Post-684ありえない!!

早朝、
いえ、
深夜3:20
「トン、トントン・・・」っというノックの音。




早っ!


ついに来ました帰国日の朝(いえ、絶対これは夜!)

到着日、空港のカウンターで頂いた
「帰国日のご案内」一目見るなり、

「はぁ~~~~~~~~

朝8:30のフライトなのに、夜中の3時台に荷物を取りに来るの?!
で、早朝5:50にプリンセスカイウラニホテルまで来いというのね~~
ありえない、いつもの帰国日はこんなことしてます ので、
これを見た瞬間、目眩がしました。。。。

で、実費かかっても、自分達で空港まで行こうかなんてギリギリまで思っていました。。。。 (結局連絡するのも面倒だったので予定通りでしたけどね~)



そのノックは、荷物のピックアップ。
〈ジカンニ カギリガアリマス~〉弾丸トラベラーならこんな感じかな。

優しい笑顔のおじちゃんが取りに来てくれました。でも、10分も早いじゃん。
(朝の5分は、夜の1時間って言うでしょ~~)

とはいうものの、昨日の夜に用意しておいたので、すぐにお渡しできたんですけどね~~。
(小さなスーツケースは自分でコロコロ運ぶ予定でしたので、身の回りのものはそちらへ入れる予定)

5時を過ぎたところで、を起こす。
身支度・最後の荷物整理・忘れ物がないか各所のチェック。。。。


みんな寝静まっている時間ですもの、
いつもはなかなか来ないエレベータもすぐに来て、

フロントも静かなもんです。
チェックアウトも、何もチャージがなかったのであっという間に出来ました。

外に出ると・・・
まだまだ夜じゃん!!


こんな人気の無い、真っ暗な中 歩いて移動するのが怖いくらいです。

プリンセスカイウラニまでも1ブロック程度ですから、あっという間に着く。
待っていると、
これからダイアモンドヘッド・サンライズに行かれる方々が ガイドさんに連れられてご出発。。。。私も そこにまぎれて行きたい気分でした。

順番に呼ばれて、に乗り、空港へ向かいます。 (強制送還だ~
交通渋滞も全く無く空港到着。

注意事項を書いた紙をもらって、各自チェックインしたんだっけ?
このへんの記憶が全くございません。

あ、そうだ、
座席が3列席の窓際2席だったので、ダメもとで、行きと同じ席辺りに替えてって言ったけど空いてなく、通路側2席に替えてもらったんだ~。
(私、閉所恐怖症的なところがあるので、通路側じゃないと嫌なんです。)

はあ~~~、まだ2時間もあるよ~~~ん。。。。。