日本へ里帰りで、どうしてもやりたい事がありました。
母と2人だけの、のんびり旅行です。

旅先に選んだのは栃木県の鬼怒川温泉。
決め手はこの3つ。
口コミでお湯が良いと評判だった
私鉄なので交通費を抑える事ができる
鬼怒川ライン下りが楽しめる

建設中の東京スカイツリーを眺めながら、浅草駅から東武鉄道の特急きぬに乗車します。




約2時間で鬼怒川温泉駅に到着です。
あいにくの雨+強風で、ライン下りは運行中止でした。
ダメもとで旅館へ行ってみたら、快くチェックインをしてくれたので、初日は旅館でのんびりすることにします。

鬼怒川の銘菓と言えば「きぬの清流」ですよね〜。
お茶請けに用意されていましたよ。

旅館名まで印字されていて、ちょっとオドロキ

今回申し込んだプランは1泊2食付で、特典として40分の貸切風呂がついていました。
なので、食前に大浴場の内湯と露天風呂を、寝る前に貸切風呂を堪能できました。
40分って短い気もしましたが、意外とゆっくりできる時間です。

評判通り、気持ちの良いお湯でしたよ
旅館の古さは否めないものの、清掃が行き届いていて、お料理も満足できるものでした。
母も「今度は○○ちゃん達(妹夫婦)も連れて来てあげたいわ〜。」と満足してくれたようです。

敷地内の紅葉がまた素敵でした
。隣り合った木々なのに、こんなに色が違うんです。


池に舞い落ちた紅葉も、絵になるなぁと思って写真を撮ったのですが…修行が足りませんね


ご飯もお風呂も用意してもらって、お布団も敷いてもらって。
至れり尽くせりの極楽滞在も終わり、2日目は天候に恵まれました。

チェックアウトをして、ライン下りへ向かいます。

つづく…