モーハワイ☆コム

カテゴリー:オアフ島2010.8

フェイバー★夫の幼馴染の結婚式。



結婚式の引き出物って悩みますよね。
一番人気なのはカタログギフト?
それから、お茶類や食器類、あとお菓子類も人気ですね。

ハワイ(アメリカ)の結婚式に、引き出物はありません。
その代りフェイバー(favor)と呼ばれるプチギフトを用意します。
単価的に数ドルが相場です。


夫の幼馴染の結婚式のフェイバーは、マカロンでした。
これまたテーマカラーであるグリーンのリボンが巻かれ、お花がアクセントになっています。
可愛らしいフェイバーです。

マカロンは、新婦勤務先の人気スイーツの一つのようです。

中のクリームは、少し酸味がある、とてもさっぱりしたお味でした。
パッションフルーツが使われているのかな?
実は、マカロンって初めて食べました。
ポロポロ落としそうだったので、一口で頂きましたよ。贅沢ですね。
美味しかったな〜

フェイバーはゲストが到着する前に、予めテーブルに置いておくのが習慣です。

フェイバーは持って帰らずにその場で食べても良いんです。
私は家に持って帰りました。


今回は、帰り際にもう一つのサプライズギフトが

それは…

ビールです 新郎新婦の写真入り
これ、新郎による自家製ビールなんです。お酒作りが趣味なんですって。

千一羽鶴と乾杯三唱★夫の幼馴染の結婚式。



ハワイ日系人の結婚式に欠かせないものが2つあります。

一つ目は千一羽鶴の額です。
新婦が千羽、新郎が1羽の鶴を折り、どんな絵にしたいかを決めます。
それをアーティストにお願いして、その鶴で絵を形成してもらうのです。

千一羽鶴については色々な言い伝えがありますが、一つの説では、結婚生活に必要な忍耐力を学ぶためにこの習慣ができたとか。
忍耐力が必要なのは新婦だけ??って気もしますが、そこは置いておいて

ちなみに、私達夫婦の千一羽鶴はこちらです↓


全然傾向が違いますよね。
これはもう、新郎新婦のセンスによるものなんですが、私達は伝統的な竹や鯉を絵柄に選び、やや古風にしました。
新郎新婦の千一羽鶴はとてもモダンですね。素敵です


さて、もう一つは「乾杯三唱」です。
「万歳三唱」ではないんですねー。
「カンパーイ カンパーイ カンパーイ」とグラスを3回持ち上げます。

今回の披露宴では「乾杯三唱」の他に、日本式に新婦親戚による「万歳三唱」も行われました。

私達夫婦の披露宴のゲストには、日系・フィリピン系・ハワイアンがいましたので、3つの言い方で乾杯です。
カンパーイ カンパーイ カンパーイ(日系)
マブハイ マブハイ マブハイ(フィリピン系)
オコレマルナ オコレマルナ オコレマルナ(ハワイアン)

今思えば、日本人ゲストがいたのだから、万歳三唱もすれば良かったな…

デザート★夫の幼馴染の結婚式。



新婦の勤務先が全面協力とあって、デザートがものすごく充実していました

料理(ビュッフェです)の列が長かったので、お先にデザートを確保。
お陰さまでほぼ全種類頂く事ができました

繊細でオシャレなデザート達。
マウイでは見る事のない光景です。
さすがオアフは都会だな〜







美味しそうでじゃないですか?

と〜っても美味しかったです。満足満足

手作りデコレーション★夫の幼馴染の結婚式。



オアフ入りの本当の目的。いよいよ結婚式に出席です。

ファーマーズマーケットでお馴染のKCC。
ここのカフェテリアが結婚式及び披露宴の会場です。

新郎は夫の幼馴染の日系アメリカ人。
新婦は日本からの留学生で、KCCでカリナリーを専攻されていました。
今は卒業し、ハワイの某企業でパティシエとしてお仕事をされています。

会場のセッティングからお料理の準備まで、学校と職場の仲間や上司、そして新郎新婦の友達によって作られた、全てが手作りの結婚式でした

ウェルカムボード。


日本で撮られた和装写真。私達夫婦も、日本で婚姻届を出した時に和装写真を撮りましたよ。


招待客は200人位かな。


卓上番号と卓上花。


アレンジメントも素敵です。


テーマカラーはグリーン お箸の袋もグリーンです。これも手作りなのかなぁ?


そして、私達夫婦が里子にだしたです。可愛らしくデコレーションしてくれました。


手作りって良いですね

塩気のあるプリンのシェイブアイス。



待望のプリン入りシェイブアイス

「氷」の文字が目を惹くICE GARDENです。

最初からプリン+ミルクと決めていたので、じっくりとメニューを見る事はなかったのですが、品数はとても多いです。
トッピングが多いからこそ、この充実したメニューができるんですね。

空き店舗も多く閑散としたショッピングセンターですが、アイスガーデンだけは行列ができています。
主にお会計をされるおばあちゃんと、シェイブアイスを作る方(お嬢さんかお嫁さんかわかりませんが)のお二人で切り盛りをされているので、なかなか進むのも遅いのですが、だからと言って途中で帰る人も、行列を見て諦めて帰る人もいません。
それだけ美味しいってこと…なんですよね。


メニューは写真があって、番号もついているので、注文も簡単です。
もちろん追加料金で、トッピングを加えることも可能。

30分位並んだかな。
やっと念願のプリン入りシェイブアイス(Pudding Milk with Mochi)を手にする事ができました。これです↓↓


いつもコメントを残してくださるレインボーシャワーさんのお陰で、カップからプリンを取り出すシーンは見逃しませんでしたよ
1個目はすんなり取り出せたようですが、2個目はちょっと苦戦していました。

さて、お味の方は…
プリンはね、少し塩気があります。甘いミルクに合わせるには、これ位の塩さ加減が必要なのかもしれません。
(その代り、プリン単体で食べるのは厳しいかも。。。)
シェイブアイスもキメが細かくて、ふんわり軽い感じ。
お餅も柔らかくて、おいしーーー。
ファンが多いのもうなずけます。
大満足でした

お会計をしてくださったおばあちゃんは、流暢な日本語を話すので、日本人か日系2世だと思います。
日本語と英語交じりで会話をされるので、私が日本語で返事をしたら、それからずーっと日本語で話をしてくれました。
毎日毎日全て手作りされているそうです。お餅もプリンも、他のトッピングも。夕方には売り切れてしまう日もあるとか。
でも、お年を召した方なので、体がキツイっておっしゃっていました。
お元気でいて欲しいです。


ICE GARDEN
99-080 Kauhale St, Aiea
(Aiea Shopping Center内2階)
TEL 808-488-5154
月〜水・金・土 10:00-17:00
日・木 12:00-17:00

アイランドフェアー★白木屋。



白木屋の広告で、アイランドフェアーが行われていると知り、寄ってみました。
物産展のようなもので、各島の商品が売られています。
パン、ジャム、クッキー、饅頭、ドレッシング。
有名どころから、初めて知るお店まで、20店以上の出店がありました。

私もお財布と相談して、2点ばかり購入。

瓦せんべい(オアフ島ワイパフのISHIHARAYA)

日本の瓦せんべいと変わらない味です。美味しい。
ISHIHARAYAというくらいなので、日本から移民されたISHIHARAさんが、日本に帰りたくても帰れない状況の中で、日本の味が恋しくて作り続けたのではないかと思います。

ラボッシュ(ハワイ島ヒロのRainbow Fall Connection)

ラボッシュとは、薄く焼いたクッキーのようなクラッカーのような、素朴なお菓子です。それ自体にはあまり味がなく、さっぱりしています。今回購入したリリコイバター味は、ほとんどリリコイバターの味はせず、甘いもの苦手な方にもおススメかもしれません。

マウイからも何店か出店がありました。有名なお店ばかりです。
サイミンが有名なSAM SATO'S。実はここ、饅頭も人気なんです。
広告にはSAM SATO'Sの名前も載っていたので期待していたのですが、姿形がありませんでした。早々に売り切れたのかな?

飲茶★ロイヤルガーデン。



待ちに待った飲茶です

アラモアナホテル内のロイヤルガーデン
12時過ぎに到着した時はすでに満席でしたが、15分も待たないうちに席へ案内されました。
平日のせいか、ビジネスマンも多く、商談をしている人も。
このローカルの多さと混雑ぶりに、きっと美味しいのだろうと胸が高まります

席に着くや否や、まずはデザートワゴンがまわってきました。
食べたい気持ちを抑えて、蒸し物ワゴンを待ちます

キターーーーーーー

あまりにも嬉しくて、写真も撮らずに食べる事に集中してしまいました。

シュウマイ、エビ蒸し餃子、肉まん、マーラカオ、鴨肉、野菜の湯葉包み、米粉のクレープ、エッグタルト。

3人でこの量は、大して多くないと思いますが、なんせプカドッグを食べた後だったので、義母は2つほど食べてお腹いっぱいと言いだし、夫もあまり食べませんでした。
なので、ほとんど私一人で食べたようなもの。
結局、お腹いっぱいになった頃にまわってきたエビ揚げ餃子とカスタード入りメロンパン(←私にとってどうしても外せない二品)が入るスペースもなく、悲しい気持ちでお店を後にしました。

でも、美味しかった〜
2人がプカドッグを食べていなかったら、もっと色んな種類を食べられたかも…と思うと残念ですが、1年越しのお願いを叶えてくれた夫に感謝です。

ただ、ロイヤルガーデンも美味しかったけれど、いつも私が行くチャイナタウンのお店(店名は知りません)の方が私好みかな。

10時のおやつはプカドッグ。



幸運な事に2週連続でオアフへ行ってきました。
1週間前と同じく、木曜日の夜にオアフ入りです。
今度こそ、飲茶とプリン入りシェイブアイスを食べるぞ〜

今回の目的は、夫の幼馴染の結婚式に出席すること。
その結婚式は土曜日なので、金曜日にワイキキ方面へ行ってきました。

まずは夫と義母が食べたがっていたホットドッグのお店へ。
2人とも日本人の顔をしているのに、中身はアメリカ人。
ホットドッグが大好き人間です。

目指すはPUKA DOG クヒオ通りにお店があります。




カウアイ島発祥で、店舗はカウアイ島に1店と、ワイキキに1店のみだとか。
夫が何かの記事で読んだらしく、行きたい行きたいと半年程前から言い続けていました。
ようやく実現です

カスタムメイドで、ソーセージの種類、ソースの辛さ、レリッシュ(刻んだ野菜を甘酢に漬けこんだもの)の種類等を、好きなように組み合わせることができます。




PUKA DOGの特徴は、普通のホットドッグと違って、切り込みを入れて具を挟むのではありません。この巨大な針のようなものにパンを刺して焼いて、その穴にソースやらソーセージを入れる仕組みになっています。


PUKAとは「穴」を意味するハワイ語なので、納得です。

この後に飲茶ランチが控えていたので、私は食べませんでしたが、美味しかったそうですよ。

ノーマルに、ケチャップとピクルスでも良いし、ちょっと冒険して、マンゴーやパイナップルのレリッシュなんかにしてみても良いですね。

あと、シェイブアイスも売っています。


ここは、レモネードにも力を入れているようです。
義母はすごく美味しいと言っていましたよ。
昨日までカウアイ島へ出張していた夫も、そこでレモネードを飲んで、気に入ったそうです。
私もランチが飲茶じゃなければ、飲み食いしていたのに〜〜〜


PUKA DOG
2301 Kuhio Avenue # 2, Honolulu
(Waikiki Town Center内)
808-924-7887
毎日 10:00-22:00