モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2013年3月

知床、流氷&ガリンコ号 ?



3月3日朝 昨日が嘘のように晴れ
       ただ国道238号が通行止めで身動きが
       とれない。テレビでは、全国ニュースで
 報道されていました。
       みんなで除雪を手伝いながら開通するのを待つ。
       朝食は通常の料理でしたが、役場の人が
       朝も配給に来てくれましたし駐在さんも道路情報を
       教えに来てくださいました。
       サロマニアンのご主人も格安料金で止めてくれて
       助かりました。
       やっと道道が開通したので、少し遠回りだけど
       紋別を目指す。
  12:00 紋別着
  13:30 ガリンコ号に乗って流氷観測
  15:30 実家に無事到着

3月4日朝 晴れ
       バスにて札幌へ
       僕らも道路情報を確認しながら家路につきました。

こうして京都から来たうちの娘とその友達、そして僕ら夫婦6人の貴重な体験旅行は終わりです。
地元で亡くなられた人が5人もいて、改めて自分たちがラッキーだったこと胸をなでおろしました。

知床、流氷&ガリンコ号 ?



3月2日夜
 17:30 停電暖房も切れてみんな、談話室&
      食堂に集まって暖を取る。
 18:00 今夜の宿を求めてお客さんが次から次へと
      避難してきます。結局僕らも6人で一部屋に。
 19:00 駐在さんが民宿に来て「避難者名簿」に氏名等を
 記入してくださいとのこと
      ほどなくして役場の人が「配給です」とコンビニのパンと
      飲み物を持って 来てくれました。
 なんせ停電しているので情報がよくわかりませんが
      暴風雪で大変なことになっているようです。
 19:30 夕食!ろうそく等の明かりの中でカレーライスをいただく
      (この緊急事態と人数では牡蠣どころではないらしい)
 21:00 早めの就寝
 24:00 急に電気復活(まだ風と雪は続いているようです)    
 

知床、流氷&ガリンコ号 ?



3月2日朝
      超〜 快晴
      スノーシューを装着して知床自然センター
      からフレペの滝を目指す
      雪の上を歩くこと30分、フレペの滝へ到着
 (軽く汗ばむ感じ)

 12:30 ウトロ道到着
      いも団子と鹿肉バーガーをいただく
      紋別へ向けて出発 (雪がチラチラ)
 
 14:30 網走着まだ晴れていました(暴風雪警報発令中) 

 15:00 国道283号能取湖付近すごい雪と風
      俗にいうホワイトアウト状態、みんなライトを付けてハザードを
 点滅させてノロノロ運転、今目の前にいた車が見えない!
      自分が進んでいるのか止まっているのかもわからない状態.
(何故か通行止めでないのでとりあえず進むことに)
      次の街浜佐呂間町まで後4キロ
 
 16:30 なんとか浜佐呂間町のコンビニに避難、宿泊先を探す。
      コンビニの店員さんが調べてくれて電話するとこんな天気だから
従業員返したから泊まれません。(涙)
      もう1軒紹介してもらってサロマニアンっていう民宿に
      泊まることにしました。
      夕食はサロマ湖名産の牡蠣も食べれるということでひとまず安心。

知床、流氷&ガリンコ号 ?



3月1日〜3日にかけて貴重な体験をして来ました。

3月1日夜
 18:30 中標津町からウトロ温泉に向けて
      雪がチラつく中出発
 
20:00 ウトロ温泉着雪は降っていないけど風が強かった
      その後、台風並みの低気圧の影響ですごい風「暴風雪警報」
      ホテルの部屋は5階、風でホテルが揺れている感じです。