モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2018年7月

タクシーの色はオレンジで


C0F6117F-4932-482F-A7BA-B437E2AB7F0F

新潟から友達親子が韓国まで
遊びにきてくれました!

ビックリしたのが
5年前に東京に遊びにきてくれたのと
全くおなじ日だったそうで!
そうか、あのジブリからもう5年かと
月日の流れを感じました。

友達の息子ふーちゃんにとっては初の海外、
がっかりさせたくないと張り切り
はじめの食事はやっぱり焼肉に!

8D4937B4-EC3D-4687-8F3C-366675AAC615
おかずのスライス玉ねぎを、無理して
食べた2人でしたが すかさず追加され
あっという間に再び山盛りに!
「わんこオニオンだ!」と大笑いしました。

市場に行ったら閉店ガラガラだったけど
10分で完成するメガネ屋さんでは
本当にヤクルト飲んでる間に完成したり

CD18DC94-B693-4A55-A41E-F063E72D604C
あまり乗り気でなかった韓服は
選ぶ段階で早々にノリノリになったり(すまぬ)

AC492AC3-6204-43D7-A1A5-4BD46EFBDB04

ずーっと食べたかったかき氷も
堪能できました。

C08D5FC8-19CE-4085-9F5A-C799101773A4


高校生になった息子くんに見せたかった
景福宮での兵隊?の交代式、

7D3D6F82-9948-4B8D-B95D-6B967A928D7E

一連の儀式はカッコよかった!

8B9CE3A7-C553-4A43-96B2-EDC7DBDF821D

手芸の先生にヤンバンを聞いてから
見る目が変わりました。

5B60B0C9-AA38-4E21-9239-7C143F2C92EF

そうそう、想像以上に面白かったのが
ナンタというショーです!

357F5F85-4D4B-4755-BB09-E0D35D8297AA

内容は4人のコックさんが中心の
キッチンでのドタバタ劇!
前から3列目だったこともあり
豪快に切った野菜が飛んできたり!
炎があがって調理する時はニオイがしたり!
セリフがほぼ無いので言葉がわからなくても
わかります。
どんどん早まるテンポに引き込まれ
パフォーマーの運動量にも圧倒されながら
ゲラゲラ大笑いした90分でした。
また見たいなあ!

78B14615-EC13-4792-AE2D-EAA130755195


今回2人がきてくれて
街中のハングルに感動する様子を見ては
そいえば私も最初は記号にしか
見えなかったなーと思い出したり
オレンジのタクシーを見て
アルビみたいだね、とか
「もう、はらくちぇ!(=おなかいっぱい!)」とか
新潟の空気を届けてくれたのも嬉しかったよ。
ありがとう♡

D81F3069-3115-4847-8FB5-121273A6E8A3
(あわび粥も、んまかった)

日本に無事に到着したと聞いたのと同時に
これで私の今期の予定が
すべて終了しました。

さぁ、こんどは私も帰国準備を
しなくては!!

● オ マ ケ ●

友達の息子、ふーちゃんが
撮っていじってくれた写真です

89ED050F-9847-47AB-B87B-6EC61558AE74
激写してるところを撮ってもらうってなかなかなくて嬉しかったです♪

韓国でもマック


0C0D8241-B1EF-4F39-B970-A6D1C7FFCD34

・・・あ つ い Y O !

こちらも毎日汗だく、暑いデス!!!



ニュースを見たり友達のメールを見ては
がまんが足りん!と思いつつ
ヒーハーいってる毎日です。


そんな最近のお気に入りは
マックの칠러という飲み物!


なかでも桃とプラムが
マイブームになっております!


D7CEEFC8-55CD-47A3-B027-61A4A577B9ABパァァァ!!

ゆるく飲めるシャーベット、
なんて言うんだろ(爆)おいしいよ!!

後味サッパリで喉かわいたときにもいいです。
しかも1800ウォンと、安い!(180円!)
店舗によって商品が違うのか
マンゴーには出会ったことがありません。

DD0CA600-1A7A-4CC2-8472-F0599FBB43CA

そうそうマックといえば
ハッピーセットのオマケが可愛くて
今日のお昼に頼んでしまいました。
妖怪ウォッチ!

164BDA8B-BB6E-4602-8595-A97F3C005850

次回はミニオンらしい情報をゲット!
ほ、ほしい〜!!

ピクルス、そしてタバスコ


F2EF487D-BB4E-4BEA-944C-568F3662A7D0


昨夜、初めてウチに
お客さまがいらっしゃいました!
お迎えしたのはパパジの会社の人で
韓国人の若い男女お2人です。

女の子は魚介が苦手だそうで
どうしましょうと考えた末、
唐揚げにスパゲッティ、そして
IKEAのシンブレッド(薄いパン)の
ロールサンドなどを作ってみました。

あ、女の子が日本語堪能で
言葉には困りませんでしたョ(うふふ)

そうそうパスタといえば
韓国ではピクルスが欠かせないので
今回作ったらとても喜んでくれました。

C4FFD83F-9054-4257-8F96-D0040B40D06B

面白かったのが、タバスコです。
パスタと一緒にどうぞ、と出したら
オッ!いいですね♪と速攻かけたのは
唐揚げでした。

唐揚げに!?と驚いた私たちに
「エッ?唐揚げではないのですか!?」と!

そういえばヨジュちゃんは
焼き魚には必ずワサビだと言ってました。
私は刺身にしか使わないと教えたら
めちゃ驚いて。
…じつに、おもしろい!

そんなこんなの3時間。
無難に、、と考えてみたメニューで
これをどう思ったのかはワカリマセンが
たくさん食べて帰ってくれたことが
とても嬉しかったです。


江原道をめぐる旅 〜 最終日は有名な島へ


8C7E4680-BAD9-49D9-940C-B18C53177D7D

私はテレビドラマを見ないので
韓流ドラマも見たことがありません。
ですが韓国に住むことになり
言葉の為にもなるかと見てみたくなりました。
その記念すべき1本目は冬のソナタに。
周りから「古すぎる!」と総ツッコミでしたが
やはり世間を賑わせた定番?として
最初に見ておきたかったのです。

主人公が言った『男の夢というのは
仕事が終わって帰ってくると愛する人と
美味しい味噌チゲが待ってる感じ』
というセリフは日本との違いを感じて
ひどくワクワクしました。
そんな初ドラマの地が今回リクエストにあり
なんてタイミングだ!と思った次第です。


7/5

カンウォンドの旅、最終日の3日目です。

朝、春川駅までの道を調べるので
アプリの地図を開いたらすぐそばに
冬のソナタの撮影地と見つけ
テンションあがった私たち。

4C963BDD-56A8-46F2-A085-70753EE54F99

学校の前にはご丁寧に撮影場所の案内が。

E1718A34-B39F-4C3F-8886-6FD7BA0E16A1

遅刻した2人が乗り越えた壁のようです。

424445FB-F19A-41D8-8AC2-F539A851E536

本家?のナミソムへ行く前に
なんて素晴らしい序章でしょうか!

春川駅から循環バスに乗るつもりが
今は運行していないと知り撃沈。
予定変更で電車で加平駅から
タクシーでナミソムへ向かいます。
駐車場入口にすでに雪だるまが!

34DA2FC2-BC92-4E8F-9315-7C7BF5FD82B7
最初に書いちゃうとお土産さんや
道中いたるところに雪だるまがあって
雪だるまの安売りしすぎかと!

話が飛びましたがナミソムは島です。

83F9921F-CCC9-4977-B06B-339CC8FFAEAE
いざ!


島なので、船に乗ります。


CA1D31FB-C94A-4470-B428-516410D9B2D8

3987E396-E686-44D0-846C-BCB453585BDA

驚いたのは観光客の多いこと!
それもツアーバスの団体様です!!
冬ソナだけの島かと思ってましたが
どうやらサイクリングや文化体験など
多目的に過ごしているようでした。

そしてあの有名な並木道はとても綺麗で。

5EFF1A08-AAE6-483D-A7D6-168A8B0579AE

雪だるまをくっつける場所も
バッチリありました。

2E762BBA-0DB3-4D8E-8165-1AA0A2074B63

1C9AF373-E894-4AE9-8EFD-7DDE35C7B410

わは!

3DDFA209-445C-40EE-AA60-5EF230A00367

ここで良かったことは、私はドラマを
見たばかりだったのでそのシーンが
すぐに思い出せたこと。
先生は昔だから内容を忘れてしまったと!
オーノー!来たかった場所ですのに!
なので私が細かく教えました(*´ω`*)

A940CB68-7D03-4F72-9C1C-CCA347BB9B08


ナミソムをあとにしたら再びタクシーに乗り
おつぎはジェイドガーデンへ。
とても素敵な庭園とお城のような建物!

2A882DAB-CB1C-45A6-967A-E34A24A18E9C
ここもいくつかのドラマの撮影地だそう。
(建物から女の人が覗いてるはず、と聞き
「ホラーですか?」と言ったら笑われました)

647A7629-0DA7-4874-8C86-0ED6CE87697B
BB7C5570-2E72-49AF-BE6B-7C342082BAB0
ナミソムもそうですが、
可愛いリスが沢山いました。

広い庭をぐるっと散策したあとは
ITXに乗って龍山まで。
私の予定では普通電車利用だったのが
おかげで半分の時間で戻って来られました。

8D3AA53B-8F62-4DE5-984B-448B473194DB

こうして無事にソウルへ ただいま!

「いつか行ってみたかった」という
先生の願いを叶える旅。簡単に返事を
したものの出発まで色々ありました。
江陵までは新幹線でひとっ飛びでしたが
海列車から春川への手段が見つからず…。
(結局は路線バスで남대천まで行き
そこからタクシーで江陵バスターミナル→春川バスターミナル!)
ナミソム行くにもまさか船に乗るとは!
でもこれらをクリアできた今は
この先の自信にもつながった気がします。

今回の旅で韓国の違う一面を見れました。
失礼ながらこんな観光地があるなんて。
そしてもしかしたら他にももっと
いろんな場所があるのでは?と思えました。

内容濃かった数日間、
とても刺激的でした(*´ω`*)

江原道をめぐる旅 〜 2日目は海列車から


カンウォンドの旅、2日目です。


7/4
朝、窓をあけたらレトロな景色に
江陵まで来たんだと改めて思えました。

006D1C2E-5445-4DA2-B588-C50AFE869D6B

宿に対して、行く前はなにかと不便だろうと
虫刺されも覚悟してましたが
とても清潔で快適な部屋でした。
(部屋に殺虫剤あったけど虫いなかった!)



さて、2日目の始まりは
江陵駅からシャトルバスに乗りました。

1C854D21-4078-451C-9D5B-25A0871846EE

向かった先は海のすぐそばの
正東津駅(チョンドンジン駅)。
パダヨルチャ = 海列車に乗るためです!

E9A8EEE6-CA78-42F4-9240-63ECDFBAC694

東海岸沿いを走るこの列車は
日の出の名所なんだそうで。
海のすぐそばを走るのですが
なんと座席が海側に向いています!

7A99CDC1-6F5D-4529-9B30-AE1D0B310C12

窓の大きさも通常の2倍あるそうで
乗り物好きがテンションあがった
見事な観光列車でした!

51946E52-D915-4B4B-92F6-2610748E98F4

座席は指定です。
軽快な音楽が流れるなか出発してすぐ
検札とどこまで行くかを聞かれました。

C1195F6E-7FEF-455E-B2D4-E48AB933ABCB

私たちは一般席でしたがこの列車には
『プロポーズ席』なんて個室もあって
若い人たちに人気があるんですって!

そうかと思えば海沿いには
ずーっと鉄線がはられてあり
監視小屋もいくつかあって
戦争中なんだと現実にハッとしたり。

A00C1B73-46E7-4760-9D42-C5C094DBC6E9

6EE6F711-BF6C-4C09-B99D-78532103A41F

運行は一日2本、片道1時間15分の列車旅。
途中で降りても最後まで乗っても同料金です。
私たちは時間の都合で途中下車しましたが
名物のイカパンを買えなかったこと、
&車内のビンゴ大会ができなかったのもあり
機会があったらもう一度乗りたいです。

7CB2CFD0-0CAF-440A-9CAF-C408188BEE1E

電車を降りて江陵の町に戻ったら
こんどは高速バスターミナルへ。

5EFA1C4D-C104-40D4-9199-D51E748C00AB

切符を買ったらバス乗り場へ。

F182F682-09FF-4913-A92D-0D9EB3760458

向かった先は…春川と書いてチュンチョン!
バスで2時間、結構な時間です。

4D76BDD9-D71C-432F-A528-638B56CDED25

雲行き怪しかった空が
次第にいい天気に!
春川についたら青空が見えてきました。

658E6EE9-5673-49D8-8ACD-392C2AE7040D

ホテルにチェックインし荷物を置いたら
春川の町を散策です。

B4DD3251-4519-42F4-AE00-09E96916DDFA
やっぱり市場を見ちゃいます

先生はレースや生地をたくさんお買い上げ!
なかなか見られない光景なので
付き合うだけでも楽しかったです。

5A5BAC7F-CC47-4E9E-AC39-38B7F1A4A58B

12BD62FE-79EC-4265-92F0-4E5570C40112

夕飯には春川名物タッカルビ!
サツマイモが嬉しい甘辛タレです!

4A70947D-C09C-49A0-85FC-ECAAB7892892
文句ない美味しさでした!ンマー!!
(これで2人前ヨ)


そうそう今回のお宿。

8FBE9183-4E7D-4ACE-A554-F1AE39ABEF34
私がネット予約したのですが
とてもアットホームな雰囲気でした。
フロントのおじさんは日本語話せるし
館内には日本語で案内も。

F30B515F-2645-472D-92BB-9CFF13D6FE4D
昔は相当、日本人が来たのかなあと考えつつ
使いかけの歯磨き粉には二度見しました。
ま、まじか!
なんだかとても恐ろしいものに感じる不思議。

8CBA1BAF-EB67-42FF-B110-4603A830779D
…チミはいつからココにいるんだい?(-ω-;)


(つづく)

江原道をめぐる旅 〜 まずは江陵へ。


手芸の先生と二人旅をしてきました。


韓国に江原道(カンウォンド)というエリアがあります。
冬の平昌オリンピック開催地でもあり
日本海に面した風光明媚な景色を味わえるとか。
韓国が好きだという先生の
いつか訪れてみたい場所とのことで
今回その願いを叶える旅でした。
ちょうど1週間前の話です。

73E873A3-D4E7-4983-AB23-5907B4295628

7/3
これまではガイドさんが案内するツアーで
一人での飛行機は初めてだった先生。
無事に再会できた事をまずは喜び
いざソウル駅から出発です!

CDA38958-9F2F-44D3-9423-81E21F9850F7

まずは乗ってみたかったKTX!新幹線です。

4474816D-D23E-4E2C-A468-3B818F1494D1

切符は前もってソウル駅にて購入しました。
+10000ウォン(1000円)で特等席に。
出発してすぐに飲み物とおつまみ?が
配られテンションあがります。

38562088-3112-4B1F-B940-1129A9848CEF
座り心地も良くスペースも広めで
これなら1000円プラスも悪くない!

F550D7BA-F5D3-46F7-B88A-ABA8E8CAC8D4

KTXに揺られ2時間、その車中で
前から約束していたハギレを使った
シュシュの作り方を教えてもらいました。

4E14B713-4539-402D-917C-2ADD99F4FD5E
久しぶりの手芸教室にニコニコ。

4717EE4F-B546-47C6-A9F5-B518B39255E9

あっという間に最初の目的地、
江陵駅(カンヌンえき)に到着です。

4BADB0C5-8E4A-40C0-A1C6-192ED62946BB

まずは市場を見て駅前を散策

2009C039-E74D-48C1-9C36-F916F2830A51

そして路線バスにて…

337CC510-DED7-4D72-80B1-6CDEC7B90E7B
(ソウルでバスに乗っておいてよかった!)

江陵を代表する観光地、
烏竹軒(オジュッコン)にきました!

難しい事は省きますが(!)韓国最古の木造建築、
5000ウォン札の方の生家だそうで!
さらには5万ウォン札の女性は母親で
親子でお札に描かれているのは韓国だけとか?
シンサイムダンって言ってたかな、
ドラマの影響もあるらしく先生は終始感動していましたが私はお札の場所というところに感動してました。

A5DB2EBC-7AEC-4D81-BFAB-B4332AB985EF

DE7CBB2C-1463-4F14-9737-40279B74DB48

↓名前の由来の黒い竹もたくさんありました。

6065C15F-848C-42EF-87AA-B10790A864D2
952A5A25-4BCF-4759-B519-B9AD528AC4AA
↑ここから写真を撮るといいんだね!

資料館、お土産屋さんも眺めたあと
近くにあった刺繍博物館も見応えありました。
E6E296AE-E5AC-4E6A-B440-C07A30800B66

夜は名物というお豆腐を求めて
草堂スンドゥブを食べに。
残念ながら予定してた店がお休みでしたが
定食たべれて良かったです。

E5C28E91-0F18-4ADC-8CFD-1CC1EC51A20A

食後はタクシーに乗って
アンモク港コーヒー通りをお散歩。

52226C98-3AF0-49A6-A56F-AC2E1AA774C4
(♡▽♡).。.:*☆
↑海に喜んでいるのではアリマヘン

海辺にずらっとブランコが並び
「韓国の人はブランコ好きか?」と思いつつ
あいたブランコに乗って沈む夕日をみながら色々語りました。

BD8C8B5B-819B-4D14-BE71-61D5ABB6DE9F

日本は、新潟はどっちかな。
とても綺麗でした。
さすが私の愛する日本海。

3480ACA2-9F36-4F79-BC5E-A892AB80B0EF

882DCFE2-3A47-434F-9D9C-837A1F03EEEE
コーヒーのんでタクシーにて宿へ向かいます。


宿泊先は『烏竹韓屋村』。


76674739-516A-4A52-BFDB-B6197F9862CD
昼間いったオジュッコンのすぐ隣にある
韓国の伝統家屋、韓屋(ハノッ)です。
(昼間チェックイン時に撮った写真です)

ここの予約は韓国のIDが必要だった為
韓国の友達にとってもらいました。
最初は船橋荘というホンモノ?に泊まるつもりが
「こんなオバケがでそうな所はやめた方がいい!」と
こちらを検索してくれました。
勧めてくれただけあってメチャ綺麗!
なにより料金が一泊約50000ウォンで
ひとり2500円です!素晴らしい!!

F808B127-0798-4E5B-A746-AE4AF0FB6661

カギも昔の感じ!

FB36DD4D-9E1D-461E-ADE8-A815E2A4BDC8

88FD5804-FC95-4CDE-99AB-D5C0BB5D0AF1

8EA05491-E7C2-434F-84A6-3E840BAAB623

3AC3E613-4619-45D0-8CFB-97372277AB63
調べたら2016年にオープンしたばかり、
オリンピックに向けたやつだったのかな。

なんにしても韓国ドップリな旅の
1日目が無事に終了です。

4AAFBF9A-8197-4204-94A9-B1D9D04A2E4A
(↑とても綺麗だったのでホームページより借りました)