モーハワイ☆コム

カテゴリー:ハワイ島

ハワイ島での出来事をメインにした記事です。

グリーンサンド ビーチ 何故緑色?!


DSCF1042一昨日&昨日とグリーン・サンド・ビーチをアップ致しましたが・・・・
何故にグリーンの砂が、ここだけに存在するのか~?!
と、疑問が湧いてくると思います。

そこでその謎を解くために、グリーン・サンド・ビーチから
ほど近いビーチへとやってきました。

※この続きは「また行きたいな!ハワイ島」 で


続きを読む

グリーン サンド ビーチ 2


DSCF0992グリーン・サンド・ビーチ内(マハナ湾)を、しばらく散策致しま
したが周りの景色も気になるところです。
そろそろ上側に戻って、グリーン・サンド・ビーチ界隈を
散策することに・・・・

※この続きは「また行きたいな!ハワイ島」 で


続きを読む

グリーン サンド ビーチ


DSCF0969
ハナホウ・レストランで朝食後、約1時間掛けてやってきた場所がこちらです。
初ハワイ島からかれこれ10年間、はじめて訪れたビーチです。
時刻が午前9時を少し回ったばかりなので、ビーチには我が家夫婦以外には
誰もいませんでした。


誰もいないビーチは湾になっており、周りにはハワイ島らしい溶岩が あります。
このビーチの名前は、通称名を ”グリーン・サンド・ビーチ”と言います。

※この続きは「また行きたいな!ハワイ島」 で


続きを読む

クイーンズバス ハワイ島


DSCF0665
ハワイ島の北西部にあるコハラ・コースト、そのほぼ中央にキホロ・ベイがあります。
しかし、このキホロベイが最終目的地ではありませんでした。
キホロ・ベイの駐車場から、東北東の方角へ約100mぐらい歩いた場所へ
行きたかったのです。

本来の9月頃なら、こんなに緑色をしていない筈の木々(キアベと言う植物)の
間を抜けて行きます。
これも今年が例年と違って、降雨量が格段に多い証拠なのでしょう。


続きを読む

オヘロベリー


DSCF8750
キラウエア・イキ トレイル内で、真っ赤に熟したオヘロベリーを見付けました。

美味しそうでしたが・・・・
ネネ達の大事な餌なので、ここはジィ~ッと我慢です。

マウナ・ケア サミットは意外に暖かい!?


DSCF9621
マウナ・ケアとは、マウナ=山の意味であり、ケア=白色の意味です。
直訳すると「白い山」つまり冬期になると、雪に覆われる山なのです。


TOPの写真は、マウナ・ケア山頂(サミット)を撮影しています。
サミットは標高4,205m(13,796フィート)あります。
ハワイ諸島で一番高いのは勿論、太平洋の広大な地域でも一番高い標高なのです。
富士山よりも429mも高い山です。

マウナ・ケア山頂エリアまで来ましたので、直ぐそこに見えるマウナ・ケア サミットまで
トレッキングすることにしました。
自動車で約4,170mまで登っているので、自分の脚で登るのはたった30m~40m
ぐらいになるでしょう。

DSCF9622
我が家が訪れたこの日、山頂付近の天候は「快晴」の素晴らしい天気でした。

マウナ・ケア山頂エリア=真冬の北海道の様に寒い所と考えている方も多いと思います。
実際に我が家も、ここへたどり着く前はそんな風に思っていました。
それは、マウナ・ケア山頂エリア写真のほとんどが、厚手の防寒着と手袋スタイルが
多いからでしょう。


トレッキングコースは、一度Uの字のように少しだけ下り坂になっています。
ここはさすが標高約4,200mの場所です。
歩いていても空気が薄いことを実感できます。
ちなみに空気(酸素濃度)は、地上に比べ約58%しかありません。

※標高0mで1,013hPa(1気圧)酸素濃度100%とした時、標高4,000mでは
 616hPa(0.6気圧)酸素濃度は60%になります。
 マウナ・ケア山頂エリアは、標高4,200mです。(サミットは4,205m)

DSCF9626
空気が薄いということは、水蒸気も薄いのです。
ですから、遠くが綺麗に見えることになります。
この場所が一番くぼんだ場所です。
真正面にはマウナ・ロアがハッキリと見えます。

DSCF9627
ここからマウナ・ケア サミットまでは、約40m~50mの高低差があるでしょう。
地上でそのぐらいの高低差なら、走っていっちゃう距離ですが・・・・
さすがに4,200mの標高になると、息が上がってしまいます。
~って言うより、「生命」に関わる問題に成りかねません。

DSCF9630
これはトレッキング・コースから北側を写した画像です。
マウナ・ケアは短期間に小噴火が度々起こったので、スコリア丘(小さな山で
「噴石丘」とも呼ばれます)がたくさん存在します。

DSCF9632
ここを登りきれば、マウナ・ケア サミットの大パノラマが見えることでしょう。
しかしながら、ここから先が以外に急勾配になっています。
3歩進んでは、”ズリズリ~”0.5歩後退しちゃうような・・・・

DSCF9633
後ろを振り向くと、各国の天文台が並んでいます。
ちなみに、我が日本の「すばる」は一番左側に頭部分だけ見えています。

多分このあたりが、標高4,200mぐらいだと思います。
マウナ・ケア サミットまではもう少しです。

DSCF9634
マウナ・ケア サミット標高4,205m(13,796フィート)へ到着しました。
この時マウナ・ケア サミットには、我々夫婦以外に誰もいませんでした。


マウナ・ケア サミットは、ハワイ諸島の中でも特に神聖な場所です。
まず最初にヘイアウ(と思われる場所)で、マウナ・ケア山頂に立つことが出来た
感謝の気持ちを”雪の女神ポリアフ”に捧げました。

写真正面がハワイ諸島で二番目に高い山、マウナ・ロア(4,169m)です。
溶岩の流れた跡の真っ黒いコントラストがありますが、裾野からの角度を見ると
日本の富士山(3,776m)より高いとは見えませんね。

このアングルから、反時計回りに写真を撮影しました。

DSCF9635
はるか下降に雲海が見えます。
この雲海は標高約2,200m~2,400mの高さにあるものです。
ですから地上付近から見上げると、まるでマウナ・ケアが雲海に包まれて
いる
かの様に見えちゃいます。
実際はこの様に、マウア・ケア サミットは快晴なのです。
それだけこの山が高いという証拠でしょう。

DSCF9638
ヒロの街も薄っすらと雲に覆われている模様です。
ハマクワ・コースト側には、噴石丘がいっぱいあります。

DSCF9639
ホノカア方面は雲がありませんね。
Gemini(左側)の天文台、CFHT(右側)天文台があります。

DSCF9640
コハラ・コースト側です。
各国の天文台が並びます。
イギリスのUKRT(左側)やハワイ大学の天文台(右側)です。
その間に辛うじて頭だけが見えるのが、マウイ島の最高峰ハレアカラ山(3,055m)になります。

DSCF9641
日本のすばる天文台も見えます。
一番左側にフアラライ山(2,521m)が見えます。

DSCF9642
左側にマウナ・ロア(4,169m)、右側にフアラライ(2,521m)を望む眺めです。
特にフアラライは、非常に低い山(ほとんど丘の様)に見えちゃいます。

DSCF9654
この時マウナ・ケア サミットの気温は、約15℃~16℃ぐらいだと思います。
(温度計は持ってませんので、肌で感じた気温です。半袖Tシャツに半ズボンスタイルでも、
全く寒くありませんでしたので・・・)

ただしサミットは偏西風が強く、体感温度的にはさらに3℃~4℃ぐらい低いものでした。

足元にある岩の数々が、雪の女神ポリアフのヘイアウだと思います・・・
我が家が訪れた時のヘイアウはこんな感じでした。(涙)

私の後ろ左腕の下側に、日本の天文台”すばる”が見えます。
思いっきり~深呼吸して、酸素をいっぱい採り入れます。
標高4,207mの空気(マウアナ・ケア+私の身長)を思い切り吸い込みました。

まだ若かりし頃、授業で習った記憶として「乾燥した空気なら100mで1℃、雲の中なら
100mで0.6℃下がります。」だったでしょう。
それを単純に当て嵌めると、海抜0m地点の気温が約30℃の場合、空気が乾燥している
マウナ・ケア サミット(4,205m)では-12℃になります。
雲はありませんでしたが、湿った空気を当てはめても約4.8℃のはずですが・・・・
実際にその場に立ってみて、標高4,205mのサミットは「意外にめっちゃ暖かいなぁ~!」
という印象でした。

ジャカランダ


DSCF9122


2013年7月10日(水) ホルアロアで満開のジャカランダを見ました。

サウス・ポイント


DSCF8629


2013年7月9日(火) ハワイ島サウス・ポイントへ行きました。

カントリー・サムライ コーヒー


DSCF8299


ハワイ島旅行3日目(2013.7.7)  カントリー・サムライ コーヒーへ行きました。

ヒロ大神宮


DSCF7823
ハワイ島旅行2日目 (2013.7.6) ヒロ大神宮へ行きました。


 

コーヒー・シャック


Post-1137前回ハワイ島記事をアップしたのは、どのくらい前になるのか・・・・
忘れてしまいそうなぐらい月日が流れました。
久し振りに、ハワイ島をアップしたいと思います。

実の話、未だにこのコーヒー・シャックに入店したことがありません。
何時かはきっと~ 
そう3ケ月後の7月5日から8泊10日で、ハワイ島へ行く予定にしています。
こちらにも立ち寄り、美味しい朝食をいただきたいと思っています。
     

続きを読む »

謹賀新年 2013


Post-1011新年あけましておめでとうございます。
昨年中は、大変お世話になりました。

今年も良い一年でありますように!!!
本年も、よろしくお願い申し上げます。


撮影場所 ; ハワイ島マウナケア オニヅカ・ビジターセンター
     

マウナケアへ


Post-1010この写真は昨年1月、マウナケア山頂サンセットツアーに参加
した時のものです。
ハワイ島へ幾度も足を運ぶも、山頂にある日本のスバル天文
台などを間近で見たことがありませんでした。

この日山頂付近は、雪が降っておりツアーは2,800mにある
オニヅカ・ビジターセンターで引き返してきました。(涙)
残念ながらこの日も、山頂へは行けず・・・・
     

続きを読む »

マハイウラビーチ


Post-1009ハワイ島へ行けば、綺麗なビーチを見てみたな~と思うのは私だけじゃ
ないと思います。
クアベイ・69ビーチ・マウナケアビーチ・ハプナビーチ・・・・

コハラコーストには、多々ある綺麗なビーチの中でもそのビーチを見るた
めには相応に歩く必要があります。
今回紹介するのは、綺麗な割合にはロコの姿もそれほどないマハイウラ
ビーチを紹介いたします。

コナ空港からクイーン・カアフマヌ・ハイウェイ(19号線)を左折し、最初にある
交差点を左折するとケカハ・カイ・ステートパークの入り口になります。
両側に真っ黒い溶岩流の、道なき道を進むかたちになります。
本来なら四輪駆動車が必要でしょう。
我が家はダラーレンタカー、それもコンパクトカーだったので上へ下への大騒ぎ
状態で一番奥の駐車場まで到着しました。
ちなみに、舗装道路ではありませんのでレンタカーは通行禁止、保険適応外
道路になります。よって、行かれる場合は自己責任になります。
    

続きを読む »

コナ・マウンテンコーヒー


Post-1008こちらのお店は、ハワイ島コナ国際空港から車で5分~6分ぐら
いな場所にあります。
100%コナ・コーヒーを販売しているお店で、試飲も出来ます。

これはマウナケアのサンセットツアーに参加した時のワンショットです。
我が家が参加したツアーには、休憩と称してこちらのお店に立ち
寄るものでした。
コナ・マウンテンコーヒーは、自焙煎している店舗です。
     

続きを読む »