Post-1680(前回からの続き)
6時半頃起床。起きて、支度をする。外を見ると・・・うーん、やっぱりあまり天気が良くない。おまけに北風だし。これはマンタはなしかなぁ。
朝食を食べにグラウンドフロアのレストランへ。このホテルの朝食は和洋のバフェという、よくあるタイプ。ということで、いろんな種類を少しずつ・・・結構な量を食べる(笑)。まぁお約束ってことで。

朝食後、部屋に戻って荷物を持ってホテルのロビーへ行く。8時30分頃にダイビングショップの送迎が到着するとのことで、しばらくロビーでぼんやり。するとまもなくショップの方がやってきたので、ご挨拶。今日はよろしくお願いいたします。

今回お願いをしたのは「シーフレンズ」。今回のショップ選びは本当にいろいろと迷った。小さなところも大きなところもいろいろありすぎるので、選ぶのが難しいのだ。
で、シーフレンズさんを選んだ理由は、このショップが「船上ベビーシッターサービス」を行っていること。まもなく産まれる子供が幼児になってから連れて行くとしたら、夫婦ともダイビングをするので、ベビーシッターにお願いをすることになる。なので、ベビーシッターサービスのあるダイビングショップは、今後を見据えた上で、私と相方にとって大きなポイントだったのだ。
#ちなみにきこさんのお店ZXDIVINGはベビーシッターサービスがあるので、お子様のいるダイバーの方、ハワイで潜る際には是非。

バンに乗り込み、見送る相方に手を振って出発。ちなみにお迎えに来て下さったのは、今日のガイドであるとっきーさん。今日はいろいろとよろしくお願いいたしま~す。バンには他に2名の体験ダイバーの方が既に乗車しており、もう1名のゲストの方を市内のホテルでピックアップしてから港へ向かう(つまり今日のゲストは4名)。

港に到着して、早速ボートに乗り込む。ボートはARISA IV号。全長12mくらいの大きさのボートである。乗り込んだら早速ボートのブリーフィング。ブリーフィング後、出港。
ちなみに今日のスタッフは4名。ゲスト4名にスタッフ4名ってのは贅沢だなぁ。

ボートは港をゆっくりと進む。離島ターミナルを見ながら進み、港を出てから速度を上げて西進。

竹富島の南を進み、どんどん西へ進む。やがて左手に黒島が見えてきた。おお、黒島まで来たのかぁ。ボートは黒島の西側に回り込んで、そこに停泊。機材を装着して、エントリー!

1本目は黒島V字ドロップ。根の途中にV字に切れ込んでいる谷があるのでその名の付いたポイントである。潜降して早速根をゆっくりと降りていく。水深15~18mくらい中層をゆっくりと流しながら、ウミウシなどの小物を探していく。とっきーさんの見つけ方がうまいので、いくつものウミウシが見つかる。いや、これは楽しいわ。ホントこういう時はマクロレンズは必須だね。

根を流しながら、ちょっと上に目をやるとぐるくんの群れがいたり、下を見るとアカヒメジの群れがいる。いや、これだけ魚が群れていると幸せだわ。

名物のV字谷沿いに上がっていく。

今度は根の上のあたりで魚観察。各種チョウチョウウオやブダイなどがゆっくりと泳いでいる。

うーん、いかにも南国~って感じだなぁ。クマノミもいたしね。やっぱり南の島でのダイビングは楽しいわ。

3分間の安全停止を行ってからエキジット。ダイブタイムは42分。いやぁ楽しかった。透明度も20m以上あったしね。さすが世界に誇る八重山の海だわ。