アーカイブ: 2015年5月

Haiku地区のバケーションレンタル


今日はハイク地区でバケーションレンタルをしている友人宅を訪れました。
日本語ペラペラのデークさんと日本人の奥さんトモエさんのお宅のオハナ(同敷地内の別宅)がこれから夏に向けて空きがあるそうです。かわいいライトブルーとライトグリーンの爽やかなお部屋に、ミニキッチン付き。何とお部屋に畳までありました!一泊お一人$70、二人で$90。興味のある方はメッセージください。
マウイ島の不動産についてお気軽にお問い合わせください。
hiro@mauihomesdirect.com
(ちなみにバケーションレンタルは私の仕事ではないんですが。。。今回だけ友人の紹介です。)

11233553_1095649217115653_7214628582032919601_n11229985_1095649267115648_7924255144596302505_n1510390_1095649293782312_2200459072416166305_n

Kula 半年前のブログより


アロハ〜
マウイ島不動産エージェントのひろです。

去年2014年の12月9日にわたしのホームページ mauihomesdirect.com で書いた記事をもう一度貼付けます。当時モーハワイさんのブログはしていなかったのと、それと今日はこの”クラマヌ”の物件の販売担当者と会って、値段の変更があったと知らされました。

一件目のクラマヌサークルという場所はアップカントリー好きの中で人気のエリア。
ほとんどの家には眺めのいい景色が楽しめるデッキがついていて、比較的新しく開発された場所です。さて、このお宅は庭もそれほど広くなく、マウイ半分日本半分という生活の方には、維持しやすい資産になると思います。

二件目の物件はお値段こそかわりませんが、引き続きすばらしい景色と、半自給自足の生活ができるのと、賃貸収入が期待できるという美味しい条件です。

以下、2014年12月9日のブログより。

280 Kulamanu Cir. 4bd/3.5ba $1,227,000

一件目はKulamanu (クラの中でも便利の良い街に近めな景色の有る閑静な住宅地)にある、広々とした眺めのいいお宅。

朝からたくさんの不動産エージェントたちが物件の下見に来てました。朝ご飯も出たので、よけいみんな見に来た感じですが。この辺りは人気が高いし、特に景色のあるお宅はあまり値段が下がらないので、投資にも好都合。

一階と二階の両方にリビングルームがあって、2階からは西マウイと海岸線が見渡せて、贅沢!(景色の写真はアドレスをクリックしてください)
photo.12.9.14 photo.12.9.14a photo.12.9.14b photo.12.9.14c

13434 Kula Hwy. 3be/3ba +multi dwelling  $1,900,000

二件目はウルパラクアの大自然の中のお宅。

敷地に入るや否や柑橘類の木がたわわに実を付けていて、それからマンゴーの木によそ見をしながらおりて行くと鶏さんたちもお出迎え。小屋の中にごろごろ卵が落ちていて、なんて自由な鶏生活でしょう。(注)鶏さんたちはセールに含まれません。

photo.12.9.14g photo.12.9.14f

お隣の土地はウルパラクアワイナリーでワインになるぶどう畑。

photo.12.9.14e photo.12.9.14d

7エーカー(約28328㎡)の土地の広さにいくつかのコテージやワンルームで賃貸できる建物が有り、私の好きな”キャッシュフロー”もクリア。なんと全部を貸出せば月々7千ドルの収入の見込み、プラス、果物は買わなくてもOK。でも、やっぱりこのかわいいメインハウスは貸さずに住みたくなっちゃうだろうなぁ。曇っていたので、景色の写真はアドレスをクリックしてください。

photo.12.9.14h photo.12.9.14i photo.12.9.14j photo.12.9.14k

ガイドブックに載っているグランマズカフェまで約10分。

photo.12.9.14l

リースホールドとは?


アロハ〜
マウイ島からひろです。
今日ご紹介したいのは、リースホールドのこの物件。
Milowai (ミロワイ) #103 $199,000 1ベッド/1バス
リースホールドとは、リース(つまり賃貸)の契約期間は月々土地の賃貸料を払って契約の期間内は部屋を自由に使えるという所有形態。こちらはリースが23年残っており、その間は住むこともバケーションレンタルもできます。23年後には地主に返さなければいけない可能性もあることから、私にはその魅力が全くわからなかったのです。

訪れてみると、そんなマイナスイメージよりも魅力を発見。
AAAのオーシャンビュー。 ユニットの広さにしてこのお値段。オーシャンフロント&オーシャンビューのマウイの物件で$199,000というお手頃さ。
photo.4.23.15c photo.4.23.15

購入後すぐにバケレンへ運用できる家具付き。
photo.4.23.15a photo.4.23.15b photo.4.23.15d

海を見ながらのバーベキューときれいなプールに近いユニット。マアラエアというキヘイへもラハイナへもカフルイへも近い島の中心という立地条件にも関わらず、人が少なめ。コンドすぐ前の海辺にはウミガメが肉眼で何匹も(たぶん15匹はいました。)見れて私もツーリスト並みに大興奮!亀さん達はこの岩場に住んでいるそう!
photo.4.23.15f photo.4.23.15e photo.4.23.15g photo.4.23.15h

さて、リース期間が切れたあとのオプションは。。。
1. 再度30年のリース契約ができる。
2. 割安で購入できる可能性もある。
3. オーナーのものになる。(今までこうなった例はありません。)

ちなみに、土地も建物も絶対的な所有形態はフィーシンプルと呼ばれます。
今日はマアラエアに多いリースホールドというユニークな所有形態の素敵な物件の紹介でした。

リースホールド含めたマウイ島の不動産の質問はこちらまで。
hiro@mauihomesdirect.com