「来年5月にマウイへ癒されに行くよ〜。」と妹から連絡が入ったのが去年の12月上旬。
あれから5ヶ月…待ちに待った5月14日が来ました。
オアフで、母・妹・甥っ子の3人と再会です。

偶然にも同日にオアフ島出張となった夫と共に、慌ただしい朝を過ごします。
それぞれスーツケース1個ずつと、お土産を考え空っぽのスーツケース1個をトラックの荷台に乗せ、カフルイ空港へ。
ハレアカラ山は、雲ひとつかかっておらず快晴です。

一便早いフライトで旅立つ夫を搭乗ゲートで見送り、私はスタバでレモンパウンドケーキを購入。
スタバで何かを買うなんて、何年ぶり??
財布の紐もつい緩くなってしまいました。


ホノルル空港に着くと、まずは国際線の到着予定時間を確認します。
予定より30分程早く着く様子。
国際線の個人出口で待っている間、フリーペーパーを熟読。


いよいよ家族が個人出口から出てきました。
7か月ぶりの再会。
気になるのは当時生後6ヶ月だった甥っ子の成長ぶりでしたが…
とにかく私を驚かせたのは、荷物の多さ
なぜ写真を撮らなかったのか不思議です。

「○○買ってきて〜」とあまりお願いはしなかったはずなのに、子連れ旅行はこうも荷物が多いものなのか!?と驚くばかりでした。

ところが蓋を開けてみれば、ほとんどが私へのお土産。
あれもこれもと「お姉ちゃんが喜ぶから」と色々持ってきてくれたのです。
ただでさえ甥っ子の荷物−おむつやおもちゃ、ベビーフード、ベビーカー等で大荷物なのに。
家族の愛情をいっぱい感じました

大量の荷物と共にホテルへ。
甥っ子も普段からスカイプでお互いの顔を見ているせいか、私を見ても泣く事もなく、すんなりと打ち解けてくれました。
オアフ5泊の子連れ旅行、始まりです。