モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2007年4月

念願の2回目ッ!


Post-369先月の3月11日に
初めて食べたマックグリドル。

あの時の感動は
忘れられません。

甘い中に
しょっぱいのが入った
あの おいしさ…。

前回はソーセージ&エッグ・チーズを食べたのですが
念願かなってベーコン&エッグ・チーズを食べることが出来ました!



久しぶりの朝マック。

世の中は黄金ウィークということで
朝からマックも混雑でした。

順番に列に並んでやっと私の出番。

携帯電話のクーポンを見せて
お会計も終わり
あとはウマドルを待つだけなんだけど
コーヒーがすっかり なくなっている様子。


外を見ると
ドライブスルーも何組か待っているようで
しばらく お待ちくださいと言われました。


急ぐ予定もないので、別にいいぞよと思った瞬間
コーヒーに お砂糖をもう一本追加してもらうのを忘れてしまい、
とっさに お願いしました。

すると離れていた別の店員さんがササッと近寄ってきて
「大変申し訳ございません。
コーヒーが出来るまでこのコーンスープで待っていただけますか」
とスープを持ってきてくれました。

突然でビックリしたけど
・・・ひょっとしてクレームをつけたと思われたかな?

でもでも
せっかく用意してくれたからね、
大喜びでいただきました。




そして念願のベーコンバージョン。

ソーセージに比べるとベーコンは薄いから
若干ボリュームに欠けるような気がするけど
ベーコンうまい!!!やっぱり『当たり』!!

そしてコーンスープもうまかった!!(てへ)


このグリドル、本当にウマイと思うから
レギュラーメニューにならないかな~、マク夫さん・まくコ☆さん。
(↑とりあえず希望を書いてみた)


とにかく、マック 最高です!ビシィッ!!




● ヒトリゴト ●
旅ニ出タ 私ノ Canon。
イマダニ 連絡 ナイデスガ
今ハ昔ノ デジカメ出シテ 撮影シテマス。
カナリ前ノ ビッグサイズ ナ サイバーショット。

ダケド 使ッテ 気ガツイタ。

・・・前回ノ グリドル ヨリモ
メチャクチャ キレイニ 撮レテルンデスケド・・・。

マイッタナ~…。

絶品 カニ釜飯


Post-368本格釜めしの店として有名な
『山茂登 (やまもと)』へ
行ってきました。

ここの釜めしは
とても美味しいと評判です。

一人前づつ釜を直火で炊くので
注文してから20分ほどかかります。

その待ってる間はソワソワしますが
出来上がった時の嬉しさといったら!

ここの釜めしの食べ方として

・ご飯をかき混ぜないことと

・食べている時はフタをしておくこと

この二つが最後までより一層美味しく食べる方法だと
メニューに書いてあります。
なのでフタを開けたまま食べていると
注意(?)されてしまいます。


私は迷わずカニ釜めしにしましたが
ご飯にダシが染み込んで
とっても美味しかった!

カニもオコゲも・・・んまかった~!!


このお店は
新潟県の五頭山(ごずさん)のふもとにありますが
ここの近くにマロンが大好きな わんわんパークがあるんです。

もちろんココも寄りました。
(寄らないとマロンがうるさいしね)

わんわんパークへは今年初めてです。
去年は何回来たっけな~。

半年ぶりくらいだと思うけど
マロンはメチャクチャ覚えているようで
入った途端ダッシュで走っていました。

(あわわわ…後ろに大きい子がいるよ!)↓



お友達も出来たのかな?





ここへ来ると何が嬉しいかって
マロンの表情が変わることなんです。

飼ってみて、はじめて知ったけど
犬って本当に笑うんですよ!
マロンなんてずーっと笑いっぱなし!

こうやって楽しそうに遊ぶ姿をみると
ついつい連れてきたくなるんです。





「やっぱりオレ、ここ楽しいや!」↓



以上、
本日はぶさいくマロンで お別れデス。

はじめての れすとらんだ


Post-367新潟市を流れる
信濃川の両岸の堤防は
『やすらぎ提』といって
とてもきれいに整備され
ワンコのお散歩コースには
最高です。


いまはちょうど
チューリップが見頃です。




今日はここで お散歩したあと
お昼を食べに やすらぎ提近くにある
お店屋さんへ入りました。


なんと今日はマロンも一緒に入店です。


実は、飲食店へマロンと入ったのは
今回が初めてなんです。

ドッグカフェも行ってみたいと思ってたけど
なかなかチャンスがなく
やっと今回初めて、それも軽食のカフェでなく
ちゃんとした居酒屋さん的な雰囲気の
『三鬼遊 (サンキユウ=サンキュウ?)』さんへ行ってきました。



1階はペット同伴可だそうで
中に入ると大きなワンちゃん2匹が
おとなしく堂々と お出迎えしてくれました。

グレードデーンという種類でとても大きく
マロンなんてメッチャちんけ!

すごく凛々しく大人しい2匹のワンコ。
あんまりイイコで驚いたけど
どちらもまだ5ヶ月だか6ヶ月のヤンチャ盛りで
まだまだ子供なんだって。
…ウチのが暴れん坊なんだよねぇ。


↓ 「いらっしゃい」



店内も、店員さんの雰囲気も良く
すごく気に入ったのですが
お料理がこれまた美味しかった!!

素材も良いものを使っていると思うのですが
とても丁寧で繊細な感じがしました。

細長い陶器の器に入ってるのは味噌汁です。
口に入る具はネギ(ワケギかな)しかないのに
汁そのものに(多分甘エビだと思うんだけど)
そのダシがすごく出ていて、すごくおいしかったです。

白ご飯は土鍋で炊いたそうで
オコゲが少し入っていました。

味噌汁とかご飯とかの こういう細かい部分にも
手間がかかってるのが伝わってきて
本当に満足できました。


(カレイの塩焼き定食)

それから
普段は家や車でお留守番するマロンだけど
やっぱり一緒にご飯を食べれたことが
とてもとても嬉しくて。

肝心なマロンはというと
普段はワンちゃんが大好きで
最初は喜んでクンクンにおいを嗅ぎに行ったけど
すぐに怖くなったようで少し逃げていました。
(勝てるわけないけど、負けを認めたのね)



また一緒にご飯食べようね。

日本一の納豆 (おもいきって食べ比べ)


Post-366『全国納豆鑑評会』

というのがあるのを
ご存知ですか?

私は一週間ほど前に
初めて知りましたが
2月に開催された
このナットウコンクールで
我が新潟で作られてる
『大粒白糸納豆』が
最高賞に選ばれたそうです!


なんでもこの大会、
「色・形・香り・糸引き・味」の5つを厳しく審査し
日本一うまい納豆を競うようで
今回は全国から118品が集まったそうです。


今回受賞した大粒白糸納豆は
人手が少ないのと手間がかかることから
1日150パックしか作れないそうで
「ほんの限られた地元のスーパーでしか販売されない」
と 書いてあるではないですか!!

その限られた地元のスーパー
何を隠そうウチのご近所にありました +.゚(*´∀`)b

ということで
この1パック100円ちょっとの素晴らしい納豆を
早速 試食してみましょう。

納豆好きとしては、この際なので
他のメジャーな納豆も
一緒に食べ比べてみようかな、なんて。☆..。.(´∀`人)ワクワク!


お?これは規模は小さいですが
再び納豆鑑評会の開催ですね。

 
それでは
こちらが今回のエントリーのナットウくん達です!↓
(というか、この3種類が冷蔵庫で待機してたんだけど納豆買いすぎ?)




エントリーNO1 ◎ 大粒白糸納豆

エントリーNO2 ▲ 金のつぶ とろ~りたまご入り醤油たれ(ミツカン)

エントリーNO3 ○ 山の下なっとう(新潟市)

エントリーNO4   鰹と昆布の合わせだしタレ おかめ仕立て(タカノフーズ)


さあ 各納豆、そろったようです。

・・・一斉にフタが開かれました!(あれ?品評会のはずがレースになってる)

パカッ!!!



写真では見えづらいですが
それぞれ豆の大きさや色が
納豆によって違うんだな~と初めて知りました。

そして続いてグルグル混ぜてみました。↓



一番ネバッたのは白糸納豆!さすが大賞!

おかめと金の粒は、この比べた中では
あまり ネバらない方でした。

個人的に山ノ下なっとうが
味といい食感といい大好きなのですが
私が今ハマッている納豆は
ミツカンの『金のつぶ とろ~りたまご入り醤油たれ』です。

これね、タレも あなどれなくて
本当にトローリとしていて美味しいですよ。

そしていよいよ試食です。

念願の大粒白糸納豆は
この大きさのせいか とてもいい味で歯ごたえも良いです。
大豆の旨みがギューッと詰まっているようで
納豆が嫌いな人はもっと嫌いになると思う(なんだそれ)
こんなに大粒って初めて食べましたが
食べ応えがあって得した気分でした。モギュモギュ。


そうそうトッピングの話を忘れる所でした!



「気持ち悪ッ!」とたくさんの方に言われ続けてきましたが
私は納豆に砂糖を入れます( ゴ…ゴメンナサイ!!)

ホテルの朝食などで納豆を食べるときは
砂糖なんてもちろん用意されていないので
迷うことなくコーヒーのグラニュー糖を入れます。

砂糖を入れるとネバリが余計に増して
モッタリした感じになるんだよ。

あれ?どんどん食べてるうちに
なんだか止まらなくなって
品評会は自然と お開きになったようです。



うーん!
日本一の納豆は最高だなっとぅ!

食べ過ぎました


Post-365『新潟に初登場!』と
チラシで見つけ
今日のランチに友達と
行ってきました。

『 Abboccare アボカーレ 』という
イタリアンブッフェです。

なんでも
イタリアの若き天才シェフのレシピだそうで。


どうやらこの方は
8歳より料理界に飛び込んだらしいのですが
そんな小さな頃から目覚めたなんて!

私が8歳のころって…何してたんだろう?

きっと社会科で
『マヤ文明が嫌い』とかって情けないこと思ってたから
こんな風になってしまったんだな。・・・あ~あ。(→合掌)


それはさておきバイキング!
イタリア料理ということでパスタやピザがいくつもあり
見た目はもとより、味もとても良かったデス!



デザートはタルトフェアを開催してて
この他にも自分でクレープやホットケーキを焼いて
自由にトッピングが出来るのですが
これがまさに気に入った!

マンゴーとかベリー類に
生クリームにキャラメルソースも わんさか加えました。
(私が作ったのが一番上の写真です)

これで お値段1180円。(ドリンクバー +180エン)

・・・そして今日は明らかに食べ過ぎました。

普段はそんなに実感ないのですが
珍しく「食べ過ぎた!」ってことに気付きました。

これはどうしてだろう、と考えたら
席に着いた時の店員さんの
『2つの注意事項』を思い出しました。

それは・・・

「制限時間は今から90分です」 という言葉と

「当店はお好きなだけ召し上がっても良いのですが
残すことは ご遠慮ください

という2点です。

今日のお相手は
『バイキング仲間』と言っても過言ではないほど
こういう場所には一緒に行ってるので
お互いに料理を気にせずに すぐに取りに行ったり
どんなものを好むのかとかも分かります。

毎回ビックリするほど長居もしないし
モチロン食べれなくて残したりなんてしません。

それなのに今日は やたらと食べ過ぎたのは
わかってるのにあえて言われたこと
関係してるのではないかと思うわけで…。


おや?なんだか言いたいことが
わからなくなってきたので
今日はこの辺でやめようかな。

結局、時間はスグにすぎ
あわただしかったような気がするので
料理の内容も定期的に変わるっていうし
また行ってみようかな~と思っています。




・・・教訓。

90分は あっちゅう間。 Σ(-∀-;)




● オ マ ケ ・ デジカメ ソノ後・・・ ●

アレカラ Canonサン ニ 問イ合ワセタラ
無償修理ニ ナルカ ドウカ ハ 見ナイト ワカラナイガ
保証期間内ナノデ 点検シテ クレル ソウデス。

宅急便ノ 手配ヲ シテモライ
ワタシノ カメラ ハ 昨日ノ 午前中ニ 旅ニ 出マシタ。
(今回ハ 島根県 マデ 行ッタヨウデス)

マダ連絡ナイケド 元気ニナッテ 帰ッテ来テ欲シイ デス・・・。

『ドーナツ戦争』


Post-364『首都圏で

ドーナツ戦争が激化』

・・・・・・・・・・・・・・・・・


最初に
この見出しを見た時に

「都心の人口が減ってるんだね」と

私の脳は言いました。


・・・いくらドーナッツ好きでも
社会問題から目を離しちゃいけない!と思ってみたのに

思ったとおりの大好きドーナツの話題だったわけでΣ(-∀-;)


私はまた
郊外の人口増加が深刻な問題になってるのかと
余計な心配しましたよ。


さてさて、そんなドーナッツ戦争。

私の『食べてみたいランキング』ベスト3に堂々入ってる
クリスピークリームドーナツはもちろんですが
一皿1000円以上の高級ドーナッツカフェや
フォークで食べるワンランク上のドーナツなんかもあるそうで
いま まさにドーナッツの熱い熱い戦いが
首都圏では始まっているそうですね!!!

このことについてミスタードーナツは
「ドーナツが注目されて、むしろチャンスだ」と
意気込んでいらっしゃるとか。


・・・。

・・・・・・・・。


まったくもってウラヤマシス、東京。


こっちではさすがに
『ドーナツ戦争』は無理だろうから
そこまで望まないけどさ、

『新潟・田んぼを はさんでドーナツ追いかけっこ』
くらいでいいから

そんな素敵な戦いが始まってくれないかな~。

bon voyage!!


LANIさんの
行っといで
Big Wave Northshore

の動画を見たら
なんだか無性に
ソワソワしました!

この はやる気持ち抑えながら
お留守番隊員の一員として
これから出発される方々への

ささやかな お見送りの気持ち+それに合わせて
「お留守番隊員の我らも
また早くハワイへ行けるといいよネ」の
勝手な願いも込めまくって
私も動画DEワッショイ祭り(勝手に命名)に
参加させていただきます。(*´ω`)ゝ デシッ!!

皆さんの画面で見れるのか
かなり不安ですが
ここはサンセットビーチです。


まるでフィルム写真のように
色あせたセピア色に見えるのは
この時の私の「帰りたくないよ~」の気持ちが
そのままデジカメにのりうつったのだと
ひとりで決め込んでいるわけで。



私も今まで旅へ出るたび (→ Not ダジャレ)
たくさんの写真を撮ってきました。

でもカメラには残せない旅ってありますよね。

それぞれの『とっておき』ってやつが
かならず待ってるんですよね。

・・・おや?

なんだか一人でグッときてますが
これから旅立つ皆さん、

パスポートの位置確認だけは忘れずに(爆!)
ってそれは私でした! ヽ(゚Д゚;)ノ!! < ゴメンナサイ!!!



それではどうぞ ・・・ よい旅を!!!



*:..。o☆゚・:,。*: 行ってらっしゃ~い!*:゚・:,。*:..。o☆゚・




♪行こう ひとかけらの勇気広げて~

・・・私も早く、未来のシッポが見たいなー。

修理の当たり年?


Post-362桃の当たり年、


ワインの当たり年、


台風の当たり年…。



当たり年とは
『特に良いことが多く 思い通りになる年』と
良いことの例えで使われるようですが
ウチはなんだか

修理の当たり年みたいです。

あ、修理って良いことじゃないから
『修理のハズレ年』・・・かな?



先日のオイルヒーター出火事件から
それほど月日が経っていませんが
実は先週の金曜日に我が家のSONYのテレビが。

バチッと音がしてから突然消え
そのあと煙がホワ~っと出たと思ったら
部屋中が焦げ臭いニオイに包まれました。
(一瞬 地震でも きたかと思った!)

前回はオイルヒーターも焦げましたが
続けてテレビも燃えたもようです!どうぞ!

(ビリビリっときそうだったので)
急いでタオルを使って電源を消し しばらく様子をみましたが
もちろんウンともスンとも言いません。

これが夜中だったので
その日は電話番号だけ調べ
翌朝ソニーさんに電話しました。

「カクカクシカジカ」 話をしたら このテレビ、
どうやら不具合が出ていたようで
リコールの対象となっていたそうです(爆!)

オイルヒーターでさえも
宅急便に引き渡すのが重たく面倒だったのに
こんなデカいテレビなんて私は運べないぞ!と思ったら
わざわざ家まで出向いてくれるそうで
しかも今日中に来てもらえるとのこと!(感激!)

テレビを持って行きやすいようにしていたら
ピンポンが鳴りました。

男性二人でやってきて
どうやって運ぶんだろうと見てました。
すると黒い大きなじゅうたんのようなものをバッと広げたと思ったら
あっという間にテレビを分解し始めました!!!!

な・なんと
このままウチで直してくれるみたい! Σ(゚ロ゚;)!!!


それがね、あまりの手際の良さというか
作業の仕方が まるで魔法使いみたいにパッパッと早くて
私は ただただ見とれるだけでした。

部品を取ったと思ったら
むかし図工で使った覚えのあるような
『はんだごて』みたいので溶かして付けて・・・

時間にして15分ほどかな。

この お2人の連携プレーが
それはそれは見事で素晴らしかった!

新しい薄型テレビを買わなくちゃ!と
内心はちょっと期待した部分もあったけど
これであと5年は持つな。 


それにしても、大きなテレビの中身なんて
初めて見たので興味津々でした。 < イガイ ト 空洞 ナノネ。

デロンギの修理も嬉しい対応だったけど
SONYさんも満足だったので思わず書いちゃった。

とりあえず電話してみて良かったな~。


・・・・・・。

そう思ったら私のデジカメ…。

写真でみると分かるんだけど
レンズの部分がきちんと閉まらないんです。

これね忘れもしない
前回のKai での忘年会の時からなんです。

いま思うと
嬉しすぎて こうなったような気もするけど

買ったのは去年の8月だし・・・

出すだけ出してみようかなぁ・・・修理…。ボソッ。

むずむず キャベツ


Post-361春になって
キャベツが安くなってくると
無性に作りたくなるものがあります。

『安い』といっても
見切り品などの
クタッとしているのではなく
もともとの値段が安くなる、
ちょうど今くらいのキャベツです。


今日はちょうど
お呼ばれの用事もあったので
このタイミングにと
今年初のロールキャベツを作りました。

上の写真は
これから使うものを並べてみたのですが
私はデミソースのロールキャベツが好きデス (・∀・)b!

今日はこれと合わせて
一緒にコーンスープも作りました。

余談ですが私は
コーンスープを作るのにハマッタことがあって
セロリや人参など色んな野菜を入れて
試した時期がありましたが、
今は玉ねぎと少しのジャガイモに落ち着いています。

これの何が面倒って
ミキサーでガーッとやったあとに
漉す作業なんですが…。



このミキサーも10年くらい使ってますが
もっとパワフルなやつが欲しいなと
回しながら思ってみたり。< ガ ガ ガ・・・

そうこうしてるうちに
キャベツと具を包む作業も完了しました!


私はキャベツをクルクル巻いたら
両脇をウリャ!と中へグイグイ押し込む製法(?)です。

スーパーとかだと
かんぴょうで巻いたりしてるけど、
あまったキャベツの芯や葉っぱで
ググッと押し付ければ大丈夫です。
(強引かしら)


さ、ソースも出来たようなので
キャベツくんたちを並べます。



キャベツ同志に隙間がありすぎると
火がグラグラと強くなったときに
どんどん崩れてしまう可能性があるので
ここできちんと並べます。
あ、かんぴょうで巻いてたりすると
こんなことしなくていいんだね!(気付くの遅ッ!)
そして今さらですが
この作り方がすごく邪道だったらゴメンナサイ!

続いて弱めの火でゆっくり煮込みます。

コトコトコトコトコトコトロトコトコトコトコト・・・


ハイ!出来上がり!
(こんな風に簡単に出来たらいいのにね)




さっき作ったコーンスープも完成です。

おすそ分けした先でも喜んでもらえたのでホッと一安心。



ではでは、いただきます。

せかいの だれとでも


Post-360近くの友達と、

世界中の人と


このポスターを
初めて見たときは
それはそれは驚きました。

ニンテンドーDSの
マリオカートでの話ですが
面倒な設定もいらないし
10m以内じゃないとダメ、とかでもなく
DS本体とこのソフトがあれば
本当に世界中の人と対戦ができるのです!

仲良しのお友達と戦いたければ
お互いの「フレンドコード」を教えあって
登録すれば相手限定で遊べる・・・

ハズですが



というのも先々週あたりから
マリオカートの対戦を申し込まれて
私も やる気MAXでHVC-012も出したのに
『ともだちと』での対戦が、どうも出来ないんです。

相手を限定しないで国内・世界中どちらの
「誰とでも」ではヴァリヴァリ戦えるのですが…。

ニンテンドーのページにある
NAT機能ってやつが関係してるのかなとも思うけど
いまも呼び出しコールが点滅中デス (;´Д`A “` 



それにしても
このマリオに限らず世界中のプレイヤーと
24時間いつでも気軽に対戦できるなんて
本当にスゴイ世の中になったと思うばかりです。

最初はモジモジ気味の中、
『せかいのだれとでも』を選んでは
毎回、緊張していましたが
ある程度戦うと少しづつ慣れてきますね。

負けても悔しくなくなってきたし 彡(´∀`;)

だけど私が勝ちそうになると心の中で
「頼む、ラストまで ちゃんとゴールしてくれよ!」
と願うのは今も変わりません。
(だから私も負けても逃げたりしないぞ!)

そしてこれを乗り越えて
最後までゴールしてくれた時の嬉しさ!

「ありがとう!チミは良い奴だなあ!」と心から思うのです。


この気持ちを伝えられればいいのにな~。

頭にきたら「こんにゃろ!」とか「悔しい~!」とか。

これだけのことが出来るんだから簡単そうだけど
逆に言葉もなく遊べる所が良かったりもするのかな。
(あ!言葉が違うとダメか!)


とにかく、このDSを使って世界中の人と対戦してるのですが
「この相手はどこの国の人なんだろうな~」とか
「この動きはチビッコか!?」などと考え始めると
一人でワクワクしてきます。


先日は64のマリオカートで久々に燃えたのに
いまも相変わらずのマリオ好きで・・・

ほんと困ったもんです。 彡(-ω-;) →自分で言っちゃった