Post-29週末・祝祭日だけ一般開放される軍の施設のビーチ、Bellows Beach
「期間限定!」という言葉に弱い私たちはレンタカーで向かいました。

行き方などは検索サイトで調べたのですが、このベローズという名前なかなか思い出せず、ベイローズとか、ベーローズだとか、思い当たるのを入力しやっと見つけました。


~私たちが、カカアコ・エリアを出たのは、もう午後2時近かったと思います。~

 滞在4日目②のつづき・・・・・

ディスカバリーセンターをでてカカアコ・パークの青い海を眺め(このあたりはビーチじゃなく、つり場でした。)、小腹がすいたので、近くの「カカアコ・キッチン」へ。ワード周辺は土曜日とあっては大渋滞。ぐるぐる回ってやっと「ソテード・マヒマヒ・プレート」を頂きました。美味。でも、ブラウンライスちょっと固め。まゆ娘が全部食べる。

さあ、先を急ぎましょう~

H1から、パリハイウェイにはいりカイルア手前をワイマナロ方面にすすむ、このあたりは、ネイバーアイランドの雰囲気。ゆったりした時間が流れています。

ずーと続く一本道。そこに、サーっと横切る小さな影

「キーッおっとっと。」その小さな動物と目が合う。「ドキッ!」するとまたもとの方へ走り去る。

「今の何~
とってもひょうきんな小動物。フェレット似。(茶色)

~昔、高速道路でたぬきと遭遇、車を大破した経験があるので動物には敏感~残ったのは、ローンばかりなり

「Bellows AFS」の看板みーっけ

海側に曲がり、松林の中を走る、、、と、、「あっ、また出た

このフェレット似、飛び出したら かけ抜ければ良いのに、立ち止まってまた戻るから要注意です。なので、つぶれた仲間もおりました。ア~メン。


「ワォ~、ビーチが見えてきたぞ~。」

キャンプゾーン・シャワー・トイレ・更衣室・ライフガードもいます。(このあたり、松の小枝や松ぼっくりがおちてます足元注意)
まわりはほとんど、ロコ。日本人は私たちだけ。

 長~いビーチが続いています。

  ラニカイまでつづいてるんだろうか?

いい波だね~。ボディーボードが欲しいよ~。
         
 隣ではロコ・ガールがフットボール。みんなちっちゃな水着(ROXY可愛い)で、いつポロリっとなるかと、こっちがハラハラ。

夕方までしっかり遊びました。次は、ボディーボードもってこよっ


ところで、この小動物っていったい(色は茶色)