モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2011年1月

Hunakai


Post-929フナカイ

北極やアラスカ地方からやってくる鳥。
ハワイなどの暖かい場所で冬の間は過ごします。
アラスカなどではハエや虫や藻などを食べているそうですが
ハワイでは小さい無脊椎動物なんぞを探して食べているそう。

白いボディにグレーや黒のまだらな羽、
黒いくちばしに黒い足が特長。
この前アップしたウリリのようにビーチにある溶岩の上に出来た
小さい小さい海水溜りの中の小さい貝、カニを狙っていました。
無脊椎動物を好みます。
足がめちゃくちゃ速い。


フナカイって海上の泡という意味。
英語ではサンダリング、日本名はミユビシギ。
何でも、シギの仲間の足の指が四本なのに対し
後ろ指が無くて三本しか足指がないところから付けられたそう。
海岸や干潟などを速足で駆けるために
神様が与えたものかもしれませんね。






愛知県でも冬場は見れるらしいですよ。
もちろん他の日本の地でも。

面倒な時にいい感じ


Post-928何も食べるものが無い時用に買ってあったこ奴。
全然美味しそうじゃないので、ずっとキッチンの棚の片隅に潜んでいました。
そして、これは全くもってブログにアップするつもりはなかったので
無残にもハサミでジョキジョキ切って開封。

作ってみたら意外や意外、美味しかったのであります。
お腹がすいていたからかな。
モーハブログに載せるハワイネタが全く無くなった毎日、
また暫くお休みしようと思っていましたが、
今日はこれをネタにさせていただきました。


この商品の名前はクノールのライス・サイズ。
パスタとご飯と粉末味が入っており、
それを鍋に水と大匙1のバターを入れて中に火が通るまで煮込み
蒸らしたら出来上がりというもの。洋風そば飯と言ったところでしょうか。
似たもので「ライス・ロニ」というものがありますが、
以前にそれを食べたので、この商品には全然期待していなかったんです。
(ライス・ロニが好きな皆様、ごめんなさい)

いい加減に食べなければならなくなったので
作ってみました。
そしたら・・・・・
美味しーーーいじゃあーりませんか。
食感もいい感じ。洋風おかずの付け合わせによさそう。
一袋で付け合わせなら3人分位ありそう。
ご飯として食べるなら2人分かな。
量は少なくてもボリュームがあるので。
早速、ごみ箱から袋を拾い、写真を撮りました。


特におすすめではありませんが、
面倒くさがり屋さん、楽して意外に美味しいリゾット風なもの、ピラフが作りたい人は
是非買ってみてください。
今回はチェダー・ブロッコリーを買いましたが、
次回は違うものを買ってみたいと思いました。



※アメリカの1カップは約240CCです。
日本の計量と間違えると、2カップ3カップと量が増えていくうちに
大幅に水の量が変わっていきます。
どの商品でも全然美味しくないものが出来あがるので
気をつけてくださいまし。

レストランテ@アラモアナ


Post-927場所がいいようで非常に悪いウラク・タワーの一階。
一つの店が長続きすることなく、何度もお店が変わっています。
ドナトさんが営業していた「サポリ」が最近、店を閉めました。
サポリの前、ドナトさんはパドヴァーニさんと組んで
ここで「エルア」を営業していました。
サポリも好きでしたが、エルアも私のお気に入りでした。

この場所に新しい店がオープンしても、
どの店も例外にもれず、閑古鳥が鳴いており、
つい友人たちとは「今度来た時にはまだ店はあるだろうか」なんて
話してしまいます。
まるで貧乏神が何人も住んでいるようです。


サポリがひっそりと閉店した後、
ここにまた新しいお店がオープンしました。
今度はパドヴァーニさんの「パドヴァーニ・グリル」。
いつものイタリア?地中海?風のレストランです。
ハワイのイタリア料理は今のところ、
どこも本場のものとは程遠いレベルですが、
こうしたジャンルの店はハワイでは貴重なので
頑張って続けていってもらいたいものです。
お手頃価格で、ランチも営業しているし、
是非、行ってみたいと思います。
行くまでにお店があればいいけれど・・・(辛口)。
そんな早いことはないか、ははは。



写真は今は無きサポリのブルスケッタ。
真ん中のナスのペースト、美味しかったのにな。

幸せなひと時


Post-926美味しいケーキに美味しいコーヒー。
至福のひと時であります。
写真は大好きなサヴァラン。
カトラリーは全て銀製。
これだけでも優雅な気分になれるというものです。

Akulikuli


Post-925アークリクリがビーチに自生しているのを見ました。
花はとても小さいピンクの星のような形。
ポーチュラカのような肉厚な水分の多い葉を持っています。
ビーチに咲く花ですが、こうして自生しているのは初めて見ました。

Ulili


Post-924Ulili

コーレアと同じようにアラスカやシベリアから渡ってきます。
寒い冬をハワイなどで過ごし、春になったら
また戻っていく渡り鳥。
ウリリもコーレアのようにハワイを離れる頃は羽の色が変わります。
黄色い足が特長で、ビーチや海岸をビックリする速さで走るのを見ますよ。
この鳥は長いくちばしを持っていて、うまーく蟹を捕まえます。
ウリリって鳴くんですって。

何人かのミュージシャンがこの鳥の歌を歌っています。
タイトルは Ulili e。
ビーチにいるウリリの様子が眼に浮かびますね。



見つけたウリリの映像。
この羽の色はハワイからアラスカ方面に旅立つ頃のもの。







写真を撮った場所は蟹だらけな細かい砂のキレイな砂浜でした。
溶岩もごろごろしている場所でもあり、
このウリリは蟹を追っかけたり、溶岩の穴に出来た小さいプールで
漁を楽しんでいたみたいです。

Pupu Oahu Like Ole


Post-923オアフで拾った貝殻をいくつか並べてみた。
こうしてみていると意外に沢山の種類がある。
面白いのは海流によって流れてくる貝の種類が違うので
この場所ではこの貝、あの場所ではあの貝と
集まる場所が違うなと思ったこと。
貝については全然詳しくないけれど、そう思った。

自分で言うのも何だけれど、
このコレクション、可愛いわ。





久しぶりにブログをアップ。
さっきもアップしたけれどすぐに消してしまったから。
お知らせ登録をしてくださっている皆様、
いつもアップしたり、消したりして振り回してしまって
本当に申し訳ございません。