モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年4月

ハシゴ。



我が家の近くには、セーフウェイ、ロングスドラッグス、タイムス、フードランドの4軒のスーパーがあります。
新聞を購読していないため、インターネットか義両親宅でチラシをチェックし、大抵2〜3軒をハシゴします。

今日は、ロングスドラッグスとタイムスをハシゴしてきました。
もちろん、広告の品を手に入れるためです。

ロングスドラッグスでは、JOY(食器用洗剤)を購入。
普段なら$3近くするのが、セールだと$1.19です。
ところが今週はさらにお買い得♪79セントです
5本をカゴに入れました(ロングスのセール品は、一人5個までしか買えません)。

それで、夕食の後片付けをしている時に、ふと洗剤を見ると

ん?handsoapと書いてあるではないですか
今まで食器用洗剤だと思って使っていたけど、本当はハンドソープだったの?
日本のJOYは食器用洗剤だよね?
ちょっとドキドキして、容器をじっくり観察してみました。

そうしたら

書いてありました dishwashing liquid。

な〜んだ、食器用洗剤としてもハンドソープとしても使えるんですね
そういえば、お義母さんが我が家に来た時に、JOYの横にハンドソープが置いてあるのにも関わらず、JOYで手を洗っていましたっけ。
その謎が、やっと今解けましたよ。


タイムスでは、オレンジジュース($2.99)を買いました。これは安いです。

トロピカーナのLOTS OF PULPが気に入っています。
PULPとは果肉という意味なので、LOTS OF PULPで「ツブツブたくさんのジュース」になります。
他にもツブツブなしのNO PULP、ツブツブが少し入ってるSOME PULP、ビタミンDの入ったもの、カルシウムの入ったもの等、トロピカーナの種類は豊富です。

他に購入したものは、種なしぶどう。もちろんセール品です(1ポンド当たり$1.49)。
このチリ産のぶどうは、マウイのスーパーでは、いつも茎が茶色く実はぶよぶよで、とてもじゃないけど新鮮とはかけ離れたものでした。
ところが今日のは良い感じ
お買い上げです。2房で2ポンド弱(約$3.0)でした。

甘くて美味しいです。
皮ごと食べるので、ゴミは茎のみ。後片付けも楽ですね。

日曜日の日課。



私が住んでいるこの土地は、日本からマウイに移民してきたS家(義父方)の初代が所有していたものでした。
日系4世の夫からみて、曾お爺さんにあたる人です。
もともとは綿を育てていたそうですが、時代が変わり、マンゴー農園へと転化していきました。
我が家の庭にあるマンゴーの木は、このマンゴー農園の名残なのです。

さて、甘くて美味しいマンゴーが食べられるのは有難いことですが、その代り、庭の掃除が大変です。

お掃除3点セット。これで落ち葉を拾います。結構重いんです。チリトリはお義父さんのお手製だとか ↓


落ち葉はマウイカウンティー(マウイ群)指定のゴミ箱に入れます ↓


夫婦2人で作業して45分位。強風が続いているマウイ、掃いても掃いてもキリがないので、この位のところで終わりにします ↓


最後は、井戸水を使って芝生の水遣り。これは夫にお任せ。
消防士さんが消火活動に使うような、太いホースで水を撒きます。
井戸も、マンゴー農園で使われていたものでした。
(写真の車輪は井戸の装置の一部です) ↓


今日も空が青いです。鳥さんも遊びに来てくれました ↓



当時、一日の仕事を終えた曾お爺さんの唯一の楽しみが、このマンゴー農園から夕日を眺めることだったそうです。
今は家が建ち並び、ここから夕日を眺めることはできません。
でも、夕焼けを見ながら夫とその会話をすると、夕日を見ることしか楽しみがなかった曾お爺さんの、苦しい移民生活が目に浮かびます。
こんな夕日を見ていたのかな ↓

気持ち良いネ。



今日もマウイは強風です。

我が家の両隣には、夫のいとこの子供、2歳になる男の子と女の子がいます。
今日は日曜日。
子供達がプールで遊んでいたので、写真を撮ったのですが…

児童ポルノに特に敏感なアメリカでは、裸の写真は
日本では、子供がお父さんと一緒にお風呂に入っているシーンとか、
微笑ましい写真になりますが、アメリカではダメなんですね。

でも、このプールは紹介したいなーと思ったので、
夫にどの写真なら使っても良いか聞いたところ、これなら良いよとのこと ↓


ヤシの木があって、スライダーまである。
私が子供の頃は、こんなハイカラなプールではありませんでした。

それに、このプール。
淵から噴水のように水も飛び出てるんです。
写真でわかるかな?


子供達は、この噴水を飲んで楽しんでました。

元祖。



マウイチップス。
今は色んなメーカーから発売されていますが、元祖マウイチップスはこれです!


マウイのカフルイで作られています ↓


127.6gと量は本当に少なめです。
これで7ドル強。
なかなか良いお値段ですね。

私はロングスドラッグスのセールで4ドルで購入しました。
4ドルのポテトチップス(この量で)なんて、普段なら絶対に買わないけれど、普段が7ドルなら…と買ってしまいました。

仕事から帰ってきた夫は大喜び。
これに、ケチャップをつけて食べると美味しいんだそうです。

ポテトチップスにケチャップ

不可解な顔をしている私を見て、

フライドポテトにだって、ケチャップつけるでしょ。同じだよ。って。

そうかなぁ。

ちなみに、まだ封を開けていないので、検証はまだです。

目覚めなくては。



KIKU TVでドラマ「Jin-仁-」が始まりました。
台詞は日本語でも、英語の字幕が出るので、夫婦一緒に楽しんでいます。

この前の火曜日第2話で、馬に蹴られ怪我をしたタエを、仁先生が麻酔なしで手術をするシーンがありました。痛みに苦しむ母に対し、喜市が「ちちんぷいぷい御代の御宝」を連発しています。

夫 「これは何?」
私 (えーと…おまじまいって英語で何て言うんだろう?)

言葉が見付からずしばらく考えていたら、ドラマの方が進み、

仁先生 「これは?」
咲ちゃん 「言葉の麻酔でございます。」
夫 「なるほど。」

あーそっか。そう言えば良かったんだね


最近、英語力以前に、言語力がめっきり衰えていると感じます。


他にも、今日は夕飯にカレーライスを作ったのですが、灰汁を取っている時に夫が台所を覗きに来ました。

夫 「それは何?」
私 (えーと…灰汁って英語で何て言うんだろう?)「牛肉から出るものだよ。」
夫 「あー、脂だね。ヘルシーにさせるんだね。」
私 (うーん…ヘルシーにさせるのも一理あるけど、本来は臭みを取るためで…)

結局、正しく説明できませんでした。

この脳の衰え。なんとかしなくては


ちなみに、その取り除いた灰汁に対して、

夫 「で、それはどうするの?」
私 「捨てるんだよ。」
夫 「そうなんだ。」(←何か淋しそう)

え?この灰汁で何か作って欲しかったのかな?

幸せ運ぶEMS。



母からEMSで小包が届きました。
発送日は日本の4月20日。3日目にマウイに到着です。
EMSは早いですねー。

小さい箱にあれもこれもと、色んなものが入っていました。
中身をバラバラにしたら最後。
二度と元に戻すことができないほどの詰め込みようで、毎度ながらパッキングの上手さに頭が下がります。

妹がディズニーランドに遊びに行ったお土産で、プーさんのクッキーと絵葉書 ↓
いつ会えるかわからない姉にまでお土産を買ってくれるなんて


一人ランチに最適なチャーハンの素や缶詰。 ↓


抹茶味のお菓子にきのこの山 ↓


そしてHIS発行の無料雑誌(ハワイ特集) ↓


さすが、ウン十年も一緒に過ごした家族ですね。
私が何を喜ぶか、ちゃんと理解してくれている。
本当に感謝です。私は幸せ者ですね。

送料は3,200円。
何かを送ってくれる時は、ちゃんと私の銀行口座から送料を引き落とすように言ってあるけど、きっと母のことだから、自分で支払っているんだろうな。

大事に食べようと思います。
でもね、大事に大事にとっておいて、いつの間にか賞味期限が切れてる〜
という事を度々繰り返す私なので、風味が変わらないうちに食べないとね。

口が壊れる。



マウイで一番美味しいと評判のケーキ屋さん、
Broke Da Mouth Cookie です。

「口が壊れるほど美味しい」という意味で、日本語でいう「ほっぺたが落ちるほど美味しい」と同じ感覚らしいです。

残念ながら、カットされたケーキはなく、全てホールサイズになります。
それも、直径25cm、高さ13cm程もある大きなケーキです
夫婦2人で食べきれるわけもなく、大勢が集まる特別な時しか買いません。

たまに、こういうプチケーキもありますが ↓


ほとんどがホールケーキ。
これはクイーンエマケーキ。リリコイとココナッツのケーキだそう ↓


これは、チョコレートケーキかな ↓


このチョコレートでコーティングされたイチゴ。最高に美味しいんです ↓


私の誕生日に夫が用意してくれたケーキ。当日は義両親と4人で食べ、残りを夫と2人で食べ、丸3日かかりました。
あ、ろうそくの数は気にしないでください。
日本のように、ろうそくの数=年齢ではありません


ちなみに、私達のウェディングケーキもここで注文しました ↓


イチゴだ〜い好き。
お店の名前の通り、クッキーも売られています。
クッキーの種類も豊富で、マウイのロングスドラッグスにも売られていますよ。

次は、いかにもアメリカ〜ンなケーキを。
これらはBroke Da Mouthではありません(多分…)。

親戚の41歳の誕生日会 ↓


夫の友達のウェディングケーキ ↓
2つもあります。新郎用・新婦用だそうです。インパクトがありすぎ。


新郎用をズームアップ ハイネケンが大好きなんだとか ↓


こんなケーキを見ると、私達のウェディングケーキはなんて地味だったんだって思いますね。

—————————————————————-
実はこのブログ、夫も閲覧しています。

私がブログを始めたこと、日常のマウイを紹介していることを伝えたら、なんだかとても喜んでいました。
彼のイメージとして「日本人にとってのハワイ=オアフ」というのが、少し淋しいらしいです。
私のブログを読むことで、マウイにも興味を持ってもらえると良いね♪と言っています。

そして、たまにブログのネタを提供してくれるんです。
○○について書いたら?これ、ブログに書いたらいいんじゃない?と。

今日のネタは、夫からの提案のものです。
—————————————————————-

Broke Da Mouth Cookie Co.
190 Alamaha Street, Unit B, Kahului
808-873-9255
営業時間 不明。今度調べておきます。

西?東?



隣の義叔母さんから頂きました。
マンゴー初物です。

初物を食べる時、みなさんはどの方角を向きますか?
私は母から、初物は「西」を向いて笑いながら食べると縁起が良いのよって教わりました。
でも、「東」を向くんだ!という人もいます。

ちょっと調べてみたら、色々な言い伝えがあるようです。
方角について面白いなと思ったのは、住んでいる地域による違い。

「西」を向く人は関東の人。初物を食べる事を、関西の人に自慢するためだそうです。
逆に「東」を向く人は関西の人。関東の人に自慢するため。

そこまで敵対しなくても良いのにね。

さて、マンゴー好きのモーハブロガーさんが多いので、
良いなーとか、羨ましいとか、何自慢してるの?なんて思われそう…
と思いながらブログを書いています。
でも!逆にこっちでは食べられない物がい〜っぱいあるので、
あたたかい目で見てもらえると嬉しいです!

SCION好きの集い★ラハイナ?



さて、またまた続きです。

Lower Honoapi'ilani Roadは、両側にホテルやコンドミニアムが並ぶ、片側1車線の細い道路です。
カパルアを抜けると、高級別荘地のナピリ、コンドミニアムが並ぶカハナとホノコワイと続きます。
カハナ・ホノコワイの雰囲気は、なんとなくキヘイに似ていると思いました。
高級ではないけれど、素朴で落ち着いた街です。

Lower Honoapi'ilani Roadの突き当たりで、Honoapi'ilani Hwyと合流します。
Hwyを南下し、高級リゾート地カアナパリに到着です。


すると、先頭車がホテルへと入っていきます。
ん?ホテルに立ち寄るのかな?と思いきや、正面玄関でUターンをしホテルを出ていきます。
それを違うホテルで繰り返すこと5回。
一体何のため?
うーん、私が思うには、先頭車の人が自慢の愛車を多くの人に見てもらいたいからなのかな。
カークルーズの時は、いつもこんなんなんだそうです。
夫も少々呆れ気味。

カアナパリを後にし、ラハイナへ向かう途中、さとうきび列車に出会いました ↓


そうしてようやくラハイナに到着。
今度は、お昼に立ち寄ったラハイナキャナリーモールの向かい側、ラハイナゲートウェイに寄ります。
駐車場に4台の車を並べ、またもや撮影大会です。


私は違う写真を。ウェストマウイマウンテン ↓


ちょっとへっぴり腰なフラダンサー。私みたい ↓


すると、メンバーの子供が銀色のポールを使って、遊び(踊り)始めました。
「お父さん、娘に何を教えているんだ!」「チップ渡さないとダメかな」とみんなで大笑いします。
調子に乗って、ポール代わりになるものを見つけるたびに、同じことをするように。
笑いを提供してくれた女の子でした ↓




日差しがまだキツイ午後4時。みんなとはここでお別れです。
1日遊びまくりました。
今日は夫婦ともにグッタリです。

Lahaina Gateway
305 Keawe Street, Lahaina
毎日 9:30-21:00

SCION好きの集い★ラハイナ?



昨日の続きです。

ラハイナを後にした私達は、Honoapi'ilani Hwy(30号線)をカパルア方面に北上しました。
カアナパリ、ホノコワイを抜けると、右手にカパルア空港があります。
車はどんどん北上。先頭車にくっついて行くので、どこまで行くのかわかりません。

私はカパルア空港までは行ったことがありますが、そこから先は未知の世界。
空港へ続く道Akahele Streetを超えた地点で、私は少々興奮気味です。
初めて見る景色に写真を撮りまくりました。
でも、車内から写真を撮るのは難しいですね!ボケボケな写真ばかりです。


カパルアを過ぎました。お馴染の蝶蝶のマークです。




車はどんどん山道へ入っていきます。
クネクネ道。車酔いし易い私は、徐々に具合が悪くなっていきました。


途中、何ヵ所かあったルックポイントも通過し、まだまだ先へと進みます。
「なんで立ち寄らないんだ?どこまで行くんだ?」と夫も少々キレ気味。
そんな時、ようやくUターン。
先ほど通過したルックポイントに車を停めます。

ここはHonolua Bayが見渡せる場所。
噂通りの美しい景色で、何度もBeautifulと言い続けました。
景色の美しさを表現するのにBeautifulが正しい英語なのかはわかりませんが、
咄嗟に出た言葉がこれでした。
まず海の透明さ。サンゴ礁がはっきり見えます。奥にはラナイ島も ↓


ラハイナからはちょっと遠くに見えるモロカイ島も、こんな近くに見えました ↓


Honolua Bayは、風もなく波が穏やかな場所なんだそうです。
だからシュノーケリングには最適だとか。

ここでしばし景色を堪能した後、メンバーの目は車に向けられます。
今度は車の撮影大会です。
お互いに車の写真を撮り、○○が良いねーと褒め合います。
私には理解不能。遠くから彼らを見守ります。

次に車は超高級リゾート地カパルアへと入っていきました。


それから、リッツカールトンホテルにカパルアゴルフコース。
写真でしか見たことがなかった景色が、目の前に広がります。

帰りは、Hwyではなく1本海側の細い道、Lower Honoapi'ilani Roadを通りました。


ちょっと長くなりそうなので…つづく