Post-27今朝も6時起床。7時10分にお迎えが来るので、急いで朝食を作って食べて、さっさと用意しないと・・・ということで、いつもの朝食。もうね、時間が短くて済むから、これが一番楽なのよ(涙)。
今日はパシフィック・アイランド・スキューバ(PIS)さんでのハナウマ湾ダイビング。私はオープンウォーター・ダイバーライセンスを、ここで取ったのだ。なのでPISのTaizoさんは、私の師匠になるのである。

7時10分にロビーに降りて行くと、バンがちょうど着いたところだった。バンに乗っていたのはジムさん。そう昨日一緒に潜ったキコさんの旦那さんである。ジムさんとご挨拶をして早速乗り込む。その際に昨日のダイビングの時の写真のCDをいただく。実はZXDIVINGでは$20で写真のCDを作成して下さるサービスをやっており、そのサービスを申し込んでいたのであった。

車内には既にお客さんの女性が乗っていた。その女の子(Iさんとしておく)はハワイに来る前に伊豆でCカードを取得する予定だったのだが、颱風で取得ツアーが流れちゃったため、今回は体験ダイブを行うそうだ。
バンはモアナ・サーフライダーで止まり、新婚さんのお客さんが乗ってきた。これでジムさんの車に乗る人は全員集合。バンはそのまま東へ進み、ハナウマ湾へ向かう。途中ジムさんがいろいろとお話をしてくださり、楽しい道中であった。

30分後、ハナウマ湾の駐車場に到着。
既に他のインストラクターの車は到着しており、お客さんも全部で20人くらいいた。5月に来た時は10人ちょっとだったので、お客さんの多さにちょっとびっくり。ファンダイバーは私を含めて3人。他は全て体験ダイバーであった。ここでTaizo師匠と再会。ずいぶん痩せたなぁ、とびっくりされる。
早速準備・・・と行きたいところだが、ハナウマ湾は入園時に必ず自然保護のためのビデオを見る必要があるので、みんなでそちらに向かう。が、ビデオを見てから1年以内の人はビデオを見なくて済むとのことなので、私はビデオを見ないでトイレだけ。

ビデオを見終わって皆さんが戻ってこられて、準備。体験の方はこれからいろいろと説明を受けるが、ファンダイバーは準備次第、ハナウマ湾に降りていく。今日のガイドは、グレンさん。ミドルネームはカズオなので、彼はみんなからカズオさん、と呼ばれている(本人もそう呼ばれたいらしい)。

トラムで降りて、ビーチへ向かい、そのまま海にじゃぶじゃぶとエントリー。ビーチダイビングなので、さすがに透明度は10m程度。それでも魚も結構いるし、カメはビーチに割と近いところにいるので、じっくり見られるわ、でかなり満足。40分後にエキジット。

30分の水面休息後、2本目へ。
2本目は2人だけ。今度は沖まで水面移動をして、ある程度の深さになったところで潜るスタイルに。潜ってずっと進んでいき、ウィッチーズブルーと呼ばれるハナウマ湾の湾の出口に近いところまでいった。さすがにここまで来ると透明度は20m。テーブル珊瑚が実にきれいである。カメも数頭いた。やはりカメはかわいい。
戻る途中、ハナビラウツボに遭遇。木の棒でカズオさんが引っ張り出すと、なんと1mくらいのウツボであった。
45分後エキジット。

ビーチに上がって、トラム乗り場近くのシャワーまで歩く。そこには体験ダイバー組がいて、先ほどのIさんもいた。始めての海でのダイビングは?と聞くと、良かった~、とのこと。良かったね。
シャワーを浴びてからトラムに乗って、駐車場へ。器材を片付けて、ログ付けをして、パンをいただく。うまし。ダイエット中なんだけど、まぁいいか。
帰り際Taizo師匠から、来年ホノルルマラソンに出よう、と誘われる。すいません、私、長距離を走るの苦手なんです(涙)。

帰りはユウコさんの車。ここではいろんな、へぇっていう感じの話をしてもらい、みんな結構興味津々。Iさん、私の順に送ってもらう。
やっぱりハナウマ湾はいいな。またハワイに来たら、潜りたいと思う。