モーハワイ☆コム

カテゴリー:2005.12 Oahu

2005年にもどれたら・・・



2005年の旅行記が、遅々として進んでおりませぬ。
すっごいスローペースで進むと思いますので、気が向いた時に
お時間があれば読んでくださいませ。

それにしても、もし時間を戻してやり直せるのなら・・・

なにがなんでも 例えだんなと別行動になったとしても

クム・スノーバードのハーラウ・ファンドレイザー・パーティーに

参加したい!!!


帰国後に、モーハワイでフラコーナーを担当している大介さんのブログ
そのことを知り、その時は「滞在中に楽しそうなイベントがあったのね♪」と
思ったくらいなのですが・・・

フラを始めてから、記憶の片隅にあったファンドレイザー・パーティーのことが
気になり始め、大介さんのブログを遡ってチェックしたら オー・マイ・ガーー!
フラレアやメリモのDVDでいつもチェックしている、クム・スノーバードの
パーティーだったのね〜

後悔 先に立たず   まさにその通り!

ゲストには去年フラノードで見たロパカさんもいたし、クム・スノーバードの
ハラウのフラも見れたに違いない。
英語は話せないけど、クム・スノーバードとお写真撮れたかもしれない。
滞在中にこ〜んな素敵な出来事があったのに、ちょ〜残念!

今となって後悔しまくり。なんて勿体ないことをしたんだろう(TT)
は〜〜 時間が戻せたらいいのにな〜

今度こそハワイへ行こう!・・・え、羽田?



大雪のため飛行機が飛ばず、急いで連絡を取り札幌の親戚のおうちにお泊まりさせてもらいました。
なぜ自宅に帰らなかったかというと、車で帰るには大雪のため危険だし、JRで帰ろうにも
札幌から先は2時間半の乗車時間なんですそれも各駅停車の鈍行のみ
なので、おうちに帰るよりは親戚のおうちで待機した方が時間的に楽なんです。

一夜明けて 札幌は快晴でした。ああ、悲しいったらありゃしない。
なぜに昨日あんなに大雪降るんだよ〜〜〜〜

早めに空港に着き、今回は無事チェックインすることができました。
千歳も良いお天気です。今日は行けるよね?大丈夫だよね?
Dさんへの連絡をお願いした友人に「無事ハワイへ行けそうだよ〜」と電話すると
なんと私達がオアフに着いたら「車で島一周のドライブかバイクでツーリングしませんか」
との嬉しいお誘いがあったと伝えてくれました!
嬉しいけど、バイク用品は全てスーツケースの中にあります。預ける前に急いで出しやすいように中身を詰め替えないと〜

千歳空港であれやこれやと時間を潰していると、やっと私達の乗る便の搭乗時刻が
近付いてきました。
でも、またここで問題発生千歳は天気良いんだけど、本州はまだ天候が悪く搭乗予定のの到着時刻が遅れている上に、最悪の場合中部空港に降りられなかった時は羽田か関空に行くからね!という条件付きでの出発だとにゃるさんは言っています。
ありえな〜〜い!
私達は中部に着いてくれないと困るんだよ〜羽田や関空に行ってその先のハワイ行きのはどうなるのよ〜〜

この時点で4泊6日のハワイ旅行は、既に3泊5日になってしまっています。
もし羽田や関空に着いたら今回のハワイ旅行は中止だな〜と内心ビクビクしながら飛行機を待っていたけど、少し出発時間が遅れただけで無事中部に着くことができました。
慌ただしかったけど、中部空港の展望お風呂で少しだけリラックスし私達は無事ハワイ行きの飛行機に乗ることができました。

あ〜やっとハワイへ行ける!! まだまだアクシデント満載の旅は続くよ!


この旅行記にお写真がないわ?と思っている方がいるかもしれませんが、この時は
まだまだブログ黎明期でまさか自分がブログをするなんて思ってもいなかったですし
お写真を撮りまくる心の余裕もないほど、いろんな出来事がありました。
今にして思うとネタの宝庫でもったいないことしたな〜と思うんですが

千歳発中部経由でハワイへ行こう!



飛行機のチケットも無事確保でき、ホテルもモーハワイで色々探した結果、ハワイアナホテルに決定しました。
飛行機のチケットをお願いした旅行会社でホテルも確保してもらい、あとは楽しい荷造りの時間。
この荷造りの時が一番楽しいかな〜?いろんな想像しちゃいます。
この頃にはインターネットの普及が進んだためか、色々な情報を知ることができました。
実はそれまでプレートランチの存在を知らず、いつもレストランやマックなどですませていたのでこれまた楽しみが増えました。
旅の醍醐味は食だよね〜

クリスマスも近づいてきたある日、私達は千歳へ向かい出発しましたがこの日は実は大寒波が北海道に接近していてあまり天候が良くありませんでした。
普段道央の雪深い地域に住む私でも「今日の千歳大丈夫かな?」と思わせるほど、千歳が近付くにつれ雪のひどさが増していきます。
千歳では国際線の搭乗手続きも一緒にできるので、早めに到着いたしました。
搭乗手続きも済ませたし早く荷物も預けて身軽になって時間どうやって潰そうか〜?と思っていると、にゃるの係員さんに荷物は預かれないと言われてしまいました。
なして? 「大雪でが飛べないので搭乗手続きは一時中断しました」
え〜〜〜
今日ハワイへ行かないととても困るんです。
2日目の予定にDさんとのツーリングが入っているんです。
お願いだからハワイへ行かせて〜〜〜

と、私の決死の祈りもむなしく出発予定時刻を1時間以上過ぎてから欠航が決まりました。
もう名古屋へ行くこともハワイに行くことも今夜は出来ないと諦め、翌日の飛行機に振り替えてハワイ行きの軽装のまま札幌の親戚のおうちにお泊まりに行きました。
なぜ私は雪の札幌をパーカー着てスニーカーはいて
麦わら帽子をかぶって歩かにゃいかんの?

Dさんとのツーリングは、札幌の友人にお願いして到着日が遅れるということを
伝えてもらいました。
だんなは心労のためか風邪をひいてしまい、旅の間中しんどい思いをすること
になりました。

そうそう、後日談ですがこの日もし名古屋へ行っていても中部発ハワイ行きのも雪の影響で欠航していたそうです。
名古屋で足止めされるよりも札幌にいたほうがまだ良かったかな〜(←これも伏線)
ちょうどホノルルマラソンに参加するためハワイへ行っていた札幌のPuaファミリーは、帰りの中部行きが欠航したため(私が乗る予定だった!)、羽田行きのにゃるに変更したそうですがなんと!!ファミリー4人分グレードアップしたんだって!
羨ましすぎます・・・

大韓航空で行ってみよう!



2005年秋 だめもとでDさんに連絡をとり、快くOKをいただくことができてそりゃ〜もう小躍りするくらい喜んでいましたが、そうはやすやすと事は進みませんでした。

現在 北海道からハワイへは直行便がありません。
そのため、一度成田や関空などの国際空港へ行かねばなりません。
とあるハワイ好きの集まりで、「韓国経由のハワイも楽しい」というのを聞いていた私はそれも楽しそうと思い、韓国経由のプランニングを始めました。

大手旅行代理店の窓口へ行くと、ちゃんと韓国経由でハワイへ行くツアーがありました。
行くときは2時間くらいの乗り継ぎ時間でちょうどいいんですが、帰りは韓国で乗り換えのためにお泊まりするようになってます。
行ったことのない韓国で焼き肉食べるのもいいね〜と結構ノリノリで、ハワイへ行くはずなのに韓国のガイドブックまで買ってしまいました。
韓国〜ホノルル間の機内食にはビビンバが出るんだって〜などと喜んでいたのもつかの間、旅行会社から連絡がありました。

「大韓航空の職員ストライキでが飛ばないかもしれません〜!」
はぁ?そんなのあり??
「今なら中部空港のお席が確保できます!」
え〜〜ビビンバ食べたかった〜(←もう目的がすっかり変わっている)
結果として、出来たばかりの中部空港からホノルルへ行くことになったのですが、まだまだトラブルは続きます。

行き損ねた韓国ですが、今のところ行く予定がありません・・・

ハーレーを乗りに行こう!



私のだんなはバイク乗りです。
16才ですぐ原付の免許をとったくらい、バイクが好きです。
今は仕事が忙しいのでなかなか乗る時間がないですが、毎月バイク雑誌を買っています。
私もマイヘルメットを持っていますが、実はまだ未使用。一体いつ使うんだろう?

そんな彼が初めてのハワイでハーレーのレンタルを知り、その次のハワイには国際免許まで持参して行ったにも関わらず、いかつい風貌で日本語の通じなさそうなバイク屋のお兄ちゃんに恐れをなし、ハーレーをレンタルすることができませんでした。
当時はまだ「モーハワイ」の存在を知らなかったので、ガイド本くらいでしか情報を集められなく、日本人経営のレンタルハーレーショップの存在も知りませんでした。

2005年夏 ハワイ在住の方が北海道ツーリング旅行に来ることになり、札幌のハワイアン・カフェで行われたウェルカム・パーティーに参加することができました。
ゲストの方(以下「Dさん」とします)とお話しする機会があり、ちょうどメロンの季節だったので「近くを通ったときは寄ってくださいね」と地図を渡しました。

2.3日経ってもまだDさんはみえません。明日北海道を発つと言っていたからもう来ないな〜と思った矢先の昼下がり 雨の中合羽を着たDさんが我が家に到着しました!

「私達がいない時に、もしバイクに乗った人が来たらメロンをあげてね」と親父様に言っておいたので、バイクの音に気づきDさんを見つけた親父様はメロンの作業場に招き入れ、さっそくメロンでお持て成し
ちょうど家にいなくて親父様に連絡をもらった私は、マッハで家に帰りメロンを食べているDさんに笑顔で挨拶され、腰もぬかさんばかりに驚きました。
「憧れのDさんがうちのメロン食べてるよ〜〜!」
そう、ハワイ文化に精通しているDさんは私にとって憧れの存在
とてもとても嬉しかった〜〜

その後、お土産用メロンをバイクに積んでDさんは千歳へと向かって走っていきました。

困ったことに、この日を境に私のハワイ病が悪化してしまいました。
こうなってはハワイへ行かなくては治まりません。
こうして、2005年冬ハーレー乗りにハワイへ行こうツアーが計画されました。
なんと、Dさんが現地ガイドとしてツーリングに付きあってくれるという嬉しいおまけつきで・・・