかったな。

北部の風景に癒されよう♪ Apr/2011@石垣島


Post-1687前回からの続き)
県道206号線をひたすら北上。伊原間の集落を過ぎると、道の右側に馬がいた。どうやら近くの牧場の馬らしい。きれいな毛並みの馬だなぁ。

しばらく進むと明石の集落。ここには帰りに立ち寄る予定なので、そのまま素通り。しばらく走ると久宇良の集落。ここにはサンセットビーチというビーチもあるらしい。夕陽がきれいなんだろうなぁ。
更に進むと石垣島最北端の平久保の集落。ここを過ぎると次の目的地である石垣島最北端「平久保崎灯台」はまもなく。
やがて案内に従って206号線から小道に入る。小道を進んで、坂を上ったりして進むと、そこが目的地。平久保崎灯台の駐車場に到着。

車を駐めて、駐車場から北側を見る。海に向かって急斜面の草原が広がっている。なかなかきれいな風景だなぁ。

で、小道をゆっくりと歩いて先へ進む。2分も経たないで平久保崎灯台に到着。視界が一気に広がって、海~!!。おお、めちゃくちゃきれいだよ、これ~。思わず何枚も写真を撮影。いや、絶景だなぁ(トップ写真)。

平久保崎の東側のラグーンには船も見えた。ダイビングボートかな?

風景を堪能したところでまた駐車場に戻り、車に乗って元来た道を戻る。県道206号線を南下して暫くすると明石の集落に到着。左折して集落を進む。ちょっと走らせると、目的地の明石食堂に到着。ここはソーキそばで有名なお店だそうで、各種ガイドブックにも取り上げられている。またシーフレンズのくみちゃんからのメールには「とろとろソーキとコクのあるスープは並んでも食べたい味です。」とあった。
さぁ食べるぞ~と思ったら・・・??? 駐車場に一台も車がない。 車内から入り口を見ると「定休日」とあるではないか(涙)がっくり。
ちょっとへこんだが、どこか別の場所で食べることにして、またドライブを再開。

伊原間の集落を過ぎて、県道79号線と国道390号線の交差点に到着。そのまま南下して国道390号線に入る。この辺から道がまた一気に良くなるなぁ。
390号線を走ってまもなく、玉取崎展望台に到着。駐車場に車を駐めて、展望台へ向かう。展望台へ向かう途中もこんな感じできれいな風景が見える。

また展望台までの間はちょっとした公園になっていて、ハイビスカスの花が咲き・・・

きれいな蝶もひらひら舞っていた。

展望台に到着。展望台からの風景もまた素敵。

島を挟んで東と西の海が見えるこの風景もいいな。でも、思いっきり晴れていたら、もっと良かっただろうなぁ、なんて思うのは罰当たりかな。

しばらく風景を堪能したところで、またドライブ再開。いよいよ昼食だ♪

北部へ向けて走ろう♪ Apr/2011@石垣島


Post-1686前回からの続き)
川平の観光用駐車場を出て東へ向かう。目的地はきれいなビーチで有名な底地ビーチ。集落を抜けてちょっと走るとすぐにシーマンズクラブ石垣リゾートホテル。そこを過ぎてすぐの駐車場に車を駐めて、目の前のビーチパークに向かう。ビーチパークには更衣室やシャワー室もあった。シーズンには多くの人で賑わうんだろうなぁ。
ビーチのそばにはクラゲに刺された時用の「酢」が用意されてあった。こんなの初めて見た。びっくり。

底地ビーチにはほとんど誰もいない。砂浜を歩いている人と犬がいるくらい。なので、この美しい景色を相方と一緒にたっぷり堪能。ホントにきれいな海と砂浜だ(トップ写真)。
ここのビーチって思いっきり遠浅。ボートがかなり遠くに泊めてあるほど。泳ぐというより水で遊ぶって感じになるのかな。でもこれだけ景色がいいと、泳ぐ必要なんてないよね。

景色を堪能したところで、車に戻ってドライブを再開。川平の集落を通って79号線との交差点へ向かい、79号線の交差点を左折して、米原方面へ東進。
ちょっと走ったら、左側に川平湾が見えるスポットがあった。駐車場もあったので、そこに駐めて写真撮影。やっぱり川平湾はきれいだなぁ。

79号線を進む。走っている車が少ないので、気持ちのいいドライブが楽しめる。そのままゆっくり進むと米原の集落に入った。ここには天然記念物のヤエヤマヤシ群落があるらしいので、右折して群生の近くまで進む。
ヤエヤマヤシ群落のあたりは公園になっていて、駐車場も整備されていたので、ここに車を駐める。ヤエヤマヤシ群落までは入り口から坂道を歩く模様。さすがに身重の相方と一緒じゃ行けそうにないので、今回はパス。

ちなみにこの駐車場はちょっとした高台になっていたので、海が見晴らせる。うーん、きれいな景色。

再び車に乗って、また79号線を東進。87号線との交差点を過ぎて更に進むと、道は左にカーブして北上する。北上するとまもなく伊土名の集落。ここにはマングローブの一種であるヒルギの群落があるらしいが、さすがにトレッキングはできないのでパス。
伊土名を過ぎると野底。野底の集落を過ぎて暫く進むと道は再び東進。左側には伊原間湾が見えてきた。おお、またきれいな景色だなぁ。
道はまもなく国道390号線と県道206号線との交差点へ。そこを左折して伊原間の集落に入る。石垣島最北端まであと少しだ。

ミシュラン三つ星の風景を堪能♪ Apr/2011@石垣島


Post-1685前回からの続き)
川平の集落に入りそのまま道をまっすぐ行くと、突き当たり右側に駐車場があったので、そこに駐車。付近には観光用グラスボートのお店やお土産物屋さんが並んでいる。さて、川平湾を見に行こう♪

川平公園の入り口にお社があったので、まずはそこを参拝。もちろん私も相方も安産祈願♪

お社の裏に廻ると、そこは川平湾を見下ろす高台! エメラルドグリーンの海がきれい。 晴れていたら最高だろうなぁ。

そこから少し動いて、海岸へ降りる階段に向かう。階段の上のあたりから見るとこんな感じ。

階段の途中にはハイビスカスの花が咲いていた。やっぱり沖縄といえばこの花でしょう。

ビーチから見る川平湾。やっぱり海の色がきれいだなぁ。これで晴れていたら、青空とのコントラストが見事だったろうなぁ(涙)。

また階段を上って、展望台へ。ここから見る景色が一番きれいかも(トップ写真)。

展望台から再び駐車場へ戻る。途中に咲いていた百合の花。

公園を出たところにあるお土産物屋さんに入ると・・・あ~犬がいる~。ということで、犬好きの相方は犬と遊ぶ。

駐車場の近くのお店で生フルーツジュースを買う。マンゴーとパイナップルのジュースだったかな。美味しかった。

そんなこんなで川平湾を堪能。さて、またドライブを再開しよう♪ 次はどこに行こうかな。

島一周のドライブに行こう! Apr/2011@石垣島


Post-1684前回からの続き)
今日も6時半くらいに起床。外を見ると・・・お、昨日よりは天気がいいな。ところどころ晴れているし、ドライブに行くにはちょうどいいかも。
支度をしてから朝食を食べに行く。今日もなんだかんだで食べ過ぎる(涙)。あぁどうしたものか。

朝食後、部屋でちょっと休んでから支度をしてレンタカーで出発! 今日は石垣島一周ドライブ。時計回りにずっと走らせていく予定。いろんな風景が見られそうなので楽しみ♪

出発前にホテルの入り口に花が植えてあったので撮影。南国らしい、きれいな赤紫色ってのがいいな。

撮影後、ホテルを出発して西へ向かう。4月半ばだってのに日差しがきつい。さすが石垣島。なので、サングラスは必須。
ゆっくりと車を走らせ、観音崎の入り口を過ぎたあたりで右にカーブして北上。やがて左側に海が見えてきた。名蔵湾だ。まもなく道は県道79号線にぶつかり、そこを左折。道の両側には木々が生い茂ってる。いいなぁ、この感じ。
やがて道の左側に名蔵湾が、右側に干潟「名蔵アンパル」が見えてきた。名蔵大橋を超えたところに駐車場があったので、そこに駐車。

ガイドブックによると名蔵アンパルはラムサール条約に登録してある干潟で、マングローブが生い茂っていて、様々な生き物たちの楽園になっているらしい。相方があまり歩けないので、とりあえず橋の上から写真を撮りながら観察。橋の上からは小さなマングローブの木が1本見えただけ。

でも、風景のすごさは充分堪能。(トップ写真)

車に戻って再びドライブ。名蔵湾沿いに北上していく。名蔵湾も結構きれいだなぁ、ということで、駐車場があったのでそこに駐めてまたしばし風景を堪能。

まもなく道は名蔵湾と離れて緩やかな坂を上って内陸へ。崎枝の集落に入る。しばらく走って、御神崎への分かれ道を過ぎると、まもなく川平との分かれ道にさしかかった。そのまま直進して次なる目的地の川平へ向かう。
しばらく森の間を走っていると、道の両側に集落が見えてきて、右側に川平湾が見えてきた。さて川平に到着だ~。

マグロ美味しい、カツオ美味しい、というか全部美味しい♪ Apr/2011@石垣島


Post-1683前回からの続き)
ホテルに到着してロビーに入ると、前方から見知った顔が・・・。あ、Kさん! こっちもびっくりだけど、あっちもびっくり。なんでここで某予備校地理科の大先輩に会うかなぁ。何でもKさんは昨日の石垣島トライアスロンに参加して、無事に完走されたとのこと。で、今日の夜の便で帰京するのだそうな。東京でまた会いましょう。

部屋に戻ってから、まずはダイビング器材の水気を切るために、あの広いバスルームに器材を広げる。さてどのくらい水気が切れるかなぁ。
広げた後は着替えて、しばらく休憩。ご飯を食べに出かけるまで、まだしばらく時間があるもんね。お、その前にお店に予約をしておこう。

6時過ぎになったので、準備をして出発。行き先は市役所通り沿いにある「まぐろ専門居酒屋 ひとし本店」。シーフレンズのくみちゃんのメールによると「まぐろ専門居酒屋だけど、それ以外のものもどれも全部美味しい!」とのこと。車をお店の前に駐めて店員さんに駐車場の場所を教えていただき、駐車場へ。車を駐めてお店へ行く途中、島猫に遭遇。このコも顔がしゅっとして細長い、なかなかの美形猫。

お店に入り、カウンターに案内していただく。今日もお酒が飲めないので、ソフトドリンクで我慢。で、早速食べ物を注文。
ねぎまみれカツオ。むちゃくちゃ美味い。カツオとネギ&タマネギが絶妙。ポン酢にぴったり。

マグロづくし寿司。中トロはとろけるし、大トロは更に濃厚。もちろん鉄火巻きも美味しい。なんじゃこりゃ~としか言いようがない。美味すぎ~。(トップ写真)

海ぶどうと島豆腐のサラダ。島豆腐が濃厚な味で、海ぶどうのぷちぷち感はたまらない。これも絶品。

ラフテー。煮込み方が絶妙。口の中で三枚肉がとろける。

石垣牛の握り。塩とたれの両方を注文。石垣牛が舌の上でとろける感じがたまらない。これは美味しいわ。

一通り食べるとお腹いっぱい。二人だけだから、そんなに食べられなかったのが残念。もっと他にも食べたかったんだけど。ちなみにお会計は全部合わせて4,000円くらい。安っ!

お店を出ようとすると、玄関の上に色紙が飾ってある。よく見ると・・・おおっ、千葉ロッテマリーンズの選手&コーチ陣の色紙じゃないですか。西村監督や井口、今江、渡辺俊介などがある。しかもボビー・バレンタインの色紙まで! うわぁ、こりゃお宝だわ。

車に乗って、ホテルに戻る。ホテルに戻ってから、ホテルのバーに行って泡盛を飲むことに。注文したのは「請福 朱の眠り」。もちろん石垣島の泡盛。

こっちは相方の注文した黒糖アイス。

泡盛を飲んでまったりしてから、大浴場で更にまったりして、就寝。いやぁ、楽しかった~。明日は島内観光だ~。

最後は砂地で癒される。もしくは「1ハマ、2クマ、3カクレ」 Apr/2011@石垣島


Post-1682前回からの続き)
昼食後、しばらくまったりしてから、ボートは3本目のポイントへ向けて出発。黒島沿いに北上をして、島の西北あたりで停泊。お腹もこなれたので、準備をして器材を装着してエントリー。

3本目は黒島テラピー。「テラピー(therapy)」の名前の通り、白い砂地が広がる、癒し系のポイント。潜降してまずは砂地をゆっくりと進む。先ほどまで曇っていたのが、徐々に晴れてきたらしく、青い海と白い砂が実にきれい。うーん、確かに癒されるなぁ。

砂地を進むといくつか根がある。根を見ていくと、様々な魚たちがそこに群れていたり、棲み着いていたりする。ある根にはダイバーの人気者・ハナヒゲウツボがいた。初めて見たけど、やっぱりきれいだわ。他のウツボたちとはえらい違い。

もちろんウミウシもしっかりといる。

砂地にはオビテンスモドキの幼魚も。

で、いくつかの根を廻ったところで、いよいよ本命の根へ向かう。この根の周りにはスカシテンジクダイがびっしり。早速ワイドレンズで撮影。うーん、すごいわ、この群れ方は。

根の上に行くとクマドリカエルアンコウがいたり・・・

ハダカハオコゼもいる。

しかもこの根には3種類のクマノミまでいる。クマノミの覚え方に合わせて、まずはハマクマノミ(1本線なので「1ハマ」)。

続いてクマノミ(2本線なので「2クマ」)。

最後にカクレクマノミ(3本線なので「3カクレ」)。

いやぁ「1ハマ、2クマ、3カクレ」の3種類とも全部見られるとは思わなかった。すごっ。その後はもう一度じっくりとスカシテンジクダイを観察してから、エキジット。ダイブタイムは48分。

ボートに上がってからダイビング器材をメッシュバッグにしまって、シャワーを浴びて着替える。着替えたところでボートのアッパーデッキに上がって、ゆっくりと船旅を楽しむ。やっぱりボートは楽しいわぁ。
竹富島を過ぎてまもなく石垣島に到着。ボートから上がって、バンに乗り込んでショップへ向かう。ショップに到着後、ログ付け。

ログ付けをしていると、メールで石垣島の美味しいお店を教えてくれた、くみちゃんと息子の恵汰くん(0歳)がやってきた。昨晩は「やまもと」に行って、今晩は「ひとし」に行きます、と言ったら、私の中の2大スポット制覇ですね、とのお言葉。お、夕食はかなり期待できそう。

ログ付け後、たくおさんにホテルまで送ってもらう。どうもありがとうございました~。今度は数年後にお世話になりま~す。

ウミウシと洞窟のダイビング♪ Apr/2011@石垣島


Post-1681前回からの続き)
1本目終了後、ボートの上で休憩していると、ボートは次のポイントへ向けて出発。が・・・数百mほど動いたところで停泊。まだ休憩している時間が短いので、しばらくのんびり。
1時間近く経ったので、ようやく準備をしてエントリー。

2本目は黒島仲本ケーブ。1本目と同じく地形が楽しいポイントで、今度は入り口にアカククリが棲み着いている小さな洞窟があるらしい。
潜降して、早速泳ぎ始める。このポイントもウミウシがいっぱい。交尾をしているウミウシもいたりして、ウミウシ・ウォッチングに夢中になる。いや、やっぱりウミウシって面白いわ。

もちろん魚たちもたくさんいる。チョウチョウウオたちは何種類もいるし、ブダイもいるし、フィッシュ・ウォッチングも結構楽しい。

で、いよいよケーブへ。水中ライトを点灯して真っ暗なケーブを進んでいく。しばらくすると上から光が差してくる。おお、これはきれいだなぁ。光を当てると、ここに住んでいる魚の群れが見つかる。やっぱりケーブダイビングって、面白いわ。
ケーブの奥は行き止まり。再び入り口へと戻る。入り口に行くと・・・お、アカククリ発見。が、素早く逃げられてしまい、いい写真は撮れず。がっくり。撮れたのがこれ、だもんねぇ(下の写真の右下に写ってる)。

その後はゆっくりと根の上に上がり、そこで安全停止を兼ねてのフィッシュ・ウォッチング。オヤビッチャの群れやアカヒメジの群れなどを見てから、ゆっくりとエキジット。ダイブタイムは46分。

2本目終了後はいよいよランチタイム。ランチは煮込みうどん。うーん、暖かいうどんが美味しいなぁ。さて3本目はどこに行くのかな?