IMG_0338

「ダリが呼んでる」
スペインへ行くと決めたら
ふと湧いてきたこの想い。
この『なんとなく』の感覚は
やはりまちがっていないことを
今回改めて感じました。

・・・・・・・・・・・・・・

ホテルデュランで昼食をすませたら
予約した13:45発のバスへ乗り込みます。

↓なんだかオシャレなバスターミナル
IMG_0336

IMG_0335

しゅっぱーつ!

IMG_0334


フィゲラスから東へ35キロ、
車窓は街中から海沿いへ

IMG_0332

IMG_0331

次第にくねくね山道となり
揺られること1時間

IMG_0330
(ピレネー山脈を越えたようで!?)

終点のカダケスへ到着したときは
気持ち悪さ最高潮でした。オオゥ、酔ったゼィ(つД`)


しかし!しばらく休んで周りを見たら驚きました。
白いおうちがたくさん!白い町です!!

IMG_0280

IMG_0333

地中海に面した街カダケスは
芸術家たちにも愛される高級リゾート地。

IMG_0324

ここから坂道をのぼり入り組んだ細い道を歩きます。

IMG_0281

IMG_0329

1キロほど歩くと
小さな入り江 ポルリガットに到着です。

IMG_0340


ここにダリ夫妻がかつて暮らしていた家、
通称 卵の家があります。

IMG_0312
ココです!!

ダリの家にお邪魔するには公式サイトからの
予約が必要(1人12ユーロ)
しかも1グループで8人の定員制で
ガイドさんが必ずついて自由に見学はできません。
言葉の問題があるけど8人もいるしね
なんとかなるか!の軽い気持ちで受付行ったら
予約した16:10は我々のみで、
しかももうお客さんこないから
すぐに案内してくれるというのです!
そうです、なんと私たち
ダリのおうちを貸切!!!(アワワワ!)

玄関の前で待つことしばらく

IMG_0328

カギがガチャリとあき中へ通されました。
「おじゃまします」と挨拶し中へ入ると
大きなシロクマがお出迎え!

IMG_0282

個性的な内装が続くのかと思ったら
リビング、寝室ともに落ち着いた空間で
とても素敵でした。こんな家に住みたい!!

IMG_0283

IMG_0284

IMG_0327

アトリエの窓から見渡せる地中海の景色には…
なんだか泣きそうでした。

IMG_0326

IMG_0315

どうなることかと心配したガイドさん(女性でした)とのやり取りも
ゆっくり説明してくれたおかげで
なんとかなりました。ヨカッタ!

ガイドさんがつくのは家の中だけ。
バイバイして庭へ出たらあとは自由に見学できます(お庭もとても広かった!)
そしてここから屋根の上に乗った卵を
見ることができるのです!

IMG_0325

IMG_0310

IMG_0318

IMG_0317

IMG_0320

IMG_0322
素敵でしょう?


そうそう卵といえば私は常に
マロン氏の一部を持ち歩いています。

IMG_0316

その入れ物に卵の器を選んだのですが
卵は生の象徴であるというダリに
少しでも近づきたくココにマロン氏もお邪魔させてもらいました。
おかしなこと書きますがね
ダリとマロン氏の共演、なんちって!爆

IMG_0288

IMG_0289

IMG_0313
いっしょに来れて嬉しいね、まろん♪


朝起きてダリである幸せを
毎日感じていたという彼。
天才であるということを貫き
足が悪くなってからも外では
自慢のステッキを使いカッコつけていたんですって。



IMG_0323

IMG_0314

IMG_0319




こうして思いっきりダリの家で遊ばせてもらった私たち。
家を出るとき、扉のそばには「またおいで」と
ダリの姿が見えるようでした。

IMG_0337

IMG_0339



街へ戻る帰りのバスは18:15、


IMG_0286

IMG_0287


再び山道を揺られたあと
20:45の新幹線に乗り継ぎ
バルセロナに戻ってきたのは21:40でした。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以上、これにて
スペイン・バルセロナの旅行記はおしまいです。
スペインといえばフラメンコ、情熱の国、
ラテン系などのイメージだったのが
私が見たものはその先入観と全く違ったものでした。
思っていたより暗いし、踊らないし。

でもアートの喜びにどっぷりと浸かれたのは
とても贅沢で最高の心の充電ができました!
街は無料の野外美術館だしね!

あいかわらず書き始めたら止まらなくなり
長くなってばかりでしたが
このスペイン日記にお付き合いくださり
ありがとうございました。

またいつかのチャンスを願いつつ
つぎの旅立ちまで、ごきげんよう♪