発表が先週なので、今更なんだけど。小学館のコミック誌「ヤングサンデー」が休刊することが正式発表された。改めて出版不況だなぁ、と業界の近くをうろちょろしているものとしては身にしみる。

しかしヤンサンに連載している作品で、売れていたり評判がいい作品は結構あるんだけど、それらは今後どうなるんだろ。河合克敏「とめはねっ!」、藤原芳秀「暁のイージス」、ゆうきまさみ「鉄腕バーディー」、山田玲司「絶望に効くクスリ」。この4つの行き先がむちゃくちゃ気になる。

今年に入って「広告批評」も休刊になるし、大正時代からの老舗雑誌「主婦の友」も先月で休刊になったし、この先出版業界はどうなるのやら。うーこわ。